ケッセルリンギアナ(エレガンス)

エケベリア属「ケッセルリンギアナ」の紹介です。

いくつか流通しているエレガンスの中で…

最も肉厚な葉を持っており、

おそらくエケベリア属の中でも、葉の厚さはNo1かと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


中型ロゼット


淡いグリーン系

 この多肉植物は、変種

成長期は… 春と秋

基本は、単頭のロゼット。子株を付ける場合もあり。

夏の葉色は、淡いグリーン1色。

紅葉時は全体が白くなりやすく、厳冬期がピークとなります。

◆ Photos

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
学名 Echeveria elegans var. kesselringiana
流通名 ケッセルリンギアナ
生育期 秋・春
価格帯 600 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 カット&挿し芽
葉挿し

 ケッセルリンギアナは変種

エレガンスには、星影やアルビカンスといった…

別のタイプがありますが、学術的な分類はよくわかないそうです。

ですが、このケッセルリンギアナは…

見た目が大きく異なるため、エレガンスの変種とされています。

 I.C.N(エレガンス・ケッセルリンギアナ)

名前の表記は異なる場合もあり

エレガンスは複数のタイプがあるので…

「エレガンス」と表記されることは少ないかもしれません。

  • エレガンス ⇒ 月影
  • エレガンス・ケッセルリンギアナ = ケッセルリンギアナ

 肉厚なエケベリア

ケッセルリンギアナは、エケベリア界きっての肉厚な葉を持っています。

アガボイデスなども分厚い葉ですが、

1番はこのエケベリアかと思います。

育て方の、参考記事

 ネット販売

日本花キ流通 ヨシハラガーデン
ストア内検索:ケッセルリンギアナ

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 5月下旬

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) 淡いグリーン
葉色(肥料・ 淡いグリーン
エッジの色 半透明
爪の色 エッジと同様
ロゼット 日照不足や高温では開きやすい
備 考

▲ 10月下旬

▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

葉色(肥料・並) 淡いグリーン ⇒ 白っぽいグリーン
葉色(肥料・ 淡いグリーン ⇒ 白っぽいグリーン
エッジの色 淡いグリーン・半透明
爪の色 エッジと同様
ロゼット 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

  • 購入日:2020/02
  • ポットサイズ:7.5cm
  • 生産者さん:カクトロコ

 約1年後の様子

2月に購入したので「冬顔」の状態です。

子株は増えましたが、

何も手を加えていない為か… ロゼットは崩れ気味となりました。

1年間の主な作業

・なし(植替え・追肥・繁殖は行わず)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(2月)

※ 7.5cmポット

5月(開花

7月

8月

10月

12月

 約1年後(2月)

4月(植替え

7月

8月

10月

12月

 約2年後(2月)

4月(植替え

7月

8月

10月

12月

 約3年後(2月)

4月

5月(株分け

6月

8月

・・・
・・

◆ 栽培メモ

1. 肥料切れで白っぽく変化

ケッセルリンギアナは、エレガンスの中でも…

肥料が切れると、葉色が白っぽく変わります。

白くなったらサイズアップはしない

▲ 肥料切れの状態

白く変わった状態は肥料切れのサインでもあります。

そのため、追肥を行わないと大きくは育ちません。

2 株分けでも増やしやすい

葉挿しでも成功すると思いますが、

胴切りを行わなくても…

脇芽が付きやすいタイプなので、株分けして増やせば確実です。

意外と取りやすい

実際に試してみると、意外と簡単に感じると思います。

ポットから抜けば、子株は思ったより茎が伸びていて、

ハサミで切るまでもなく、引っ張るだけで取れてしまいます。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・

スポンサーサイト




・・・
・・


育てやすい普及種「野バラの精」の栽培記録

アルビカンス(エレガンス)

関連記事

  1. ミニベル・錦

    エケベリア属「ミニベル・錦」の紹介です。ミニベルの斑入り品種で、ノー…

  2. プリンセスパール

    エケベリア属「プリンセスパール」の紹介です。数あるフリル系交配種の1…

  3. アリエル

    エケベリア属「アリエル」の紹介です。ラウリンゼやシャンペーンのような…

  4. ブルーバード

    エケベリア属「ブルーバード」の紹介です。全体的に淡いブルーグリーンの…

  5. 静月【せいげつ】

    エケベリア属「静月【せいげつ】」の紹介です。静月は日本で作出されたハ…

  6. ネオンブレーカーズ

    エケベリア属「ネオンブレーカーズ」の紹介です。外観は、余りシャビアナ…

  7. ブラウンローズ

    エケベリア属「ブラウンローズ」の紹介です。名前の通り、茶色っぽく見え…

  8. ムーンストーン

    エケベリア属「ムーンストーン」の紹介です。交配種となりますが、印象と…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP