爽やか系ハイブリッドセダム「春萌」を育てる

この記事は、セダム属「春萌【はるもえ】」の栽培記録です。

日本での流通名は、春萌…

海外では「アリス・エヴァンス」というネーミング。

ハイブリッドらしく、両親の特徴を受け継いだ爽やかグリーンのセダムです。

スポンサーサイト




基本情報

グループ ベンケイソウ科セダム属 生育期 春・秋
流通名 春萌 価格帯 300円前後
学名 Sedum ‘Alice Evans’ 栽培難易度 ★★☆
増やし方 挿し芽・葉挿し ネット販売 カクトロコヨシハラガーデン

 セダム間の交配種

春萌は「クラバツム」と「松の緑」の交配種です。

▲ Sedum clavatum x S.lucidum

春萌の艶観は、松の緑で…

爽やかなグリーンはクラバツムから引き継いだ感じがします。

 アプリコットドリーム(ス)と激似

Graptoveria ‘Apricot Dreams’

アプリコットドリーム(ス)は、多肉永遠さんのWebによると…

オーストラリアで作出されたグラプトベリアのようです。

 アプリコットドリームズ【多肉永遠】

正面から見たら、春萌として買ってしまいそうです。

 季節の変化

夏 5月~11月頃

一般的なセダムの夏色です。

どちらかというと…(父親の)松の緑よりの色をしています。

冬 10月~4月頃

あまり変わりませんが… 葉先に、ピンク色があらわれます。

また、栽培環境しだいで…

葉が(母親の)クラバツムのように黄色っぽくなるようです。

 春萌の耐寒性(個人調べ)

 「-5℃」くらいが限界

セーフティ -1℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -4℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ -5℃ -5℃を超えると凍結する可能性・大

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

スポンサーサイト




購入時の春萌

購入日:2019.2 / 250 円(7.5cm ポット)

冬に購入した、カクトロコさんの春萌。

春萌は、これくらいの(フォルムの)バランスが理想的です。

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
 カクトロコ
 ヨシハラガーデン

 購入から約1年後の比較

 病気にかかり、大幅にサイズダウン。 芽は増える。

再購入したほうが早いのですが、

購入時の大きさまで戻るよう栽培中です。

栽培メモ

❶ 整ったロゼットに育てるのは、難しいタイプ

左:キレイ / 右:微妙

普通に育てるのは、たいして難しくないと思いますが…

葉の大きさや、バランスが整ったロゼットに育てるのは…

意外と難しい品種だと思います。

❷ 徒長もしやすい

▲ 適さない環境で育てられた状態

これは、かなり酷いパターンですが…

自宅での栽培も、注意しないとスグに伸びてしまいます。

栽培記録

スポンサーサイト




2018-冬/栽培記録

2月下旬 春萌を購入

カクトロコ(7.5cm ポット) / 250 円

園芸店で購入した春萌。

紅葉シーズンですが… 未紅葉のようです。

まだ、肥料が効いていると思われるので、来年の冬に紅葉も確認していきます。

 

初回の冬は、室内管理

日中は屋外で、夜間は室内へ移動させていたので、

初回の冬は… 凍結とは無縁でした。

春萌は、それほど耐寒性は強くはありませんが、

-3℃くらいなら、屋外でも大丈夫です。

2019-春・夏/栽培記録

  • 春 / 葉挿し
  • 夏 / 梅雨&夏越し

春 シーズン / 2019

4月下旬 早くも… 最高の状態

元々の状態がよかったので、

春になって、早くも完成形になりました。

葉が引き締まって、ロゼットのバランスもよい状態です。

 葉挿しの様子

▲ 0/4で不発

今回は、すべて不発でしたが…

成功率は50%ほどは… あると思います。

夏 シーズン / 2019

7月下旬 怪しい雰囲気が漂う

梅雨明けの7月下旬になりました。

徒長もなく… 見た目は、元気に育っています。

下の葉の枯れるスピードが、早くなってきた様子…

なんとなくですが…

「下の葉の枯れるスピードが、早くなってきたかな~」と感じていました。

8月下旬 斑点病に気付く

前回から1ヵ月が経ち、8月末になりました。

葉が枯れるスピードは増して、次々と落葉していきます。

褐色の点々があらわれる斑点病

▲ 斑点病の初期症状

斑点病とは…

下の葉から、褐色の点々があらわれ落葉する病気です。

放置すると、上の葉に感染が拡大します。

 斑点病は、発病させないことが大切

初期の段階までに…

ベニカXスプレーなどの殺菌剤を散布すれば、

被害の拡大を抑えられるかもしれません。

斑点病の葉を、除去

だいぶ寂しい姿になってしまいましたが…

感染した葉を取り除き、様子を見てみます。

 梅雨&夏 の管理はセオリー通り

  • 遮光50%(※ 梅雨入り~)
  • 風通しのよい場所で
  • 水やりの回数は控えめ(※ 多肉の様子を見て判断)
  • 殺虫・殺菌剤の散布(※ 散布しておくのが無難)

春萌は、徒長しやすいので、

梅雨入りから、水やりは控えます。

また、水やりは… 肉厚なセダムのため、葉にシワがよってからでも十分に間に合います。

害虫より病気に注意

アブラムシ、カイガラムシといった害虫は見られませんでした。

斑点や黒点といった病気は、梅雨入りから感染してしまう可能性があるので、

ベニカなどの殺虫・殺菌剤の散布がおすすめです。

スポンサーサイト




2019-秋/栽培記録

  • 植替え・葉挿し
  • 胴切り

10月上旬 斑点病… とまらず

感染がとまらず、上へ上へと被害が拡大します。

葉挿しもダメ

▲ 夏に取り除いた葉

病気にかかると…

葉挿しの成功率は、極端に低下します。

9月下旬 植替えを試す

▲ 根っこは、元気そうですが…

当時は、この褐色の点々が「何の病気なのか?」

見当が付かず、色々と試していました。

土の中に害虫が潜んでいるかと思いましたが、

病気なので… ダニなどの害虫は関係ありません。

新しい土で、出直し

新しい培養土で、様子を観ていきます。

10月上旬 さらに… 悪化

▲ 落葉しながら、上へと感染が拡大中

これは… もう完全にヤラれているようです。

止まる気配がありません。

「胴切り」してみた

そろそろ、諦め時かと思い…

最後に「胴切り」を試してみます。

カットした穂には、ほとんど葉が無くなってしまいました。

殺菌剤も使ってみる

今更ですが… 殺菌剤も散布しておきました。

 殺菌剤は、春から散布して予防するのがおすすめです。

 葉挿しは、奇形に…

感染した葉を観察していましたが…

奇形のような芽がでてきました。

 その後は、未発根のため廃棄です。

11月上旬 復活… 芽がでる

以外にも… 枯れると思っていた短い幹から、

新芽がでてきました。

おそらく… 気温が低下して病原菌が弱ってきたからだと思います。

もしくは、病原菌が上っていったおかげで、

下の幹から、菌がいなくなったのでしょうか…?

 カットした穂は、ご永眠

期待していたのは、カットした穂だったのですが…

発根もせず、衰弱してご永眠となりました。

1寸サイズの春萌を追加購入

▲ 150円 3cm ポット

園芸店で、カクトロコさんのミニ苗を追加購入です。

自立しにくいので、植替え

風で倒れやすいので…

そのまま、7.5cm ポットへ移動。

2ポットで、冬へ…

購入から、だんだんと小さくなっていく春萌。

多肉植物を育ていれば、まあまあ… あることです。

2019-冬/栽培記録

  • 葉焼け
  • 耐寒性チェック
  • 凍結でダメージ

12月上旬 「葉焼け」させる

▲ 葉焼けで、色が悪くなった芽

もう12月ですが… まさかの、葉焼けでダメージを負いました。

小さな芽にとって、急な直射日光は侮れません。

 耐寒性チェック

山梨県の冬の寒さで、春萌の耐寒性をチェックします。

  • 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
  • なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
  • 年間を通して屋外管理の多肉です。
-4℃くらいは… セーフ

▲ 葉焼けのダメージから回復

1月は、-4℃まで下がることが度々ありましたが、

春萌は、葉が痛むことなく育っています。

また、小さな新芽も大丈夫なようです。

2月中旬 -7℃ を記録した日に… 一部凍結

▲ 凍結した下の葉が、まだら模様に…

▲ 災難つづきの春萌さん

全損しなかったのが幸いでしたが、

-7℃は、厳しかったようで… 下の葉が凍結してしまいました。

屋外なら、-5℃くらいが限界のようです。

春萌… 凍結の目安

 -5℃くらいが限界

セーフティ -1℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -4℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ -5℃ -5℃を超えると凍結する可能性・大

※ 上記の情報は、目安としてお考えください。

スポンサーサイト




2020-春・夏/栽培記録

  • 春 / 順調に回復
  • 夏 / 斑点病は、再発せず

春 シーズン / 2020

月下旬 順調に回復

その後… 凍結からは持ちこたえ、

傷の痕は残っていますが、だんだんと大きく育っています。

追加購入の春萌も、順調

こちらも、凍結の痕が残っていますが、

順調に成長しています。

脇芽も登場

最初に購入した春萌では、見られなかった脇芽ですが…

追加購入した春萌では、ここにきて登場です。

5月中旬 春の成長

葉の枚数も増えて、

より春萌らしい姿に成長中です。

夏 シーズン / 2020

7月上旬 今年は、斑点病にならず

今年は、適度に殺菌剤を散布した効果があったのか…

斑点病を発病することはありませんでした。

今回、使用していた殺菌剤はベニカ

定番の、殺虫・殺菌剤ベニカXスプレーです。

 再発の可能性もあるので、予防は大切

別のセダムは、再発したので…

念を入れて、殺菌剤の散布がおすすめです。

8月中旬 もう、大丈夫そうな感じ

まだまだ、暑い日が続きますが…

この時期までくれば、ひとまず安心できそうです。

最終更新 2020.8

スポンサーサイト




フォルムは、いまいちな感じ

徒長せずにズングリなのは、よいのですが…

葉のバランスが悪く、とっ散らかっている様子です。

こればかりは、どうしようもないので… 秋に期待したいと思います。

 To Be Continued


紫色のパキフィツム「紫麗殿」を育てる

木立性つぶつぶ多肉 ベビーフィンガーを育てる

関連記事

  1. パウダー付き肉厚セダム「ロッティ」を育てる

    この記事は、セダム属「ロッティ」の栽培記録です。セダムには、様々なサ…

  2. 人気No.1セダム!?増やしやすい「乙女心」を育…

    この記事は、セダム属の「乙女心」の栽培記録です。英名は「ジェリー・ビ…

  3. 初心者のためのセダム「虹の玉・オーロラ」を育てる…

    この記事は、セダム属「虹の玉」の栽培記録です。「虹の玉」は、多肉植物…

  4. 黄色いセダム「月の王子(黄麗)」を育てる

    この記事は、多肉初心者が育てるセダム属「月の王子(黄麗)」の栽培日記です。…

  5. 多肉界の洋菊、イエロー系「サンライズマム」を育て…

    この記事は、セダム属「サンライズマム」の栽培記録です。名前の通り… …

  6. 【Vol.02】セダム属「虹の玉」の栽培記録

    この記事は、セダム属「虹の玉」の栽培記録【Vol.02】です。【Vo…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP