紫色のパキフィツム「紫麗殿」を育てる

この記事は、パキフィツム属「紫麗殿【しれいでん】」の栽培記録です。

紫麗殿は、肉厚で丸々とした種が多いパキフィツム属の1つで、

名前の通り、紅葉すると… 華麗な紫色の葉を楽しめます。

また、初心者でも育てやすい多肉植物になります。

スポンサーサイト




基本情報

グループ ベンケイソウ科パキフィツム属 生育期 春・秋
流通名 紫麗殿【しれいでん】 価格帯 250 ~ 350円 前後
学名 Pachyphytum ‘Shireiden’ 栽培難易度 ★☆☆
増やし方 葉挿し ネット販売 カクトロコ
紫麗殿は、栽培品種らしい

紫麗殿の素性は不明で、

属間交配種のパキベリアとなっている情報もあります。

流通名が古風なので、昔から日本だけで流通している品種なのかもしれません。

似ている原種は、こちら

リンク先のパキフィツムが、そっくりさんです。

ですが、花の色が若干… 異なるので、同じではないようです。

  International Crassulaceae Network (MACHUCAE )

 季節の変化

夏 7月~10月頃

夏場はグリーンになりますが… 期間は、意外と短いようです。

ロゼットは、若干… 開き気味になります。

冬 10月~6月頃

秋から、翌年の梅雨頃まで紫色の葉をしています。

強い陽射しに当たると、より紫色に!

陽射しを受けると、よりパウダーが付きやすくなります。

葉自体が紫色ではなく、

パウダーによって、紫色に見えます。

 あまりにも強烈な陽射しは、葉焼けするかもしれません。

 紫麗殿の花

撮影日:8月中旬

8月上旬から下旬にかけて咲くと思います。

パッと見は、パキフィツム属の花っぽいですが…

「エケベリアの血が混ざっている」と言われれば、そんな気もします。

 紫麗殿の耐寒性(個人調べ)

 「耐寒性は強」 屋外管理OK 

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -5℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ ?(-7℃以上) -7℃も耐える

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

スポンサーサイト




購入時の紫麗殿

購入日:2019.4 / 250 円

ネットショップで購入した、カクトロコさんの紫麗殿(7.5cm ポット)

パキフィツム属は、多肉植物の中でもボリュームがありますが、

その中でも… 紫麗殿は、特に貫禄があります。

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
 カクトロコ

 購入から約1年後の比較

購入した時点で、すでに大きめのサイズでしたが…

さらにワイルドな姿に成長します。

栽培メモ

❶ 育てるのは簡単なタイプ

耐暑・耐寒性に優れ、丈夫です。

水やりもシビアではなく、

あげ過ぎても… 切り過ぎても… 普通に育ってくれるので、

初心者向きの多肉植物だと思います。

❷ カイガラムシには好まれやすい

▲ カイガラムシ発生中

葉の裏や、花芽にくっつきやすいので、

春頃から注意して観察しておきます。

オルトランなどの殺虫剤が有効なので、

環境に合わせて、宣布しておくと拡大を防げます。

❸ 葉挿しの成功率は、80%以上

見たからに、葉挿しが上手くいきそうな感じがします。

実際も、発根して新芽もでやすいので、簡単に葉挿しで増やせます。

 葉挿しからの成長は、遅い

葉挿しは簡単ですが、

そこからの成長は、ゆっくりです。

❹ なるべく、葉っぱには触れない

紫麗殿が、紫色に見えるのはパウダーのおかげです。

パウダーが無くなると… さえない「ブロンズ姫」状態になるので、

なるべく、葉には触れないように管理します。

 水やりの際も、シャワーではなくジョウロがおすすめです。

スポンサーサイト




栽培記録

2019-春・夏/栽培記録

  • 春 / 紫麗殿を購入
  • 夏 / 植替え&葉挿しを行う
  • 夏 / 梅雨&夏越し

春 シーズン / 2019

4月上旬 紫麗殿を購入

購入日:2019.4 / 250 円

ネットショップで購入した、カクトロコさんの紫麗殿(7.5cm ポット)。

実際に届いた商品は、カクトロコさんの中でも、

かなりボリューミーな多肉の1つです。

4月下旬 植替えを行う

今、思うと…

植替えをした理由が思い出せません…。

たぶん、ポットのサイズを大きくしたかったんだと思います。

 このまま、同じポットで育てても問題ありません。

ポットの直径は変わらず、深鉢になっただけです。

 葉挿しの成功率は、高い

▲ 今回は4/4で、成功率は100%

植替えのついでに、葉を取って「葉挿し」で増やします。

2週間ほどで、発根して芽もでます。

ポットに植える

 植える場合は、トレーがおすすめ

葉挿しの葉っぱを、植える場合は、

ポットではなく… プラグトレイや高さ3cm くらいの低いトレーがおすすめです。

通常のポットでは、無駄に土を使ってしまいますし、

水やりをしても、表面だけがスグに乾いてしまいます。

 葉挿しの葉っぱを植えるくらいなら、底が5cm もあれば十分です。

スポンサーサイト




夏 シーズン / 2019

6月中旬 順調に育つ

植替え後も、順調に育っており…

梅雨入り前までは、紫色をしています。

この頃になると、花芽もでてきます。

 梅雨の管理方法

カイガラムシが付きやすい

▲ 花芽には、よくいます(※ 写真は翌年の状態

▲ 「葉挿し」では、葉の裏側にも潜んでいる(※ 写真は翌年の状態

カイガラムシは、多肉の数と比例して… 出没しやすくなります。

なので、10ポットくらいの栽培数なら、見かけないかもしれません。

紫麗殿は、カイガラムシに好まれやすいので、チェックしておきます。

浸透移行性の殺虫剤で撃退

▲ 狭い隙間に潜んでいるカイガラムシ(※ 写真は翌年の状態

葉を取り除いてみると、

けっこうな確率で… 狭い隙間に潜んでいます。

ですが、葉を取らないで撃退したり、予防したい… 

というケースのほうが多いと思います。

その際は、オルトランなどの浸透移行性の殺虫剤で予防しておきます。

オルトランのタイプは複数

僕が使用しているのは、水に溶かす水和剤です。

溶かしたオルトランは、葉の上から灌水できるので、

既に、くっ付いているカイガラムシにも即効性があります。

もし、生き残っていても… 葉を吸汁すれば、そのうち死んでしまいます。

そこが、浸透移行性殺虫剤のメリットです。

オルトランはいくつかのタイプがあるので、お好みで選択していただければと思います。

7月の水やりは、月に1回でもOK

上の写真は、水を控えすぎですが…

これくらいシワが寄っても、元に戻ります。

7月は曇天が多いので、月に1回… 2回の水やりでも大丈夫だと思います。

8月下旬 紫麗殿 開花

紫麗殿は、パキフィツムか… パキベリアか…

どちらか分かりませんが、花の形はパキフィツムだと思います。

8月下旬 紫麗殿 夏を越す

連日の猛暑に耐え、何事もなく8月末になりました。

花は奇麗に咲き、葉も元気なので… かなり強健だと思います。

 夏、葉挿しの様子

それなりに育っています。

親の葉っぱに、水分が残っているので、

水やりは、控えめで大丈夫です。

 夏の管理はセオリー通り

  • 遮光50%
  • 風通しのよい場所で
  • 水やりの回数は控えめ or 多肉の様子を見て判断

紫麗殿をはじめ… パキフィツム属は、

それほど、気難しい感じはしません。

夏バテしてしまうことは、なさそうです。

スポンサーサイト




2019-秋・冬/栽培記録

  • 秋 / 順調に成長
  • 冬 / 耐寒性チェック

秋 シーズン / 2019

10月下旬 紅葉は、早め

前回から2ヵ月ほど経ち、10月下旬になりました。

株自体も順調に育ち…

いつの間にか、グリーンだった葉も、紫色に戻っています。

紫色が濃いのは、秋と春

紅葉シーズンですが… 紫麗殿は、

冬より、秋と春のほうが濃い紫色をしています。

・ 葉色が変わる為か…
・ 強い陽射しで、パウダーの量が増える為か…

理由は解りませんが、結果として… 春と秋が見頃です。

 秋、葉挿しの様子

10月下旬の様子

夏に比べると、それなり大きなった印象です。

 カイガラムシを放置すると、奇形になりやすい

▲ 白い点がカイガラムシ

数匹が少しの間、たかっているくらいなら…

特に問題ないと思いますが、

長期間… 葉が黒く汚れるまで放置しすぎると、奇形になりやすい感じがします。

12月の様子

葉挿しも、ようやく紫色になってきました。

 カイガラムシは、即… 退治

▲ まだ、引っ付いているカイガラムシ

カイガラムシを1度でも発見したら、

定期的にオルトラン等の殺虫剤を散布してほうが無難です。

 退治しないと、毎年… でてきます。

冬 シーズン / 2019

1月中旬 葉は、ちょっと白っぽく…

秋に比べると、紫色が薄く見えます。

ですが、これはこれで冬らしさも感じます。

 耐寒性チェック

山梨県の冬の寒さで、紫麗殿の耐寒性をチェックします。

  • 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
  • なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
  • 年間を通して屋外管理の多肉です。

スポンサーサイト




2月中旬 -7℃ を記録した日も大丈夫

▲ 凍った様子は、全くなし

耐寒性は、かなり強いようです。

霜に当てなければ、屋外管理で冬を越せると思います。

葉挿しも、大丈夫

小さくて若い、葉挿しの苗も、問題ありません。

紫麗殿… 凍結の目安

 「耐寒性は強」 屋外管理OK 

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -5℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ ?(-7℃以上) -7℃も耐える

※ 上記の情報は、目安としてお考えください。

2020-春/栽培記録

  • 春 / 葉挿し(2回目)

月下旬 下の葉を摘んで、木立っぽく…

立派に育っていますが、

ちょっと、下の葉が大きくなり、バランスが崩れてきた感じもするので、

パウダーが、はがれた下の葉を摘んでしまいます。

再度、葉挿し(2回目)

こうして観ると、葉はビッグサイズです。

木立っぽく、してみましたが、

ちょっと、微妙でしょうか・・・。

 葉挿し(2回目)の様子

▲ 16枚中… 12枚が成功

雑ですが… こんなんでも大丈夫です。

そこそこ大きくなったら、ポットへ移します。

5月下旬 まあまあ、見た目も復活

葉の枚数も増えて…

この角度からの撮影だと、いい感じに映ります。

 葉挿し、1年後の様子

 葉挿しからの成長は、スローペース

紫麗殿に限らず… パキフィツム属は、

葉挿しからの成長はスローペースです。

それなりに大きくはなっていますが、なかなか… 親株ほどのサイズにはなりません。

スポンサーサイト




2020-夏/栽培記録

7月下旬 今年は、カイガラムシが付く

花芽や、葉色の変化は、昨年と同じパターンですが・・・

今年は、カイガラムシに、たかられました。

 原因は、去年から付いていたカイガラムシ

▲ 葉が黒く汚れていたら… カイガラムシ

去年から、葉挿しの葉っぱに付いていたのですが、

そのまま放置して… 隣に置いていた親株にも移ったようです。

 カイガラムシは、予防 または 早期の駆除がおすすめです。

黒い汚れは、取れる

▲ 綿棒などで、擦ると汚れは取れる

黒く汚れた葉は、綿棒などで擦ると簡単に取れます。

一緒にパウダーも取れてしまうのが残念です。

 葉挿しの様子

1回目の葉挿し

前回の状態とに比べると… 成長具合は、イマイチです。

逆に、小さくなったようにも見えます。

 もう1つのポットは、カイガラムシのため破棄しました

2回目の葉挿し

こちらは、別の場所で管理していたため、

カイガラムシの被害はなく、順調に育っています。

・・・
・・

 To Be Continued

「ペンデンス」の栽培記録。実は、意外と育てやすい多肉植物

爽やか系ハイブリッドセダム「春萌」を育てる

関連記事

  1. コンパクツムを育てながら、肥料切れを検証する

    この記事は、パキフィツム属「コンパクツム」の栽培記録です。多肉らしい…

  2. 木立性つぶつぶ多肉 ベビーフィンガーを育てる

    この記事は、パキフィツム属「ベビーフィンガー」の栽培記録です。パキフ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP