【冬・仕様】ブログ管理人の環境づくり

この記事では…

ブログ管理人の環境づくり【冬・仕様】と、

管理場所の気温・水やりなどを紹介します。

また、参考としまして…

ストーブを使用した実例も、合せて掲載します。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 外観の様子

小屋を造り、その中に多肉植物を収めています。

細部は、だいぶ雑ですが…

そこそこの断熱効果は保てています。

小屋のサイズ

奥行:260 cm
幅 :180 cm
高さ:100 cm

 夏仕様の状態は、こちら

 冬は、3つの形態で管理

冬の場合では… 屋根付きの小屋であっても、

夜間は氷点下になるので、

3つの形態で対応しています。

❶ 夜間モード

日中に撮影していますが…

冷え込みが厳しくなる、夜から朝までの状態です。

全面をシートなどで覆い、

なるべく外気を遮断し、内部の保温に努めています。

 断熱材は、2種類

断熱材として… 市販の「ビニールシート」と、

「ポリカーボネート」という板を使用しています。

前者はハメ殺し状態で… 後者は、取り外しが可能です。

断熱材の詳細は、こちら

ビニールシートは、0.1mm の薄いタイプ。

これでも、しっかりと止めていれば、

並の突風くらいでは破れません。


ポリカーボネートは、プラダンに似ていますが、

耐候性があり… 陽に当てて続けてもOKです。

プラダンは耐候性が弱く、屋外では砕けやすくなります。

(実際のサイズは、1820mm × 910mm)

 ホームセンターでも購入できる普通の商品です

保温効果・最低気温

最低気温は、小屋の内外で異なるので、

冬季の気温帯を、それぞれ紹介します。

  最低:気温帯
❶ 外側 0℃ ~ -6℃
❷ 内側 1℃ ~ -3℃
 小屋の断熱効果は、約3℃

外の最低気温が「-5℃」の場合…

内部は「-2℃」になっており、

平均して、約3℃の保温が効いています。

現状… 寒波以外の日では、小屋の保温だけで凍結を防げています。

・・・
・・

スポンサーサイト




❷ 日中モード

7時を過ぎれば、凍結の心配はないので…

扉にしているポリカーボネートを外します。

1日中…「雨 or くもり」の場合は、閉めっ放しです。

収納していた多肉を、スライド展開

ひな壇の空きスペースも、できる限り活用し、

多肉植物を詰め込んでいます。

 夜間モードから、日中モードへの移行は2分ほどで完了

❸ 寒波モード

▲ 撮影の為、ポリカ(扉)は外しています

強烈な寒波がやってくると…

外気の遮断だけでは、危険な場合もあるので、

内部に仕込んだストーブを使用します。

電池で点火できるタイプ

電池で点火できる、電源不要のストーブです。

細かな機能は付いていないので、

バッテリー式のサーキュレーターで空気を拡散させています。

照明の機能もあり、そこそこ重宝します。

・・・
・・

◆ ストーブの稼働状況

 冬季の使用回数

  日数 / 1ヶ月 時間 / 1日
● 12月 3日 1.5 ~ 4時間
●  1月 6日 1.5 ~ 4時間
●  2月 6日 1.5 ~ 4時間

管理人の小屋の場合では、

ストーブの出番は少な目で…

12月~2月の期間でも、15回前後の稼働となります。

 灯油代は3ヶ月間のトータルで「2,000円」ほど

使用する時間・時間帯

「21時 ~ 25時」の間で「1.5 ~ 4時間」。

2時間ほどの使用が多く、

寒さが厳しそうな雰囲気では… 4時間の稼働となります。

できたら… 3時前後に使いたい

理想の使用時間は、3時前後になりますが、

早起きは、ちょっと厳しいので…

寝る前に使って、朝まで耐えてもらいます。

もし… 22時くらいで「-2℃」まで下がっていたら、

夜から朝まで、付けっ放しにすると思います。

 ストーブの効果(事例)

時間 内気温 外気温
21:00 1 ℃ -3 ℃
 1:00 7 ℃ -4 ℃
 3:10 1 ℃ -4 ℃
 3:50 0 ℃ -4 ℃
 6:50 -2.2 ℃ -5 ℃

21時にストーブを点火して、4時間後の1時に消化。

4時間の連続使用で「6℃」上昇。

 ストーブと温度計の距離は、2.5m

状況によって、大きく異なる

上のデータは、一つの例になります。

小屋のサイズやストーブの出力…

外気温よっても、大きく気温は変動します。

気温差が多いと、気温の低下も早い

今回は4時間かけて、6℃上昇させましたが、

消化後、2時間で戻っています。

「0℃」付近まで下がると…

外気温との差が縮めるため、気温の低下は鈍ります。

そして、最低気温「-2.2℃」で落ち着きますが、

外気温が「-5℃」なので、小屋自体の保温効果だと思われます。

天気予報や、夜の気温を参考に稼働させる

この日は「-7℃」の予報でしたが、

実際は、そこまで下がらず「-5℃」でした。

結果論になりますが…

ストーブを使用しなくても、凍結する可能性は低かったと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




【まとめ】どこまで、栽培を広げるか?

基本的に… 冬の間は、室内に移動させたほうが確実です。

ですが、多肉を増やしたら…

屋外管理に移行せざるを得えません。

そうなると… 今度は、凍害などの悩みが生まれてきます。

屋外管理のポイントは
「-3℃」までを死守する事

▲ 最低気温は「-2.7℃」

上のグラフは、小屋内部の…1日毎の温度変化です。

寒さに弱い多肉も含まれている為、

「-3℃」より下がらないよう注意しています。

もし「-4℃…-5℃」まで下がると、

寒さに弱めの品種は、高確率でダメージを負います。

どんな多肉も凍結させたくない場合は、

-3℃までに抑えることが重要となります。

 エケベリア属の多くは「-5℃」でも耐えられます

屋外管理には、準備が必要

実際… 最低気温を「-3℃」までに抑えるには、

保温が効く小屋を造ったり、

ビニール温室を購入するしかありません。

それでも厳しいことがあるので…

絶対に凍結させたくない場合は、ストーブも必要になってきます。

時間や資金、付き合い方と相談して進める

多肉の管理は、数が増えると大変です。

「それでも大丈夫」という人は…

屋外管理も含め、色々とチャレンジして頂き、

「手間なく奇麗に育てたい」という人は…

設備に投資するか、

少数精鋭を目指すのがベストかと思います。

・・・
・・

◆ 陽当たり / 水やり

多肉の置き場所によって異なりますが、

晴天での1日で…

5時間 ~ 7時間ほどの日照になります。

4時間ほどあれば、紅葉の条件を満たす

4時間ほどの陽当たりなら、

どんな多肉でも、

紅葉する為の日照時間は足りると感じます。

 遮光具合

12月~3月ほどは、遮光0%です。

屋根の下では、ポリカのぶんで、少し遮光される程度となります。

夏との比較

遮光を行う必要はないので、

寒冷紗などの、遮光グッズは取り外しています。

 夏仕様の状態は、こちら

 水やりは、10日に1回ほど

日照時間や、苗のサイズによって異なりますが、

7日 ~ 14日に1回、たっぷりと与えています。

葉挿し苗や、陽当たりが特に良い場所では…

水やりの間隔が短くなります。

凍結が心配なら、日程の変更も必要

屋外管理で凍結が心配な場合、

天気予報を確認しながら、

最低気温が「0℃」以上の日を狙って水を与えます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 冬顔の様子

最後に、小屋の中の多肉植物を紹介します。

以上、管理人の環境づくり「冬仕様」編でした。


アイスグリーン

【コスパ重視】多肉の土を簡単にDIY

関連記事

  1. 【参考】ビニール温室…購入前の注意点

    この記事では… 多肉植物の「冬越し」を目的とした、市販の「ビニール温…

  2. 【冬越しの基本】多肉の耐寒性と屋外管理の注意点

    この記事では多肉植物を対象とした…冬の管理方法(冬越し)のついて紹介…

  3. 【重度の凍害】多肉が再生するまでの流れ

    この記事では、凍結で重度のダメージを負った…多肉植物の再生方法を紹介…

  4. 【保温力を調査】プチプチの使用と最低気温の関係

    この記事では、多肉植物などの防寒対策として使われる…プチプチや防水シ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP