ダスティーローズ

エケベリア属「ダスティーローズ」の紹介です。

パープル色の葉色と、丸く幅広な葉を持つ交配種で、

幹立ちしながら育ちます。

脇芽も付きやすいのため、容易に繁殖も可能です。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Dusty Rose
流通名 ダスティーローズ
生育期 秋・春
価格帯 550 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
株分け

ダスティーローズは交配種

▲ パールフォンニュルンベルグ

詳細は不明ですが、似たような品種でいうと…

パールフォンニュルンベルグを太らせた感じです。

育て方や性質も同様になります。

 I.C.N(ダスティーローズ)

幹立ち・脇芽タイプ

成長サイクルとしては、七福神のように幹立ちして…

脇芽を付けるタイプです。

繁殖は「葉挿し」より「株分け」が安定するかと思います。

また、寒さは苦手ですので、

-3℃までに抑えておくのが無難です。

ダスキーローズも同じ?

一文字違いのダスキーローズも、I.C.Nでは…

別々の品種として扱われていますが、

パッと見た印象は同じ感じです。

 I.C.N(ダスキーローズ)

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

日本花キ流通 グリーン・ルーム
ストア内検索:ダスティーローズ

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬


▲ 10月下旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2021. 2
ポットサイズ 10cm
販売 or 生産者さん グリーンルーム
購入店 グリーンルーム(ネット)

 約1年後の様子

2月に購入したので「冬顔」の状態です。

購入時からフォルムは完成されており、葉もたいへん肉厚です。

そこから開花などもあり、1年後には…

だいぶスケールダウンしましたが、

コンパクトに育てても十分に魅力的だと思います。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(2月)

※ 10cm

5月(開花

6月

8月

9月

10月(植替え&株分け

12月

 約1年後(2月)

4月

6月

8月

10月

11月(株分け&葉挿し

※ 葉挿しは発根のみで失敗

 約2年後(2月)

4月

7月

8月

10月(剪定&挿し芽

12月

 約3年後(2月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 エケベリアのサイズ

エケベリアのサイズアップは、品種によっても異なりますが、

適度な肥料を与えて上げれば…

だいたいポットサイズと同じ大きさまで育ちます。

ロゼットが閉じた冬顔の状態で、ポットと同じ直径なら…

そこからは、なかなかサイズアップしないので、

一回りほど大きなポットへ植え替えます。

放置するとロゼットは小型化する

1度、大きくしたロゼットも、それは葉っぱの集まりなので…

栄養不足になると、やがて小型化していきます。

また、大きくしたロゼットほど花芽が付きやすく、

秋頃まで開花が続くこともあります。

サイズアップはお好みでOK

管理スペースや陽当りに余裕があれば、

サイズアップさせて、大型多肉を楽しんで頂ければと思います。

葉も分厚くなり重厚感が生まれます。

大型化のデメリット

▲ 10cm ⇒ 6cmポットへ小型化

大きくするデメリットとしては、

多肉もポット(鉢)も大型化するため、

その大型多肉が、大きな日陰を作ってしまうことです。

(周りの多肉に陽が当たらなくなる)

陽が傾く秋以降は、かなり陽当りに影響を及ぼしますので、

省スペースでの栽培なら、

どの多肉も同じサイズに合わせておくのがオススメです。

2 カイガラムシに注意

▲ 4月の様子

カイガラムシが出す分泌物は、粘性が強く…

葉を汚してしまうので、

定期的にオルトランDXを土に混ぜて対策しておきます。

薬剤が土に浸透していれば、100%防げます。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「弱い」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、凍害の影響はなし。

-5℃まで下がると一部で凍結がみられ…

-7℃では全体が凍結し、再起不能かと思います。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


スパイシーレディ(ホワイト)

モンキーネイル

関連記事

  1. シャルルローズ

    エケベリア属「シャルルローズ」の紹介です。紅葉時は、ピンク系に色付く…

  2. アイボリー / J.C. Van Keppel

    エケベリア属・アイボリーの紹介です。この多肉は、名前の通り… 紅葉す…

  3. 七福神 / インブリカータ

    七福神 または インブリカータの詳細は、栽培記録をご覧ください。…

  4. シャンペーン

    エケベリア属「シャンペーン」の紹介です。シャンペーンは、名前の前にピ…

  5. ローズヒル

    エケベリア属「ローズヒル」の紹介です。見た目はアガボイデスになります…

  6. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  7. プレトリア

    エケベリア属「プレトリア」の紹介です。モンブラン色の紅葉が楽しめる交…

  8. ルノーディーン

    エケベリア属「ルノーディーン」の紹介です。見た目は「七福神」に斑が入…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP