群生化がおすすめ。原種「ルンヨニー」を育てる

この記事は、エケベリア属「ルンヨニー」の栽培記録です。

今どきのエケベリアと比べると、

派手さは無く、普通のタイプに見えますが、

全体的に柔らかいフォルムに加え、

群生化しやすいことで、より丸っこくオシャレな感じに映ります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 基本情報 |
ルンヨニー

ベンケイソウ科
エケベリア属
学名 Echeveria runyonii
流通名 ルンヨニー
生育期 秋・春
価格帯 300 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 葉挿し
剪定&挿し芽

◆ ルンヨニーは原種

 メキシコ

ルンヨニーは、メキシコ原産の原種になります。

「特徴が無いようで有るような…」

そんな葉色とロゼットをしています。

また、産地別のルンヨニーもいくつかあります。

 I.C.N(ルンヨニー)

トプシー・ツルビーのほうがメジャーかも?

右:トプシー・ツルビー(スプレンダー)

ルンヨニーには変異種で、

トプシー・ツルビー(E. runyonii ‘Topsy Turvy’)という、

葉が反対に反り返ったタイプがあります。

流通名は、「トップスプレンダー」や

「トップシータービー」などがありますが、すべて同じです。

 ネット販売

カクトロコ
ストア内検索:ルンヨニー

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グレーグリーン
葉色(肥料・ 淡いグレーグリーン
エッジの色 ほぼ葉色と同様
爪の色 ほぼ葉色と同様
ロゼット 日照不足・水やりで広がりやすい
備 考

▲ 12月上旬

▲ 2月下旬

葉色(肥料・並) 淡いブルーグリーン
葉色(肥料・ 淡いブルーグリーン
エッジの色 ほぼ葉色と同様
爪の色 ほぼ葉色と同様
ロゼット 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

 ルンヨニーの花

夏にオレンジレッドの花を咲かせます。

・・・
・・

◆ 購入時の写真と
1年後の比較

購入時の写真

購入日:2019/7 7.5cm ポット

夏に購入した「カクトロコ」さんのルンヨニー。

だいぶ肥料が効いている感じで、肉厚な状態です。

性質は強健で、育てやすいエケベリアになります。

 約1年後の様子

ちょうど、開花の時期となりました。

花芽に栄養を持っていかれたせいか…

ロゼットは、あっという間に小さくなっています。

ですが、小型~中型サイズで、いくつかの子株が付いている状態が、

ルンヨニーらしい姿かと感じます。

◆ 1年間で行った、主な作業
  • 植替え 1回

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプ。

水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

ロゼットに水滴が残ると、蒸れやすいので…

遮光を行い、雨ざらしも避けたほうが無難です。

・・・
・・

◆ 栽培メモ

1. 子株が付きやすい

七福神などのセクンダ系ほどではありませんが、

子株が付きやすいエケベリアになります。

単頭からでも1年ほど育てれば、

剪定する前に子株が増えていきます。

2. 葉挿しの成功率も高い

1回だけしか試していませんが、

ルンヨニーは葉が取りやすく、成功率も高いと感じます。

3. 強健で育てやすい

暑さ・寒さ、病害虫にも強いタイプで、

育てやすいエケベリアです。

群生するとカイガラムシの発見が遅れるので、

定期的にオルトラン等を散布するのがオススメです。

・・・
・・

◆ 栽培記録
2019.7 ~

 主な栽培環境

● 陽当たり(晴天時)

5~7時間程度 / 1日

● 遮光(目安)
期 間 遮光率
4月上旬 ~ 梅雨明け 約20% ~ 約50%
梅雨明け ~ 10月上旬 約50%
10月上旬 ~ 11月下旬 約20%
11月下旬 ~ 4月上旬 なし
● 雨対策 有り

年間を通して、基本的に雨で濡れることはありません

● 凍害(霜・風)対策 有り

冬季の夜間は、基本的に霜・風に当たることはありません

 使用する土、肥料、農薬

● 植替えの土

多肉植物の土【プロトリーフ】
(※ 元肥を含む)

