【耐寒性は強~弱】エケベリア交配種の特性

この記事では、多肉植物の耐寒性シリーズとして、

「エケベリア属の交配種」を紹介します。

交配種は、寒さに強いタイプもあれば、弱いタイプもあります。

その理由は「耐寒性は親から遺伝するから」なのですが、

詳しい内容は続きをご覧ください。

原種の耐寒性はこちら

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 交配種の法則

エケベリアの交配種は、国内外に問わず個人でも作れ、

また、品種登録もされないことから、膨大な数が流通しています。

そんな交配種の耐寒性は、どうやって知るのでしょうか?

解決法は「原種」を覚えること

原種とは、各地で自生している在来種や、

交配されていない種になります。

エケベリアでは「アガボイデス」や「コロラータ」などがメジャーとなり、

原種だけあって、フォルムや葉色の特徴が目立ちます。

種類はそれほど多くはない

原種ですので、それほど種類は多くなく、

さらに、日本で流通している原種に限定すると数は限られます。

 原種の耐寒性を引き継ぐ

原種を知れば、なぜ「交配種の耐寒性」を知れるのかというと…

親になる原種が、寒さに弱い性質を持っていると、

交配種にも、その性質が遺伝する傾向にあるからです。

組合せは3パターン
  1. 強い原種 × 強い原種 = 強い交配種
  2. 強い原種 × 弱い原種 = 弱い交配種
  3. 弱い原種 × 弱い原種 = 弱い交配種

ポイントとしては、寒さに強い原種と…

寒さに弱い原種の組合せでは、

「寒さに弱い交配種」が誕生しやすくなります。

特に注意したい原種

▲ パリダ

▲ ラウイ

寒さに弱い原種はいくつかありますが、

その中でも最弱と感じるのが「パリダ」です。

2番手は複数あるのですが、

親としても大活躍している「ラウイ」を優先したいと思います。

この2つの原種だけでも覚えておく

ひとまず、この2つの原種のフォルムや葉色、雰囲気を覚えておけば、

山のようにある交配種でも…

「これ、ヤバそうなやつかも~」と気付けるようになります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 弱い交配種の事例

寒さに弱い原種が、寒さに弱い交配種の元になり、

パリダとラウイが、その代表格と紹介しましたが、

この項目では、実際に交配種を観ていきます。

アーリーライト

詳細は不明ですが、葉色が異なるだけで…

パリダの交配種だと思われます。

ダメージの様子

耐寒性はパリダと同じで最弱です。

-3℃は要警戒となり、

-5℃では再生不能な状態に陥りやすいと感じます。

ピーチプリデ

こちらも詳細は不明ですが、パリダのような葉色と…

葉のフォルムをしています。

ダメージの様子

ピーチプリデも「-5℃」まで…

下がってしまうと厳しいかと思います。

パンジー

パンジーも詳細は不明ですが、

冬になってもグリーンが残るエケベリアには注意します。

ダメージの様子

エケベリアの種類によっては、

凍害(低温障害)によって、ピンクっぽく変色するケースもあります。

・・・
・・

白鳳

白鳳は「ラウイ」と「パリダ」の交配種となり…

寒さに弱い原種トップ2での交配です。

もちろん、寒さに弱い交配種となっています。

ダメージの様子

同様に「-5℃」まで下がると厳しい感じです。

シャンペーン

ラウイ&アガボイデスとの交配といわれており、

初見ではアガボイデスっぽく見えて、寒さに強そうな感じですが、

意外と弱く、強烈な寒さには耐えられません。

ダメージの様子

アガボイデスは寒さに強い原種ですが、

ラウイは弱いので、こんな感じになってしまいます。

また、シャンペーンには複数の色違いが有り、

個体差や環境の違いによって、ダメージが異なる場合もよくあります。

アイスグリーン

ラウイ&エレガンスの交配種といわれています。

こちらも初見ではラウイっぽさを感じず、

寒さに強そうなタイプに見えるかもしれません。

ダメージの様子

シャンペーンの事例と同様に、エレガンスは寒さに強い原種ですが、

ラウイが混ざると弱くなってしまいます。

ラウリンゼ

ラウリンゼは「コロラータ(リンゼアナ)」の交配種。

モンローやラウィータという交配種も同様です。

ダメージの様子

1度の凍害で、完全に枯れてしまうことは稀かと思いますが、

ラウイと同様に、ダメージを負うと葉が変形しやすくなります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 補足【4選】

最も警戒したのはパリダとラウイの交配種になりますが、

その次としては、カンテ、セクンダ、

デスメチアナ&サブセシリス、ミニマの交配種になります。

葉のダメージが目立つ

特徴としては、葉が薄い原種が多いため…

外側の葉が枯れやすく、目立ちやすいのが難点です。

耐寒性としては、ラウイの交配種と同様で…

パリダの交配種よりは強く感じます。

寒さで見た目が悪くなるタイプ

寒さに弱いといえば弱いのですが、

見た目が悪くなるだけで、完全に枯死する可能性は低いと感じます。

(※ 最低気温によって異なる)

アフターグロー

▲ before

▲ after

カンテ&シャビアナの交配種。

見た目はカンテの紫色バージョンです。

ピンキー

▲ before

▲ after

こちらもカンテ&シャビアナの交配種。

アフターグローよりシャビアナっぽさを感じます。

ネオンブレーカーズ

▲ before

▲ after

こちらもカンテ&シャビアナの交配種らしいです。

ちなみにシャビアナは、葉が薄めの原種ですが…

寒さに強く、あまり外葉の枯れが目立ちません。

・・・
・・

ブルーヘロン

▲ before

▲ after

サブセシリスとシャビアナの交配種。

そこまでのダメージはなく、外葉の1周分といった感じです。

ブルーバード

▲ before

▲ after

デスメチアナとコロラータの交配種。

コロラータ自体は、寒さに強く無傷でしたが、

ブルーバードは、ダメージを負いやすく感じます。

ブルーアイス

▲ before

▲ after

詳細は不明ですが、デスメチアナっぽさを感じます。

こちらは完全に枯れさせてしまいました。

・・・
・・

七福神

▲ before

▲ after

詳細は不明ですが、有名なセクンダに関係したエケベリア。

厳しい寒さでは、外葉の傷みが目立ちます。

ツナミ

▲ before

▲ after

こちらも詳細は不明ですが、

セクンダの交配種になるかと思います。

・・・
・・

ブルーミニマ

▲ before

▲ after

詳細不明のミニマ交配種。

ミニマと同様に注意したいタイプです。

ホワイトミニマ

▲ before

▲ after

こちらも詳細不明のミニマ交配種。

ブルーミニマと同様に注意します。

・・・
・・

まとめ】注意したい交配種は少なめ

この記事の内容だけですと、なんだか…

寒さに弱いエケベリアが多そうな感じですが、

実際には、寒さに強い交配種が多数を占めており、

感覚的には1:9くらいの割合です。

それは、寒さに強い原種での交配が人気で、自然と数も作られるからです。

知っておいて損はなし

交配種の紹介は以上となりますが、これが全てではありません。

管理人が栽培していない交配種は、他にも有りますし、

これから先も新品種が流通していきます。

そのため、寒さに弱い原種の特徴を…

覚えておくほうが、寒さで多肉を枯らすリスクを軽減できます。

原種の耐寒性はこちら

冬越しの基本と注意点は、こちら

・・・
・・


【寒さに強い】原種エケベリア(15種)

爽やかハイブリッドセダム「春萌」を育てる

関連記事

  1. 【耐寒性は強~弱】セダム属の原種&交配種

    今回の耐寒性は、セダム属をピックアップします。セダムには寒さに強く、…

  2. 【耐寒性】セデベリア、グラプトベリア、パキベリア…

    この記事では、多肉植物の耐寒性シリーズとして、下記の3グループをピッ…

  3. 【寒さに強い】原種エケベリア(15種)

    この記事では、多肉植物の耐寒性シリーズとして、「寒さに強い原種のエケ…

  4. 【寒さに弱い】原種エケベリア(13種)

    この記事では、多肉植物の耐寒性シリーズとして、「寒さに弱い原種のエケ…

  5. 【耐寒性】グラプトペタルム、グラプトセダム、パキ…

    この記事では、多肉植物の耐寒性シリーズとして、下記の3グループをピッ…

  6. 【多肉植物】寒さに弱いグループの耐寒性

    この記事では、多肉植物の耐寒性シリーズとして、下記の4グループをピッ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP