遮光【しゃこう】って何? 多肉にも日除けが必要不可欠です

多肉植物を育てるうえで、

重要な対策の1つが「遮光【しゃこう】」です。

サンシェードやブラインドといったほうが、聞き慣れている人も多いかと思います。

今回は、その遮光の仕方やスケジュール等を紹介します。

スポンサーサイト




遮光って何?

植物の栽培での、遮光【しゃこう】とは…

太陽の光量を抑えることです。

人も植物も… 遮光は必要

▲ 遮光に使う寒冷紗【かんれいしゃ】

人の生活で例えると… 遮光はレースのカーテンみたいなものです。

完全に太陽をシャットアウトするのではなく…

ほどよい光を取り込むことが、多肉栽培では必要不可欠になります。

未遮光の実例を、2つ紹介

論より証拠ということで…

「遮光を省くと、どうなるのか?」 実例を、2つ紹介します。

❶ 葉焼け

▲ 乙女心【セダム】

▲ ラウリンゼ【エケベリア】

これらは、陽射しが強すぎた結果… 葉っぱが火傷をした状態です。

 葉っぱの火傷 = 葉焼け

この症状は「葉焼け」と呼ばれます。

株自体が枯れてしまうことは、余りありませんが…

美観を大きく損ないます。

葉焼けには… 春と秋も注意

なんとなく遮光は、暑い夏だけの対策として感じてしまいますが、

実際は… 春から秋にかけて行います。

なので、1年を通して遮光している期間のほうが長くなります。

❷ 蒸れ / 高温多湿

▲ 樹氷【セデベリア】

▲ ラウイ【エケベリア】

これらは、ポット内の温度が急上昇して、根や茎が死に…

枯れる目前の状態です。

夏季や真夏日に、蒸れやすい

これは、普通の水やりやゲリラ豪雨などで…

土が湿っている状態のときに発生します。

この湿った状態かつ…

30℃を超える暑さのなか、直射日光に当たり続けると、

ポット内の温度が急上昇して、高温多湿になります。

 ポット内が高温になると、かなりの確率で根や茎が死んでしまいます。

・・・
・・

以上のように、遮光を省いてしまうと…

必ずといってよいほど… 上記2つのトラブルに見舞われます。

スポンサーサイト




「陽射しが強すぎ」のサイン

直射日光に、長時間当てたり…

遮光が足りないと、葉っぱに限界サインがあらわれます。

▲ グリーンネックレス【セネシオ属】

▲ アフィニス【エケベリア】

このように、陽射しが強すぎると…

表面がチリチリになってシワがよります。

ここで気付けば… セーフ!

表面がチリチリになっていても、

この段階なら… スグに日陰へ移せば…

翌日には、元に戻っています。

 土が乾燥していたら水やりも行います。

遮光は…「遮熱」も兼ねるので、夏は必須!

夏の遮光は必須です。

それは、遮光することで「遮熱」も行え、

周辺の温度を抑えることができるからです。

遮光に使う、寒冷紗

続いて… 2大トラブルを防ぐために使用する、

日よけ道具を紹介します。

 寒冷紗がオススメ

一般的に使われているのが、

寒冷紗【かんれいしゃ】と呼ばれる、メッシュ状の布です。

隙間が空いているので、風を通して遮光が行え…

多肉植物だけではなく、様々な作物で使用されています。

使い方・設置は、とても簡単

▲ 寒冷紗を使用した遮光の様子

設置の仕方は、とても簡単で…

遮光したいエリアを寒冷紗で覆い、クリップや洗濯バサミで固定するだけです。

庇(ひさし)の近くやベランダは、寒冷紗を取り付けやすいと思います。

 使い方は、サンシェード(日除けシェード)と同じ要領です

カーテンのように使う。 直掛けはNG

植物の上に、そのまま掛けて使用するのは、あまり効果がありません。

ある程度… 植物と距離を保って、カーテンのように使います。

▲ 直掛けだと、蒸れてしまう可能性あり

直掛けですと、こんな感じに焼けてしまったり、

蒸れてしまうこともあるので、要注意です。

スポンサーサイト




屋外 & 真上の遮光は、難しめ…

▲ 屋外管理では、棚や屋根が必要

ベランダや庇(ひさし)の周辺では、寒冷紗を取り付けやすいのですが、

何も、支えるものがない屋外では…

写真のように、あらかじめ屋根や棚などを作っておく必要があります。

屋外では、屋根の下での管理が理想的

ちょっと遮光から、話はズレますが…

夏に、多肉のトラブルを軽減させるには、

とにかく、水やり以外で土を濡らさないことです。

屋根づくりは重労働ですが… 雨で土が濡れないので、多肉の管理効率は格段に向上します。

 一時しのぎなら… プラダンの屋根でもOK

▲ 屋外でのプラダンは耐久力不足

今回は、遮光を兼ねて… プラダンを屋根として使用しています。

ですが、プラダンは耐候性が弱く、屋外では半年も耐えられません。

屋根を作るなら、ポリカーボネートなど耐候性のある素材を使用します。

夏は、真上だけでもOK

夏は陽が高いので、上からの遮光さえ行っておけば大丈夫です。

陽が傾きはじめたら、側面に寒冷紗を取り付けます。

 陽の傾きには注意して、遮光に漏れがないかチェックします

ひな壇で管理すると、陽の傾きにも対応できる

作るのは面倒ですが… ひな壇にしておくと、

陽が傾いても、まんべんなく陽が当たるのでオススメです。

 寒冷紗 と 遮光率 について

寒冷紗には、遮光率が設定してあります。

遮光率は、光をカットする割合で…

約20%~70%の寒冷紗が販売されています。

白い寒冷紗は、約20%

まずは、遮光率が一番低い20%の白を購入しておけば問題ありません。

遮光率を上げたい場合は、重ねれば大丈夫

遮光率が異なる寒冷紗を、

それぞれ購入するのは、もったいないので…

白の寒冷紗を重ねれば、約50%になります。

遮光ができれば、なんでもOK

▲ 窓越し(網戸越し)の遮光

これまで、寒冷紗を紹介してきましたが…

遮光に使うものは、光量を抑えられれば… 何でも大丈夫です。

窓越しや網戸越しも、十分な遮光になります。

 遮光を意識することが大切

弱すぎる遮光なら… 強めのほうが良し

遮光率は、そのときの状況で変えていくのがベストだと思います。

ですが、手間もかかるので…

50%ほどに設定しておくのが、無難だと感じます。

白1枚(20%)だと、葉焼けする場合もありますので、

白を2重にするか… 50%の寒冷紗を使用するのがオススメです。

スポンサーサイト




遮光する期間について

続いて、遮光する期間になります。

1年中ではありませんが… 半年以上の遮光が必要です。

 1年間の遮光スケジュール

対象の多肉植物は「セダム」や「エケベリア」といった…

肉厚な葉を持つ、ベンケイソウ科の植物になります。

 僕の場合のスケジュールです

1月 2月 3月 4月
なし なし なし なし
5月 6月 7月 8月
50% 50% 50% 50%
9月 10月 11月 12月
50% 50% 50% なし

お住いのエリアや環境によって異なりますが、

僕の場合では… 約7ヵ月間は遮光をしています。

 12月でも、葉挿しから育てた小さな苗は、葉焼けすることもあります。

遮光率は、終始50%

遮光率(寒冷紗)を変更するのが面倒なため…

白を2重に掛けて約50%で使用しています。

 白1枚(20%)では、葉焼けや蒸れが発生しやすくなります

 5月開始で、11月末に終了

5月と11月に共通するのは…

人には過ごしやすく、晴天が多い期間という事です。

人にとっては快適でも、多肉には厳しい期間

どちらの月も、日陰であれば…

過ごしやすく、寒いくらいだと思います。

ですが、陽射しは強烈で何時間も日向にはいられません。

多肉植物も同様に… 涼しいからといって遮光を省いてしまうと、

葉焼けしたり蒸れてしまう確率が上がります。

 近年の5月は、真夏日が増えてきたので要注意

 遮光の調整は、栽培者によって異なる

遮光の加減は、多肉植物の性質によっても異なりますし…

地域の気候を加味したり、栽培者の経験にも左右されます。

ですので、ご自身の栽培のなかで…

自分の環境に合った遮光の調整を、構築していただければと思います。

ブロンズ姫は、直射日光に強いタイプ

▲ ブロンズ姫(グラプトセダム)

ブロンズ姫は、強烈な陽射しでも葉焼けしにくいの特徴です。

陽に当てるほど、発色がよく…

逆に、遮光しすぎると… くすんだ緑色になりがちです。

イレギュラーもある

とりあえず… 何でも遮光しておくのが無難ですが、

中には、ブロンズ姫のように… 陽射しに強い多肉植物もあるので、

色々と探し出してみるのも面白いかと思います。

遮光の目安が記載された参考書

こちらの書籍には、多肉のグループ別による遮光期間と遮光率が記載されています。

このような書籍も、一読しておくと勉強になります。

 ビギナーにも、おすすめの1冊です

注意事項

遮光の際に、ついつい… やってしまいがちな、NG行動を紹介します。

遮光は必ずキープする

▲ 梅雨の間も、遮光はキープ

例えば… 梅雨のシーズンは、太陽が希少です。

日照時間も減少します。

そこで、久々の晴天がやってくると…

これまでの日照不足を補おうと、遮光をせずに日光浴をさせがちです。

すると… たった1日で、葉焼けや蒸れによるダメージを負う可能性があります。

強さではなく、時間が大切!

強い陽射しは、デメリットしかありません。

特に梅雨のシーズンは、日照不足の状態が続くと思いますが…

それを補おうと、直射日光に当て続けてはいけません。

梅雨明けは、特に遮光が大切

梅雨明けからは、これまでの曇天から晴天が何日も続きます。

この切り替わるタイミングで、遮光が足りないと…

大きなダメージを負ってしまいます。

 夏越しは、遮光さえすれば簡単です

・・・
・・

以上… 遮光についての紹介でした。

スポンサーサイト




最後の、まとめ

  • 遮光は、陽当たりと同じくらい重要。
  • 遮光のアイテムは何でもOK。 おすすめは寒冷紗。
  • 寒冷紗の直掛けはNG。 カーテンのように使う。
  • 蒸れや葉焼けが不安なら、冬以外は50%程度の遮光を行う。
  • 陽の傾きに合わせて、寒冷紗も角度を変える

繰り返しになりますが…

お住いの環境で、遮光の設定は異なりますので、

「どのあたりが、危険なラインなのか?」を、体験してメモしておくと、

絶妙な遮光環境を構築できると思います。

育てやすい普及種「野バラの精」の栽培記録。

これぞドリームカラー!発色抜群の夕映え&キウイを育てる

関連記事

  1. 【1年目】多肉植物が、奇麗に育たないと感じる理由…

    奇麗な多肉植物は、WebやSNSで、わんさかと見れますが、いざ… 自…

  2. 多肉植物の置き場所は、軒下近くがオススメ

    今回は、自宅で多肉栽培をスタートする際…購入してきた多肉植物は、…

  3. 独学でも、多肉栽培が上手くなる方法

    今回は、独学でも多肉植物の栽培が上手くなる方法を紹介します。とはいっ…

  4. 購入したエケベリアが、本(図鑑)に載っていない理…

    自分が買ったエケベリアについて調べてみたい!でも… 本には載っていな…

  5. 【カット苗】いつになったら発根する? エケベリア…

    「カット苗」を購入したり… 自分で「カット苗」をつくったあと、発根を…

PAGE TOP