● 追肥(目安

植替えから1年後に適量

● 殺菌・殺虫剤(目安
薬剤名 使用量
オルトランDX粒剤 毎年、春に1回
ダコニール1000 毎年、軽く散布

・・・
・・

スポンサーサイト




2019-夏
栽培記録

7月下旬 ルンヨニーを購入

▲ 7.5cm ポット 250円

園芸店で購入した「カクトロコ」さんのルンヨニー。

このエケベリアは、肥料の効き具合で…

ロゼットのサイズが変わりやすいと感じます。

肥料が多めならガッチリと育つ

▲ こちらはリラシナ

ルンヨニーのイメージは、中型の群生タイプですが、

剪定して挿し穂から育てると、

肥料次第では、単頭の大きなロゼットに育ちます。

はじめはリラシナかと思いました。

8月下旬 夏の様子

暑い夏も乗り切って8月末。

購入時に比べると、少し葉が薄くなったような感じです。

周りの環境で、葉色が変わって見える

陽当たりや、天候、時間帯によって…

葉色はグリーンに見えたり、

ブルーっぽく見えることがあります。

・・・
・・

スポンサーサイト




2019-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2019

10月上旬 秋の様子

毎回、葉色が異なって見えますが、

肉眼で見ると、だいたい同じ色をしています。

またこの写真では、かなりリラシナに似ています。

秋の植替え

この頃は、大きくしたいと思っていたので、

植替えを行っています。

ひっくり返してみると、子株を1つ確認。

11月中旬 葉色は変わらず

植替えから1ヶ月ほど経ちましたが、

元肥の効果のためか、中心の葉が…

より厚くなったような気がします。

紅葉は、ほぼゼロ

秋といえば紅葉ですが、ルンヨニーは…

派手に紅葉するタイプではありません。

さらに、肥料も効いているため、この時期でも1色のままです。

冬 シーズン / 2019

1月上旬 冬のルンヨニー

厳しい冬を過ごすなかでも、

特に大きな変化はなく、肉厚な葉をキープしています。

寒さには、強いタイプ

耐凍性としては「-7℃」くらいなら、

耐えてくれると思いますが、

それ以内の気温で、管理したほうが安全です。

・・・
・・

スポンサーサイト




2020-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2020

3月上旬 春のルンヨニー

全体的に変わりはない印象です。

葉のエッジだけは、わずかに赤く色付き始めました。

5月中旬

相変わらずのサイズ感ですが、

肥料の効果も落ちてきて、やや白っぽい葉色に変わっています。

6月上旬

引き続き、順調に育っています。

太陽の強さや時間でも、葉色の変化に影響はないようです。

病気・害虫には強いタイプ

オルトランとベニカを、春頃に散布すれば、

病気・害虫の被害にあうことは、少ないと感じます。

夏 シーズン / 2020

7月上旬 花芽が伸びる

ここにきて、花芽が目立ってきました。

パッと見は、脇芽(子株)に見えますが、

成長点の近くから伸びる芽は、だいたい花芽です。

脇芽(子株)は下から伸びる

脇芽(子株)の場合は、

下側の株元から伸びてきます。

8月下旬 開花

購入から約1年の経過と共に開花。

ルンヨニーは、夏に開花するようで、

ツルビー(スプレンダー)も同じく咲いています。

葉の枚数は減少

2つの大きな花芽に、栄養を持っていかれたせいか、

葉の枚数は減り、ロゼットは一気に小型化です。

花芽の葉でも「葉挿し」はOK

▲ 花芽の葉っぱ

▲ 発芽・発根する

都合で、長くは育てなかったのですが…

花芽に付いた葉でも「葉挿し」で育てられると思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




2020-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2020

10月下旬 淡く色付く

成長シーズンの秋となりましたが、

1年前の植替えから、これまで追肥は無しです。

そのため、中央のロゼットには、

再び盛り返すような勢いはありません。

そのぶん葉には、淡いグラデーションが掛かっています。

子株は、やや大きくなる

周りの子株は、やや大きくなり…

中心のロゼットとは、それほど変わらないサイズとなっています。

1年後、子株の様子

ひょろひょろだった1年前と比べると、

それなりに成長しています。

ただ、サイズ的には頭打ちの状態なので、

これ以上のサイズアップには、追肥が必要になります。

冬 シーズン / 2020

12月上旬 こじんまりな様子

▲ 現状の様子

※ 購入時の様子

比較してみると、購入時の面影は全くなくなり、

別のエケベリアに見えます。

2月上旬 凍る寸前の葉色

2回目の冬となりましたが、

今回は12月から、厳しい寒波が続き…

枯れないまでも、葉色が白っぽく変色しています。

低温障害による葉の変色

凍って枯れてしまう場合もあれば、

今回のように、葉の変色だけで済む場合もあります。

このような低温障害になると、

初夏頃までは、正常な葉色に戻らない事が多々あります。

・・・
・・

2021-春・夏・秋
栽培記録

春 シーズン / 2021

4月上旬 葉色は変わらず

春になっても、葉色は白っぽい感じをキープ中です。

この期間でも、植替えや追肥のチャンスですが…

時間の都合で、このまま放置となりました。

6月中旬 葉色が戻る

より成長しやすい6月になり、

グリーンの葉色が戻ってきました。

理由はよくわかりませんが、低温障害になった多肉は、

だいたい、この辺りで元に戻ってきます。

・・・
・・

スポンサーサイト




夏 シーズン / 2021

8月下旬

3回目の夏になりました。

ここ1年ほど、同じサイズですが、

植替えや追肥を行わないと、だんだんと小さくなり…

小型化したサイズをキープします。

秋 シーズン / 2021

9月中旬 植替えを行う

▲ 7.5cm ポット

約2年ぶりの植替えになります。

冬 シーズン / 2021

写真の撮り忘れです

・・・
・・

2022-春~冬
栽培記録

 22年度はダイジェストで紹介

4月上旬

5月中旬

7月上旬

8月下旬

10月下旬

12月下旬

2月中旬

まとめると、前年の秋に植え替えているため、

1年を通して、健康的に育った感じがします。

・・・
・・

最終更新(’23.7)

5月上旬 葉挿し&株分け

混み合ってきたので、ここで株分けを行い…

ついでに「葉挿し」も行っています。

7月上旬

葉を取ってから2ヵ月間ほど放置した状態。

1度しか試していませんが、5/6で成功しましたので、

葉挿しは得意なエケベリアかと思います。

 この後の栽培は、繰り返し

▲ before

▲ after

この後も同じようなサイクルで育ちます。

ルンヨニー強健な性質で、増えやすい&増やしやすい…

そんなエケベリアになります。

シンプルな見た目ですが、意外と個性的で…

飽きのこないデザインのため、長く栽培を楽しめると思います。

以上、エケベリア属「ルンヨニー」の栽培記録でした。

・・・
・・


レディースチョイス

キュービックフロスト

関連記事

  1. ふんわりカールのリラシナを育てる

    この記事は、エケベリア属「リラシナ」の栽培記録です。緩いカールのかか…

  2. 育てやすい普及種「野バラの精」の栽培記録

    この記事は、エケベリア属「野バラの精」の栽培記録です。育てやすい多肉…

  3. よく増えるご利益エケベリア?「七福神」を育てる

    この記事は、エケベリア属「七福神」の栽培記録です。「七福神」という縁…

  4. 雅やかなエケベリア「エレガンス」・シリーズの紹介…

    この記事は、エケベリア属「エレガンス / 月影」とエレガンス・シリー…

  5. アガボイデス(リップスティック・魅惑の宵)を育て…

    この記事は、エケベリア属「アガボイデス・マルチフィーダ」の栽培記録です。…

  6. アガボイデスの紹介。エボニーやロメオを含む人気エ…

    この記事は、エケベリア属「アガボイデス」の紹介です。アガボイデスは、…

  7. 「エレガンス系」ハイブリッドの紹介と特徴

    この記事は「エレガンス」系を親に持つ、エレガンスらしいハイブリッド(…

  8. 人気交配種ラウリンゼ&モンローを育てる

    この記事は、エケベリア属「ラウリンゼ」&「モンロー」の栽培記録です。…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP