モンキーネイル

コチレドン属「モンキーネイル」の紹介です。

初見では、どのグループの多肉か分からない…

不思議なフォルムをしていますが、

ベル状の花を咲かせるコチレドン属になります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
コチレドン属
学名 Cotyledon -(
流通名 モンキーネイル
生育期 秋・春
価格帯 400 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽

モンキーネイルは詳細不明

▲ 福娘

▲ 子猫の爪

モンキーネイルの詳細は不明です。

I.C.Nには似たような原種が掲載されていますが、

栽培品種なのかもしれません。

雰囲気的には「福娘」と「子猫の爪」を混ぜた感じがします。

育て方・性質は、他のコチレドン属と同様

見慣れない多肉ですが、育て方・性質は…

熊童子やペンデンスなどの、他のコチレドン属と同様になります。

厳しい寒さは苦手なので注意してください。

剪定して「挿し芽」で増やす

コチレドン属は、ほとんど葉挿しでは増えないと思います。

脇芽を剪定して、挿し芽で増やすのが一般的です。

 ネット販売

多肉永遠
ストア内検索:モンキーネイル

※ 売り切れの場合あり

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

◆ 季節の変化

▲ 6月下旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 2
ポットサイズ 6cm
販売 or 生産者さん いとうぐりーん
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

2月に購入したので「冬顔」の状態です。

小ぶりながらも、たくさんの花を咲かせたので…

その後はエネルギー切れで大きくは育っていません。

ですが、定期的に適量の肥料を与えて上がれば、

モリモリと大きくなり、脇芽も増えていきます。

1年間の主な作業

・なし

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(2月)

※ 6cm

5月

7月(開花

8月

10月

12月

 約1年後(2月)

4月

5月(植替え

※ 6cmポット

6月

8月

10月

12月

 約2年後(2月)

4月

5月(株分け

7月

8月

12月

 約3年後(2月)

6月

8月

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 適度に肥料を与えよう

▲ 開花の様子(7月)

▲ 6ヵ月後の様子(2月)

お馴染みの肥料の話ですが、

多肉もだんだんと肥料を消費して、いずれ肥料切れを起こします。

肥料が切れても枯れることはありませんが、

何年待っても大きくは育ちません。

特に開花させると、相当のエネルギーを消費してしまうので、

肥料切れに一段と拍車をかけてしまいます。

花に興味がなければ、花芽はカットしてOK

もし、花にも交配にも興味が無いという場合は、

花芽が伸びだす冬頃でも、気にせずにカットして大丈夫です。

花芽のカットは、いつでも可能ですが…

早いに越したことはないと思います。

春先に植替えれば急回復

▲ 植替え後の様子(5月)

▲ 約2ヶ月後(6月)

多肉が成長しやすい春に植替えれば、

ぐんぐんと肥料を吸って、健康的な株に育ってくれます。

肥料不足の多肉に使う土は、肥料入りの培養土がマストです。

奥が深い肥料の世界

多肉植物の土は、多くタイプが販売されていてますが、

肥料の効き具合にも大きな差があります。

今回はプロトリーフさんの多肉の土ですが、

「保水性」と「肥料の効き具合」が好みなので、

痩せた多肉を綺麗に回復させたいときは、よく使っています。

いずれ、多肉の状態に合わせて…

肥料の調合ができると、ますます栽培は面白くなると思います。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「弱い」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、凍害の影響はなし。

-5℃まで下がると一部で凍結がみられ…

-7℃では全体が凍結し、再起不能かと思います。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ダスティーローズ

ラブリーローズ

関連記事

  1. ふっくら娘 & 福娘

    コチレドン属「ふっくら娘 / 福娘(オーフィラ)」の紹介です。どちら…

  2. チョコライン

    コチレドン属「チョコライン」の紹介です。多肉らしいユニークなフォルム…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP