多肉栽培には、陽当たりのよいスペースが必要

多肉植物の栽培では、欠かすことの出来ない…

重要なポイントが1つあります。

それは「陽当たりのよいスペースの確保」です。

多肉植物は、日陰での栽培は不向きですので、

購入する前に、多肉の置き場所をチェックしておきましょう。

 記事の概要

  • 陽当たりを優先
  • 日陰では綺麗に育たない
  • 日向 or 半日陰のスペースが必要
 ポイント

「多肉植物を室内でオシャレに飾りたい!」と…

考えている方は大勢いらっしゃいます。

ですが、陽当たりを好む多肉植物は、屋外での栽培が基本です。

そのため、陽当たりのよいスペースが…

多肉を綺麗に育てられるスペースと一致します。

もし、たくさんの多肉植物を購入しても、

日陰では綺麗に育ちませんので、

そこだけは覚えておいて頂ければと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 陽当たり、最優先

▲ 桃太郎【エケベリア属】

多肉植物は、日陰でも育ちやすい観葉植物とは違い、

特に陽当たりを好む植物となります。

そのため、上の写真のような多肉を…

室内で育て続けるのは、かなり厳しい環境といえます。

多くの多肉植物が該当

▲ 乙女心【セダム属】

種類やグループの多い多肉植物ですが、

人気の「エケベリア属」、「セダム属」といったグループも含め、

多肉は全体的に陽当たりを好みます。

補足】直射日光が苦手なグループもある

▲ 十二の巻【ハルオチア属】

▲ グリーンネックレス【セネシオ属】

多くの多肉は、陽当たりを好みますが…

なかには、直射日光が苦手で…

明るい場所や日陰が適した種類もあります。

 デッドスペースには不向き

室内や屋外でも、常に日陰になって…

空いているスペースがあるかと思いますが、

このような場所では、多肉植物は綺麗に育ちません。

長期のインテリアとしても向かない

自宅の中に、紅葉した多肉植物を飾れば、

オシャレな空間を演出できます。

ですが長期にわたり、室内に置き続けることは難しいので、

短期のスポット的な飾り方になります。

・・・
・・

◆ 陽当たりが必要な理由

多肉植物は、日照不足でも育つには育ちます。

ですが、本来のパフォーマンスは発揮できず、

栽培の難度だけが上がってしまいます。

特に陽当たりが少ないことで起きる…

「徒長」は厄介で、日陰で育てると、どんな多肉も徒長します。

1. 徒長【とちょう】

左:正常 / 右: 徒長状態

上の写真は、どちらも同じ多肉植物ですが…

まるっきり外見が異なり、

右のヒョロヒョロと伸びた状態は徒長【とちょう】と呼ばれます。

徒長【とちょう】とは?

徒長とは光を求めて、葉や茎が極端に伸びてしまう現象です。

水やりを控えることで、

ある程度はコントロールできますが、

それでも、極端に暗い場所では徒長を抑えることはできません。

2. 紅葉しない(発色が弱い)

▲ サンライズマム

どちらも同じサンライズマムというセダムです。

通常は秋頃から紅葉を始めますが、

右のポットは日照不足により、夏と変わらずグリーン一色状態です。

紅葉にも陽当たりが必要

多肉の紅葉も、イチョウなどの樹木と同様に、

日照時間が影響します。

また、日中の温度差も必要なので、

やはり自然のまま、屋外で管理するのが理想です。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 必要な日照時間

確実という訳ではありませんが、

欲しい日照時間は、くもりを除いた晴天の場合なら…

「最低、1日で4時間ほど」が目安となります。

午前・午後、どちらか陽に当たっていればOK

個人的な経験からですが、

「午前 or 午後」のどちらかに…

4時間ほど陽が当たっていれば大丈夫です。

 梅雨の時期が1番つらい

多肉栽培において、厳しい季節となるのが、

日照時間が減少する梅雨のシーズンです。

この時期が、最も徒長させやすいので注意します。

水やりを控えると徒長しづらい

徒長を抑える定番の方法は「水を控える」、

もしくは、水を完全に切ってしまいます。 

これは、保水性の高い多肉ならではの方法で、

1ヵ月以上、水を切っても枯れることはありません。

 日向 or 半日陰が必要

陽射しの強さとしては、

「日向 or 半日陰」の環境が必要です。

日向 直射日光が当たる場所
半日陰 半日ほど直射日光が当たる場所
窓際などの明るい場所

半日陰とは、日陰のことではないの注意です。

 夏の直射日光(日向)は危ない

陽当たりが重要な多肉植物ですが、

夏の日向(直射日光)は、陽当たりが強すぎるので…

葉が焼けたりなどの、高温障害を引き起こしてしまいます。

意外と面倒な多肉植物

陽射しが強すぎる場合は、

遮光【しゃこう】といって、サンシェードなどで…

やや日陰の状態をつくってあげる必要があります。

陽当たりが好きな植物なのに、

強すぎる陽射しは苦手なので、意外と面倒に感じるかもしれません。

・・・
・・

【まとめ】陽当たりで育てる植物

多肉植物は紅葉を楽しめ、季節を感じられる植物ですが、

その為には、自然と同じような栽培環境が求められます。

陽が当たる場所 = 栽培スペース

陽当たりに関しては、立地的に難しい問題です。

「陽が当たる場所 = 栽培スペース」になりますので、

ご自宅の環境によって、かなり制限されてしまいます。

もし「多肉を増やして販売しよう」とか、

「多肉の花壇を作ろう」と思い付いた方は、

事前に陽当たりスペースの確認を行ってみてください。

・・・
・・


本当に臭いの?南国観あふれるカシミアバイオレットを育てる

「斑点性の病気 」と「ダコニール」の使い方

関連記事

  1. 【基本がわかる】多肉栽培のレクチャー書籍

    これから「多肉植物を育ててみたい!」という皆様へ、多肉栽培の基本から…

  2. 【写真付き】覚えておきたい!多肉植物の栽培用語

    多肉をはじめ… 植物を上手に育てるには、最低限の栽培用語を覚えておく…

  3. 【よく解る】はじめての多肉植物と、楽しみ方

    この記事は、多肉植物に興味があるけど…そのまえに、「多肉栽培…

  4. 【多肉植物】知っておきたい5つの特徴&性質

    この記事では「多肉植物の特徴と性質」について、観葉植物とも比較しなが…

  5. 多肉植物の「徒長」と「シンプルな対策」

    今回の記事は、多肉栽培では誰もが経験する…徒長(とちょう)について紹…

  6. 多肉植物の購入はネットが多い理由

    多肉植物の購入場所は、おなじみの園芸店やホームセンターに加えて、楽天…

  7. 【インパクト抜群】多肉植物ってどんな植物?

    この記事では、一般的に多肉植物と呼ばれている植物を…ざっくりと紹介し…

  8. エケベリアに多い、株が腐る(蒸れる)症状

    この記事では、エケベリア属の多肉に多くみられる…株(葉・幹)が腐る症…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP