多肉の土は、ホムセンの培養土で十分な理由

この記事では、多肉植物の栽培に適した土を紹介します。

植物のなかでは、マイナーな多肉ですが…

ホームセンターなどでも、

多肉に適した土が、販売されています。

それらを使えば、土づくり・土選びに悩むことなく…

十分に多肉を育てることができます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 「多肉植物の土」は便利

▲ こういうのでOK

どこのホームセンターでも、

1商品以上の「多肉植物の土」が並んでいると思います。

どれも「多肉植物の土」という商品名だけあって…

心配なく、普通に多肉植物が育ちます。


普通って、どれくらい?

普通とは… とても曖昧な表現ですが、

初心者が望むような感じで育ってくれます。

そこそこ、大きくなり…

しっかりと紅葉もする、バランスの取れた土だと思います。

 市販の土がオススメ

多肉1年生にとっては、すべてが手探りの状態なので、

何が良いのか… 悪いのかさえ解りません。

なので、一旦… 土については深く考えず、

店頭に並んでいる商品を選びます。

 どこのメーカーでも構いません

「多肉植物の土」は、何が違うの?

土だったら… 庭の土を掘って使ったり、

庭に直植えしても、大丈夫そうですが…

いくつかの問題があります。

  • 植物に対し、土の環境が適してない
  • 栄養が足りない
  • 水はけが悪い
  • 病気になる可能性がある
「多肉植物の土」なら、手間いらず

「多肉植物の土」なら、上記のような心配事はなく、

とりあえず使っておけば、

余計なアクシデントに見舞われることなく栽培できます。

多肉植物の土 = 培養土

▲ パッケージの裏面

培養土とは… 1種類の土(原料)ではなく、

複数の原料や肥料から構成されています。

それらが、植物に合わせてブレンドされているので、

何の手も加えずに、そのまま使用できます。

肥料入りなので、さらに便利

「多肉植物の土」には、

数カ月分の肥料も含まれているため、

肥料の有無や、種類の違いで悩むこともありません。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 多肉の土のメリット

次に「多肉植物の土」のメリットを、

もう少し、深掘りして紹介します。

1. 手間が掛からない

既に、多肉に合わせてブレンドされた商品なので、

土選びに、時間をかける必要がありません。

場所も取らない

栽培を始めた頃は、管理する多肉も少ないので、

10リットルの袋で十分に間に合います。

土をブレンドして大量生産すれば、

コスパは良くなりますが、各原料を保存するスペースが必要です。

 使用前は… 袋を振って均一に…

複数の原料が混ざっているので、偏りがあるかもしれません。

念のため… 使用前には、

袋を振って、かき混ぜておくのが無難です。

2. ほどよく… 大きくなる

多肉栽培の楽しみに「紅葉」がありますが…

肥料を使いすぎると、

サイズアップする代わりに、

紅葉しづらいデメリットが発生します。

そのため、肥料には加減が必要となります。

適度な肥料も、調整済み

「多肉植物の土」には、はじめから…

初期肥料や、元肥【もとごえ】といった、

数カ月分の肥料が、適度に含まれています。

ですので、肥料の加減や種類で悩むこともありませんし、

別途、購入する必要もありません。

 肥料の有無は、パッケージで要確認

 大きくなるから、達成感を感じやすい

多肉植物やサボテンは、

肥料が無くても… 枯れません。

ですが、適度な肥料が含まれているほうが、育ちがよいので…

経験が少ない初心者ほど、

栽培の面白さを感じられると思います。

3. 水はけ、に優れる

多肉植物の土に限らず、

培養土は、だいたい「水はけ」に優れています。

そこが、そのあたりの土と異なるポイントです。

・・・
・・

スポンサーサイト



◆ 重要なのは「水持ち」

多肉栽培で、大きく影響するのが…

水やり後の、水持ち(保水性)になります。

「水持ち」が強い… 弱い…

「水持ち」が強いタイプは…

1回の水やりで、土に多くの水分が残るので、

植物は、水切れしにくくなります。

そのため、水やりの回数(手間)を減らせるのがメリットです。

デメリットは、水やりが難しくなる

▲ 徒長したセダム

春や秋の、晴天であれば…

土は乾きやすいので、何の問題もありません。

しかし、梅雨になると雨空ばかりです。

その際、水持ちが良い土では乾き辛く、

湿っている状態が、長く続いてしまいます。

 水持ちが弱い場合のメリット

栽培に慣れた人なら…

天候や土の状態に合わせ、水やりを調整できますが、

初心者では、それが難しく…

水を与え過ぎてしまう傾向があります。

保水が弱いと、乾きやすい

土が乾きやすければ、多めに水を与えても、

徒長させる確率を抑えられるので、

初心者には好都合となるケースが多いと感じます。

強弱は、感じ方次第

水持ちの強弱は、人によって基準が異なるため、

個人の感覚に委ねられてしまいます。

また、「多肉植物の土」という商品名でも、

メーカーによって、水持ちが違う場合もあります。

オススメは、こちら

個人的な感想ですが…

プロトリーフさんの「多肉植物の土」は、

保水力が、弱すぎず… 強すぎず… で、

平均的な水持ち具合に感じます。

水持ちの比較は、こちら

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 土に、過度な期待はNG

「多肉植物の土」に限らず… どんな土を使ったとしても、

栽培環境が整っていなければ、

綺麗には育たずに… 最悪、枯れてしまいます。

栽培経験が浅いうちでは、

土に期待し過ぎると… ガッカリしてしまうかもしれません。

「日照」と「水やり」のほうが、ずっと大事

多肉植物は、日照を確保できないと… 綺麗に育ちません。

そこが、日陰でも育つ観葉植物との違いです。

また、元々が…

乾燥地帯で生きる植物なので、

草花に比べると、水やりは圧倒的に少なくて済みます。

多肉栽培で考える優先順位は…

あえて、優先順位を付けるとすれば… 下記の通りです。

  1. 日照
  2. 水やり(雨対策)
  3. 遮光
  4. 肥料

まずは、日照の確保が… 最優先となり、

続いて、水やりをマスターし、

陽射しが強過ぎれば、遮光も必要です。

そして、最後に土ですが…

はじめての栽培では、市販品でも十分だと感じます。

土だけでは、どうにもならない

例えば… ほぼ日陰の環境下では、

どんなに、土選びに時間をかけたとしても…

陽を適度に浴びて育った多肉と比べ、見劣りがしてしまいます。

プロの仕事は、外側から真似る

植物栽培は、苗に近い部分からマネしたくなりますが…

実は、外側の環境面を知ることが大切です。

土はマネしやすく、ビジュアル的にも解りやすいので、

注力してしまいがちですが、

日々の日照や、遮光具合の変化といった…

絵的には全く映えず、情報を伝えにく内容が栽培の肝となります。

・・・
・・

◆ 補足 | 土や植物のアレコレ

最後になりますが、

植物栽培の初心者に、ありがちな…

よくある「思い込み」なんかを紹介します。

❶ 石っぽい培養土でも大丈夫

▲ これも「多肉植物の土」

土のイメージというと… 赤茶色で、

花壇や畑に使わているものを、イメージしてしまいますが、

石っぽい感じのモノも、販売されています。

こんな感じの培養土でも、十分に育つ

個人的に、初見では… 

「これ、大丈夫なの?」と疑ってしまいましたが、

軽石やパーライトなどの、

土壌改良材で構成されているだけで、

多肉は、しっかりと根を張り、大きく育ちます。

・・・
・・

スポンサーサイト




❷ 土はブレンドしなくて、いいの?

自分専用のブレンドにはロマンを感じますが…

まずは、既にブレンドされている、

市販の培養土で十分です。

素人には、水持ち具合しか分からない

初心者では… 複数の土を比べてみても、

水やりを後の、土の乾き具合(水持ち)しか… 違いが解りません。

はじめてなら、それすらも解らないので…

培養土を、そのまま使うか…

培養土に、水持ち具合を向上させる、

「赤玉土 or 鹿沼土」を、加える方法が一般的です。

❸ 植物も、酸素は必要

今まで植物は、二酸化炭素だけで生きられると勘違いしていました。

実際は、植物も呼吸をして…

二酸化炭素を排出しています。

それとは別に…

光合成のため、二酸化炭素を取り込み、

その副産物として、酸素を排出します。

植物(根)も、酸欠で枯れる

ポットには、底に穴が空いているのが普通です。

そうでないと…

水で満たされたポット内部は、酸素が無くなり… 根が窒息して腐ります。

根を失うと… 水と酸素を、

茎や葉へと吸い上げられないので、やがて全体が枯死します。

・・・
・・

まずは、使ってみるのが大切

以上… 多肉に適した土選びになりますが、

お店で販売されている「多肉植物の土」なら、

セダムでもエケベリアでも…

その他の多肉でも、普通に育ちます。

また、水やりでも… 失敗しにくいと感じますので、

多肉栽培なら…

「多肉植物の土」から、使ってみるのをオススメします。


センペルビウム属の特徴と育て方

「観葉植物の土」で多肉植物を育てる

関連記事

  1. 4つの土で「水持ち」を比べるテスト

    多肉の栽培に慣れてくると…「もうちょっと、水持ちを良くしたい!」とか…

  2. 「観葉植物の土」で多肉植物を育てる

    「観葉植物の土」でも、多肉植物は育つのか?ということで、実際に試して…

PAGE TOP