シムランス

エケベリア属「シムランス」の紹介です。

エレガンスに似た雰囲気の原種で、葉先の透明感は共通しています。

相違点は、葉先のフリルとなり…

先端が反り返っているのも特徴となります。

ヒアリナはシムランスに統合

▲ ヒアリナ

シムランスとよく似た「ヒアリナ」という原種は、

いつの間にか、シムランスのシノニム(別名)となり、

学術的にはシムランスと同じ種となっていました。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

シムランス トップ

シムランス サイド

冬のラグナサンチェス

夏のラグナサンチェス

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
学名 Echeveria simulans
流通名 シムランス
生育期 秋・春
価格帯 850 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

シムランスは原種

 メキシコ

シムランスはメキシコ原産の原種です。

月影{エレガンス}と似ていて、性質・育て方も同様となります。

シムランスはラテン語で「似ている」という意味。

バリエーションが豊富

シムランス アセンシオン

▲ アセンシオン

シムランス パジョナール

▲ パジョナール

シムランス シベリア

▲ シベリア

シムランスは産地別のバリエーションが豊富で…

日本でもいくつかのタイプが流通しています。

ただ、名札を失うと区別するのが難しそうです。

 I.C.N(シムランス)

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:シムランス

※ 売り切れの場合あり

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

◆ 季節の変化

夏のシムランス

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

冬のシムランス

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 5
ポットサイズ 6cm
生産者さん いとうぐりーん
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

5月に購入したので「ほぼ夏顔」の状態です。

購入時は小ぶりの株で、その後に開花もさせたので、

1年ほど経ってもサイズは変わっていません。

ですが、適量の肥料を与えれば、次第に大きく育ちます。

性質はエレガンスと同様で、寒さに強いタイプですが、

やや夏の蒸れに弱いかもしれません。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(5月)

※ おそらくラグナサンチェス

※ 6cmポット

7月

8月

10月

12月

2月

4月(開花

4月(植替え

※ 6cmポット

 約1年後(6月)

8月

10月

12月

2月

 約2年後(4月)

7月

8月

10月

12月

2月

 約3年後(4月)

5月(胴切り&葉挿し

※ 葉挿しは2/4で成功

6月

10月

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 花芽の管理方法

エケベリアの花芽の管理ですが、開花させても株は枯れませんので…

開花前にカットしても、咲かせても大丈夫です。

ただ、株のサイズが小さい状態で咲かせると、

再びサイズアップさせるのに時間が掛かってしまいます。

大きく育っていれば、ほとんど影響しない

上の写真のように、ロゼットが6cm以上に育っていれば、

花を咲かせたとしても、大きく崩れることは稀です。

栽培のタイミング次第では、植替えや追肥を行っておくと…

その後の生育も安定し、綺麗なロゼットを保ちやすいと感じます。

2 エレガンスと同じ


育て方、性質はエレガンスと同様です。

寒さには強く、葉挿しも苦手ではないと思います。

シムランスは地域のバリエーションがいくつかありますが、

「ラグナサンチェス」が最も定番なのかもしれません。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ホーリーゲート

ヒアリナ

関連記事

  1. シャルルローズ

    エケベリア属「シャルルローズ」の紹介です。紅葉時は、ピンク系に色付く…

  2. アイボリー / J.C. Van Keppel

    エケベリア属・アイボリーの紹介です。この多肉は、名前の通り… 紅葉す…

  3. 七福神 / インブリカータ

    七福神 または インブリカータの詳細は、栽培記録をご覧ください。…

  4. シャンペーン

    エケベリア属「シャンペーン」の紹介です。シャンペーンは、名前の前にピ…

  5. ローズヒル

    エケベリア属「ローズヒル」の紹介です。見た目はアガボイデスになります…

  6. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  7. プレトリア

    エケベリア属「プレトリア」の紹介です。モンブラン色の紅葉が楽しめる交…

  8. 紅稚児【べにちご】{マクドガリー}

    エケベリア属「紅稚児」の紹介です。セダムっぽくも見えますが、原種のエ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP