【冬越しの基本】多肉の耐寒性と屋外管理の注意点

この記事では多肉植物を対象とした…

冬の管理方法(冬越し)のついて紹介します。

多肉は植物は中では、寒さに強いタイプが多く…

管理しやすい傾向ですが、

氷点下を超える気温には、注意しながら管理する必要があります。

 記事の概要

  • すべての多肉を屋外管理することは厳しい
  • 寒さに弱い多肉は「-3℃」が限界ライン
  • 屋外で冬越ししたいなら屋内化
  • 安全なのは室内への移動
 ポイント

多肉植物には、寒さに強いタイプもあれば…

弱いタイプも有り、また凍害は外気温にも大きく左右されます。

そのため、常に屋外で管理することは難しく、

それでも屋外で管理したい場合は、相応の防寒対策が求められます。

ですが、その対策も慣れや手間を必要としますので、

最初の1年目の冬は、氷点下の時間帯は室内への移動がベストとなります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 耐寒性は「-3℃」

観葉植物に比べると、寒さに強い多肉ですが、

それでも氷点下になると、凍害を起こす多肉が少しづつあらわれ…

-5℃ともなると、凍結させて多肉を失ってしまうシーズンにもなります。

 冬の屋外管理は難しい

管理の手間を考えると、常に屋外で管理したいところですが、

多くの多肉植物を対象とすると、

屋外に置きっぱなしの管理は、かなり厳しい条件となります。

それは、寒さに弱い多肉では…

-3℃より下がると、大なり小なりの凍害に遭ってしまうからです。

多肉植物は、凍結させると1発でアウト

▲ 再生不能な状態【虹の玉】

耐寒性は多肉植物の種類によって異なりますが、

もし芯まで凍らせてしまうと、完全に枯れてしまいます。

多年草のように、春になっても新芽は伸びません。

 2つの過信に注意

冬越しの対策としては「防寒施設の構築」と…

「多肉自体の耐寒性を上げる」2つの方法があります。

ここで注意して頂きたいのは、後者のほうで…

過信すると凍って全滅してしまいます。

1 水を切っても凍害に遭う

多肉自体の耐寒性を上げる対策として、

水を切って、水分量を減らす手段が有効です。

ただ、それにも限度があります。

例えば、寒さに弱いタイプの多肉で…

水を切りまくっても、-10℃になってしまったら終わりです。

品種によって、耐寒性のベースは決まっていますので、

対応できない気温まで下がると、

どんなに水を切っていても、凍結して枯れてしまいます。

2 「凍結 ⇒ 解凍」を前提で管理する

▲ before(アエオニウム属)

▲ after

多肉植物は凍ってもダメージを負わず…

元に戻るケースがありますが、

それは、寒さに強いエケベリアなどに限定されています。

凍っても表面上のみで、内部の細胞までは凍らないためです。

多肉植物には様々な種類があるため、

どれもエケベリア感覚で対処すると、一撃(一晩)で逝ってしまいます。

凍結後の対処法

凍結させた場合、その後の対処や…

状態の変化については、こちらの記事をご覧ください。

 -3℃までは耐える(条件あり)

多肉自体の耐寒性の話になりますが、

最も寒さに弱い多肉植物でも…

「-3℃までは無傷」で耐えてくれると感じます。

それより下がっても、すぐに枯れてしまうことはありませんが、

無傷では済まず、下がれば下がるほど…

大きなダメージを負い、-7℃では枯死の可能性が非常に高いと思います。

条件が有ります

-3℃でも耐えてくれますが、重要な条件もありますので、

次の項目「屋外での冬越し条件」をご覧ください。

「-3℃」の根拠

では、なぜ「-3℃」までかというと、

それは個人的に、様々な多肉を氷点下の環境に置いて…

凍害の様子を観察した結果、

「-3℃までなら、どの多肉でも大丈夫かな~」と思ったからです。

水やり後でも、購入したばかりの苗でも同じ

こちらも経験談ですが、たっぷりの水やり後でも、

購入したばかりの苗でも変わりません。

ひとまず、-3℃までを目安にして、

もし心配なら「-1℃」までに抑えてください。

 注意ポイント

注意して頂きたいのは「-3℃」というのは、

天気予報の最低気温ではなく、実際の現場の気温です。

現場とは、多肉が置かれている場所の気温になるため、

温度計を設置しないと確認できません。

(※ 最高・最低温度計は必需品です)

天気予報と、実際の場所の気温には差がある

天気予報は目安ですので、もちろん差はでます。

-3℃予報でも、-5℃まで下がっていたら…

寒さに弱い多肉は、そこそこのダメージを負ってしまいます。

ズレの無い日もありますが、

念のため、予報より「-2℃」を多く見積もっておいたほうが無難です。

弱い多肉の基準

ところで「寒さに弱い・強いの基準って何ですか?」というと、

個人的に「弱い多肉」と区別する基準は、

-3℃より下がった際の「ダメージの有無」です。

枯死ではなく、ダメージの有無で判断

「弱い = 枯死」ではなく、

枯れないまでも、葉が変色してしまったり、

葉先が枯れた状態を対象としています。

 厳密に「-3℃」ではない

例えば、-3℃を少しでも超えると、傷んだり枯れてしまう訳ではなく、

数少ないイレギュラーも含めると…

「-3 ~ -5℃」の間で、大なり小なりのダメージを負います。

特に、葉の薄い一部のエケベリアでは、

-3℃以下から、外葉の先端が枯れるケースがみられます。

トータルすると「-3℃」まで大丈夫

 強い多肉の基準

反対に、強い多肉として扱っているは…

こちらも個人的な判断となりますが、

-5℃まで下がっても、ほぼ無傷でいられる多肉です。

もうちょっと頑張って、-7℃くらい大丈夫かと思います。

-10℃越えは、止めたほうが無難

寒冷地のエリアでは、もっと下がりますが、

寒さに強い桃太郎などでも、

-10℃を超える場所での管理は、避けたほうが無難かと思います。

【補足】超絶・強いのはセンペルビウム属など

補足として、-10℃より下がってもOKなのが、

とても寒さに強いセンペルビウム属や…

ミセバヤなどの、冬場に地上部が枯れるタイプの多肉です。

 耐寒性リスト

様々な多肉を育てると、それに合わせて防寒対策も調整できますが、

初心者の方にとっては、かなり難しいため…

個人調べになりますが、グループ別の耐寒性のリストを公開しています。

 グループ別の耐寒性・一覧

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 屋外での冬越し条件

先の項目で「-3℃」までなら…

「どんな多肉でも耐えられる」と書きましたが、

1つだけ重要な条件を加えなければなりません。

 「霜の吹込み」対策が必要

▲ 日中の状態

▲ 夜間はプチプチ+シートで対策

ポイントとしては「-3℃」といっても…

野ざらし状態ではなく、

霜の吹込みから多肉をガードできることが条件になります。

霜(風)を通さない状態で「-3℃」

管理人の環境は、小屋っぽくなっていますが、

規模に関係なく、例えば発泡スチロールの中でもよいので、

すきま風が入らない状態で「-3℃」までと判断しています。

野ざらしの「-3℃」ではなく、四方を囲まれた状態で「-3℃」です。

(※ この違いは重要です)

野ざらしなら、-1℃予報から警戒

▲ 霜が当たった症状

▲ 霜が当たった部分だけ不自然に傷む

直接、霜が当たる野ざらしの状態では、

天気予報が「-1℃」だったら、警戒しておくのが無難です。

-1℃で全滅することはありませんが、

霜に当たると傷む可能性があるためです。

気温次第で、雪は大丈夫

話は少し外れますが、最低気温「-3℃+霜」はダメでも…

最低気温「0℃+雪」は大丈夫です。

ポイントとして、冬越しで注視するのは…

「最低気温」と「霜の有無」になります。

 冬越しで大切な考え方

屋外で多肉を冬越しするなら、

「プチプチで覆ったら、もうOK!」では不十分となります。

その理由は、凍害のダメージは…

外気温(最低気温)に大きく影響されるからです。

最低気温の把握が重要

例えば「-10℃」なら、シート1枚を覆っただけでは…

何の役にも立たず、あっという間に凍ってしまいます。

上の写真のように、園芸用のシートを…

1枚だけ覆っても、すぐに外気温と同じになります。

(※ 霜の対策しては機能します)

対策した場所は、何℃になる?

重要なのは「シートで覆えば安全」という考え方ではなく、

防寒対策をした場所は、いったい何℃なのか?」です。

翌朝、温度計をチェックして「-3℃」までに抑えられていたら、

ほぼ凍害は発生していないと判断できます。

 実質、室内化すること

まとめとしまして、どんな多肉でも…

100%凍害から守れる防寒対策としては、

低温&霜の吹込みを防げる、室内のような環境をつくることになります。

野ざらしの状態では凍害に遭いやすいため、

結局は屋外でも、屋内のような環境を構築する必要があります。

多肉を増やすほど、比例して管理の手間は増大

多肉の数が増えれば、対策するスペースは広がり、

使用するシートなどの資材も増加します。

さらに、準寒冷地や寒冷地にお住まいの方なら、

最低気温に応じて、シートを3重4重で覆うことも必須です。

 覆いっぱなしは、超・危険

また、覆ったら終わりではなく、

陽が昇ったら、今度はシートを外さなければなりません。

覆いっぱなしでは、冬でも内部が40℃近くまで上昇するからです。

(※ 透明な素材を使っている場合)

この状態は、とても危険で…

陽当たりで放置すると、2月でも夏のように蒸れた多肉が続出します。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 屋内への移動が安全

気温に関わらず、最も確実で安心な方法は…

0℃以上の室内へ移動させることです。

移動の手間はかかりますが、凍結で多肉を失う心配はありません。

 冬越しで悩む必要は無し

室内へと移動させれば、凍結の心配は無くなります。

また管理方法としては、秋の延長となり…

水やりも好きなタイミングで、たっぷり与えても問題なしです。

ルーチンワークは仕方ない

室内へ移動させた場合は「翌朝に外への移動」とセットになります。

(外への移動はサボってもOK)

そのため、毎日のローテーションが発生しますが、

それも管理作業の1つとなります。

 日中は陽に当て、寒さにさらす

多肉植物といえば、紅葉が楽しみの1つです。

鮮やかに紅葉させるには…

適度な陽当りと寒暖差が必要なので、

外が0℃以上なら、日中の屋外で管理します。

移動させるタイミング

まず、室内へ移動するタイミングになりますが…

日没後や帰宅後でOKです。

また、氷点下になるまで待っても大丈夫です。

多肉の「しまい忘れ」には要注意

 室内のスペースも確保する

室内へ移動させる場合は、室内にもスペースを確保する必要があります。

毎日、出し入れしても苦痛にならない量が…

楽しく管理できる目安となります。

翌日になったら、再び外へ

早朝でも「0℃」近くまで、気温が上がっていれば心配ありません。

曇り・雨の日もあると思いますので、

その場合は、そのまま室内でOKです。

・・・
・・

◆ まとめ

最後にまとめますと、

室内へ移動できる環境の方なら、冬越しは簡単です。

凍害のリスクはありませんので、

好きな時にたっぷりと水を与えて管理できます。

 屋外管理は失敗しやすい

凍害で多肉を失ってしまう理由は、

屋外管理での防寒対策不足です。

最低気温によって、防寒具合を見極めないと…

たった1日で深刻なダメージを負ってしまいます。

温度計は必需品

アナログでもデジタルでも構いませんので、

多肉周辺の気温をチェックできる…

最高・最低温度計を使い、当日の最低気温を把握することが重要です。

 -3℃を区別する

多くの多肉植物は、屋外管理でも…

-3℃までなら凍害のリスクは少ないと感じます。

ただ、天気予報の「-3℃」ではなく、

さらに、野ざらしの「-3℃」でもありません。

全体をシートなどで囲まれた、室内のような環境で「-3℃」です。

霜に当たると、傷む可能性が高いから

四方八方を囲む理由は、霜から多肉を守るためです。

-3℃に耐えられても、そこに霜が加わると…

ダメージを負ってしまう可能性があります。

寒さに強い多肉でも、霜を避けたほうが無難です。

 成功の秘訣は「温度管理」

防寒対策や使う資材は人それぞれになりますが、

肝心なことは「防寒対策として機能しているか?」です。

大寒波が襲ってきても…

耐えられるように作っておかないと、

管理する多肉によっては、どれも大ダメージを負ってしまいます。

準寒冷地、寒冷地のエリアは特に注意

準寒冷地、寒冷地にお住いの方なら、

シート1枚を覆うだけでは、まったく凍害を防げません。

気温に応じて、3枚…4枚…5枚と重ねて掛けし、

内部の気温をキープすることで、はじめて凍害から多肉を守れます。

 1年目は屋内へ移動しよう

最後になりますが、多肉の冬越しを…

初年度から屋外で行うのは、かなりリスキーです。

最初はまだ、多肉の数も多くはないと思いますので、

1年目の冬越しは室内に移動して、栽培経験を蓄えるのが得策です。

多肉の耐寒性を知ると、ある程度はコントロール可能

多肉植物には、種類によって耐寒性が異なります。

自宅で管理している、多肉の耐寒性を区別できれば、

屋外と室内で分散することも可能ですので、

覚えておくと、屋外管理も行いやすくなります。

 グループ別の耐寒性・一覧

・・・
・・


紅日傘{バイカラー}

【保温力を調査】プチプチの使用と最低気温の関係

関連記事

  1. 【冬・仕様】ブログ管理人の環境づくり

    この記事では…ブログ管理人の環境づくり【冬・仕様】と、管理場…

  2. 【重度の凍害】多肉が再生するまでの流れ

    この記事では、凍結で重度のダメージを負った…多肉植物の再生方法を紹介…

  3. 【参考】ビニール温室…購入前の注意点

    この記事では… 多肉植物の「冬越し」を目的とした、市販の「ビニール温…

  4. 【保温力を調査】プチプチの使用と最低気温の関係

    この記事では、多肉植物などの防寒対策として使われる…プチプチや防水シ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP