人気交配種ラウリンゼ&モンローを育てる

この記事は、エケベリア属「ラウリンゼ」&「モンロー」の栽培記録です。

名前の違う両者ですが、どちらも同じエケベリアになります。

また、ラウリンゼは交配種の特徴の1つともいえる…

「名前の合成」も収まりと響きがよく、

王道のエケベリア交配種として、不動の人気を確立しています。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 基本情報 |
ラウリンゼ

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Laurinze
流通名 ラウリンゼ
生育期 秋・春
価格帯 600円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 葉挿し
カット&挿し芽

 ラウリンゼは交配種


  • 左)ラウイ
     E. laui
  • 右)コロラータ・リンゼアナ
     E. colorata ‘Lindsayana’

「ラウイ」のパウダー具合と…

「コロラータ・リンゼアナ」の容姿がミックスされた感じです。

名前の合成は、交配種の特徴

交配種なので、両親の名前の一部分が合成されています。

ですが、ラウリンゼのように…

収まりのよい合成名となるケースは少なく、

オリジナルの名前を付けるほうが、圧倒的に多い状況です。

 似たような交配種も多い

ラウイとリンゼアナ(コロラータ)の交配は…

世界でも定番なようで、

国・地域によって、それぞれの名前があるようです。

ラウィータ

▲ 購入時(11月)

▲ 約2年後の状態

詳細は不明ですが、名前の合成っぽさからして…

ラウイとコロラータの交配種だと思います。

こちらも見た目は、ラウリンゼと余り変わりません。

また「ラ・コロ」という品種も同じかと思います。

サンアなども同様

他にもサンア(サンハ)や「交配式の表示のみ」などがあります。

厳密には違う品種になるかもしれませんが、

パッと見のフォルムは、だいたい同じです。

モンローについて

購入日:2020.10(7.5cmポット)

「ピュアリーフ」さんから購入したモンロー。

書籍「Guide To Echeveria」によると、

大きくなるラウリンゼに…

矮化剤(わいかざい)を散布し、小型化させた品種らしく、

その効果が切れると、再び大きくなってしまうようです。

どちらも、同じ顔に育つ

育てた結果は、どちらとも同じ顔になっています。

もし、モンローしか販売していなくても…

購入後、名札をラウリンゼに差し替えてもOKです。

ネット販売は、こちら
日本花キ流通 ピュアリーフ
ストア内検索:モンロー

※ 売り切れの場合があります

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) 淡いグリーン
葉色(肥料・ 淡いグリーン
エッジの色 オレンジ系
爪の色 エッジと同様
ロゼット 日照不足・水やりで広がりやすい
備 考 パウダーの量で葉色は異なって見える

▲ 1月上旬

▲ 2月下旬

葉色(肥料・並) 淡いグリーン
葉色(肥料・ 淡いピンク系
エッジの色 淡いオレンジ系
爪の色 エッジと同様
ロゼット 丸まりやすい
備 考 パウダーの量で葉色は異なって見える

・・・
・・

◆ 購入時の写真と
1年後の比較

購入時の写真

購入日:2019.9 /(6cmポット)

園芸店で購入した「優木園」さんのラウリンゼ。

購入時期が9月上旬だったので、グリーン系の葉色です。

また、長く育てたほうがパウダーの量は増えます。

 約1年後の比較

肉厚な葉を持つので、育てやすく型崩れしにくいタイプです。

美観を保つには、カイガラムシに気を付けて…

葉のパウダーをこすらないように扱います。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(凍結)

安 全     ~ -3℃ 水分が多めでも、凍結なし
注 意 -3℃ ~ -5℃ 一部、凍結の可能性あり
危 険 -5℃ ~     一部 ~ 全体が凍結
 霜除け 必須
※ 凍結の温度は、目安としてお考えください。
耐凍性のレベル
やや強
- - -

多肉植物全体で比べると…「並」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、

ほぼ、凍結しないと思います。

「-5℃」になると、一部… 凍結がみられ、

「-7℃」まで下がってしまうと、全体が凍結し再起不能かと思います。

 寒波の夜間は、要注意

※ お住いのエリアにより異なります。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプ。

水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

与え過ぎると… 葉が伸び、ロゼットも大きく開きやすい。

また、遮光をしつつ、雨ざらしも避けたほうが無難です。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1. 強烈な寒さに注意

ラウリンゼは、基本的に育てやすいエケベリアです。

注意点としては…

冬の最低気温は「-3℃」までに抑えたほうが、

凍害によるダメージを負いません。

-5℃まで下がると、被害に遭う確率が上昇します。

水やり、生育状況により異なる

同じ多肉植物でも、株の状態や水分量…

ちょっとした置き場所の違いにより、

凍結する最低気温が変化します。

そのため、予想外に耐えてくれる場合や、その逆もあります。

 ラウイの交配種は注意

▲ ラウイは特に注意

親のラウイも、強烈な寒さには注意します。

また、ラウイ交配種も同様の傾向があり、

ラウリンゼをはじめ…

シャンペーン、アイスグリーン、白鳳などが該当します。

2. オルトランだけもOK

病気・害虫の件ですが、ラウリンゼは…

パウダーが強いエケベリアなので…

ベニカ等の薬剤を多量に霧吹きすると、

パウダーが取れてしまうことがあります。

カイガラムシだけに注意

パウダーが強い多肉は、病気に強いと感じます。(個人的な見解)

そのため、カイガラムシ対策として…

オルトラン【粒剤】だけを、定期的に使用していれば十分です。

パウダー多肉は、カイガラムシの分泌物が付くと…

本体ではなく、分泌物のほうが取り除くのに厄介です。

3. 葉挿しもOK

試したのは「ラウィータ」という品種になりますが、

ラウリンゼやモンローでも同様だと思います。

上手に外せれば、成功率も50%以上はあるかと感じます。

取るのが少し難しいタイプ

肉厚で大きな葉っぱのため、根元を持って丁寧に外さないと…

途中でちぎれやすくなります。

・・・
・・

◆ 栽培記録
2019.9 ~

主な記録

 植替え ’19-10 ’20-09 ’21-10
 葉挿し
 剪定&挿し芽
● 殺菌・殺虫剤(目安
オルトランDX粒剤 毎年、春に1回
ダコニール1000 毎年、軽く散布
● 病害虫・生理障害

現在まで、大きな病気・害虫・日照不足等の被害はなし

● 植替えの土

多肉植物の土【プロトリーフ】
(※ 元肥を含む)

● 追肥(目安

植替えから1年後に適量

・・・
・・

2019-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2019

9月上旬 ラウリンゼを購入

▲ 580 円(6cm ポット)

親のコロラータ(リンゼアナ)は、

桃太郎の親でもあるため、白っぽい桃太郎にも見えます。

10月上旬 植替え

外葉がポットに食い込んでいるため、一回り大きいサイズへ植え替えです。

両親とも大きくなるエケベリアなので、

ラウリンゼも大きくなります。

11月中旬

・・・
・・

冬 シーズン / 2019

1月中旬 気温低下で丸まる

多くの多肉植物は、朝晩が冷え込んでくる11月頃になると、

ロゼットの中心ほど葉が閉じ、防寒機能を高めます。

紅葉も相まって、一般的にこの状態が好まれます。

2月中旬 -7℃ に耐える(注意)

1月から氷点下が続きはじめ、2月中旬に「-7℃」を記録しました。

それでも、葉先や爪に凍結した様子は無く、

ガッチリと丸まって、寒さに耐えている感じが見て取れます。

 来年度はダメージを負う

ラウリンゼは寒さに強いと思いましたが、

来年度の冬は、同じ「-7℃」でダメージを負いました。

モンローなど、他の品種の状態も考慮すると…

「-3℃」までに抑えたほうが安全かと感じます。

様々な条件が重なって、結果が変わる

相手は植物なので、個体差や成育状況に加え…

ちょっとした環境の違いにより、

レシピ通りに育てても、なかには…

残念な結果に終わってしまう場合もあります。

そのあたりを加味して栽培すると、

楽しく健全に多肉栽培を続けられると思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




2020-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2020

5月中旬 春の様子

・・・
・・

夏 シーズン / 2020

7月上旬 初夏の様子

冬の間はラウイの面影が強い気がしましたが、

夏になって葉が伸びてきたせいか…

なんとなく、リンゼアナ(コロラータ)っぽさを感じられます。

8月下旬 夏の終わり

夏も終盤になりますが、現状をキープしてくれました。

ポットの縁に、外葉の先端が乗っかると…

それがストッパーとなり、ロゼットが開きにくくなります。

 葉焼け

直射日光を浴び続けたらしく、いつの間にか葉焼けです。

隅に置いている多肉は、寒冷紗などの…

遮光グッズから漏れていないかチェックします。

 梅雨・夏の管理方法

他の多肉植物と同じく、適度な遮光を行い…

雨ざらしを避けて管理すれば問題ありません。

高温で多湿になる環境は、なるべく避けた方が安全です。

パウダー系の多肉は、病気には強い

パウダー系の多肉植物は、病気には強い気がします。

そのため、個人的な感想としては…

ベニカやダコニール等の殺菌剤は不要かと思います。

カイガラムシ対策でオルトラン

カイガラムシが発生する可能性はあるので、

粒剤のオルトランを土に混ざておくほうが安心です。

・・・
・・

2020-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2020

9月下旬 植替え(2回目)

▲ 3.5号・素焼き鉢

7.5cm ポットも、フチに葉っぱがめり込んできたので、

10.5cmの素焼き鉢へサイズアップです。

10月上旬 モンローを購入

▲ モンロー / 7.5cm ポット

ここで、ラウリンゼにそっくりなモンローを追加購入。

購入時は違って見えても、長く育てれば同じ状態になります。

比べてみる

サイズが違うだけで、同じエケベリアに見えます。

冬 シーズン / 2020

12月上旬 怪しい葉色

9月に植え替えたばかりなので…

グリーンの葉色になってもよいはずですが、

肥料切れしているようなピンク色が目立っています。

・・・
・・

2月中旬 凍害あり

前年を参考に「-7℃」ほどまで頑張っていましたが、

葉先にダメージがあらわれました。

限界を迎えたようなので、春までは「0℃」を超えないように管理。

株の状態で、耐寒性は異なる

株の状態により、凍らずに粘ってくれる場合もありますが、

安全マージンを取っておくと安心です。

ラウリンゼの場合は「-3℃」までが…

ダメージを負わない安心ラインかと思います。

モンローもダメージあり

モンローも近くで観ると、凍害による…

葉先の黒い点々を、いくつか確認しています。

・・・
・・

スポンサーサイト




2021-春~冬
栽培記録

4月中旬 凍害の後遺症

凍結後では、葉先のダメージだけかと思いましたが、

意外と深刻なダメージを負っており、

外葉の枯れや、葉の変形が目立ってきました。

モンロー&ラウィータも同様

▲ モンロー

▲ ラウィータ

モンロー&ラウィータも同様に、葉の変形が目立っています。

ラウイやラウイ交配種に、このような症状が見られます。

葉の変形は、葉の入れ替えを待つ

葉が変形してしまうと、葉の入れ替えを待つしかありません。

1年以上は時間が必要となりますが…

気長に栽培しながら、綺麗なフォルムを目指します。

・・・
・・

ここから先は、回復までの様子を写真のみで紹介します。

8月下旬

▲ ラウリンゼ

▲ モンロー

・・・
・・

10月中旬

▲ ラウリンゼ(植替え

▲ モンロー

12月上旬

▲ ラウリンゼ

▲ モンロー

・・・
・・

2月上旬

▲ ラウリンゼ

▲ モンロー

・・・
・・

2022-春・夏
栽培記録

4月上旬

▲ ラウリンゼ

▲ モンロー

・・・
・・

8月下旬

▲ ラウリンゼ

▲ モンロー

・・・
・・

スポンサーサイト




最終更新 2022 / 10

10月上旬 凍結から1年半

▲ ラウリンゼ

▲ モンロー

▲ 比較

1年~1年半ほどあれば、ほぼ凍結前の状態に戻ると感じます。

また、購入時は別モノに見えた両者ですが、

現在のフォルムはほぼ揃って、同じエケベリアに見えます。

肥料が切れてきた様子

▲ 手前はラウィータ

まだ10月中旬ですが、手前のラウィータと比べると…

だいぶピンク色が目立っています。

前回の植替えが1年半くらい前なので、

管理人の土&肥料では、肥料切れが目立ってくる頃です。

ロゼットが小さくなってきたら、追肥で対応

淡いピンクの紅葉も綺麗ですが、この後は肥料不足のため…

外葉が枯れて、ロゼットが小さくなる場合があります。

その際は、栄養のある土への植替えや…

追肥をすることでサイズを保ちやすくなります。

また、ラウリンゼは大きくなりやすいので、

好みのサイズまで育ったら、少なめの肥料で調整するのもオススメです。

・・・
・・

 この後の栽培は、繰り返し

最後のまとめとしまして…

今後も同じようなサイクルで育ちます。

基本的に育てやすいエケベリアですが、凍害に注意して管理します。

増やしたい場合は「葉挿し」です。

または「胴切り」でも少しづつ増やせます。

以上「ラウリンゼ」&「モンロー」の栽培記録でした。


プリンセスパール

マルレン

関連記事

  1. 黒いエケベリア「アフィニス」を育てる

    この記事は、エケベリア属「アフィニス」の栽培記録です。数あるエケベリ…

  2. 癒しのグリーン「ピーチプリデ」を育てる

    この記事は、エケベリア属「ピーチプリデ」の栽培記録です。ワイドな葉を…

  3. 小さく育てるのもイチ押し「ルンヨニー」を育てる

    この記事は、エケベリア属「ルンヨニー」の栽培記録です。今どきのエケベ…

  4. シンプル&癖ありエケベリア「静夜」を育てる

    この記事は、エケベリア属「静夜(デレンベルギー)」の栽培記録です。比…

  5. 小型群生エケベリア「ブルーミニマ」を育てる

    この記事は、エケベリア属「ブルーミニマ」の栽培記録です。ミニマは小型…

  6. 日本限定ブランド!? 子株がよく増える七福神を育…

    この記事は、エケベリア属「七福神」の栽培記録です。「七福神」という……

  7. アガボイデスの紹介。エボニーやロメオを含む人気エ…

    この記事は、エケベリア属「アガボイデス」の紹介です。アガボイデスは、…

  8. 多肉植物のクリスマス(&ダーク、イブ)を育てる

    この記事は、エケベリア属「クリスマス」の栽培記録です。メジャー原種の…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト

サイト内 記事検索



PAGE TOP