育てやすい普及種「野バラの精」の栽培記録

この記事は、エケベリア属「野バラの精」の栽培記録です。

育てやすい多肉は、いくつもありますが…

「野バラの精」もその1つで、

1年を通して育てやすく、赤い爪が特徴のエケベリアになります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 基本情報 |
野バラの精

ベンケイソウ科
エケベリア属
流通名 野バラの精
品種名 Nobara-no-sei
生育期 秋・春
価格帯 300 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 葉挿し
カット&挿し芽

 「野バラの精」は交配種

  • ♀ E. spec nov. Zaragoza
  • ♂ E. derenbergii

(クスピダータ)サラゴーサ系と、

デレンベルギー(静夜)のハイブリッド。

どちらかというと… 前者寄りのフォルムで、赤い爪が特徴です。

 I.C.N【野バラの精】

 ネット販売

カクトロコ
ストア内検索:野バラの精

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

◆ 季節の変化

 6月~10月

▲ 7月の様子

▲ 8月の様子

葉色(肥料・並) 淡いグリーン
葉色(肥料・ 淡いグリーン
エッジの色 葉色と同様
爪の色 レッド
備 考

 11月~3月

▲ 10月の様子

▲ 12月の様子

▲ 2月の様子

葉色(肥料・並) 淡いグリーン
葉色(肥料・ 白っぽいグリーン
エッジの色 葉色と同様
爪の色 レッド
備 考

 野バラの精の花

撮影日:5月上旬

花の色は、デレンベルギー寄りでオレンジ色の花を咲かせます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 購入時の写真と
1年後の比較

購入時の写真

購入日:2018/11 7.5cm ポット

園芸店で購入した、カクトロコさんの野バラの精。

7.5cm ポットに植えられ、300円前後の価格帯です。

 約1年後の様子

約1年で、ロゼットの大きさは2cm ほどアップ。

また、葉の枚数も増えて、

全体的にボリュームアップしています。

背が伸びる場合もあり

上から見ると、サラゴーサに近い感じですが、

横から見ると…

デレンベルギーっぽい特徴になる場合もあります。

ドーム状のロゼットに仕上げたい場合は、

定期的に、仕立て直したほうが良いと思います。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(凍結)

安 全     ~ -3℃ 水分が多めでも、凍結なし
注 意 -3℃ ~ -5℃ 一部、凍結の可能性あり
危 険 -5℃ ~     一部 ~ 全体が凍結
 霜除け 必須
※ 凍結の温度は、目安としてお考えください。
耐凍性のレベル
やや強
- - -

多肉植物全体で比べると…「やや強」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、

ほぼ、凍結しないと思います。

もう少し下がっても、大丈夫かと感じますが…

一部、凍結の症状が見られる場合もあります。

 寒波の夜間は、要注意

※ お住いのエリアにより異なります。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプ。

水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

与え過ぎると… 葉が伸び、ロゼットも大きく開きやすい。

また、遮光をしつつ、雨ざらしも避けたほうが無難です。

・・・
・・

◆ 栽培メモ

1 育てやすい強健なエケベリア

エケベリアは基本的に強健なのですが、

野バラの精も、その1つになります。

耐寒性、耐暑性も高く、手の掛からないタイプです。

2 「葉挿し」でも増やせる

こちらも…「野バラの精」に限った事ではありませんが、

「葉挿し」からでも増やせます。

状態がよいの葉を使い、暖かい季節なら… 成功率は上昇します。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録
2018.11 ~

主な記録

 植替え ’19-10 ’21-04
 葉挿し ’19-11 ’20-03
 挿し芽
病害虫・生理障害
カイガラムシ ’21-10

2018-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2018

11月上旬 「野バラの精」を購入

▲ 7.5cm ポット / 250円

店頭に並んでいる時は、これくらいのサイズだと思います。

厳冬期では… タグにプリントされているような、

引き締まった株になりやすくなります。

子株付き

よく見ると… 奥に小さな株が潜んでいます。

株(ポット)によって、

子株の有無にも違いがあります。

・・・
・・

冬 シーズン / 2018

※ 写真を撮り忘れました。

・・・
・・

2019-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2019

3月中旬 花芽が伸び始める

冬の間もジワジワと成長を続け、だいぶ立派になっています。

エケベリア属の多くは、

12月~2月頃になると、花芽が目立ってくる傾向です。

5月中旬 野バラの精 開花

花の様子は、デレンベルギー(静夜)に近い感じで、

奇麗なオレンジ色です。

見飽きると… カットされる傾向

花芽は、そのまま成長させて問題ありませんが、

ロゼットが変形したり、栄養を持っていかれるので、

開花前にカットする場合もあります。

この野バラの精は、全部で5ヵ所から花芽が伸びましたが…

2ヵ所だけ咲かせて… 後はカットしています。

・・・
・・

夏 シーズン / 2019

7月上旬 夏の姿へ…

気温が高くなってくると、

エケベリア属の多肉は、ロゼットを広げやすいくなります。

おそらく… 暑さ対策のための性質だと思います。

8月下旬 元気に過ごす

野バラの精は、梅雨から夏でも育てやすく感じます。

暑さ、乾燥にも強いので… 

水やりも、控え気味(月1~2回ほど)で大丈夫です。

害虫・病気の被害も無し

アブラムシ、カイガラムシといった害虫被害は見られませんでした。

春頃にオルトラン等の散布をおすすめします。

 背が伸びる場合もある

親のデレンベルギーのように、背が伸びる場合もあります。

横から見ると… ちょっとブサイクなので、

仕立て直してもよいかと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




2019-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2019

10月中旬 植え替え

購入から1年が経つので… ここで植え替えました。

ですが、株を様子を観てから判断してもOKで、

無理に植替える必要はありません。

9cm ポットへ植え替え

ロゼットをドーム状にするため、

下側2段の葉を取り除いています。

横からの見た目は… 少しバランスがよくなったと思います。

 葉挿し と 株分け

購入当時から付いていた小さな子株は、

意外と大きくは成長しなかったので、別ポットに分けしました。

また、取り除いた葉は「葉挿し」に回します。

 葉挿しは、不発

今回… 親株から取った葉は、

シワも多く、いかにも寿命っぽい感じでしたので、

すべて不発で終わりました。

葉挿しの成功率を上げるには、元気な葉を使用します。

・・・
・・

冬 シーズン / 2019

1月上旬 若干… 冬顔へ

夏に比べると、グレーや蒼っぽい葉色になります。

また、夏とは反対に… 

寒さ対策で、ロゼットの中心ほど丸まってきます。

2月中旬 -7℃ でも凍らず

1月から氷点下が続きはじめ、

2月中旬に「-7℃」を記録しました。

それでも、まったく寒さを寄せ付けない感じがします。

 爪は、ダメージを受けた様子

写真ではわかりずらいのですが…

爪が枯れた葉もあるので、

-7℃辺りが、限界なのかもしれません。

子株もセーフ

株分けした子株もセーフでした。

・・・
・・

スポンサーサイト




2020-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2020

3月下旬 「葉挿し」リトライ

▲ 下2列ほどを取る

今回は、昨秋とは異なり…

フレッシュな葉を使って「葉挿し」にチャレンジです。

 ポットから抜いたほうが簡単

