ラウリンゼ&モンローを育てる

この記事は、エケベリア属「ラウリンゼ&モンロー」の栽培記録です。

両者とも、交配で誕生する見本のようなハイブリッドで、

型崩れしにくいロゼットも手伝って… 人気のエケベリアの1つになります。

また、ラウリンゼほど大きく成長しないのが「モンロー」という情報があり…

どちらも、成長すれば区別はつかないようです。

スポンサーサイト




基本情報

グループ ベンケイソウ科エケベリア属 生育期 春・秋
流通名 ラウリンゼ 価格帯 600円前後
学名 Echeveria ‘Laurinze’ 栽培難易度 ★☆☆
増やし方 挿し芽 ネット販売 ・ カクトロコ
・ フラワーネット
・ 多肉永遠
モンロー
学名 Echeveria ‘Monroe’ ネット販売 ・ ミンネ
・ クリーマ

 ラウリンゼ(モンロー)は交配種

E.laui × E.lindsayana

「ラウイ」のパウダー具合と「リンゼアナ」の容姿がミックスされた感じです。

長期で育てると、リンゼアナ寄りのスマートなロゼットになっていく気がします。

モンローは、ラウリンゼの小型タイプらしい

▲ モンロー

左:モンロー / 右:ラウリンゼ

モンローは、ラウリンゼとそっくりですが…

大きくなりすぎるラウリンゼに矮化剤(わいかざい)を投与して、小型化させた品種という情報があります。

 ソース:エケベリア Guide To Echeveria

そのモンローにも…

葉色が異なるオレンジやピンクモンローといった品種があるようです。

 季節の変化

※ ラウリンゼの様子になります。

夏 7月~10月頃

▲ 購入年の様子

▲ 2年目の様子

個体差にもよると思いますが… 9月上旬に購入した状態はグリーン系の葉色でした。

ですが、翌年にはパウダーに覆われて…

夏季でもホワイト系の葉色になっています。

冬 11月~6月頃

▲ 購入年の様子

▲ 2年目の様子

購入年度は、冬になっても引き続きグリーン系を保っていましたが、

2年目は、ラウリンゼらしい葉色になっています。

 ラウリンゼの耐寒性(個人調べ)

 「耐寒性・強」屋外管理OK

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -5℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ おそらく-7℃以上も耐える

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

スポンサーサイト




購入時のラウリンゼ&モンロー

購入日:2019.9 / 580 円(6cm ポット)

園芸店で購入した「優木園」さんのラウリンゼ。

購入時期が9月上旬だったので、グリーン系の葉色です。

 本来のホワイトパープル系になるまで、時間がかかるかもしれません

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
・ カクトロコ
・ フラワーネット
・ 多肉永遠

モンロー

購入日:2020.10 / 800 円(7.5cm ポット)

モンローは「ピュアリーフ」さんから購入しました。

購入時から、奇麗な葉色をしています。

ネット販売は、こちら

※ 売り切れの場合があります

 購入から約1年後の比較

ロゼットの直径:約8cm

1年後の夏の終わりですが、ロゼットも型崩れせず奇麗に育ってくれました。

そして、購入時は控えめだった葉色も、

親のラウイのようにパウダーに覆われ、エッジのオレンジも冴えてきました。

栽培メモ

❶ 育てやすいパウダー系エケベリア

特に、これといって難しいポイントはありません。

耐寒性、耐暑性も高く、型崩れしにくいので、

手の掛からない多肉植物だと感じます。

植え替えで使うポットは、ちょっと小さめがオススメ

7cm 近いサイズのロゼットに、7.5cm のポットを使用

ラウリンゼに限ったことではありませんが、

植え替えで使うポットは、フチと葉の間に、

指1本… 入らないくらいのサイズを使うと、ドカンと横に広がってしまうのを軽減できます。

❷ 霧吹きでの薬剤散布は、控えても大丈夫

ラウリンゼは、パウダーが強いエケベリアなので…

上からベニカ等の薬剤を多量に霧吹きすると、パウダーが取れてしまうことがあります。

※ ↑ の写真はメキシカンジャイアント

パウダーが強い多肉は、アブラムシやカイガラムシに吸汁されにくいと感じますので、

オルトラン【粒剤】だけを、定期的に使用していれば十分だと思います。

❸ 葉挿しは、未確認

ラウリンゼは、ロゼットの形が抜群です。

茎もほとんど伸びず、葉も枯れにくいので、

葉っぱを回収するのが、もったいなく感じると思います。

 来年あたり、確認してみます

スポンサーサイト




栽培記録

2019-秋・冬/栽培記録

  • 秋 / ラウリンゼを購入
  • 冬 / 耐寒性チェック

秋 シーズン / 2019

9月上旬 ラウリンゼを購入

購入日:2019.9 / 580 円(6cm ポット)

店頭に並んでいる時は、ラウリンゼっぽさを…

あまり感じられないかもしれません。

それでも、1年ほど育てれば「ラウリンゼだな~」って感じになると思います。

10月上旬 植替え

来年の春まで、待っても余裕だと思いますが、

他の多肉のついでに、植替えしました。

 暗くなると、ブルーっぽい葉色に見えます

下の葉は、枯れにくいタイプ

ラウリンゼは、茎が伸びず…

下の葉も枯れにくいのでメンテナンスが楽です。

7.5cm ポットへ植替え

サイズは、たいして変わりませんが、

どんなエケベリアでも…

ロゼットに対して、ちょっと大きいサイズのポットがオススメです。

大きすぎるポットは、

無駄に土の量も増えて、保水量もあがってしまうので、

上手に水やりを行わないと、葉っぱが広がりやすくなります。

11月中旬 順調に成長

サイズ的には、順調に成長していますが、

ラウリンゼらしい葉色には、なっていません。

冬 シーズン / 2019

1月中旬 気温低下で丸まってくる

エケベリアは、朝晩が冷え込んでくる11月になると、

ロゼットの中心ほど… ギュウギュウに詰まってきます。

1月現在では、最低気温が氷点下になり… 外側の葉っぱも丸まってきています。

 耐寒性チェック

山梨県の冬の寒さで、ラウリンゼの耐寒性をチェックします。

  • 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
  • なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
  • 年間を通して屋外管理の多肉です。

2月中旬 「耐寒性・強」-7℃ でも凍らず

▲ 耐寒性は強い

1月から氷点下が続きはじめ、2月中旬に-7℃を記録しました。

それでも、葉先や爪に凍結した様子は無く、

ガッチリと丸まって、寒さに耐えている感じが見て取れます。

 ラウリンゼの耐寒性(個人調べ)

 「耐寒性・強」屋外管理OK

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -5℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ おそらく-7℃以上も耐える

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

スポンサーサイト




2020-春・夏/栽培記録

  • 春 / 順調に成長

春 シーズン / 2020

5月中旬 順調に成長

大きくなった雰囲気はありませんが、順調に成長中です。

葉色は、若干… オレンジが目立ってきました。

夏 シーズン / 2020

7月上旬 ラウリンゼっぽく変身

前回に撮影から、1ヵ月半ほどですが…

突如… 両親の血が目覚めたらしく、急にラウリンゼっぽくなりました。

パウダーに覆われて、オレンジ色の発色も冴える

他の多肉は、どんどんグリーン系の夏顔になってゆくなか、

今後のクソ熱さを察知してか…

パウダーがより濃くなり、ホワイトの葉色になりました。

また、リンゼアナのように、葉のエッジが発色がより冴えてきました。

8月下旬 そのまま、葉色をキープ

2020年も長い梅雨でしたが…

発色が下がることもなく、現状をキープしてくれました。

8月に葉焼け

梅雨明け後… 連日の晴天が続き、

寒冷紗の長さが足りていなかったらしく、いつの間にか葉焼けしていました。

 梅雨 & 夏 の管理はセオリー通り

  • 遮光50%(※ 梅雨入り~)
  • 風通しのよい場所で
  • 水やりの回数は控えめ(※ 多肉の様子を見て判断)
  • 殺虫・殺菌剤の散布(※ オルトラン)

ラウリンゼは、梅雨から夏でも育てやすいと思います。

肉厚の葉っぱななので、水は控え気味(月1~2回ほど)でOKです。

パウダー系の多肉植物は、病害虫に強いかも…?

アブラムシやカイガラムシが心配だと、

上からベニカなどの薬剤を、まんべんなく散布したいところですが、

パウダー系の多肉植物は、病害虫に強い気がします。

個人的には… 粒剤のオルトランを土に混ざるだけで十分な感じでした。

薬剤で、はがれる場合もある

※ ↑ の写真はメキシカンジャイアント

パウダー自体… 撥水性があるようで、

雨に濡れてもパウダーが取れてしまうことありません。

ですが、薬剤を散布し過ぎると… パウダーがはがれてしまう場合もあるので、

美観を気にするなら、上からの散布は控えたほうがよいと感じました。

スポンサーサイト




2020-秋/栽培記録

  • 秋 / 植替え・2回目

秋 シーズン / 2020

9月下旬 植替え(2回目)

7.5cm ポットも、フチに葉っぱがめり込んできたので、

サイズアップしました。

相変わらず、葉っぱは枯れにくい状態です。

3.5号・素焼き鉢へ植替え

冬に比べると、ロゼットは開き気味になりますが…

それでも、丁度いいくらいの感じだと思います。

最終更新 2020.10

モンローを購入

▲ モンロー / 7.5cm ポット

ラウリンゼにそっくりなモンローです。

ネット通販で購入したので「どんな葉色をしているのか?」

楽しみでしたが、現在のラウリンゼと同じ葉色でした。

矮化剤で小型化させた品種

 Guide To Echeveria によると…

大きくなりすぎるラウリンゼに、矮化剤(わいかざい)を散布した品種で、

その効果が切れると、再び大きくなってしまうようです。

また、生産者さんが矮化剤を散布しているかも… 定かではありません。

なので、モンローを買っても… 自分でラウリンゼの名札を挿してしまえば、誰にも分からないと思います。

・・・
・・

今後も、ラウリンゼの成長とモンローとの比較を掲載できればと思います。

 To Be Continued

独学でも、多肉栽培が上手くなる方法

多肉植物のクリスマス(&ダーク、イブ)を育てる

関連記事

  1. 日本限定ブランド!? 子株がよく増える七福神を育…

    この記事は、エケベリア属「七福神」の栽培記録です。「七福神」という……

  2. 雅やかなエケベリア エレガンス・シリーズの紹介

    この記事は、エケベリア属「エレガンス」シリーズの紹介です。エレガンス…

  3. 「エレガンス系」ハイブリッドの紹介と特徴

    この記事は「エレガンス」系を親に持つ、エレガンスらしいハイブリッド(…

  4. アガボイデスの紹介。人気のエボニーやロメオを含む…

    この記事は、エケベリア属「アガボイデス」シリーズの紹介です。原種のア…

  5. ふんわりカールのリラシナを育てる

    この記事は、エケベリア属「リラシナ」の栽培記録です。リラシナは、緩い…

  6. 育てやすい普及種「野バラの精」の栽培記録。

    この記事は、エケベリア属「野バラの精」の栽培記録です。育てやすいエケ…

  7. カンテと、そのハイブリッドを紹介

    この記事は、エケベリア属「カンテ」と、そのハイブリッド達の紹介です。…

  8. 似てる?「花うらら」と「メビナ」を育てる

    この記事は、エケベリア属「花うらら(プリドニス)」の栽培記録です。葉…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP