アイスグリーン

エケベリア属「アイスグリーン」の紹介です。

多肉植物ではお馴染みの、グリーンの葉色ですが、

青白いグリーンから… 白っぽいグリーンまで、

季節ごとの変化を楽しめるエケベリアになります。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


・大型ロゼット


・グリーン系

 この多肉植物は、ハイブリッド

成長期は… 春と秋

基本は、単頭のロゼット。

夏の葉色は、ほぼグリーン1色。

紅葉時は、全体がやや白っぽく、薄い紫色も混じる。

また、パウダーが落ちるとオレンジに見える。

◆ Photos

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Ice Green
流通名 アイスグリーン
生育期 秋・春
価格帯 700 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 カット&挿し芽
「葉挿し」は未確認

◆ アイスグリーンは交配種

  • E. laui
  • E. elegans

アイスグリーンは交配種で、

「エレガンス」・「ラウイ」の交配といわれていますが、

詳細な情報は不明です。

ケッセルリンギアナと似ている

見た感じ… ラウイより肉厚な葉をしているので、

同じエレガンスでも「月影」ではなく、

ケッセルリンギアナなのかもしれません。

 I.C.N(エレガンス ケッセルリンギアナ)

・・・
・・

スポンサーサイト




育て方の、参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

❶ 日本花キ流通 ❷ ピュアリーフ
ストア内検索:アイスグリーン

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 8月下旬

▲ 10月下旬

夏の葉色は、グリーンがメイン。
青っぽく見える場合もあり。
パウダーが取れると、オレンジっぽく見える。


▲ 1月上旬

▲ 1月上旬

肥料の加減によって異なりますが、
冬は、白っぽい葉色へ変化。
やや紫色の部分が混じる。

◆ Before / After

 購入時の様子

  • 購入日:2020/01
  • ポットサイズ:7.5cm
  • 生産者さん:ピュアリーフ

 約1年後の様子

1年間の主な作業
  • なし(植替え・追肥・繁殖は行わず)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

 耐寒性は、やや弱いタイプ

▲ 2月に重度の凍害

寒さには強いエレガンスと…

あまり強くないラウイとの交配ですが、

アイスグリーンは、ラウイに似て… あまり強くありません。

-3℃くらいなら大丈夫ですが、

-7℃まで下がると、かなり危険です。

 4月の状態

中心の成長点は無事ですが、

時間の経過とともに、

外側の葉っぱが枯れていきます。

根の確認

根は付いていますが、大部分が枯死。

重度の凍害では…

根も深刻なダメージを負っているケースがあります。

発根確認 & 根の掃除

写真の上部あたりに、新しい白い根が伸びています。

これで、水が吸えるようになり…

大きく育つことができます。

だいたい4月頃になると… 発根してきます。

 枯れた根は、邪魔なのでカット

植替え・6cm ポット

▲ 6cm ポット

だいぶ小さなロゼットになりましたが、

成長点さえ生きていれば、再生してくれます。

植替えの際の土は…

初期肥料を含んだ培養土がオススメです。

その後の様子

▲ 6月中旬

▲ 7月中旬

▲ 8月下旬

▲ 10月下旬

▲ 11月下旬

▲ 1月中旬(約1年後)

環境や多肉・品種によって異なりますが、

1年ほどあれば…

だいたい、元のサイズに戻ってくれます。

 6cm ポットなので、大きく見えます

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「弱い」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、凍害の影響はなし。

-5℃まで下がると一部で凍結がみられ…

-7℃では全体が凍結し、再起不能かと思います。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


【重度の凍害】多肉が再生するまでの流れ

【冬・仕様】ブログ管理人の環境づくり

関連記事

  1. プリンセスパール

    エケベリア属「プリンセスパール」の紹介です。数あるフリル系交配種の1…

  2. シャルルローズ

    エケベリア属「シャルルローズ」の紹介です。紅葉時は、ピンク系に色付く…

  3. シムランス

    エケベリア属「シムランス」の紹介です。エレガンスに似た雰囲気の原種で…

  4. サラボニー(カラボニー)

    エケベリア属「サラボニー(カラボニー)」の紹介です。名前のようにサラ…

  5. ブラウンローズ

    エケベリア属「ブラウンローズ」の紹介です。名前の通り、茶色っぽく見え…

  6. トランペットピンキー

    エケベリア属「トランペットピンキー」の紹介です。2020年に流行った…

  7. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  8. 静月【せいげつ】

    エケベリア属「静月【せいげつ】」の紹介です。静月は日本で作出されたハ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP