アエオニウム属の特徴と管理方法

この記事では、多肉植物・アエオニウム属の、

特徴と管理方法を紹介します。

アエオニウム属は、比較的… 葉が薄く、

大小、様々なタイプがありますが、

初めての人でも、簡単に育てられる多肉植物だと感じます。

スポンサーサイト




◆ 年間スケジュール

❶ 成長期 ❷ 水やり ❸ 遮光 ❹ 繁殖
春:〇 通常 20%
夏:× 控えめ 50% ×
秋:〇 通常 20%
冬:◎ 通常 不要

※ スケジュールは目安となります

アイクリソン属も同様

見た目や育て方が、アエオニウム属と変わらない、

アイクリソン属も同様です。

下記の2つは、正確にはアイクリソン属のようです。

  • レモネード
  • 愛染錦

❶ 成長期は、冬(秋 ~ 春)

アエオニウム属は、気温が下がる冬が一番の成長期です。

これは… 春・秋に成長する、

一般的な多肉とは異なるポイントになります。

実際は、10月くらいから活発に…

メインは冬ですが… 10月くらいから、

成長の変化を感じられると思います。

そして、翌年の梅雨くらいまで成長するので、

秋・冬・春と3シーズンは、楽しめます。

❷ 水やりは、土が乾いたら

水やりは、基本通りに…

土が乾いたら、たっぷりと与えます。

アエオニウムは、冬も成長期なので… 忘れずに与えます。

控えすぎると、下葉が枯れやすい

水切れに強いのが、多肉植物の特徴ですが…

アエオニウムは葉が薄いので、

水を控えすぎと…

大きく成長する前に、下葉が枯れやすくなるので注意します。

❸ 陽当たりを好む

他の多肉と同様に陽当たりを好みます。

「黒法師」や「カシミアバイオレット」など、

濃い葉色を持つタイプは、年間を通して陽当たりが必要です。

遮光して、屋外管理がベスト

陽当たりを好みますが、

強すぎる光は「葉焼け」する可能性があるので、

冬以外は、遮光をしてあげるのが無難です。

❹ 増やすには、秋・冬が適期

成長期が冬なので、増やしたい場合は、

冬に繁殖作業を行ってもOKです。

気温が低い… 11月 ~ 3月くらいが、おすすめです。

「カット」と
「挿し芽」で増やす

▲ 黒法師

茎の途中をカットして、

親株から、脇芽を出す方法が1つ。

カットした先端部分(挿し穂)を、

「挿し芽」で育てるのが2つ目となります。

 【葉挿し】は、上手くいかないと思います

スポンサーサイト




・・・
・・

カットすると、棒から発芽

カットされた棒状の親株からは、

新しい芽がでてくるので…

安定的に、増やすことが可能です。

 種類によって異なる

今回の黒法師では、新芽が出てきましたが…

アエオニウムなら、どんな種類でも、

棒状の親株から、発芽する訳ではないようです。

関連記事は、こちら

先端部分(挿し穂)は、
「挿し芽」で育ちます

カットした挿し穂を、土に植えると…

そのまま育てることができます。

時間は掛かりますが…

脇芽が出てくるので、そのうち増えていきます。

・・・
・・

トータルで、育てやすい多肉植物

アエオニウム属は、多肉でよく心配される…

「徒長」や「葉の伸長」を気にせずに育てられます。

水やりも、比較的に簡単で…

基本通りに、乾いたらたっぷりと与えます。

あとは、適度な日光浴をさせれば、

色付きもよく、しっかりとした株に育ちます。

◆ アエオニウム属の種類

「黒法師」で有名なアエオニウム属ですが、

その種類は、いくつかあり、

個人的に…「見た目の違い」で分けると、4つのタイプがあります。

❶ 薄葉タイプ

▲ 黒法師

黒法師が、薄葉タイプの典型で…

葉は薄く、長く伸びたり短くなったりと、

季節や環境によって変化します。

同じようなアエオニウム
  • カシミアバイオレット
  • 艶姿【あですがた】

❷ やや肉厚タイプ

▲ 伊達法師(グリーンティー)

黒法師などの薄葉タイプと比べると、

やや肉厚な葉を持っています。

葉色は、派手な傾向があります。

同じようなアエオニウム
  • サンバースト
  • 夕映え(キウイ)

スポンサーサイト



❸ 小型タイプ

▲ 小人の祭り

数は少ないですが、アエオニウム属の中では、

ロゼットが圧倒的に小型です。

そのため、近くで観賞するのがオススメとなります。

同じようなアエオニウム
  • 小人の花束

❹ つぼみタイプ

これまでのタイプとは異なり、

葉色の変化は乏しいですが、

春から夏になると、つぼみ型に変形する面白いタイプです。

同じようなアエオニウム
  • ドドランタリス
  • ギガンティア

・・・
・・

 梅雨 & 夏の管理

▲ 八咫の鏡

夏は、休眠シーズン
▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 通常
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

水やりのポイント

夏は、休眠期となりますが、

特徴としては… 水やりは「梅雨明け前」まで、

通常通り、土が乾いたら… たっぷりと与えます。

天候は、気にしない

茎が伸びるアエオニウム属ですが…

セダムの徒長のように、不格好にはなりません。

梅雨の期間でも…

天候を気にせず、土が乾いていたら… 水やりOKです。

 水やりの頻度・感覚は、観葉植物やグリーンネックレスと同じ

 梅雨明け後は… 控えめに

梅雨が明けて、夏本番の天候になると…

これまでの水やりでは、

蒸れてしまう可能性があります。

ですので、梅雨が明けたら…

9月中旬頃までは、月に2、3回で十分です。

乾燥には強いアエオニウム属

水が切れると、下の葉が枯れやすいですが、

成長点や茎は… 乾燥に強いので、

風の通る日陰なら、秋まで断水してもOKです。

 休眠期の特徴

▲ ドドランタリス

休眠期の夏になると…

ロゼットを閉じる傾向があります。

アエオニウム属の中では「ドドランタリス」が、

わかりやすく変化してくれます。

 水やりで、左右されやすい

▲ 2月上旬の様子

同じドドランタリスの2月の写真ですが、

成長期だけあって、

葉っぱもノビノビとしています。

水やりが不足すると、
5月上旬でも夏モードへ

▲ 4月上旬

▲ 5月上旬

夏になると「夏姿」になる… といわれていますが、

水が不足すれば…

5月上旬でも、さっさと「夏姿」になってしまいます。

スポンサーサイト




・・・
・・

水やりで、リカバリー可能

▲ 6月上旬

梅雨明け前に、ロゼットが閉じたり… 枯葉が目立ってきても、

水やりの頻度を上げると、

ロゼットは開き、枯葉も軽減されます。

 ほかのアエオニウムでも同様

蒸散を防ぐためだと思われる

ドドランタリスのように、

水切れで、引きこもってしまう理由は、

蒸散を防ぐためだと思われます。

多肉植物は、日中… 気孔を閉じて蒸散を防いでいますが、

それでも足りないので…

気孔が集中する葉裏を隠すように、

ロゼットが閉じるのではないかと思います。

【まとめ】チェックポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

梅雨明け前までの水やりは、通常通りでOK。

アエオニウム属は、全体的に高温・乾燥に強いタイプですが、

土が乾いたら、しっかりと水を与えます。

梅雨明け後は…

遮光を強めて「量 or 回数」を減らすのが安全です。

・・・
・・

 冬(凍結)の管理

安 全     ~ -3℃ 水分が多めでも、凍結なし
注 意 -3℃ ~ -5℃ 一部、凍結の可能性あり
危 険 -5℃ ~     一部 ~ 全体が凍結
 霜除け 必須

※ 凍結の温度は、目安としてお考えください。

それほど、寒さに弱くはない

アエオニウムの耐凍性は、そこそこあり…

「-3℃」くらいなら、やられません。

寒波には注意ですが、屋外で管理できる多肉です。

耐凍性のレベル
やや強

多肉植物全体で比べると…「並」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、

ほぼ、凍結しないと思います。

 「-5℃」まで下がると厳しい

▲ 葉の周囲が凍結した「八咫の鏡」

「-5℃」を超えると、だいぶ厳しく…

「-7℃」では、一発で全損するレベルです。

カットして、下部を救出できる場合もあり

種類にもよりますが… 茎が生きていれば、

凍結した上部をカットして、

残った下部から、新芽を出させることも可能です。

スポンサーサイト




・・・
・・

◆ 病気・害虫

病 気 害 虫
黒点系の病気 ❶ カイガラムシ
❷ アブラムシ 

※ 環境によっては、病害虫の被害は異なります

病害虫は、通常の対策でOK

病気・害虫とも…

多肉植物では、よくあるタイプなので、

それほど警戒しなくても大丈夫です。

また、薬剤を散布しなくても病害虫の被害に遭わないこともあります。

● 病気の内容

春から夏にかけて、

葉に黒い点々があらわれる…

「黒点系の病気」になる可能性があります。

予防には… ベニカ

定番のベニカで予防できます。

発症しても、株全体が枯れてしまうことはありませんが、

解消するには、葉の入れ替えを待つしかありません。 

 梅雨前に散布がおすすめ

● 害虫の内容

▲ アブラムシ

▲ カイガラムシ

害虫は、定番の

「カイガラムシ」と「アブラムシ」になります。

予防&解消には… オルトラン

どちらも、定番の害虫なので…

定期的にオルトランを撒いておけば予防できます。

緊急で駆除したい場合は、

アブラムシにはベニカ… カイガラムシには専用殺虫剤を使用します。

 梅雨前や植替え時の散布がおすすめ

・・・
・・

以上… アエオニウム属の特徴と管理方法になります。

まとめると…

明るい場所と、たっぷりの水を好む多肉植物です。

基本的に育てやすく、

幹立ちして、オシャレなタイプだと感じます。

氷点下でも耐えますが…

「-3℃」を超えないように注意します。

スポンサーサイト





【Vol.02】黒い多肉植物「黒法師」を育てる

アエオニウム属なら、棒状の親株から増やせるのか?

関連記事

  1. 多肉植物の置き場所は、軒下近くがオススメ

    今回は、自宅で多肉栽培をスタートする際…購入してきた多肉植物は、…

  2. アエオニウム属なら、棒状の親株から増やせるのか?…

    今回の記事は、アエオニウム属なら…棒状の親株からでも、脇芽が出るのか…

  3. 【カット苗】いつになったら発根する? エケベリア…

    「カット苗」を購入したり… 自分で「カット苗」をつくったあと、発根を…

  4. センペルビウム属の特徴と育て方

    この記事では、多肉植物・センペルビウム属の、特徴と管理方法を紹介しま…

  5. 【1年目】多肉植物が、奇麗に育たないと感じる理由…

    奇麗な多肉植物は、WebやSNSで、わんさかと見れますが、いざ… 自…

  6. 遮光【しゃこう】って何? 多肉にも日除けが必要不…

    多肉植物を育てるうえで、重要な対策の1つが「遮光【しゃこう】」です。…

  7. 独学でも、多肉栽培が上手くなる方法

    今回は、独学でも多肉植物の栽培が上手くなる方法を紹介します。とはいっ…

  8. 購入したエケベリアが、本(図鑑)に載っていない理…

    自分が買ったエケベリアについて調べてみたい!でも… 本には載っていな…

PAGE TOP