ラブリーローズ

セデベリア属「ラブリーローズ」の紹介です。

この品種はセダム属とエケベリア属の…

異属交配で誕生した交配種となります。

背の低いエケベリアでも、セダムと交配することで幹立ちしやすくなり、

立体的で、背の高い多肉に育つことがメリットです。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
セデベリア属
品種名 Lovely Rose
流通名 ラブリーローズ
生育期 秋・春
価格帯 600円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

ラブリーローズは属間交配種

▲ シムランス

▲ ロッティ

詳細は不明ですが、花の様子からすると…

セデベリア属になるかと思います。

セダム側は、ロッティやクラバツムのような…

幹立ちしやすいタイプなのかもしれません。

エケベリア側は、シムランスやエレガンスの雰囲気を感じます。

育て方は、他の多肉と変わらない

セデベリア属のような属間交配種であっても、

育て方に違いはありません。

今回の交配種は、定番のセダム属とエケベリア属なので、

ほとんど気にせずに管理できると思います。

紅葉は地味なタイプ

葉色の変化はシムランスやエレガンスと同じなので、

紅葉しても、うすい紫色にしか変わりません。

お店によっては、ピンクラブリーローズや…

斑入りラブリーローズもあるので、

この先、バリエーションも増えるかもしれません。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

 ネット販売

日本花キ流通 るる農園
ストア内検索:ラブリーローズ

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 6月上旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

▲ 2月

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 9
ポットサイズ 6cm
生産者 or 販売者さん 日本花キ流通
購入店 日本花キ流通(ネット)

 約1年後の様子

9月に購入したので「夏顔」の状態です。

基本は単頭で販売されていると思いますが、

成長と共に脇芽も付き始めます。

寒さに強く、葉挿しも得意な性質なので、

増やしやすい多肉の1つになります。

1年間の主な作業

・なし

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(9月)

※ 6cm

12月

2月

5月

7月

 約1年後(8月)

9月(植替え

11月

2月

4月(開花

6月

 約2年後(8月)

10月(葉挿し

※ 5/5で成功

12月

2月

4月

7月

 約3年後(8月)

10月(剪定&挿し芽

12月

2月

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 脇芽と花芽の違い

セデベリア属に多いケースとして、脇芽と花芽が同時に伸びてきます。

慣れると簡単に見分けが付きますので、

増やしたい場合は、脇芽はカットせず温存させてください。

葉挿しは得意なタイプ

ラブリーローズは、葉挿しが得意なタイプですので、

脇芽を待つより効率的に繁殖できます。

いつ試しても半分以上は成功すると思います。

2 気根が増えたら、植替えのタイミング

幹立ちタイプのセダム属やセデベリア属は、

根詰まりすると、気根が目立ってきます。

当分、放置しても大丈夫ですが、

手で気根を取り除くか、植替えて対応します。

ばっさりと根をカットする

気根の対処だけなら、伸びた既存の根をバッサリと…

半分~2/3ほどカットして、植え直せばOKです。

上の写真の状態なら、

ハサミで半分ほどの根を切り落としも問題ありません。

(根っこ全体の高さを1/2ほどにする)

気根は手で引き抜いて大丈夫です。

ポットサイズは変えなくてもOK

植替え後のポットサイズは、

株の大きさに合わせて選択すれば大丈夫ですので、

必ずしも、植替え前より大きなポットを使う必要はありません。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


モンキーネイル

プレトリア

関連記事

  1. ブルーエルフ

    セデベリア属「ブルーエルフ」の紹介です。パープル系に紅葉する綺麗な属…

  2. マッコス & マッコス・錦

    セデベリア「マッコス」&「マッコス・錦」の紹介です。オーソドックスな…

  3. スノーキャンディ

    セデベリア属「スノーキャンディ」の紹介です。スノーキャンディは、カク…

  4. 樹氷 / ソフトライム

    セデベリア属 樹氷(ソフトライム)の紹介。樹氷のような白っぽい葉色に…

  5. ファンファーレ

    セデベリア「ファンファーレ」の紹介です。葉色の変化は、ほとんどありま…

  6. ライラックミスト

    セデベリア属「ライラックミスト」の紹介です。ロゼットの天辺付近がパー…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP