多肉植物の性質・観葉植物との違い

この記事では、多肉植物の性質と、

観葉植物との違いを、簡単に紹介します。

どちらも、常緑ならではの魅力ある植物ですが、

美麗な状態を保ち続けるには、

個々の植物の性質を押さえて、栽培を始める必要があります。

スポンサーサイト




▼ 多肉・観葉 大きな違い

「多肉植物」と「観葉植物」…

栽培するうえで、大きな違いはいうと… 下記の2点です。

  • 水切れ(水やり)
  • 日照の好み

パッと見で比べると… どちらも、同じ感じで育つ気もしますが、

意外と、環境の好みが違います。

大切なのは、それぞれの植物を区別し…

育ちやすい環境を整えてあげることです。

混同すると、枯れやすいので注意

多肉植物と観葉植物を、同じ環境で育てると、

どちらかに不都合なケースが多く、

夏や冬に、枯死させてしまう可能性が高くなります。

栽培の際は、それぞれの性質を理解したうえで管理することが大切です。

・・・
・・

それでは、1つづつ紹介します。

❶ 水切れ(水やり)

栽培するうえで、ぜんぜん違うな~!と、

感じるのが「水切れ」までの時間です。

水切れとは、水分不足によって葉がしおれたり、茎が垂れ下がる状態です。

水切れが早いと、そのぶん… 水やりの回数も増えることになります。

水切れが早い、観葉植物

▲ 一般的な植物の水不足

水を消費しやすい、一般的な植物は、

水やりを忘れると… 1日~数日程度で、くたびれてしまいます。

多肉植物は、しなびにくい

いっぽうの多肉植物は、分厚い葉に水分を蓄えるため…

水やりから1週間くらいでは、しなびることがありません。

健康的な栽培を無視すれば… 3ヵ月以上でも耐えてくれます。

ですので、多肉植物は水やりの回数が少なく…

手がかからない植物だと紹介されています。

多肉はCAM植物というグループ

多肉植物は、サボテンと同様に、

「CAM【カム】植物」というグループで、

葉や茎に水分を溜め込み、放出させない能力に優れています。

グループは、こちら
C3 植物 約90%の植物が該当
C4 植物 トウモロコシ、サトウキビなど
CAM植物 ベンケイソウ科、サボテン科の植物など

植物には様々な「グループ分け」があって、

イマイチ把握しにくいのですが、

大雑把に押さえておけば十分です。

多肉植物 = ベンケイソウ科 = CAM植物

燃費が抜群の、多肉植物

車の燃費で例えるなら…

観葉植物の燃費が「10km/L」だとすると、

多肉植物は「100km/L」といっても大袈裟ではありません。

観葉植物の水やりが毎日なら…

多肉は10日に1度でも十分に育ってくれます。

スポンサーサイト




 多肉植物でも、水は好き

多肉植物は、水の消費が遅いだけで…

水が苦手なわけではありません。

水分はコンスタントに与えたほうが、健康的に育ちます。

与えるタイミングは、土が乾いてから

水やりのタイミングは、早くても… 土が乾いてからが基本になります。

また、常に湿らせておくよりは…

乾燥を保ったほうが、奇麗なフォルムに仕上がる傾向です。

❷ 日照の好み

つづいて、日照に対しての性質です。

管理場所を、大雑把に分けるとすると下記になります。

  • 多肉植物は… 陽の当たる屋外
  • 観葉植物は… 陽が届く室内

 多肉は、屋外管理が基本

多肉植物は、陽当たりを好むため… 日陰となる室内では奇麗に育ちません。

反対に、観葉植物は…

明るめの場所から日陰でも育ってくれるので、

室内でも、奇麗に栽培することが可能です。

植物の種類は、確認しておく

環境の好みが同じであっても、

種類によって、イレギュラーな場合もあるので、

ネットや書籍で、置き場所や日照時間を確認しておくのが安心です。

 日照を確保するのは、大変な場合も…

どのような住宅でも、日陰のほうが多いと思います。

ですが… 多肉植物が好む、

常に陽が当たる場所というは… 住いによって限られてきます。

日向 = 多肉を管理できるスペース

実際に栽培するとなると…

日向を広く持っているほど、多肉植物の管理は楽になります。

この陽当たりの問題が、

お住いの都合上… 諦めなくてはならない部分でもあります。

・・・
・・

以上が、栽培するうえでの…

多肉植物・観葉植物の異なる2つのポイントでした。

「水やり」と「日照」の違いは、特に重要なので…

栽培する際は、植物への思い込みを無くし、

それぞれの最適な方法・環境で、管理する必要があります。

スポンサーサイト




▼ 多肉植物の成長サイクル

つづいて、多肉植物の成長シーズンについて紹介します。

多肉植物の原産地は、海外がほとんどなので、

自生している地域によって、成長するシーズンが異なります。

 ここでは、多肉植物をメインに紹介します

❶ 成長しやすい季節

多肉植物は常緑なので、いつも成長している感じがします。

ですが、多肉の種類によって成長しやすい季節があり、

それに合わせて、栽培や管理も調整する必要があります。

  • 春・秋 タイプ
  •   夏 タイプ
  •   冬 タイプ

購入した多肉植物が、どのシーズンに成長しやすいのか?

なるべく、参考書を購入して、だいたいの目安を把握する必要があります。

「春・秋 タイプ」が多い、多肉植物

一般的に多肉植物と呼ばれるグループは、

セダムやエケベリアなどを含む、ベンケイソウ科の植物が多く…

それらは「春・秋タイプ」です。

● ベンケイソウ科のグループ

▲ 黒法師【アエオニウム属】

・アエオニウム属
・エケベリア属
・カランコエ属
・クラッスラ属
・グラプトペタルム属
・セダム属
・パキフィツム属

などなどが、メジャーどころのグループです。

稀にイレギュラーもあり「黒法師」で有名なアエオニウム属は、

春・秋も成長しますが、冬が最盛期となります。

春と秋は、どちらも植替えや繁殖がOK

春と秋は、多肉自体も大きくなりやすい期間です。

また… 繁殖もさせやすく、

「挿し芽」などで増やしやすいシーズンになります。

❷ OFFシーズンには注意

成長シーズンの反対は、OFFシーズンとなります。

多肉植物の場合は… 主に、夏と冬が該当し、

春・秋に比べると、成長は抑えられ、

人間と同様に、管理にも気を遣うことが多くなります。

 栽培サイクルも、区別が必要

多肉植物の管理は「春と秋」、「夏と冬」がセットのような感じです。

春と秋は成長しやすく管理も簡単ですが、

夏と冬は、それぞれの気候に合わせて管理する必要があります。

大きな成長が見込めない期間

OFFシーズンは、休眠期や半休眠期といわれ…

春や秋と比べると、大きな成長は見込めません。

多肉のサイズ的には、現状維持となります。

OFF期間の目安は、こちら
  • 7月上旬~9月中旬
  • 11月下旬~3月中旬

この期間では、植替えや繁殖作業を控えたほうが安全です。

多湿や低温に、気を遣う季節

多肉植物に限った事ではありませんが、

OFFシーズンは植物にとって、心地よい季節ではありません。

日本では、夏は高温多湿… 冬は氷点下となるので、

環境を整えてやらないと、どちらかの季節で枯らしてしまうことがあります。

夏は、必要以上の多湿に注意

多肉植物は、乾燥地帯に自生する植物なので、

乾燥が続くぶんには、大きな問題ありません。

ですが… 日本の高温多湿は好まず、

雨や過剰な水やりなどで、常に土が湿った環境は避けたほうが無難です。

冬は… 寒冷地、寒波に注意

多肉植物の多くは、霜の対策をしておけば、

「-3℃」くらいまで耐えることができます。

それ以降の温度では凍結する可能性が高まります。

ですので、寒冷地に住んでいる場合は、寒さに警戒する必要があります。

また、温暖な地域に住んでいたとしても…

寒波での凍結を警戒する必要があります。

・・・
・・

以上の内容から、多肉植物を始めるタイミングは、春か秋がオススメです。

成長シーズンの春・秋なら、

あまり管理知識が無くても、調子よく育ってくれます。

反対に、夏と冬の管理には知識が必要なので、

春・秋の期間で、少しづつ勉強しておくのが成功の秘訣です。

スポンサーサイト




◆ 最後のまとめ

多肉植物も観葉植物も、基本的な育て方は同じです。

また、繁殖の方法もあまり変わりません。

重要なのは… それぞれの性質を知って、しっかりと区別することです。

どちらが簡単かといえば… 観葉植物

やはり、日照が少なくても育ちやすい観葉植物のほうが、

失敗せずに栽培できると思います。

一方の多肉植物は、水やりが少なくて済むといっても…

美観が日照に左右されるので、室内管理には向きません。

また、水やりにもメリハリが要求されるので、

観葉植物より、栽培のハードルが高いように感じます。

両方を、育ててみると面白い

左:多肉 / 右:観葉植物

肉厚の葉を持つ多肉植物(セダム・虹の玉)と、

極薄の葉を持つ観葉植物(アジアンタム)。

日向で1週間ほど管理した後では…

セダムは元気に育っていますが、アジアンタムはチリチリなって枯れています。

・・・
・・

この2つの比較は、極端すぎますが…

どんな植物を購入しても…

その植物の性質を知ってから、栽培にチャレンジすれば、

1年を通して、長く楽しめるはずです。


スポンサーサイト




斑入りのロゼットが絶妙!愛染錦を育てる

本当に臭いの?南国観あふれるカシミアバイオレットを育てる

関連記事

  1. 多肉植物の基礎知識と、はじめての1冊

    これから「多肉植物を育ててみたい!」という皆様へ、多肉栽培の基本から…

  2. 【よく解る】はじめての多肉植物と、楽しみ方

    この記事は、多肉植物に興味があるけど…そのまえに、「多肉栽培…

  3. ユニークな葉が魅力の多肉植物って、どんな植物?

    多肉植物は… 葉っぱや茎に水分を溜め込んでいるため、肉厚の葉を持って…

  4. 【写真付き】覚えておきたい!多肉植物の栽培用語

    多肉をはじめ… 植物を上手に育てるには、最低限の栽培用語を覚えておく…

  5. 【ネット購入】写真と実物が違って見える理由と心得…

    多肉植物を、ネットで購入した際、サンプルの画像(写真)と比べ……

  6. 【事前チェック】多肉栽培には、陽射し(日照時間)…

    多肉植物の栽培では…欠かすことの出来ない重要なポイントが1つあります…

  7. 多肉植物は、どこで買う? 2つの購入先を紹介

    この記事では、多肉植物の購入方法について紹介します。とはいっても… …

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP