クスピダータ・サラゴサエ(黒爪ザラゴーサ)

エケベリア属「クスピダータ・サラゴサエ(サラゴーサ)」の紹介です。

エケベリアの中でも、クスピダータは鋭い爪が特徴となり…

その変種となるサラゴサエは、

特に極細の爪がトレードマークとなります。

日本ではザラゴーサの名でも販売され、多くの交配種も作出されています。

また「黒爪ザラゴーサ」という名前のエケベリアは…

今回のクスピダータ・サラゴサエ(サラゴーサ)と同じかと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


中型


淡いブルーグリーン

エケベリア属 原種
成長期は… 春と秋

基本は単頭のロゼットで、茎は伸びにくい。

夏の葉色はブルーグリーンで、ロゼットはやや広がりやすい。

冬になっても余り葉色は変わらないが、淡い紫やグレーっぽくも見える。

◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
学名 Echeveria cuspidata var. zaragozae
流通名 クスピダータ・サラゴサエ
黒爪ザラゴーサ
生育期 秋・春
価格帯 800円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し(未確認)

 サラゴサエは原種(変種)

 メキシコ

クスピダータはメキシコ原産で、2種類が確認されており…

その1つが「サラゴサエ」です。

サラゴサという地域周辺で発見され、もう1つのタイプとは見た目が異なります。

 I.C.N(クスピダータ・サラゴサエ)

ザラゴーサは日本での流通名

サラゴサエの部分を学名で表記すると、

「zaragozae」となりますが、

地域名のサラゴサは「Zaragoza」と書くため…

「ザラゴーサ」などと呼ばれるのかもしれません。

ただ、同じエケベリアだと知っていれば、好きな名前で呼んでOKです。

クスピダータとの違い

もう1つのクスピダータは、そのまま「クスピダータ」と表記され…

上の写真では、両脇のエケベリアになります。

また、いくつかの産地別も流通しています。

 I.C.N(クスピダータ)

学名で表記すると、こちら

▲ E. cuspidata var. cuspidata

▲ E. cuspidata var. zaragozae

サラゴサエもクスピダータの1つですが…

紛らわしいので、サラゴサエやザラゴーサと表記される傾向です。

 黒爪ザラゴーサと同じ

ネットショップでは「クスピダータ・サラゴサエ」と…

入力しても検索でヒットしません。

その代わり「黒爪ザラゴーサ」と入力すると、

サラゴサエと同じエケベリアが表示されます。

爪が黒い選抜種?

黒爪ザラゴーサは、サラゴサエの中でも…

より爪が黒い個体に付けられた選抜種のようですが、

だいたい同じだと思います。

育て方の、参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

 ネット販売

日本花キ流通 ピュアリーフ
ストア内検索:黒爪ザラゴーサ

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) 淡いブルーグリーン
葉色(肥料・ 淡いブルーグリーン
エッジの色 葉色と同様
爪の色 赤 ~ 黒
ロゼット 日照不足&水やりで開きやすい
備 考

▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

葉色(肥料・並) 淡い紫 ~ グリーン
葉色(肥料・ 淡い紫 ~ グリーン
エッジの色 葉色と同様
爪の色 赤 ~ 黒
ロゼット 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2019. 11
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん にじはなプランツ
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

11月に購入したので、やや冬顔の状態ですが…

年間を通して余り葉色の変化はありません。

春に開花した後、調子を崩したようで…

理由はよく解りませんが、しばらく生育が停滞していた感じがします。

基本的には強健で、育てやすいタイプかと思います。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(11月)

※ 7.5cmポット

1月

3月

5月(開花

6月(植替え

7月

8月

10月

 約1年後(12月)

2月

4月

6月

8月

10月

 約2年後(12月)

2月

4月

7月

8月

10月(鉢増し

※ ポットを変更 & 追肥

 約3年後(12月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1. 綺麗に育たない期間もある

このサラゴサエは、調子を崩してから…

綺麗なロゼットに戻るまで、2年ほど掛かりました。

同じ肥料や培養土を使って育てても…

なかには、スローペースな個体も出てくるかと思います。

じっくりと育ててあげるのがベスト

育ちが悪い原因は、根が機能していないなど…

いくつかりますが、葉には水分が保たれており花芽も付けています。

成長が遅いと不安になりますが、

そこはガマンして、もう1年待ってみると…

調子よく育ってくれることがあります。

また、クスピダータは花芽を付けやすいタイプなので…

ロゼットの成長が遅いようなら、早めに取り除くのがオススメ。

2. 性質は強健で育てやすい

順調に育っていれば、暑さ寒さにも強い種類なので…

育てやすいタイプかと思います。

アガボイデスやコロラータ、エレガンス、桃太郎などと同じ感覚で大丈夫です。

爪はやや傷みやすい

極細の爪なので、氷点下や乾燥状態が続くと枯れやすく感じます。

また、普段は赤色をした爪ですが、厳冬期ほど黒くなる印象です。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプ。

水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

ロゼットに水滴が残ると、蒸れやすいので…

遮光を行い、雨ざらしも避けたほうが無難です。

・・・
・・

スポンサーサイト




ローズヒル

メビナ(スターライト)

関連記事

  1. ミニベル・錦

    エケベリア属「ミニベル・錦」の紹介です。ミニベルの斑入り品種で、ノー…

  2. ローラ(こころ)

    エケベリア属「ローラ」の紹介です。ローラは比較的メジャーな交配種で……

  3. アリエル

    エケベリア属「アリエル」の紹介です。ラウリンゼやシャンペーンのような…

  4. ブルーバード

    エケベリア属「ブルーバード」の紹介です。全体的に淡いブルーグリーンの…

  5. 静月【せいげつ】

    エケベリア属「静月【せいげつ】」の紹介です。静月は日本で作出されたハ…

  6. フィオナ / ピオリス

    エケベリア属「フィオナ」/「ピオリス」の紹介です。夏に紅葉するタイプ…

  7. あずき{ペインテッドフリル}

    エケベリア属「あずき{ペインテッドフリル}」の紹介です。独特の雰囲気…

  8. ムーンストーン

    エケベリア属「ムーンストーン」の紹介です。交配種となりますが、印象と…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP