黄色いセダム「月の王子(黄麗)」を育てる

この記事は、セダム属「月の王子(黄麗)」の栽培記録です。

多肉植物ではレアなイエロー系の葉色となり、

冬の紅葉期では、抜群の存在感を示します。

流通名は「月の王子」と「黄麗【おうれい】」の2つがありますが、

どちらも同じ品種で、育てやすいタイプとなります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 基本情報 |
月の王子 / 黄麗

ベンケイソウ科
セダム属
学名 Sedum adolphi ?
Sedum ‘Golden Glow’ ?
流通名 月の王子
黄麗
ゴールデングロー
生育期 秋・春
価格帯 300円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 葉挿し
剪定・挿し芽

詳細不明の品種

月の王子は「Sedum adolphi」(銘月)が、より肉厚になった感じです。

ゴールデングローと呼ばれる場合もありますが、

「月の王子 = ゴールデングロー」なのかは不明です。

また、「銘月」の栽培品種とは断定できず…

ハイブリッドかもしれないので、

今のところ、品種名は「Sedum ‘Golden Glow’」と表記するのがベストらしいです。

 I.C.N(ゴールデングロー)

 I.C.N(銘月)

斑入りの「錦」もある

「月の王子」には、斑入りの「錦」もあります。

ノーマルより、白っぽい葉が特徴となります。

 ネット販売

カクトロコ
ストア内検索:月の王子

・・・
・・

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ グリーン
性質 背は伸びやすい
備 考

▲ 12月中旬(※ 肥料・少

▲ 2月中旬

葉色(肥料・並) イエロー
葉色(肥料・ オレンジ / イエロー
性質 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 購入時の写真と
1年後の比較

購入日:2018.11 / 7.5cmポット

肉厚でイエローの葉が特徴です。

1ポットに3株ほどが植えられています。

秋から春頃に購入すれば、背の高さは目立たないと感じます。

 約1年後の比較

途中、「葉挿し」や「剪定」で繁殖させたり、

大きな凍害にあったため、統一感のない状態となっています。

背が伸びやすい「月の王子」では、

1年に1回ほどは、仕立て直しが必要かと感じます。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(凍結)

安 全     ~ -3℃ 水分が多めでも、凍結なし
注 意 -3℃ ~ -5℃ 一部、凍結の可能性あり
危 険 -5℃ ~     一部 ~ 全体が凍結
 霜除け 必須
※ 凍結の温度は、目安としてお考えください。
耐凍性のレベル
やや強
- - -

多肉植物全体で比べると…「並」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、

ほぼ、凍結しないと思います。

「-5℃」になると、一部… 凍結がみられ、

「-7℃」まで下がってしまうと、全体が凍結し再起不能かと思います。

 寒波の夜間は、要注意

※ お住いのエリアにより異なります。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプ。

徒長しやすいので…

水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

また、雨ざらしも避けたほうが無難です。

葉焼けする場合は、遮光も必要となります。

・・・
・・

◆ 栽培メモ

1. 背は伸びる性質

夏頃には、自然と背は伸びていきます。

その後、お好みで剪定すれば…

寄せ植えなどで使っても、都合のよい素材になります。

紅葉を重視するなら、肥料は少なくてOK

多肉植物は、肥料を含んでいない土を使っても枯れません。

繁殖より紅葉を重視したい場合は、

肥料なし」or「肥料・少量」で管理すると、色付きやすくなります。

2. 葉挿しの成功率は、並み

パッと見た感じ… 100%成功しそうな気もしますが、

5~6割程度かと思います。

ブロンズ姫や秋麗などと比べると、成功率は劣ります。

・・・
・・

◆ 栽培記録
2018.11 ~

主な記録

 植替え ’19-03 ’21-04
 葉挿し ’19-03 ’19-10
 挿し芽 ’19-03 ’19-10
● 殺菌・殺虫剤(目安
オルトランDX粒剤 毎年、春に1回
ダコニール1000 毎年、春~夏に3回ほど
● 病害虫・生理障害

現在まで、大きな病気・害虫・日照不足等の被害はなし

● 植替えの土

多肉植物の土【プロトリーフ】
(※ 元肥を含む)

● 追肥(目安

植替えから1年後に適量

・・・
・・

スポンサーサイト




2018-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2018

11月上旬 月の王子を購入

購入日:2018.11

園芸店で購入した、カクトロコさんの「月の王子」。

こちらも定番セダムの1つで、貴重なイエロー多肉の1つです。

冬 シーズン / 2018

1月中旬 さっそく凍害

撮影日:3月上旬

さっそく1月中旬に、壊滅クラスの凍害を負ってしまい、

多くの葉を失ってしまいました。

そのまま放置して3月上旬の写真です。

あまり寒さには強くないセダム

最低気温の目安として、0℃では問題ないレベルですが、

「-5℃」では耐えられません。

下がっても「-3℃」が安全ラインで、たった1℃の変化が凍結に左右します。

 霜除けは必須

・・・
・・

2019-春・夏
栽培記録

3月中旬 挿し芽で救出

3株のうち、1株だけ助かりましたが、

茎の根元がダメなので「挿し芽」で救出させます。

変色した上部でカットすればOKです。

 「挿し芽」用にカット

切り口が綺麗なグリーンなら、高確率で復活します。

ただ、手前に写っている…

葉が1枚だけの苗は、さすがにダメでした。

 挿し芽で使う先端部分は「挿し穂」とも呼ばれます

 葉挿しもOK

▲ 葉を取って、1ヵ月ほどの状態

生き残った株から、葉を取って「葉挿し」でも増やします。

月の王子は、比較的…「葉挿し」が得意だと感じます。

状態にもよりますが、50%以上は成功するかと思います。

5月上旬 発根を確認

▲ 5月上旬

凍害で生き残った1株になりますが、

発根まで、カットから1ヵ月半ほど掛かりました。

1ヵ所から発根すると…

そのあとは、次々に根が伸びていきます。

植えなくても発根する

多くの多肉植物は、「挿し穂」を土に植えなくても…

自然と発根してくれます。

ですが、土に植えて水やりをしないと…

発根してくれない多肉もあるので、

とりあえず、植えておけば間違いがありません。

 植え付ける

くたびれた下の葉は、取り除いています。

購入時のサイズまで戻すには1年ほど掛かりますが、

それでも、多肉植物の中では早いほうだと思います。

 葉挿しの様子

撮影日:4月上旬

この状態で、スタートから2ヵ月ほどです。

葉挿しの葉っぱも、土の有無に関わらず…

状態が良ければ、どこでも発芽・発根します。

 直射日光が当たる場所はNG

 1ヶ月後の様子

▲ 5月上旬

まだまだミニサイズですが、ここにきて急成長です。

陽当たりのよい場所で管理しますが、

これまで、明るめの場所で管理していていたので、

徐々に強い太陽光へ慣らしていきます。

 太陽光に慣れていないまま、屋外で放置すると、スグに葉焼けしてしまいます。

3月下旬 1株だけ追加購入

▲ 1寸ポット / 150円

カクトロコさんの1寸ポットシリーズを追加購入。

園芸店やホームセンターで購入できますが、

ネットショップでは取り扱っていません。

通常の7.5cmポットで買ったほうがお得なのですが、

お試しで購入した場合にはオススメです。

植替え(6cmポット)

撮影日:4月上旬

その後、6cm ポットへ植え替えです。

また、再び「葉挿し」用として葉を取っています。

 成功した葉は2/5

今回の「葉挿し」は、5枚中…2枚が成功。

新鮮な葉っぱでも、失敗する場合もあります。

夏 シーズン / 2019

7月上旬 順調に成長


左:生き残り / 右:1寸ポット

左のポットは凍害の生き残りで、

右は追加購入した1寸ポットの株です。

どちらも、葉の枚数が増え順調に育っています。

背が伸びるセダム

「月の王子」や「銘月」は、背が伸びやすいセダムです。

特に夏頃は伸びやすくなるため…

このセダムにとっては普通の状態となります。

8月下旬 夏を終わり

あっという間に、大きくなった1寸ポット。

サイズも前回から少し大きくなり、葉のエッジも少し色づいています。

 葉挿し苗の成長

▲ 約6ヶ月後の様子

3月に始めた葉挿しの苗も、大きく育っています。

1つの葉から、複数の新芽が伸びる場合もあります。

 梅雨・夏の管理方法

他の多肉植物と同じく、適度な遮光を行い…

雨ざらしを避けて管理すれば問題ありません。

高温で多湿になる環境は、なるべく避けた方が安全です。

病気・害虫にも強い

無農薬でも、病害虫には強い感じがします。

念のため、定番のオルトランとベニカを散布しておけば、

十分な対策になるかと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




2019-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2019

10月中旬 仕立て直し

自立できないほど背が伸びていたので、

ここでカットして仕立て直しです。

さらに大きく育てたい場合は、植替えしてもOK。

剪定(胴切り)の様子

  • トップ部分 ⇒ 挿し芽
  • 中間の葉  ⇒ 葉挿し
  • 元の親株  ⇒ 脇芽を出す用
繁殖力の強い「月の王子」

「挿し芽」と「葉挿し」は、春と同様の流れです。

今回は、親株から…

脇芽を伸ばす繁殖方法を追加しています。

剪定すれば、脇芽が伸びる

▲ 1ヶ月ほどの様子

多肉植物の場合も、他の植物と同様に…

茎の途中をカットすれば、残った親株から脇芽が伸びてきます。

 種類や状態によって伸びない場合もあり

先端や中間から伸びてくる

1ヵ月も待てば、茎の先端や…

葉の付け根から、脇芽が顔を覗かせます。

先端(挿し穂)の様子

▲ 11月中旬

▲ 7.5cm のポット

今回も発根まで1ヶ月ほどです。

早い多肉は10日ほどで発根しますが、

遅いと1ヶ月以上かかるので気長に待ちます。

葉挿しの様子

▲ 成功は3/7

葉を取ってから2ヵ月ほど様子を見ましたが、

7枚のうち4枚は「発根まで」でした。

もっと粘っていれば、芽がでてくることもありますが、

ストックもあるので今回は諦めます。

プラグトレイに植える

管理する際は、陽当たりによる「葉焼け」に注意。

遮光を行うか、半日陰の場所が適しています。

また、土の量も少ないので…

他のポットより、水やりの回数は増える傾向です。

11月上旬 1年後の比較

▲ 全体の様子

▲ 葉挿しの様子

購入時の原型は余りありませんが、

もし、そのまま育てていたら…

ロゼットの大きさは変わらず、背だけが伸びた状態となります。

冬 シーズン / 2019

2月上旬

今年は凍害に気を付けて管理。

ゆっくりですが、冬の間も少しづつ成長します。

・・・
・・

スポンサーサイト




2020-春~冬
栽培記録

4月上旬

20年度は、増えてきたこともあり…

あまり繁殖は行わず、水やりをメインで管理します。

9月上旬

いつも通りの夏です。

特に異常はありません。

12月上旬

かれこれ、1年半ほど追肥を行っていないので、

葉色はイエローを超えて、オレンジ色に近くなっています。

追肥を行って栄養補給をすると、再びイエローの葉色に戻りますが、

与え過ぎると、グリーンが強くなってしまいます。

12月中旬 凍害・大ダメージ

まだ12月中旬なので油断していたら、

早めの寒波で、大ダメージを負ってしまいました。

セダムで半透明になった葉は、

助からないケースが多いと感じます。

1月中旬

凍害から1週間もすれば、ダメージ具合が把握できます。

今回のケースでは、8割ほどが枯れています。

・・・
・・

2021-春~冬
栽培記録

4月上旬 リスタート

生き残った「月の王子」。

21年度は、これで頑張ってもらいます。

植え直し(鉢増し)

まとめて、木箱へ植え直しです。

前のポットから土ごと持ってきたので、

ほとんど、新しい土は使っていません。

8月中旬

10月上旬 葉挿し

葉挿しに回せるくらい成長したので、

いくつかの葉を回収しました。

今回は、すべて失敗

状態としてはフレッシュで健康そうな感じでしたが、

今回はすべて失敗となりました。

ときには「成果なし」というケースもあります。

2月上旬

今年は凍害に注意して管理。

紅葉もいい感じです。

・・・
・・

スポンサーサイト




最終更新 2022 / 8

5月上旬 植替え

1年ほど育ててきましたが、追肥を行わなかったので…

ガツンと大きくはならず、5月になっても紅葉を保っています。

もっと大きくさせたい場合は、

事前に追肥をしておくのがオススメです。

7月中旬

8月下旬 一部、蒸れる

管理人の環境では、遮光は必須ですが…

たまたま、寒冷紗が届いていなかったのか?

いつの間にか直射日光を浴びたらしく、蒸れていました。

 追加購入

久しぶりにホームセンターで1ポット購入です。

入荷して間もなければ、どれも状態は抜群だと感じます。

ただ、既にガッツリと水やりされていたので、

ホムセンの環境では、徒長するペースも早いと思います。

・・・
・・

 この後の栽培は、繰り返し

月の王子(黄麗)のまとめとしまして…

今後も同じようなサイクルで育ちます。

増やしたい場合は「剪定」と「葉挿し」でOKです。

また、肥料を多めにして栽培すると、

背は伸びやすくなりますが、増やしやすい株に成長します。

性質では、寒さには強くないため、冬の管理には気を付けて栽培します。


パールフォンニュルンベルグ

だるま秋麗

関連記事

  1. つぶつぶ極小セダム「パープルヘイズ」を育てる

    この記事は、セダム属「パープルヘイズ」の栽培記録です。パープルに紅葉…

  2. 多肉界の桜「スプリングワンダー」を育てる

    この記事は、セダム属「スプリングワンダー」の栽培記録です。セダムのな…

  3. 爽やか系ハイブリッドセダム「春萌」を育てる

    この記事は、セダム属「春萌【はるもえ】」の栽培記録です。日本での流通…

  4. パウダー付き肉厚セダム「ロッティ」を育てる

    この記事は、セダム属「ロッティ」の栽培記録です。セダムには、様々なサ…

  5. 初心者のためのセダム「虹の玉・オーロラ」を育てる…

    この記事は、セダム属「虹の玉」の栽培記録です。「虹の玉」は、多肉植物…

  6. 多肉界の洋菊、イエロー系「サンライズマム」を育て…

    この記事は、セダム属「サンライズマム」の栽培記録です。名前の通り… …

  7. 【Vol.02】セダム属「虹の玉」の栽培記録

    この記事は、セダム属「虹の玉」の栽培記録【Vol.02】です。【Vo…

  8. 人気No.1セダム!?増やしやすい「乙女心」を育…

    この記事は、セダム属の「乙女心」の栽培記録です。英名は「ジェリー・ビ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト

サイト内 記事検索



PAGE TOP