「斑点性の病気 」と「ダコニール」の使い方

この記事では多肉植物が患う「斑点性の病気」と…

効果的に予防できる「ダコニール1000」について紹介します。

この病気の特徴は、下葉から発病して…

葉を枯らしながら上の葉へと伝染していきます。

そして、この病気に対応しているのがダコニール1000となります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 症状について

▲ 虹の玉(セダム)

▲ 春萌(セダム)

▲ ブロンズ姫(グラプトセダム)

▲ アフィニス(エケベリア)

▲ 紫麗殿(パキベリア)

▲ ピンクルルビー(グラプトベリア)

多肉全体で比べると、病気になる種類は少数ですが…

管理人の環境下では、

主にセダムやエケベリア、グラプトペタルム、

そして、これらの属間交配種の一部で確認しています。

 シーズンは春~秋

発病しやすい季節は、春~秋となります。

他の病気や害虫被害も、同じシーズンに起こるため…

見分けが付かない場合もあります。

病原菌の感染経路

病原菌は、風雨によって飛散し…

梅雨時~夏にかけて症状が現れやすいようです。

また、感染した株を購入して…

夏頃になった際、発病する場合もあると思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 病気の特徴

続いて、病気の特徴を紹介します。

なお「斑点性の病気」という病名は、上記の書籍から引用。

1. 上の葉に伝染する

▲ 虹の玉

発病すると、下の葉から褐色や黒っぽいの点々があらわれ…

その葉を枯らしながら、上の葉へと伝染します。

放置すると、株全体が枯死する可能性あり

病気が進行すれば、すべての葉と幹に影響が及び…

最悪、枯れてしまう場合があります。

2. 気温低下で症状は治まる

もし発病しても、気温が下がる11月くらいには症状は治まります。

症状が発生した葉は、元には戻りませんが…

その後、通常通りに紅葉も生育も始まります。

葉が減って増えにくい

発病後は葉が枯れ落ちるで、葉の枚数が増えません。

症状の進行具合によっては、感染した株は諦めて…

健康な株を育て直したほうが、手っ取り早い場合もあります。

3. 再発の可能性あり

▲ 梅雨時くらいに再発

晩秋には治まりますが、菌は越冬するようで…

翌年の春以降に、症状が再発することが多々あります。

植替えても治らない

カットした苗(挿し穂)でも、菌が残っていれば再発する場合があります。

根治するのは難しいようで、

1度でも発病すると、翌年も再発しやすいと感じます。

4. 「虹の玉」系で頻発

▲ レッドベリー

管理人の環境で猛威を振るうのは…

「虹の玉」系統のセダムです。

斑入りの「オーロラ」や、小型の「レッドベリー」、

交配種の「ジョイスタロック」などが該当します。

自宅で育てると、必ず発病する

冬頃に健康な苗を購入してきても、

春から夏になると、なぜか発病してしまいます。

5. 病気に強い多肉も多数

発病すると厄介な病気ですが、該当する多肉は…

虹の玉などの少数で、ほとんどの多肉では確認していません。

病気にならないセダムも多い

例えばセダムの「春萌」が発病しやすいのに対し…

似たような「月の王子(黄麗)」は、まったく病気になりません。

また「虹の玉」に似ている「乙女心」も、あまり発病しません。

病気に強い多肉は、

となりに置いて管理しても、伝染する様子はなさそうです。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 効果的な薬剤

続いて、効き目のある薬剤になります。

個人的な感想としては、病気の進行度によって…

「治ったり、治らなかったり」という印象です。

発病後では手遅れなケースが多い

多肉の病気関係は、発病後では…

ほとんど根治できないかと思います。

そのため、事前に薬剤を散布することが重要となります。

また、一度でも発病してしまうと…

翌年も同様の病気になりやすいと感じます。

1. ダコニール1000

まずは、ダコニール1000です。

予防タイプの殺菌剤なので、

発症する前に散布する必要があります。

有効性の情報ソース

住友化学園芸さんからのコピペですが、

セダムやエケベリア、グラプトといった…

ベンケイソウ科の多肉植物を広くカバーしています。


2. ベニカXスプレー

「斑点性の病気」は対象外のようですが、

個人的には効いている感じもします。

オールマイティな薬剤なので、

まずは、この1本から使ってもよいかと思います。

ベニカXのメリット

ベニカXは定番の「殺菌&殺虫剤」です。

1度の散布で、病気と害虫に対応できる優れモノ。

また、希釈などを行わずスグに使えます。 

「Xファイン」との違いは?

公式によると、下記の内容が異なっていました。

  殺虫成分 殺菌成分
即効性 持続性 予防効果 治療効果
Xスプレー
Xファインスプレー

異なるポイントですが…

Xスプレーには、殺虫成分の持続性が無く、

その代わりに、殺菌成分には治療効果があります。

そして、Xファインはその逆になっています。

参照ソース(住友化学園芸)

 ベニカXスプレー |  ベニカXファインスプレー

 本命はダコニール

ダコニールとベニカを、交互に使用しても薬害はありません。

ただ「斑点性の病気」に関しては、

ダコニールのほうが効果的かと思います。

状況を観て使用するのがオススメ

病気の被害は、環境によって違いがあります。

必ず発病する訳ではないので、手軽なベニカだけでもOKですし…

ダコニールも追加したほうが、より安全かもしれません。

初見では、なかなか対応が難しいので…

まずは多肉を育てながら様子を伺っていきます。

・・・
・・

◆ ダコニールについて

ここで「ダコニール1000」についても触れておきます。

水で薄めて使うタイプの薬剤で、

1度購入すれば、個人では使えきれないほどの内容になります。

1. 予防タイプの殺菌剤

説明書の注意書きによると…

病気のため葉が変色してからでは、その後薬剤を散布しても元通りには戻りません。発病前あるいは発病初期に7~10日おきに数回連続して散布するのが正しい本剤の使用法です。

予防タイプの殺菌剤なので、発症してからでは遅く…

最悪、発生初期がタイムリミットです。

2. 希釈が必要な薬剤

500ml対応の霧吹きに、薬剤を混ざるところです。

観葉植物の濃度は1000倍の指示なので…

多肉植物もそれに合わせています。

濃度の調整は難しくない

1000倍への調整は、水500mlに対しては0.5mlです。

メモリ付きの容器が付属されているため、

濃度の調整は難しくありません。

3. 薬害の心配は無用

はじめて殺菌剤では薬害が心配になりますが、

容量と回数を守れば大丈夫です。

どんな多肉も、枯死したり葉が変色することもありません。

パウダーが濃い多肉は?

パウダーの強い多肉(ラウイなど)に…

症状が現れていない場合は、除外してOKです。

また、管理人の環境下では…

無農薬でも病気を確認していません。

4. 展着剤を混ぜると効果的

薬剤を散布しても、光沢系の葉では弾いてしまうことがあり…

それを展着剤によって展着性を高めます。

書籍から引用すると下記の通りです。

付着してから広がりやすくし、さらに落ちにくくする効果もあります。希釈する薬剤の有効成分を、水の中で均一にする働きもあり、防除効果を安定させます。このひと手間で防除効果がアップします。水和剤や水溶剤を水で薄める際には必ず加えましょう。


5. 霧吹きは少し「いいモノ」を選ぶ

ワンプッシュが細かいミストになるため…

水滴になりにくく、乾いた後も…

薬剤の痕(白っぽい淵)が残りにくくなります。

また、葉の裏にも届きやすく均一に散布することができます。


6. 使い残しは地面へ捨てる

一度、薄めてしまうと保存がきかないので廃棄します。

その際、排水溝ではなく地面へ捨てます。

さらに、地面が土であれば微生物によって分解されるそうです。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 事例とまとめ

最後に「斑点性の病気」のまとめと…

一部ですが、その事例を紹介します。

 事例の紹介

栽培中に「斑点性の病気」となった多肉植物を一部紹介します。

 予防が1番

植物の病気は、なんでも予防するのが1番です。

ですが、病気のいやらしいポイントは、

秋以降は発病せず、回復して元気に育つので…

翌年になると、殺菌剤の散布を忘れてしまう事です。

春~秋まで、忘れずに散布する

1度でも発病したら、翌年は忘れずに散布します。

また、梅雨を乗り切っても、夏に発病するケースもあるため…

秋までは定期的に散布するのがオススメです。

重症化で再発しやすい

▲ アフィニス

重症化した場合、生き残っても翌年に再発しやすいと感じます。

特に軽症の多肉より、重症となった多肉のほうが顕著で…

毎年のように再発を繰り返す可能性もあります。

・・・
・・

以上「斑点性の病気」についての紹介でした。

環境によっては発病しないかもしれませんが…

念のため、日頃からの観察をオススメします。


多肉栽培には、陽当たりのよいスペースが必要

紫色のパキフィツム「紫麗殿」を育てる

関連記事

  1. 多肉植物にも最適な農薬「オルトランDX粒剤」の使…

    この記事では、多肉植物にも適した定番の農薬…オルトランDX【粒剤】の…

  2. 多肉植物の害虫対策と、農薬の紹介

    この記事では、多肉植物の害虫被害について紹介します。多肉に付く害虫は…

  3. 多肉植物が患う病気と、その対処法

    この記事では「多肉植物」が被害に遭いやすい病気について紹介します。多…

  4. 【まとめて対策】多肉植物の病気&害虫対策

    この記事では、管理人の環境下で確認している…病気&害虫の一覧と、…

  5. 多肉植物に付く黒い点々を調査

    今回は多肉植物の葉っぱに付く「黒い点々」について紹介します。この黒点…

  6. 【解決済】日照不足!?「乙女心」の葉がポロポロ落…

    ご覧の通り… 日照不足のせいか… 7月から乙女心の葉がポロポロと落ち始め、こ…

  7. 【多肉植物】葉色が変わる!高温障害と低温障害

    この記事では多肉植物の高温障害と低温障害について紹介します。様々な農…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP