月影{エレガンス}

エケベリア属「月影{エレガンス}」の紹介です。

原種のエレガンスには「星影」などの…

いくつかの関連タイプがありますが、

最もオーソドックスで、エレガンスらしいエレガンスが…

日本では「月影」と呼ばれています。

また、交配親としても定番で、数多くのハイブリットを輩出。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
学名 Echeveria elegans
流通名 月影
エレガンス
生育期 秋・春
価格帯 600 円前後
栽培難易度 ★★☆
増やし方 カット&挿し芽
葉挿し

月影は原種

 メキシコ

エレガンスはメキシコ原産の原種です。

大きく分けると、月影のようにスタイリッシュなタイプと、

ケッセルリンギアナのような、葉が厚いガッチリタイプがあるようです。

平らな葉で、透明なエッジが特徴

上から見ると半円形の葉をしており、

エッジは半透明なのが特徴です。

あまり派手な紅葉はせず、エッジが少し紫色に変わるくらいになります。

 I.C.N(エレガンス)

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

日本花キ流通 カクトロコ
ストア内検索:月影

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 6月下旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2019. 3
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん カクトロコ
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

3月に購入したので「冬顔」の状態です。

冬になると丸まりやすいエケベリアとなり、

さほど派手な紅葉はしません。

寒さには強いタイプですが、夏は少しだけ蒸れやすい感じもします。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

◆ 栽培記録(4年間)

 スタート(3月)

※ 7.5cm

7月

8月

11月

1月

 約1年後(3月)

5月

7月

8月

12月

 約2年後(2月)

8月(葉蒸れ

※ やや葉が蒸れる

9月(植替え

※ 1ポットにまとめる

12月

2月

 約3年後(4月)

5月(植替え

7月

8月

12月

2月

 約4年後(5月)

6月(株分け

8月(葉蒸れ

※ 蒸れて大ダメージ

10月

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 遅れて脇芽が伸びる

月影をはじめ、エレガンス系で特徴として、

長く育てると脇芽が付きやすい傾向があります。

デメリットとしては、脇芽が中間から伸びやすく…

本体のロゼットが崩れやすくなってしまいます。

交配種にも受け継がれやすい

▲ レッドギルバ

脇芽は子供にも影響しやすく、

幹の途中から脇芽が伸びてくるエケベリアは、

エレガンスの交配種の可能性が高いと思います。

2 下葉が伸びやすい

エレガンスに限ったことではありませんが、

やや他のエケベリアと比べると、下葉が伸びやすい傾向です。

冬になっても伸びた下葉が目立つ

▲ ラズベリーアイス

夏に下葉を伸ばし過ぎてしまうと、冬になってもロゼットが丸まりきらず、

中途半端に目立ってしまいます。

この現象もエレガンス交配種や、他のエケベリアでも同様です。

3 夏のダメージに注意

多肉栽培では、高温多湿になる夏が鬼門となりますが、

この時期に蒸れたり病害虫の被害に遭ってしまうと、

葉の枚数が減り、株自体も弱ってしまうので…

なかなかサイズアップしてくれません。

夏の管理は、特に大切

晩秋から冬にかけての紅葉とフォルムは、

上手に夏を乗り切った多肉のほうが美しく仕上がります。

夏顔を気にする必要はありませんが、

あまりにもダメージで葉が欠けてしまったり、

葉が伸び過ぎてしまうと、冬になってもイマイチに感じてしまいます。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


多肉植物にも最適な農薬「オルトランDX粒剤」の使い方

シャルルローズ

関連記事

  1. プリンセスパール

    エケベリア属「プリンセスパール」の紹介です。数あるフリル系交配種の1…

  2. シャルルローズ

    エケベリア属「シャルルローズ」の紹介です。紅葉時は、ピンク系に色付く…

  3. シムランス

    エケベリア属「シムランス」の紹介です。エレガンスに似た雰囲気の原種で…

  4. サラボニー(カラボニー)

    エケベリア属「サラボニー(カラボニー)」の紹介です。名前のようにサラ…

  5. ブラウンローズ

    エケベリア属「ブラウンローズ」の紹介です。名前の通り、茶色っぽく見え…

  6. トランペットピンキー

    エケベリア属「トランペットピンキー」の紹介です。2020年に流行った…

  7. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  8. 静月【せいげつ】

    エケベリア属「静月【せいげつ】」の紹介です。静月は日本で作出されたハ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP