【事前チェック】多肉栽培には、陽射し(日照時間)が必要

多肉植物の栽培では…

欠かすことの出来ない重要なポイントが1つあります。

それは、タイトルにもあるように…

「日照時間の有無」です。

多肉植物は、日陰での栽培は不向きですので、

まずは、陽が当たるスペースの有無をチェックします。

スポンサーサイト




◆ 陽当たり、最優先

多肉植物は、日陰でも耐えられることも多い観葉植物とは違い…

陽に当てて育てる植物です。

そのぶん、秋になると紅葉し…

赤や黄色、紫といったカラーバリエーションを楽しめます。

 日照時間の確認は、最優先

多肉植物の栽培を始めるなら、

「陽当たり & 日照時間」を確認しておかなければなりません。

もし… お住いの敷地内で、下記の条件に当てはまってしまうと、

育てられる多肉植物に限りがでてきます。

  • ぜんぜん陽が当たらない…
  • 1日の日照時間が、2時間くらいしかない…

・・・
・・

いかがでしょうか?

梅雨や台風シーズンを除き…

日照時間はキープできそうでしょうか?

ぜひ、多肉植物を購入する前に、下調べをしてみてください。

◆ 陽当たりを好む、多肉植物

▲ 桃太郎【エケベリア属】

▲ 乙女心【セダム属】

全体的に多肉植物は、陽当たりを好みます。

人気の「エケベリア属」や「セダム属」といったグループも、

陽当たりを好みますので、日照時間の確保が大切です。

 日照時間は… 4時間ほど欲しい…

くもりを除き、晴天の場合なら…

「1日で最低、4時間ほど」の日光浴が欲しいところです。

恐らくですが、

「午前 or 午後」のどちらかに陽が当たっていれば、大丈夫だと思います。

【補足】日陰が好きなグループもある

▲ ハルオチア属 十二の巻

多くの多肉植物は、陽当たりを好みますが…

ハルオチア属というグループは、

直射日光を避けて栽培します。

日陰や明るい場所でないと… 上手く育ちません。

グリーンネックレスも、直射日光を嫌う多肉植物

▲ グリーンネックレス【セネシオ属】

よく目にするグリーンネックレスですが、

これも、太陽が直接当たらない…

明るい場所や日陰が適しています。

・・・
・・

上記のように、

日陰を好むグループもありますが、

少数なので… 基本的に陽当たりの良い場所が求められます。

スポンサーサイト




◆ 日照不足による、生理障害

多肉植物は、日照不足でも育たないことはないのですが…

本来のパフォーマンスは発揮できず、

栽培の難度だけが上がってしまいます。

❶ 徒長【とちょう】

左:正常 / 右: 徒長状態

上の写真は、どちらも同じ多肉植物ですが…

まるっきり外見が異なり、

右の状態は徒長【とちょう】と呼ばれます。

徒長【とちょう】とは…?

徒長とは… 光を求めて、

葉や茎が極端に伸びてしまう現象です。

水やりを控える事で、

ある程度コントロールできますが…

日照時間が長いほど、徒長しにくく… 管理も簡単になります。

❷ 紅葉しない(発色が弱い)

▲ サンライズマム【セダム属】

どちらも同じサンライズマムですが…

通常は秋頃から紅葉を始めます。

ですが、右のポットは日照不足により…

夏と変わらずグリーン一色状態です。

紅葉には、日照時間が必要

多肉植物の紅葉も、

イチョウなど… 他の樹木と同様に、

気温の低下や日照時間が、影響を与えます。

◆ まとめ

最後のまとめになりますが、

多肉が持つ、本来のフォルムや紅葉を楽しむには、

陽当たり(日照時間)は、必須条件となります。

デッドスペースには、不向き

室内や屋外でも… 常に日陰になって、

空いているスペースがあるかと思いますが、

ここで、多肉植物は奇麗に育ちません。

インテリアとしても向かない

部屋の中に、赤や黄色の多肉植物を飾れれば、

オシャレな空間になりますが、

長期にわたって、置き続けることは難しいので、

短期のスポット的な使い方になります。

日照時間が確保できて、
スタートライン

多肉植物は、紅葉を楽しめ…

季節感を感じるられる植物ですが、

その為には、自然と同じような栽培環境が求められます。

「陽が当たる場所 = 栽培スペース」

多肉の陽当たりは、立地的に難しい問題です。

「陽が当たる場所 = 栽培スペース」になりますので、

そのあたりも考えつつ、管理する多肉の数を決める必要があります。

・・・
・・

スポンサーサイト





パウダー付き肉厚セダム「ロッティ」を育てる

多肉植物の「斑点病 」を調査中

関連記事

  1. 【写真付き】覚えておきたい!多肉植物の栽培用語

    多肉をはじめ… 植物を上手に育てるには、最低限の栽培用語を覚えておく…

  2. 【よく解る】はじめての多肉植物と、楽しみ方

    この記事は、多肉植物に興味があるけど…そのまえに、「多肉栽培…

  3. 購入した多肉植物が、写真と違って見える理由

    多肉植物を購入した際、なんだか… 検索した画像と、色・カタチ…

  4. 多肉植物の基礎知識と、はじめての1冊

    これから「多肉植物を育ててみたい!」という皆様へ、多肉栽培の基本から…

  5. 多肉植物の性質・観葉植物との違い

    この記事では、多肉植物の性質と、観葉植物との違いを、簡単に紹介します…

  6. ユニークな葉が魅力の多肉植物って、どんな植物?

    多肉植物は… 葉っぱや茎に水分を溜め込んでいるため、肉厚の葉を持って…

  7. 多肉植物は、どこで買う? 2つの購入先を紹介

    この記事では、多肉植物の購入方法について紹介します。とはいっても… …

PAGE TOP