ユニークな葉が魅力の多肉植物って、どんな植物?

この記事では、一般的に多肉植物と呼ばれている…

植物について、ざっくりと紹介します。

略して「多肉」と呼ばれる場合もあり、

肉厚でユニークなフォルムが特徴です。

一般的な植物と比べると、まだマイナーなポジションですが、

その存在感には、圧倒的な魅力があります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ グループとメジャーな品種

多肉植物といっても、数多くのグループ(属)があり、

それに属する原種・品種が販売されています。

ここでは、比較的メジャーなグループと、

有名な原種・品種をピックアップして紹介します。

 下記で紹介する多肉植物は、ほんの一部です。

❶ セダム属

丸々とした葉を持つ、ぷっくり多肉の定番で、

小粒から中粒まで、幅広い種類が販売されています。

▲ 乙女心

▲ 月の王子

▲ タイトゴメ(斑入り)

▲ パープルヘイズ

・・・
・・

❷ エケベリア属

葉っぱが、花のような形になる多肉植物で、

多肉界の花形グループになります。

世界でもファンが多く、たくさんの交配品種が作られています。

▲ 七福神

▲ プリンセスパール

▲ キュービックフロスト

▲ メキシカンジャイアント

・・・
・・

❸ パキフィツム属

セダム属の大型バージョンっぽい感じのグループで、

特に肉厚な葉が目を引きます。

▲ 月美人(星美人)

▲ コンパクツム

▲ 千代田の松

▲ 紫麗殿【しれいでん】

・・・
・・

スポンサーサイト




❹ グラプトペタルム属

これまでのグループにも似ていますが、

暑さ・寒さ・病害虫に強いため、

たいへん丈夫で育てやすいグループです。

▲ パキフィルム

▲ 姫秋麗【ひめ・しゅうれい】

▲ 朧月【おぼろつき】

▲ アメジスチヌム

・・・
・・

❺ コチレドン属

フサフサの短い毛や、白い粉に覆われた葉が特徴のグループです。

特に、子熊の手のように見える…

「熊童子」は人気多肉の1つになります。

▲ 熊童子【くまどうじ】

▲ 銀波錦【ぎんばにしき】

▲ ペンデンス

▲ ふっくら娘

・・・
・・

❻ カランコエ属

子熊に続き、ウサギの耳のように見える…

「福兎耳」や「月兎耳」が人気で、

色違いの栽培品種が多く作られています。

▲ ミロッティ

▲ 福兎耳【ふくとじ】

▲ 子宝草

▲ ロンボピロサ

❼ クラッスラ属

カランコエ属と同様に、多肉の中では少し変わったタイプです。

他の多肉と寄せると、

お互いによく引き立ちます。

▲ ムスコーサ

▲ 小米星

▲ ワテルメイエリー

▲ エスタニョール

・・・
・・

スポンサーサイト




❽ センペルビウム属

エケベリアのようなロゼットを持ち、

寒波にも負けない、強靭な耐寒性を持っています。

一年を通して、屋外での栽培が可能な珍しいグループです。

▲ パシフィックナイト

▲ ラインハルト

▲ パシフィックテディ

▲ ブルーボーイ

・・・
・・

❾ アエオニウム属

南国観が味わえる…

夏っぽい感じの多肉が、アエオニウム属です。

▲ 黒法師

▲ オーレウム

▲ 夕映え

▲ カシミアバイオレット

・・・
・・

❿ セネシオ属

みんな大好きのグリーンネックレスが有名です。

他にも、ちょっと形が違う…

アーモンドやピーチといった、ネックレスがあります。

▲ グリーンネックレス

▲ ヤコブセニー

▲ アーモンドネックレス


この他にも、栽培品種を含め得ると…

500種以上の多肉植物が、日本だけでも流通しています。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 多肉植物とは総称

改めて、まとめると…

多肉植物とは、葉・茎・根の内部に、

水を貯めている植物の総称です。

英語では「Succulent plant」となり、

Succulentとは「水分の多い」という意味になります。

ミニ知識】ドングリも総称

子供の頃によく拾ったドングリも、

ブナ科の樹木(ナラ・クヌギ・カシ・etc)がつける果実の総称で、

「ドングリの木」は存在しません。

サボテン・アロエも多肉

お馴染みの「サボテン」や「アロエ」も多肉植物です。

ですが、どちらも一般的に認知された名称なので、

多肉植物とは、あまり呼ばれていません。

多肉植物のカテゴリー

日本で多肉植物と呼ばれているものは、

先に書きましたセダム属やエケベリア属をはじめ、

それらに属する原種・栽培品種になります。

厳密に区別している訳ではなし

見慣れてくると、たいして難しくありません。

また、厳密に区別している訳でもありませんので、

見た目や感覚で、なんとなくわかってきます。

主にベンケイソウ科に属する

植物学的には、セダム属もエケベリア属も…

「ベンケイソウ科」という、一つ上のカテゴリーに含まれます。

ベンケイソウ科 アエオニウム エケベリア カランコエ
クラッスラ グラプトペタルム パキフィツム
オロスタキス セダム センペルビウム

ベンケイソウ科というカテゴリーの中に、

「セダム属」や「エケベリア属」といった…

グループ(属)が含まれ、

そのグループのなかに、個々の原種や品種が存在します。

例えば…
原種・品種
ベンケイソウ科 セダム属 虹の玉
エケベリア属 桃太郎
アエオニウム属 黒法師
人気なのは、セダムとエケベリア

多肉植物の中でも「エケベリアとセダム」に属する種類が人気です。

会話の中で「多肉栽培」といったら、

だいたい、上記のグループが該当すると思います。

他にもある人気のグループ

これらは、ベンケイソウ科ではありませんが、

キク科のグリーンネックレスやルビーネックレス、

キョウチクトウ科のハートカズラなど、下に垂れる多肉植物も人気です。

・・・
・・

◆ 多肉植物の特徴

続いて、多肉植物の特徴を紹介します。

❶ 多肉は、常緑多年草

左:冬 / 右:夏 【黒法師】

多肉植物の多くは、完全に落葉することはありません。

夏でも冬でも1年を通して…

葉っぱが付いている常緑多年草になります。

 なかには宿根草タイプもあり

❷ 四季を通じて紅葉する

左:冬 / 右:夏 【すみれ牡丹】

多肉植物も、秋頃から紅葉を始めます。

夏場はグリーンだった葉色も…

冬に近づくと、赤色や紫色に変わっていきます。

 逆に、夏場に紅葉する多肉植物もあります

多肉は紅葉シーズンが映える

夏でも十分に見応えがありますが、

紅葉が進むと、色鮮やかになるので、

秋以降の多肉を、楽しみにされている人は多いと思います。

❸ 葉っぱで増やせる

球根と同じ「栄養繁殖」というやつで、

親と同じ遺伝子を持ったクローンを量産できます。

また、種から育てるよりも簡単で、育てやすいのも特徴です。

「葉挿し」という方法

多肉植物の場合は、葉っぱを取って2週間ほどすると、

勝手に新しい芽&根が生えてきます。

この葉から増やす方法は「葉挿し【はざし】」と呼ばれています。

❹ 花は、それほど好かれていない

▲ エケベリアの花

植物の主役といえば花ですが、

多肉植物のメインは、葉っぱの鑑賞です。

多肉も、毎年のように花を咲かせますが…

どれも小さく単調で、全体のバランスも崩れるため、

大きく育つ前に、カットする傾向があります。

コチレドン属の花は、おすすめ

▲ コチレドン属の花は、鐘形

コチレドン属の花は、鐘形が特徴的です。

エケベリア属のように、長く伸びず…

全体の調和も取りやすいので、かわいらしく見えると思います。

・・・
・・

◆ 非日常を楽しめる

多肉植物の多くは、海外が原産なので…

日常生活のなかでは、あまり触れ合う機会がありません。

そのぶん、見つけた時のインパクトは大きく、

多くの人を魅了しています。

6~7cm ポットで販売

多肉植物の販売形態は、いくつかありますが、

主に7cm ほどのポットに植えられて販売されています。

店頭に並んでいる時は、まだ成長途中の段階で、

購入してからが、本来の姿になることも多くあります。

価格はピンキリ

価格帯は幅が広く、種類や品種によって異なります。

250円くらいから販売されている多肉もあれば、

2,000円を超す多肉もあります。

また、高そうに見えて安い場合や、そのまた逆もあるのが現状です。

陽当りを好む植物

多肉植物は陽当りを好み、日陰では綺麗に育ちません。

そのため、他の草花を育てている場合は、

管理場所が競合してしまいます。

1年中、管理する必要がある

観葉植物のように、多肉も1年を通して管理する必要があります。

また、極端な暑さ・寒さでは枯れやすいので、

遮光をしたり、室内へ移動させるといった手間もかかります。

そのため、管理する数が多くなるほど…

維持管理が難しく、物理的な制約も増えてきます。

多肉植物の世界は広い

▲ これも多肉植物 【偽シーオニオン】

多肉植物に興味を持つと、あれもこれも欲しくなる中毒性があります。

世界各地の多肉植物をはじめ、

栽培品種も盛んにつくられているので、

ハマりだすと、多肉の成長が楽しみになってきます。

管理的に難しい部分もありますが、

ぜひ、非日常を味わえる… 多肉植物の世界を楽しんでいただければと思います。


【少量ですが…】多肉永遠で多肉植物を買いました

多肉植物の基礎知識と、はじめての1冊

関連記事

  1. 【写真付き】覚えておきたい!多肉植物の栽培用語

    多肉をはじめ… 植物を上手に育てるには、最低限の栽培用語を覚えておく…

  2. 【ネット購入】写真と実物が違って見える理由と心得…

    多肉植物を、ネットで購入した際、サンプルの画像(写真)と比べ……

  3. 多肉植物は、どこで買う? 2つの購入先を紹介

    この記事では、多肉植物の購入方法について紹介します。とはいっても… …

  4. 多肉植物の性質・観葉植物との違い

    この記事では、多肉植物の性質と、観葉植物との違いを、簡単に紹介します…

  5. 多肉植物の基礎知識と、はじめての1冊

    これから「多肉植物を育ててみたい!」という皆様へ、多肉栽培の基本から…

  6. 【よく解る】はじめての多肉植物と、楽しみ方

    この記事は、多肉植物に興味があるけど…そのまえに、「多肉栽培…

  7. 【事前チェック】多肉栽培には、陽射し(日照時間)…

    多肉植物の栽培では…欠かすことの出来ない重要なポイントが1つあります…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト

目 次

サイト内 記事検索



PAGE TOP