スパイシーレディ(ホワイト)

エケベリア属「スパイシーレディ」の紹介です。

光沢とパウダーを兼ね備えた、ちょっとユニークな品種で、

エレガンスやアガボイデスっぽさを感じます。

スパイシーレディは、ホワイトとレッドの2種類があるようですが、

今回はホワイトになります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Spicy Lady
流通名 スパイシーレディホワイト
生育期 秋・春
価格帯 1400 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

スパイシーレディは交配種

▲ ギルバ

▲ トリマネンシス

詳細は不明ですが、見た目からすると…

エレガンス系とアガボイデス系の交配種になるかと思います。

また、粉っぽさも確認できるので、

ラウイやトリマネンシスあたりも混じっているのかもしれません。

レッド仕様もあるようです

多肉には稀に、同じ品種でも葉色が異なるバージョンが流通しています。

その際は、だいたい名前の前後に…

ホワイトとかピンクとか付きますが、

品種によってはカラー名を含めて…

品種名になっていることも多いので、紛らわしく感じると思います。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:スパイシーレディ

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 6月上旬

▲ 8月下旬


▲ 10月下旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 2
ポットサイズ 7.5cm
販売 or 生産者さん 日本花キ流通
購入店 日本花キ流通(ネット)

 約1年後の様子

2月に購入したので「冬顔」の状態です。

エケベリアによっては、1年2年と長く育てたほうが…

その品種らしさが目立ってきます。

寒さには強いタイプですので、エレガンス系や…

アガボイデス系と同じ感じで栽培が可能です。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(11月)

※ 7.5cm

2月

4月(開花

6月

8月

9月(植替え

10月

 約1年後(12月)

2月

4月

5月(植替え

6月

8月

10月

 約2年後(12月)

2月

4月

7月

8月

10月

 約3年後(2月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 水切れすると紅葉

▲ 4月の様子

▲ 6月の様子

多肉植物は、水を切れば切れるほど紅葉しやすくなり、

また、ロゼットは開かずに丸まろうとします。

性質上、1ヵ月の断水は余裕で…

6ヵ月以上でも耐えてくれるのが多肉です。

水を吸うと、すぐに紅葉は冷める

▲ 水やりして3日後

水を切って強引に紅葉させることもできますが、

夏の間では水を吸うと、ロゼットは開き、

あっという間に紅葉も冷めてしまいます。

 夏の紅葉は、異常サイン

今回は、ただの「水やりの失念」でしたが、

株や根っこに異常があり、水を吸えていない事もありますので、

夏に紅葉したらトラブルを疑たいところです。

(※ 夏に紅葉するエケベリアもあります)

2 春の葉蒸れ

▲ 4月の様子

春頃でも夏日が続いた場合、上手に遮光をしてあげないと、

葉っぱが蒸れてしまうケースがあります。

もし、春でも30℃近くまで気温が上がる日は、

水やりも含め、管理に注意するのがベストです。

ウォータースペースを減らす

少しでも蒸れを軽減させる手段として、

エケベリア栽培の場合では、

ウォータースペースを浅くするのが有効です。

風が抜けやすいので、葉が蒸れにくくなります。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


サラボニー(カラボニー)

ダスティーローズ

関連記事

  1. あんみつ姫{コンプレッシカウリス}

    エケベリア属「あんみつ姫」の紹介です。ブロンズ姫っぽい雰囲気ですが、…

  2. トランペットピンキー

    エケベリア属「トランペットピンキー」の紹介です。2020年に流行った…

  3. サラボニー(カラボニー)

    エケベリア属「サラボニー(カラボニー)」の紹介です。名前のようにサラ…

  4. ブラッドマリア

    エケベリア属「ブラッドマリア」の紹介です。離れて観ると、深いパープル…

  5. シャビアナ(トラフルズ)

    エケベリア属「シャビアナ(トラフルズ)」の紹介です。シャビアナの中で…

  6. コロラータ

    エケベリア属「コロラータ」の紹介です。コロラータという名前の響きと、…

  7. キュービックフロスト

    エケベリア属「キュービックフロスト」の紹介です。反り返った葉を持つユ…

  8. ローラ(こころ)

    エケベリア属「ローラ」の紹介です。ローラは比較的メジャーな交配種で……

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP