カンテと、そのハイブリッドを紹介

この記事は、エケベリア属「カンテ」と、そのハイブリッド達の紹介です。

ダイナミックに開く、薄いブルー系のロゼットが特徴で、

繊細っぽいような… 大雑把なような… 

そんな雰囲気を持つエケベリアになります。

スポンサーサイト




◆ カンテの特徴

カンテ

Echeveria cante

❶ カンテは原種

 メキシコ

分布は、メキシコのサカテカス州。

育て続けると…30cm 以上になるエケベリアです。

 I.C.N(カンテ)

❷ 夏と冬の差が激しい

▲ ロゼットの直径が大きく変化

カンテは、夏と冬の差が激しいエケベリアです。

冬は、形のよいフォルムになりますが…

夏は、ベターっと横に葉を広げやすくなります。

急成長したと、勘違い

夏に向けて、だんだんとロゼットが広がってくるので、

急に大きくなったと勘違いします。

寒くなってくると葉が起きるので… 今度は小さくなったと感じます。

❸ 好みが別れそうなエケベリア

「エケベリアの女王」というニックネームもあるくらいのカンテですが、

奇麗なフォルムを保つのが難しく、

薄い葉も手伝って、スカスカに見えることがあります。

葉が枯れきるまで、時間がかかる

他のエケベリアに比べて、葉の枚数が少なく…

1枚1枚が大きいので、

枯れきるまでに時間がかかります。

そのせいで、ボロボロに見えることもあります。

・・・
・・

カンテを眺める際は、

大きく健康的に育て、なおかつ…

スタイリッシュな鉢で飾ってあげると、女王らしく映るかと思います。

◆ 季節の変化

 6月~10月くらい

夏は、葉が伸びてロゼットも広がるので、

見た目の楽しみは、余りありません。

ですが… 冬とのギャップは1番なので、そこは楽しめると思います。

 11月~5月くらい

▲ 10月中旬の様子

▲ 12月上旬の様子

秋くらいから… だんだんとロゼットが整ってきます。

また、葉色はブルー系に変わり、

エッジも赤く色づきはじめ、コントラストが映えてきます。

スポンサーサイト




◆ 購入時の写真 /
1年後の比較

購入時の状態

購入日:2019年9月 (12cm ポット)

園芸店で購入した「いとうぐりーん」さんのカンテです。

通常より大きい12cm ポットで購入しています。

大きく感じる… 季節

9月ということもあり、ロゼットは広がっているので、

だいぶ大きく感じます。

また、幹立ちしやすいエケベリアです。

1年後の状態

約1年弱の状態になります。

8月末の写真なので、購入時より夏顔ですが…

購入当初から、大きく育っていたせいもあってか、

そんなに変わっていない印象でした。

1年6ヶ月後の状態

11月のはじめに…「まだ、増やせるかな?」と思い、

胴切りを試みましたが、結果は思わしくない状態でした。

棒状の茎(幹)は、枯れる

「棒だけでもイケるか…?」と思いましたが、ダメでした。

やはり、棒になる親株にも、いくつか葉を残し…

もうちょっと暖かい10月ぐらいに行うべきでした。

 カットした先端部分は、生き残る

▲ 発根まで、約5ヵ月を要す

カットしたのが11月上旬で…

「まだまだ、余裕で発根するだろう!」と思っていましたが、

結局… そのまま休眠してしまい、

発根したのは、約5ヵ月後の、4月下旬でした。

だいぶ、小さくなったカンテ

成長点には問題ありませんが、

約5ヵ月間… 自身の水分だけで生き延びてきたので、

外側の葉から失い… 6cm ポットでも間に合うほどの、

小さなロゼットとなりました。

◆ 育て方・繁殖

カンテの育て方は、他のエケベリアと変わりません。

普通に管理すれば、それなりに育ちます。

ただ… 美観に拘って育てる場合は、

水やりや温度管理などを含め、奥が深いポイントがあるのかもしれません。

繁殖は、胴切り & 挿し芽

ある程度、大きく育ったら… 胴切りで増やせると思います。

幹立ちしやすいカンテですが、

カット元となる、幹(茎)のほうにも、

葉を残したほうが、成功しやすいと思います。

葉挿しは、未実施

見た感じ… 葉挿しには不向きそうですが…

意外と、イケるのかもしれません。

スポンサーサイト




◆ 夏・冬の管理

 冬の管理(耐寒性)

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -5℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ -7℃くらい?

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

「-5℃」くらいまでが安全

カンテは、「-5℃」くらいまでが安全だと感じます。

理想は「-3℃」ほどでしょうか…。

寒すぎると… 葉が枯れるスピードが速まる

恐らく…「-5℃」くらいから、

外側の葉が、寒さで枯れやすくなる感じがします。

成長点まで凍ることは、ありませんでしたが…

なるべく、暖かくして管理したほうが無難かと思います。

 梅雨&夏の管理(耐暑性)

  • 遮光50%(※ 梅雨入り~)
  • なるべく、風通しのよい場所に置く
  • できるだけ、雨に当てない
  • 水やりの回数は控えめ(※ 多肉の様子を見て判断)
  • 殺虫・殺菌剤の散布(※ ベニカ、オルトランなど)
通常の夏仕様でOK

夏は、通常の管理で大丈夫だと感じます。

ロゼットが広がり、美観も損ないがちですが、

暑さや病害虫には、それなりの強さだと思います。

 薬剤を散布すると、シミになる可能性がある

カンテに限らず… パウダー系の多肉は、

ベニカなど… スプレータイプの薬剤を散布すると、

写真のように、シミっぽくなる場合があります。

これがイヤなら、上手に気を遣ってスプレーするか…

オルトランだけを土に撒いておけばよいと思います。

◆ ハイブリッドの紹介

カンテのハイブリッドは、いくつかありますが…

カンテの血が濃く出るようで、

どれも、カンテっぽい雰囲気になります。

❶ アフターグロー

アフターグロー

E. ‘Afterglow’

E. cante x E. shaviana

シャビアナとのハイブリッドになります。

細かいフリルは現れにくいようですが、

葉色は、カンテよりパープル系になります。

 I.C.N(アフターグロー)

カンテとの比較

パッと見のフォルムは同じですが、

葉色は、まったく異なります。

シャビアナは、こちら

シャビアナ

▲ E. shaviana ‘Pink Frills’

シャビアナには、様々なタイプがあり…

日本でシャビアナといったら、

ピンク系の葉色をした「ピンクフリル」が定番のようです。

ちなみに、シャビアナも葉が伸びやすいエケベリアです。

 I.C.N(シャビアナ)

スポンサーサイト




成長・季節の様子

購入時・冬の様子

▲ 2019-12 / 7.5cm

園芸店で購入した「イナハナ」さんのアフターグロー。

カンテと同様に、幹立ちしています。

夏の様子

「これ… どうすんの?」って感じですが…

冬には元に戻ります。

1年後の様子

一時は、夏顔から戻ってこれるのか… と心配しましたが、

冬になって戻ってきました。

ですが、ロゼットの大きさ的には、あまり変わっていない気がします。

❷ ピンキー

ピンキー

E. ‘Pinky’

E. cante x E. shaviana

ピンキーも、アフターグローと同様に、

シャビアナとのハイブリッドになります。

こちらのほうが、シャビアナっぽさが強い感じで… 細かいフリルが目立ちます。

アフターグローとの比較

アフターグローと比べると、

エッジのコントラストは弱めですが…

それぞれの個体差もあるようです。

 I.C.N(ピンキー)

今は「トランペットピンキー」が人気?

トランペットピンキー

筒状の葉を持ったピンキーが、

トランペットピンキーといわれているようです。

品種名は、販売店によって微妙に違っています。

スポンサーサイト




成長・季節の様子

購入時・冬の様子

▲ 2020-1 / 6cm

園芸店で購入した「優木園」さんのピンキー。

まだ若いせいか… ずんぐりとしています。

半年後・夏の様子

こちらも、気が付けば広がりまくりで…

ロゼットの直径は、15cm 近くあると思います。

1年後の様子

購入時と比べると、だいぶ雰囲気がでました。

フリルも目立ってきて、

両親の「いいとこ取り」っぽい感じです。

・・・
・・

以上が、カンテのハイブリッド 2品種となります。

育て方は、カンテと同じで…

どれを購入しても、カンテっぽさを楽しめす。

スポンサーサイト




◆ ネット購入・価格帯

上記で紹介しました、カンテ & そのハイブリッドは、

「売り切れ」の場合を除き…

下記のショップから購入できると思います。

※ ピンキーは、見つかりませんでした

❶ ピュアリーフ

ラインナップは…

・ カンテ
・ シャビアナ ピンクフリル

❷ 日本花キ流通

ラインナップは…

・ カンテ
・ アフターグロー
・ シャビアナ ※ピンクフリルではないタイプ
・ トランペットピンキー

各ショップの【ストア内検索】で、品種名を入力すると探しやすくなります

 カンテ・シリーズの価格帯

お店や種類によって違いはありますが…

エケベリアとしては… ちょっと高めの、

1,000円 ~ 1,500円 ほどが、相場だと感じます。

・・・
・・

以上… カンテと、そのハイブリッドの紹介でした

エケベリアの中では、クセの強いタイプですが…

それも、楽しみの1つだと感じます。

また、小さいとカンテらしくないので…

圧倒的な存在感を演出できるまで、巨大化させるのも面白いと思います。

スポンサーサイト




【多肉植物】梅雨&夏の管理 4つのポイント

エケベリア「夏顔」の特徴と対処法

関連記事

  1. ふんわりカールのリラシナを育てる

    この記事は、エケベリア属「リラシナ」の栽培記録です。リラシナは、緩い…

  2. 黒いエケベリア「アフィニス」を育てる

    この記事は、エケベリア属「アフィニス」の栽培記録です。数あるエケベリ…

  3. 小さく育てるのもイチ押し「ルンヨニー」を育てる

    この記事は、エケベリア属「ルンヨニー」の栽培記録です。今どきのエケベ…

  4. 「エレガンス系」ハイブリッドの紹介と特徴

    この記事は「エレガンス」系を親に持つ、エレガンスらしいハイブリッド(…

  5. 日本限定ブランド!? 子株がよく増える七福神を育…

    この記事は、エケベリア属「七福神」の栽培記録です。「七福神」という……

  6. 簡単に大きく育つエケベリア、桃太郎を育てる

    この記事は、エケベリア属「桃太郎(チワワリンゼ)」の栽培記録です。桃…

  7. 雅やかなエケベリア エレガンス・シリーズの紹介

    この記事は、エケベリア属「エレガンス」シリーズの紹介です。エレガンス…

  8. ラウリンゼ&モンローを育てる

    この記事は、エケベリア属「ラウリンゼ&モンロー」の栽培記録です。両者…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP