ジュエリーアイス

エケベリア属「ジュエリーアイス」の紹介です。

今回は「優木園」さん命名のオリジナル交配種となります。

ロゼットの雰囲気は、エレガンスがベースで…

ラウイやトリマネンシスを混ぜたような感じです。

そこそこ値が張りますが、

性質は強健で、脇芽も付きやすいタイプかと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Jewelry Ice
流通名 ジュエリーアイス
生育期 秋・春
価格帯 2,500円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:ジュエリーアイス

※ 売り切れの場合あり

ジュエリーアイスは交配種

※ 交配は予想です


  • 左)ケッセルリンギアナ(エレガンス)
     E. elegans var. kesselringiana
  • 右)トリマネンシス
     E. tolimanensis

詳細は不明ですが、1番似ているエケベリアは、

ケッセルリンギアナ(エレガンス)で、

次いでトリマネンシスっぽさも感じます。

アイスといえばエレガンス

名前は偶然かもしれませんが、

ストロベリーアイスやラズベリーアイス、

アイスグリーンといった…

アイスが付いている品種は、エレガンス関係の血を感じさせます。

同じ性質の多肉植物

ジュエリーアイスの性質や成長過程、

また、管理方法は下記の多肉と同様です。

詳しくは、これらの記事も合わせてご覧ください。

雰囲気が似ている多肉

雰囲気は似ていますが、

性質や成長過程は異なります。

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2019. 8
ポットサイズ 6cm
生産者さん 優木園
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

8月下旬に購入したので夏顔の状態です。

夏の若い株なので、品種の特徴らしさは見られません。

ですが、時間と共に株は大きく育ち…

冬には綺麗な紅葉を楽しめます。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1. この株は非常によい状態

この写真は購入当時の様子になります。

見慣れたエケベリアのイメージからすると…

なんだか微妙な株に見えますが、

この株の状態が「よい」と感じれば、

誰のフォローも受けずに多肉栽培を楽しんでいる方だと思います。

多肉栽培は、慣れると未来が見える

ある程度、栽培に慣れてくると、

株を見ただけで、その後の成長や手間の掛かり具合が…

なんとなく解ってきます。

このエケベリアも見ただけで若い苗だと気付きますし、

ロゼットも開いており、ポットとの隙も広いので、

蒸れる可能性も低いと判断できます。

また、いい感じのグリーンの葉をキープしているので、

8月下旬という時期も考慮すれば、

秋にサイズアップして、冬に紅葉する流れも把握できます。

2. 脇芽が出るまでの期間

▲ 2019 .8

▲ 2022 .8(株元のみ)

▲ 2023 .2(幹の中間)

交配式は不明ですが、エレガンスの性質を強く感じます。

そのため、脇芽が幹の途中からも伸びてきて、

やがて親株のロゼットが崩れてしまいます。

その脇芽が伸びてくるタイミングは、

栽培環境や個体差にも影響されますが、

今回は上記写真のタイミングとなりました。

最初の脇芽が付くまで3年ほど掛かっています。

3. 株分けのタイミング

▲ 5月の状態

幹の途中から伸びた脇芽は、

なかなか取り除くことが難しい状態です。

半年ほど待つと簡単

▲ 9月の状態

めり込み気味の脇芽は、陽を求めて自然と茎を伸ばします。

そのため、3ヵ月~半年もすれば…

ハサミでカットしやすいくらいまで伸びています。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ふんわりカールのリラシナを育てる

あんみつ姫{コンプレッシカウリス}

関連記事

  1. スパイシーレディ(ホワイト)

    エケベリア属「スパイシーレディ」の紹介です。光沢とパウダーを兼ね備え…

  2. アルバ

    エケベリア属「アルバ」の紹介です。透明感のある爽やかなグリーンの葉色…

  3. 紅日傘{バイカラー}

    エケベリア属「紅日傘」の紹介です。エケベリアの中では、圧倒的に幹立ち…

  4. コロラータ・タパルパ

    エケベリア属「コロラータ・タパルパ」の紹介です。コロラータの中では、…

  5. アガボイデス・エボニー

    エケベリア属「アガボイデス・エボニー」の紹介です。赤黒い爪を持つアガ…

  6. メキシコミニマ

    エケベリア属「メキシコミニマ」の紹介です。メキシコ生まれのミニマに、…

  7. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  8. プロリフィカ(プロリフェラ)

    エケベリア属「プロリフィカ」の紹介です。増えやすい多肉植物の代表格で…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP