多肉植物の「斑点病 」を調査中

この記事では「斑点病」と思わしき症状について、まとめています。

多肉植物の斑点病は… 管理人の環境下では、

主に… セダムやエケベリア、

グラプト系の一部で発症し、その後の落葉します。

もしかすると… 環境や人によって、

一度も目にしない病気かもしれません。

スポンサーサイト




◆ 斑点病の症状について

多肉の葉は、ダメージを受けると…

どれも、似たような見た目になりますが、

下記の写真のような症状の場合…

「斑点病」ではないかと思います。

▲ 虹の玉(セダム)

▲ オーロラ(セダム)

▲ 春萌(セダム)

▲ ブロンズ姫(グラプトセダム)

▲ アフィニス(エケベリア)

▲ ジョアンダニエル(エケベリア)

▲ 大和錦(エケベリア)

症状は、主にセダムやエケベリア

管理人の環境下では、

主にセダムやエケベリア、グラプト系の一部で発症します。

全体で比べると…

斑点病になる確率は低いのですが、

褐色の点々が、葉や茎にあらわれ… その葉は枯れてしまいます。

病原菌の感染経路

病原菌は、風雨によって飛散し、

梅雨時などで、症状が現れやすいようです。

また、感染した株を購入して…

梅雨時になった際、発病する場合もあると思います。

スポンサーサイト




◆ 斑点病の特徴

続いて、「斑点病の特徴」について紹介します。

特徴の内容は…

栽培中に見つけた症状も含んでいます。

❶ 上の葉に伝染する

▲ 下の葉から、上に伝染する

気付くと、下の葉に褐色の点々が現れており、

時間の経過と共に…

上の葉へと伝染していきます。

❷ ポット(鉢)単位で、発病する

▲ before

▲ after

なぜか… ポット(鉢)単位で発病します。

例えば… ポットに複数の苗が植えてある場合は、

その全部に症状が現れます。

他のポットの株には、うつらない

斑点病になったポットと接している… 別のポットがあっても、

見た目では、病気はうつらない気がします。

(実は、うつっているかもしれません。)

❸ 気温が低下すると、症状は治まる

▲ 気温が下がると治まる

もし発病しても…

気温が下がる11月くらいには、症状は治まります。

症状が発生した葉は、元には戻りませんが、

その後、通常通りに紅葉も生育も始まります。

葉が、増えにくい

発病すると、葉が枯れ落ちるで…

なかなか葉の枚数が増えません。

症状の進行具合によっては、

感染した株は諦めて…

健康な株を育て直したほうが、手っ取り早い場合もあります。

❹ 翌年も再発するケースがある

▲ 梅雨くらいに再発

冬に一旦、症状が治まりますが…

菌は越冬するようで、

翌年の春(梅雨時)になると、

症状が再発することもあります。

植替えをしても、治らない

カットして植え替えても、

春から夏にかけて…

再発する場合があります。

その他の、斑点病の情報

 病害虫ナビ | 斑点病

「住友化学園芸」さんのwebサイトでも、

斑点病が掲載されています。

植物の病害虫ガイドの情報

斑点は下の葉からあらわれ、徐々に上の葉に伝染します。

上の書籍に、多肉植物は含まれていませんが…

「斑点性の病気」という項目に、

今回の多肉と、同様の症状が記載されていました。

スポンサーサイト




◆ 効果的な薬剤

続いて、効き目のある薬剤になりますが、

個人的な感想としては…

病気の進行度や、散布回数によって、

治ったり、治らなかったり… という印象です。

薬剤との因果関係も、わからず…

発病するのは、年に1回で…

寒い時期は、症状が収まって元気に育つので、

なかなか、薬剤との関係もわからず、

完治させる方法や手段も、特定できていません。

❶ STダコニール1000

まずは、STダコニール1000です。

予防タイプの殺菌剤なので、

発症する前に、散布する必要があります。

情報のソースは、こちら

「住友化学園芸」さんから、

コピペさせていただきましたが、

セダムやエケベリア、グラプトといった…

ベンケイソウ科の多肉植物を広くカバーしています。

希釈タイプの殺菌剤

使用の際は、水で薄めます。

小さな容器ですが、1度… 購入すれば、

個人では使えきれないほどの量になります。

❷ ベニカ

パッケージには「斑点病」とは記載されていませんが、

個人的には…

効いている感じもします。

ベニカのメリット

定番の、殺菌&殺虫剤です。

1度の散布で… 病気と害虫に対応できるのは、かなり便利です。

そして、希釈などを行わず、スグに使えます。 

斑点病には、効くのか?

トリセツには、斑点病とは書かかれていません。

ですが… カビ系の病気も対象なので、

斑点病も期待できると、勝手に思っています。

ですが、予防だけの効果なのか…

それとも、治療までイケるのか… は、わかりません。

「Xファイン」との違いは?

公式によると… 下記の内容が異なっていました。

  殺虫成分 殺菌成分
即効性 持続性 予防効果 治療効果
Xスプレー
Xファインスプレー

異なるポイントですが…

Xスプレーには、殺虫成分の持続性が無く、

その代わりに、殺菌成分には治療効果があります。

そして、Xファインは… その逆になっています。

Xファインは、ハダニも対象

Xファインは、ハダニも対象なので、

環境によっては…

こちらを選んでもよいかと思います。

参照ソース(住友化学園芸)

 ベニカXスプレー |  ベニカXファインスプレー

・・・
・・

ダコニールとベニカを、交互に使用しても…

薬害はありませんでした。

(1週間くらいは、間隔を空けたほうが良いと思います)

状況を観ながら、使用するのがオススメ

絶対に「どちらか or 両方」を、使用する必要はないと思います。

手軽なベニカだけでもOKですし、

ダコニールも追加したほうが、より安全かもしれません。

このあたりは…

管理している場所や多肉の数、環境にも影響されるので、

様子を観ながら使ってみるのが無難です。

◆ 再発の確率

斑点病と思わしき、いくつかの多肉で、

その再発具合を、まとめてみました。


×:再発あり
◎:再発なし

  1年後 2年後 3年後
虹の玉 × ×
春萌
ブロンズ姫 × × ×
アフィニス
ジョアンダニエル × ×

発症しても、翌年では再発しなかったり…

毎年のように再発するケース、

3年目にして克服するケースなど…

なかなか、決まった特徴などが見当たりません。

薬剤は、春に散布

薬剤は、予防として… 春頃に散布していますが、

完全にメモを残さなかったので、

散布が漏れていたり、 

不十分な場合があると思います。

ですので、その辺りも影響しているかもしれません。

軽傷のほうが、再発しにくい

▲ 春萌(セダム)

この春萌のように、斑点が下部だけで…

それ以上、進行しないまま… 涼しくなった場合は、

翌年の再発の可能性は、低い感じがします。

重症のほうが、再発しやすい

反対に、先端まで進行した株は、

冬に収まっても、

翌年に再発する可能性が高い気がします。

スポンサーサイト




◆ 斑点病 まとめ

現在、薬剤を散布していますが、

治ったり… 再発したりと…

決め手になるような手順がなく、

確実に治す方法は不明です。

 予防が1番

あまり、解決法になっていないのですが…

予防するのが1番です。

斑点病が難しいのは、

涼しい季節では発病しないので、

殺菌剤の散布を忘れてしまう事になります。

なるべく、忘れずに散布する

1度でも、病気にならないと…

薬剤の散布はスルーしがちですが、

念のため… 撒いたほうが、多肉を失う確率は下がります。

最悪… 手放すのも1つの手段

斑点病になる確率は、

多肉植物全体で比べると、

おそらく… かなり低いと思います。

ですので、発病してしまったら、

思い切って、手放したほうが… のちの管理が楽な場合もあります。

・・・
・・

以上が、斑点病についてのメモでした。

植物なので、100%…

病気から守ることはできませんが、

予防に心掛けていれば、できる限り… 多肉の被害は抑えられます。


【事前チェック】多肉栽培には、陽射し(日照時間)が必要

「ペンデンス」の栽培記録。実は、意外と育てやすい多肉植物

関連記事

  1. 【解決済】日照不足!?「乙女心」の葉がポロポロ落…

    ご覧の通り… 日照不足のせいか… 7月から乙女心の葉がポロポロと落ち始め、こ…

  2. 【検証中】多肉植物に付着する黒い点々を「ダコニー…

    梅雨の時期になると、多肉に限らず色々な植物が調子を崩しやすいようです…

PAGE TOP