アエオニウム属の人気品種「黒法師」を育てる

この記事は、多肉初心者が育てるアエオニウム属「黒法師」の栽培日記です。

限りなく黒に近い多肉植物といえば… この「黒法師」です。

一見… 地味に感じてしまいますが、グリーンが多い多肉植物の中に混じると、より一層… 個性的なブラック(濃い紫色)が存在感を表します。

スポンサーサイト




基本情報

グループ ベンケイソウ科アエオニウム属 生育期 春・秋(冬に近い)
流通名 黒法師・サンシモン 価格帯 300円前後
学名 Aeonium arboreum ‘Zwartkop’ 栽培難易度 ★☆☆
増やし方 挿し芽・胴切り ネット販売 カクトロコ

原種アルボレウム【arboreum 】の栽培品種らしい

日本では「黒法師」と呼ばれていて、アエオニウム属の定番品種です。原種のアルボレウムは通年グリーンの葉です。

栽培品種名の’Zwartkop’はツヴァルトコップなどと読み、オランダのナーサリーで作出されたようですが、他の種の変種だという説もあるそうです。

 多肉植物全書より

 いくつかの品種が「黒法師」として流通している
  • 葉がグレーで薄い黒法師
  • 葉が、より黒い黒法師

黒法師は栽培品種なので、他にも色やカタチが似ているモノが流通しています。

このページで紹介している黒法師は、比較的メジャーで流通量も多いタイプだと思います。

 季節の変化

◆ 1~6月、10~12月くらい


秋頃から冬、そして春にかけて、葉っぱがよく伸びます。

 葉の濃い紫色を保つには、年中… 日光浴が必要です。 

◆ 7月~9月くらい


春から徐々に下枯が落ち始め、休眠する7月までにはスカスカになります。

夏の休眠中はまったく成長しません。

 黒法師の耐寒性(個人調べ)

 他のアエオニウム属で試した結果をもとに紹介します。

セーフティ 0℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -2℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ -4℃ おそらく凍ってしまう目安

5℃以上が推奨のようですが、霜にあてなければ… 0℃まで下がっても大丈夫です。

ですが、氷点下に突入するとシビアですので、0℃未満にならないよう管理します。

購入時の黒法師 2019.2


左:2019 / 2月下旬 【250円】
右:2019 / 3月上旬 【220円】

300円前後で販売されている「黒法師」は、写真のようなサイズだと思います。

ポットの大きさは直径7.5cmです。

黒法師という流通名ですが… 実際の葉の色は、濃い紫色です。 薄暗い時間帯や周囲の光量によっては、黒く見えます。

 ネットで購入:カクトロコ

 購入から約1年後の比較

2月に購入して、11月に「胴切り」しました。

そのまま育てても、ロゼットの大きさは15cmくらいです。

脇芽は出にくいので… 増やすには胴切りが手っ取り早いと思います。 

栽培メモ

アエオニウム属 共通
「葉挿し」は、ほぼ不可

アエオニウム全般で、葉挿しには向いていません。「挿し芽」「胴切り」で増やします。

夏は休眠! 下の葉から枯れていく

春から夏にかけて、下の葉から順々に枯れていきます。ですが、先端にはまとまって残るので、落ちきってしまうことはありません。

スポンサーサイト




栽培記録

2019春・夏/栽培記録

  • 春 /「黒法師」を2ポット購入
  • 春 / 植替えを行う
  • 夏 / 休眠する

春 シーズン / 2019

4月上旬 黒法師を購入

園芸店で、カクトロコさんの黒法師を購入しました。

(右)もう1つ欲しくなったので追加購入。

同じカクトロコさんの黒法師ですが… こちらはネットショップ(通販)で購入です。

通販の場合は、脇芽が成長していたり、子株が付いていると… ちょっと得した気分になります!

4月中旬 なんとなく… 植え替え

上に伸びるようなので、大きなポットに植え替えです。

思ったより根っこは伸びておらず、小さかったのが印象的でした。

6月中旬 葉の先端が丸まってくる

左の株は、なぜか… 葉の先端が丸まってきました。

また、5月頃から下の葉も枯れ落ちていきます。

なんとなく別物に見えますが、秋には同じようなカタチに揃ってきます。

 下から順に葉が枯れますが、途中で落ち着きます。

春シーズンのメモ
  • 水やり:用土が乾いたら、たっぷり
  • 遮光:なし(3~4月)/ 20%(5月~)
  • 植え替え:あり
  • 肥料:用土に含む
  • 殺虫・殺菌剤:使用せず

※ 【3月~5月】 葉に付いた花粉やホコリが目立ちやすい

夏 シーズン / 2019

梅雨の過ごし方

多肉植物によっては、葉に黒い点々(黒点病らしい)が発症することもありますが、黒法師には見られませんでした。

梅雨~10月くらいまでは… なるべく雨のあたらない場所に置いておくのが無難です。

 同属の「夕映え」には、黒点が発生しました。

7月中旬 休眠期に移行

株が成長しなくなり、葉も伸びないため、春にはあったグリーンの部分も完全に深い紫色になりました。

 左の株は、葉が開ききらずに休眠してしまったようです Zzz…

「休眠に入った瞬間」って、見た目でわかるの?

休眠に入った瞬間は、パッと見では… わからないと思います。

暑くなってきたから「なんとなく… 休眠期間に入ったんじゃないの…」って感じではないでしょうか。

休眠期に入ると、春から枯れ落ちてきた葉も収まって、成長点付近にだけ残ります。

上まで全部… 枯れ落ちてしまうことはありません。

 1年間ほど育ててみると、黒法師の変化の様子がわかると思います。

水やりも、控えめに…

夏のアエオニウム属は、ほとんど成長しません。

休眠期間は、水も吸いにくいらしく… たくさん与えても用土の湿度を上げてしまうだけです。

他の多肉植物と同じように、10日に1回ほど根っこが湿るくらいあげておけば十分だと思います。

9月上旬 夏は、現状維持

7月の写真と比べても、葉が落ちただけで、ほとんど変わっていません。

7月~9月の間は、現状維持です。

梅雨~夏シーズンのメモ
  • 水やり:10日に1回ほど。量はポットの1/5ほど
  • 遮光:50%
  • 植え替え:なし
  • 肥料:与えず
  • 殺虫・殺菌剤:使用せず

※ 日陰~半日陰で月に4回ほど、少量の水を与えるだけで夏を越してくれます。

スポンサーサイト




2019秋・冬/栽培記録

  • 秋 / 休眠から目覚める
  • 秋 / 胴切りを試す

秋 シーズン / 2019

10月上旬 突如… 休眠から目覚める!

左のポットは、筒状で休眠していましたが…

葉が開きはじめ、右側の株と同じような姿になりつつあります。

「これが、休眠明けの成長期か!?」と、露骨に感じるほど黒法師は動きます。

全体的に葉っぱも波打ってきて、なんだか… やる気を感じさせます。

葉っぱが伸びた分、根元の色はグリーンです。

2株とも同じ状態になる

さらに3日ほど経ち… ほぼ同じ状態になりました。

夏は前までは「違う品種じゃないの?」と疑っていましたが、やっぱり同じ品種でした。

 11月 胴切りを試す

今回は、親株からも芽がでてきて「胴切り」は成功しました!
ただ… 時期的に4、5月になっても成功するかは、未経験のため定かではありません。

11月の黒法師は、こんな感じです。 葉もだいぶ伸びました。

これ以上育てても…「上に伸びるだけかな~」と感じたので、胴切りしてみました。

茎の一番、太いところをカット

天辺から3cm ほど下の部分の茎が一番太かったので、そこをカットしました。

カット後の茎は瑞々しく緑色ですが、1日ほどで乾燥して茶色くなります。

 水やりをした後にカットすると、水を吸い上げるので… 切り口の上に水滴が溜まって乾燥しづらいかもしれません。

 カットした穂は、挿し芽で育てる

発根を待ってからポットに植えたいと思います。

茎が短いのにロゼットの直径が15cm もあるので、ポットに植えたら間違いなくブサイク確定です。

11月中旬 親株から、新芽がでてくる

胴切りから2週間が経過しました。

パッと見は、まるっきり変化はありませんが…

近づいて見ると… 抜け落ちた葉の痕から新芽が噴き出しています。

新芽の数は1つのポットの茎で30近くあり、両方のポットで確認しました。 これが全て成長すると、葉っぱだらけになってしまいそうですが、しばらく様子を見ていきたいと思います。

芽がでたので、遮光50%へ

直射日光では、新芽が焼けてしまう可能性があるので、親株は遮光率50%で管理しました。

スポンサーサイト




11月下旬 グングンと成長


無数の芽がありますが… カットした部分からスグ下の芽が、大きく成長します。

 下にある芽ほど、成長はしない感じです。

 約3週間で発根する


カットした2つの穂は、どちらも約3週間で根がでてきました。

プラポットに植える


発根まで、日陰に置いておいたので成長点付近はグリーンになっています。

植えた後は、水をたっぷりあげて、遮光50%ほどで管理します。

 【親株】秋シーズンのメモ
  • 水やり:用土が乾いたら、たっぷり
  • 遮光:50% (9月)/ 20%(10月)/ 50%(11月)※
  • 植え替え:なし
  • 肥料:与えず
  • 殺虫・殺菌剤:使用せず

※ 胴切りで芽がでた為

冬 シーズン / 2019

1月中旬 さらに、成長

暖冬の影響もあってか? 日中は気温も上がり、みるみるうちに大きくなりました。

12月から、屋内で管理

12月中旬以降… 夜間の寒さが厳しくなるので、屋内管理に移行。

アエオニウム属の成長シーズンは、秋・冬・春で 10 ~ 20℃ 前後の気温を好むようです。

ですが、寒さに強いわけではなく… 氷点下2℃くらいでもダメージを負ってしまうと思います。

ネットや書籍では5℃以上を推奨していると思いますが、経験上… 霜にあてなければ0℃までは確実に大丈夫な感じがします。

アエオニウムの耐寒性

今回、黒法師は試しませんでしたが…

他のアエオニウムを氷点下4℃ほどで、一晩… 過ごさせてみたところ、凍結で半壊しました。

小人の祭り

購入時は葉っぱでモリモリでしたが、-4℃ほどで焼野原のようになりました。

夕映え


-4℃は耐えましたが… 続いて-7℃にチャレンジしたら永眠です。

愛染錦(アイリクソン属)


こちらも、-4℃あたりが限界っぽいです。

ドドランタリス(旧グリーンノビア属)


-4℃ほどで… 本体は無事でしたが、脇芽は半壊です。

 0℃未満にならないように管理する

アエオニウム&アイクリソン属の耐寒性は、こんな感じなので… おそらく黒法師も0℃未満にならないよう管理したほうが無難です。

最終更新―2020/3

3月上旬 日光浴をはじめる

▲ 日光浴から1週間ほどで紫色になった黒法師。

だいぶ芽も大きくなったので、遮光率を下げていきました。

  • 3/上 50% ⇒ 20%
  • 3/中 20% ⇒ 0%

遮光率を変更後、10日ほどをかけて慣らしています。

 10日に設定した根拠はありません。 なんとなく… 10日ほど放置したって感じです。

葉色だけなら2、3日で、紫色になっていく

日光を浴びると、浴びた部分の葉だけ… 2、3日で紫色になっていきます。

僕は、遮光率を変更してから10日ほどキープしましたが、もしかすると… 3日程度で日光の強さに慣れてしまうかもしれません。

脇芽の茎も伸びて、葉の枚数も増える

いくつかの新芽は、茎も伸びてきました。

昨年の秋と比べると、たくましい成長力を感じます。

 挿し芽も、みるみる成長

葉っぱは、成長点から湧きだすように増えて、長く伸びます。

そして、伸びきった下の葉から順に枯れ落ちていきます。

2年目の黒法師

トラブルらしいトラブルもなく、2年目に突入することができました。

挿し穂にしたポットは、1年目と同じ成長を繰り返すと思います。

2年目は… カット元の親株が「どんなふうに成長するか」を楽しみながら育ててみます。

「黒法師を増やしたい!」という場合は、ある程度… 成長させた株を、冬のあいだに「胴切り」するのがいいと思います。

スポンサーサイト




 To Be Continued

紅葉がイケている強健種「リトルビューティー」を育てる。

購入したエケベリアが、本(図鑑)に載っていない理由

関連記事

  1. これぞドリームカラー!発色抜群の夕映え&キウイを…

    この記事は、アエオニウム属「夕映え&キウイ」の栽培記録です。夕映えは…

  2. つぼ型多肉植物 オーレウムを育てる

    この記事は、アエオニウム属「オーレウム」の栽培記録です。このタイプの…

  3. 本当に臭いの?南国観あふれるカシミアバイオレット…

    この記事は、アエオニウム属「カシミアバイオレット」の栽培記録です。…

PAGE TOP