野バラの精のような、葉がギッシリと詰まったタイプは…

ポットに植えたままだと外しにくいので、作業の際は抜きます。

それでも… 最初の1枚…2枚は、

取りにくいので、失敗しても仕方がありません。

その後は、指が入るスペースができる為、外しやすくなります。

ボリューミーなロゼットを維持

葉の枚数が多いエケベリアなので、

下から2段までを取っても…

見た目の印象は、さほど変わりません。

4月中旬 「発芽 & 発根」 を確認

取り除いた葉は、土には植えず…

日陰に置いて様子を見ています。

その後、約2週間ほどで「発根 or 発芽」を確認しました。

5月下旬 葉挿しの様子

そのまま2ヵ月ほど放置した状態です。

親の葉が元気なら…

すぐに植えなくても大丈夫ですが、

根が乾いてチリチリになりそうなら、早めに植えます。

また、根が伸び過ぎると… 植え込むのが手間になります。

8割が成功

発根が先行しても… 発芽が先行しても…

1ヵ月もあれば、だいたい両方が揃います。

どちらかの場合もよくありますが…

今回の野バラの精は、約8割が「発芽と発根」を確認しています。

100均の木箱に植える

植える容器は、下から水が流れれば何でもよいのですが…

今回は、塗装した100均の木箱に植えました。

葉挿しで育てる場合… 容器の高さは3~5cm ほどで十分です。

土は市販の「多肉植物の土」

使用する土は、ホームセンターなどで販売されている、

「多肉植物の土」がおすすめです。

肥料も適度に含まれているので、綺麗に育ちます。

 屋外へ移動

ここから、屋外管理へ移行です。

まずは、丁寧に遮光をして… 陽に慣れさせます。

直射日光に当てすぎてしまうと、

葉焼けするので注意して管理します。

水やりも開始

水やりは、親葉に水分が残っているうちは不要ですが、

根っこの乾燥を防止するために、適度に与えています。

6月下旬 順調に成長

根も十分に張って、

特に問題もなく元気に育っています。

・・・
・・

スポンサーサイト




夏 シーズン / 2020

8月下旬 野バラの精らしく成長

▲ ロゼットのサイズは1.5cm ほど

親株に比べると… ミニミニサイズですが、

姿カタチは、野バラの精です。

夏の間でも、それなりに大きく育ちます。

分頭しやすく、多頭もできる

葉挿しから育てても、

頭が2つや、2つ以上に別れることがあります。

親株は、いつも通り

春には、再びオレンジ色の花を咲かせ、

2回目の夏も、病害虫には見舞われず…

相変わらずの強健っぷりで育っています。

・・・
・・

2020-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2020

11月上旬 2年目の秋

大きな変化はありませんが、

季節も11月上旬ということで、冬顔に移りつつあります。

 葉挿しの様子

こちらも、健康的に育っていますが、

なかには、育ちが悪い苗も見当たります。

 赤い葉は、警告サイン

元々、紅葉で赤くなる多肉もあれば…

水切れ・肥料切れといったストレスで、赤くなる多肉もあります。

これらを区別するのは、経験が必要なのですが、

上の写真の場合では…

小さな赤い苗は、水が吸えていない状態です。

・・・
・・

冬 シーズン / 2020

12月中旬 寒波強襲で凍る

まだ、12月中旬ですが…

-7℃ほどの寒波で、中ダメージを負いました。

葉挿しの苗は、半分くらいの数が枯れています。

親株は、小ダメージ程度…

大きく育った親株なので、耐久力はあるようです。

パッと見では、凍結のダメージは確認できません。

2月中旬 ダメージが表面化

凍結から時間が経ち… じわじわとダメージが顕在化してきました。

外側の葉は、綺麗なピンクに発色しましたが、

「野バラの精」の場合では… 警告サインです。

今回は、凍結によるダメージで、ピンク色の葉に変わっています。

これ以上、寒さに当ていないよう対処

ピンクの葉色は一過性のもので、次第に枯れていきます。

これ以上、被害を拡大させない為にも、

強烈な寒さに当てないよう気を付けて管理します。

子株は、戻らずに凍死

寒さには強いタイプのエケベリアですが…

ダメージが大きかったらしく、

再び、戻ることはありませんでした。

・・・
・・

スポンサーサイト




2021-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2021

4月上旬 春の植替え

栄養補給も兼ねて、ここで植替えです。

根と花芽は元気で、

花芽は毎年のように伸びてきます。

7.5cm ポットへ

まだ、下側の葉が枯れていきますが…

今後は、復調していきます。

 葉挿しは、継続

生き延びた「葉挿し」の苗は、そのまま育て続けます。

こちらも栄養補給として、

液肥を2回ほど使っています。

6月中旬 復調の気配

どちらも、ダメージを負った葉がなくなり、

正常な状態に戻り始めています。

・・・
・・

夏 シーズン / 2021

8月下旬 完全に復調

春から夏の暖かい季節は、よく育ちます。

ここまで戻れば、特に心配もありません。

・・・
・・

スポンサーサイト




2021-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2021

10月中旬 怪しい…葉挿し

ここまで、順調に回復してきた「葉挿し」の苗ですが、

急に… 水を吸わない状況となりました。

そのため、葉は柔らかくシワも増え、

エッジには、赤い警告サインが目立っています。

根が、だいぶ無くなっている…

苗のサイズからして…

そこそこ根が張っているはずですが、

土から抜いてみると、ほとんど消えている状況です。

 カイガラムシ 発見

今回のカイガラムシ達は…

葉の表面には1匹も確認できないステルス型で、

茎の根元と、やや土に潜った状態で大量に発見しました。

オルトランに漬け込んで処置

目視でカイガラムシを取り除き、

念のため… オルトランを溶かした水に漬け込んでいます。

管理人は、よくオルトランの散布を忘れますが、

なるべく使ったほうが、被害に遭いません。

・・・
・・

冬 シーズン / 2021

12月上旬 葉挿し苗 復活

カイガラムシを退治してから、プラグトレイに植替え、

1ヶ月ほど経過した状態です。

発根して水を吸えたようで、シャキッとした葉が戻ってきました。

 親株は、綺麗な冬顔へ

淡いグリーンに赤い爪が映えます。

オーソドックスなタイプですが、

いつ見ても飽きの来ないエケベリアです。

◆ 最終更新 2022.2

2月下旬 グレーっぽい葉色へ

早くも、肥料が切れてきたせいなのか…?

グレーっぽい葉色になっています。

昨年の凍害とは異なる発色の仕方で、ロゼット全体が均一に色付いています。

また、急激に葉が枯れることもありません。

 葉挿しも同様

葉挿しの苗も、今年は凍らずに育っています。

この後は、ポットへ移して大きく栽培したり、

小さいまま寄せ植えのパーツとして使ってもよいと思います。

・・・
・・

以上を持ちまして、

エケベリア属「野バラの精」の栽培記録を終了します。


ブルーサプライズ

(エレガンス)ケッセルリンギアナ

関連記事

  1. 多肉植物のクリスマス(&ダーク、イブ)を育てる

    この記事は、エケベリア属「クリスマス」の栽培記録です。メジャー原種の…

  2. シャビアナを育てる。種類が豊富なフリル付きエケベ…

    この記事は、エケベリア属「シャビアナ(ピンクフリル)」の栽培記録です。…

  3. 癒しのグリーン「ピーチプリデ」を育てる

    この記事は、エケベリア属「ピーチプリデ」の栽培記録です。ワイドな葉を…

  4. 黒いエケベリア「アフィニス」を育てる

    この記事は、エケベリア属「アフィニス」の栽培記録です。数あるエケベリ…

  5. 小型群生エケベリア「ブルーミニマ」を育てる

    この記事は、エケベリア属「ブルーミニマ」の栽培記録です。ミニマは小型…

  6. 小さく育てるのもイチ押し「ルンヨニー」を育てる

    この記事は、エケベリア属「ルンヨニー」の栽培記録です。今どきのエケベ…

  7. アガボイデスの紹介。エボニーやロメオを含む人気エ…

    この記事は、エケベリア属「アガボイデス」の紹介です。アガボイデスは、…

  8. 簡単に大きく育つエケベリア、桃太郎を育てる

    この記事は、エケベリア属「桃太郎(チワワリンゼ)」の栽培記録です。桃…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト

サイト内 記事検索



PAGE TOP