クリスマス & ダーククリスマス

エケベリア属「クリスマス」&「ダーククリスマス」の紹介です。

クリスマスという名前だけあって…

赤と緑の2トーンカラーが魅力です。

現在のエケベリア交配種からすると…

わりと普通な感じがしますが、

年代的には、昔からあるクラシックなタイプかと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


中型


レッド・グリーン

エケベリア属 交配種
成長期は… 春と秋

基本は単頭のロゼットで、ほとんど茎は伸びない。

夏の葉色は、グリーンがメインで赤いエッジ。

冬になると、赤い面積が増え鮮やかに映る。

◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Christmas
流通名 クリスマス
生育期 秋・春
価格帯 700 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し(未確認)

 クリスマスは交配種


  • 左)アガボイデス
     E. agavoides
  • 右)花うらら{プリドニス}
     E. pulidonis

書籍「 Guide To Echeveria(P.69)」によりますと、

クリスマスと呼ばれる交配種は2つあります。

その1つが、こちらのタイプで…

アガボイデスのフォルムを強く感じます。

今でこそ、エッジの赤いアガボイデス関係の品種は…

そこそこ流通していますが、当時は珍しかったのかもしれません。

もう1つは、花うららに近いタイプ

もう1つのクリスマスは、

別名「プリドニス グリーンフォーム」と呼ばれます。

いかにも、花うらら{プリドニス}の…

変種のような名前ですが、実際は何かとの交配種になります。

管理人は、ネットでも実店舗でも…

この品種を見たことがありません。

 I.C.N(クリスマス)

 ダーククリスマスも、ほぼ同じ

▲ 右:ダーククリスマス

クリスマスとは、葉色・フォルムが似ている(というより同じ)…

ダーククリスマスという品種もあります。

栽培方法も、同じ品種として扱っても大丈夫です。

 ページ下部で、簡単に紹介

・・・
・・

スポンサーサイト




育て方の、参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

ピュアリーフ 日本花キ流通
ストア内検索:クリスマス / ダーククリスマス

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ グリーン
エッジの色 ややレッド
爪の色 レッド
ロゼット 日照不足&水やりで開きやすい
備 考 肥料で変わりやすい

▲ 11月上旬

▲ 1月中旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ グリーン
エッジの色 レッド
爪の色 レッド
ロゼット 丸まりやすい
備 考 肥料で変わりやすい

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2019. 8
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん 優木園
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

8月下旬に購入したので、夏顔の状態です。

強健で育てやすい交配種になります。

また、肥料の状態により…

葉色が変わりやすいタイプかと思います。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(8月)

※ 6cmポット

10月(植替え

※ 7.5cmポット

11月

1月

3月

5月(開花

※ 黄色1色になる場合もあり

 約1年後(7月)

10月

12月

2月

5月(開花

6月

 約2年後(8月)

10月(植替え

12月

2月

4月(開花

7月(追肥

※ 緩効性肥料を追加

 約3年後(8月)

10月

12月

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1. 肥料で変わりやすい

どちらも12月の写真ですが、

肥料が切れているほうが、明るく発色します。

特に、アガボイデス関係のエケベリアは…

肥料の有無に影響されやすい気がします。

自然な紅葉は、こちら

多肉植物の紅葉にも、好みがあると思いますが…

自然な紅葉とは、通常の肥料と水やり、

冬の寒暖差で、自然と紅葉していく状態です。

上の写真も、いい感じのクリスマスカラーになっています。

人工的な紅葉(肥料が切れた状態)

いっぽう、人工的な紅葉とは…

肥料を使わなかったり、水を切って明るく発色させた状態です。

どれも葉色が、赤や白っぽく変わり過ぎるため…

その交配種本来の、特徴的な葉色が失われやすくなります。

 使い分けて対応

肥料の有無に正解はありません。

目的によって使い分けるのがベストです。

多肉栽培の楽しみ方の1つ

「サイズアップ&自然な紅葉」を目指すなら、適度に肥料を使い…

「小型&発色重視」の場合は、

肥料を使わないか、使用量を少なく調整します。

これも多肉栽培の楽しみ方の1つです。

2. 強健で育てやすい

親がアガボイデスとプリドニスなので…

寒さ・暑さにも強く、トラブルに遭いにくいタイプです。

花がよく咲く

肥料が切れてきても、プリドニスのように…

毎年、花芽を付ける傾向です。

開花させると栄養を持っていかれるので…

その年の紅葉は、明るめに発色しやすくなります。

その反面、ロゼットが小さくなる場合もあります。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 参考
(ダーククリスマス)

 スタート(8月)

 約1年後(8月)

約2年後(8月)

約3年後(8月)

 開花

花もクリスマスと同様です。

ほぼ黄色1色になったり、ピンク&黄色になる場合もあります。

 冬の様子

2020.1

2021.4

2022.2

2023.1

こちらもクリスマスと同様で、

肥料の加減によって、紅葉時の葉色が変化しやすいようです。

クリスマスと、そっくりに成長

左:クリスマス 右:ダーク

出自は不明ですが、もしかすると実は同じエケベリアで…

深く紅葉したクリスマスを見て…

ダーククリスマスと名付けてしまったのかもしれません。

どちらを購入しても、たいして変わらないと思います。

・・・
・・


春を感じさせる紅葉「グリーンローズ」を育てる

ダークアイス

関連記事

  1. ラウィータ

    エケベリア属「ラウィータ」の紹介です。ラウィータは、なんだか聞いたこ…

  2. メキシコミニマ

    エケベリア属「メキシコミニマ」の紹介です。メキシコ生まれのミニマに、…

  3. パールフォンニュルンベルグ

    エケベリア属「パールフォンニュルンベルグ」の紹介です。年間を通してパ…

  4. ピンキー

    エケベリア属「ピンキー」の紹介です。ブルーパープル系の薄い葉を持つ交…

  5. ミニベル・錦

    エケベリア属「ミニベル・錦」の紹介です。ミニベルの斑入り品種で、ノー…

  6. レディースチョイス

    エケベリア属「レディースチョイス」の紹介です。見た目はアガボイデスと…

  7. キュービックフロスト

    エケベリア属「キュービックフロスト」の紹介です。反り返った葉を持つユ…

  8. レイマース

    エケベリア属「レイマース」の紹介です。エケベリアでは珍しく、オレンジ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP