チェリークイーン

エケベリア属「チェリークイーン」の紹介です。

人気の原種となるコロラータとリラシナを合わせたような雰囲気で、

夏のほうがパープル系に紅葉します。

また、強健で寒さにも強い品種なので…

年間を通しても育てやすいエケベリアかと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Cherry Queen
流通名 チェリークイーン
生育期 秋・春
価格帯 700 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 カット&挿し芽
葉挿し

チェリークイーンは交配種


  • 左)コロラータ
     E. colorata
  • 右)リラシナ
     E. lilacina

交配はコロラータとリラシナのようです。

両親の特徴を合わせようなフォルムで、葉色はリラシナの特徴があらわれています。

そのため、冬より夏のほうが…

鮮やかに紅葉するするエケベリアです。

大きく育つタイプ

両親とも肥料次第で大きく育つので、チェリークイーンも大型化します。

小さく育てたい場合は、

2号ほどのポットで抑えておくのがオススメです。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:チェリークイーン

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 6月下旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 10
ポットサイズ 7.5cm
販売 or 生産者さん 日本花キ流通
購入店 日本花キ流通(ネット)

 約1年後の様子

10月に購入したので「やや夏顔」の状態です。

購入時の株はまだ若いので、本来のパフォーマンスからは遠い状態ですが、

1年も育てれば、かなり完成された姿に成長します。

理想の姿に栽培するのは、最初は難しく感じますが、

エケベリア栽培も慣れですので、その変化を楽しんで頂ければと思います。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(10月)

※ 7.5cm

2月

5月(開花

7月

8月

9月(株分け&植替え

 約1年後(10月)

12月

2月

5月(植替え

※ 7.5cmポット

6月

8月

 約2年後(10月)

10月(葉挿し

※ すべて失敗

12月

2月

4月

5月

5月(葉挿し

※ 3/4で成功

7月

8月

 約3年後(10月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 じっくり育てよう

▲ before

▲ after

購入時の多肉は、お店の特徴が反映されており…

カット苗で販売するケースもあれば、

向こう1年分の肥料が含まれた土に、若い苗が植えられているケースもあります。

1年ほど育てれば、どちらも同じ

カット苗でも、若い苗でも1年ほど育てれば…

だいたい同じ雰囲気になりますので、

焦らずにじっくりと育ててみてください。

2 肥料の調整はお好みで

▲ 夏の様子

肥料の使い方は、それほど考えることはなく、

大きくしたいなら適量を使ってあげて、

サイズをキープしないなら、控えめに与えてあげます。

これといった肥料の指定もありませんので、

定番のマグァンプでも十分に育ってくれます。

3 葉挿しの成功率は普通

葉挿しは得意でもないけど、

不得意でもないといった印象です。

親のコロラータやリラシナも同じように感じます。

簡単に取れると失敗しやすい傾向

▲ すべて不発

大きく育ったエケベリアの葉は、ガッチリと幹にくっついていますが、

それが苦戦せず、簡単に取れてしまったら…

葉挿しは失敗しやすい傾向かと思います。

ただ絶対ではなく、他の要因も絡んできますので、

肥料を与えた後や、季節を変えて試して頂ければと思います。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ラウレンシス

ロゼ

関連記事

  1. オンスロー

    エケベリア属「オンスロー」の紹介です。パッと見の印象はエレガンスとリ…

  2. ローラ(こころ)

    エケベリア属「ローラ」の紹介です。ローラは比較的メジャーな交配種で……

  3. アリエル

    エケベリア属「アリエル」の紹介です。ラウリンゼやシャンペーンのような…

  4. 雪雛【ゆきびな】

    エケベリア属「雪雛」の紹介です。群生系のエケベリアで「雪影」という品…

  5. キュービックフロスト

    エケベリア属「キュービックフロスト」の紹介です。反り返った葉を持つユ…

  6. フィオナ / ピオリス

    エケベリア属「フィオナ」/「ピオリス」の紹介です。夏に紅葉するタイプ…

  7. あずき{ペインテッドフリル}

    エケベリア属「あずき{ペインテッドフリル}」の紹介です。独特の雰囲気…

  8. ムーンストーン

    エケベリア属「ムーンストーン」の紹介です。交配種となりますが、印象と…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP