ホワイトカレー

エケベリア属「ホワイトカレー」の紹介です。

よく飲食物の名前が品種名として使われる韓国苗ですが、

ネタ不足になったせいか?

やっつけ感がヒシヒシと伝わってくるのが、このホワイトカレーです。

ただ、実物はエレガンスをベースとした…

パープル系に紅葉する綺麗な交配種となります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 White Curry
流通名 ホワイトカレー
生育期 秋・春
価格帯 900 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

ホワイトカレーは交配種

※ これは予想です

  • 左)エレガンス
     E. elegans
  • 右)アガボイデス・プロリフェラ
     E. agavoides ‘Prolifera’

詳細は不明ですが、葉のフォルムや紅葉具合からして…

エレガンス系とアガボイデスのプロリフェラっぽい感じです。

葉の枚数が多く、大型化しやすい傾向となります。

 終売しちゃったかも?

韓国苗をはじめ、エケベリア交配種は…

いつ販売終了になっても不思議ではありません。

売れ行き不振など、生産者の都合で生産(繁殖)がストップするので、

販売店では入荷待ちが続いたり、ラインナップからも消えてしまいます。

自分で交配するのも有り

エケベリア交配種は、見慣れると両親が分かりやすいケースが多いので、

自分で交配してみるのもロマンがあります。

栽培に余裕ができたら、交配も一緒に楽しんで頂ければと思います。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

るる農園
ストア内検索:ホワイトカレー

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬


▲ 10月下旬

▲ 12月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2021. 2
カット苗 4cm
販売 or 生産者さん るる農園
購入店 るる農園(ネット)

 約1年後の様子

4月にカット苗で購入した状態です。

発根済みでしたので、植え付け後は順調に育っています。

夏になると、それなりロゼットは広がりますが、

冬になればしっかりと締まってくれますので、

ほとんど気にしなくても大丈夫です。

1年間の主な作業

・植え付けのみ

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(4月)

※ 4cmほど

7月

8月

10月

12月

 約1年後(2月)

4月(開花

4月(植替え

5月(葉挿し

※ 2枚のみ成功

7月

8月

10月

12月

 約2年後(4月)

5月(胴切り&葉挿し

7月

8月

10月

12月

 約3年後(2月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 大きく育てると、その品種らしさが際立つ

エケベリア交配種は、4cmほどのロゼットより…

8cm前後まで大きく育てたほうが、

葉のフォルムだったり、紅葉具合といった…

その交配種や両親の特徴を感じられます。

陽当たり・気温の違いだけでも、紅葉具合は変化

多肉植物は、日照不足だと紅葉が進みませんが、

低温障害でも、一気に紅葉が覚めてしまいます。

そのため、同じ品種を育てても…

その年によって、葉色が異なることはよくあります。

2 サイズアップで、夏はロゼットが広がる

▲ before

▲ after

多肉植物を大きくするには、適量の肥料が必要です。

春に肥料を入れて育ててあげれば、夏はロゼットが広がりますが、

しっかりとサイズアップしてくれます。

そして、秋頃から肥料が切れはじめ…

冬になるとロゼットは自然と丸まります。

ですので、上の写真のように…

ロゼットが広がっても何の問題もなく、むしろ順調に生育していると判断できます。

(※ 慣れるまで見極めが難しい)

葉の長さが安定しないケースもある

稀にエレガンスの交配種では、

葉の長さが安定せず、ロゼットが崩れてしまうケースがあります。

崩れ始めると、そのまま育て続けても…

整うまでに時間がかかるので、胴切りでリセットするのがオススメです。

(※ 胴切りした挿し穂を育てると、逆に崩れてしまうケースも有り)

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ジェットバース

シンフォニー

関連記事

  1. オンスロー

    エケベリア属「オンスロー」の紹介です。パッと見の印象はエレガンスとリ…

  2. ローラ(こころ)

    エケベリア属「ローラ」の紹介です。ローラは比較的メジャーな交配種で……

  3. レティジア

    セデベリア属「レティジア」の紹介です。多肉植物は全体的にパステルカラ…

  4. 雪雛【ゆきびな】

    エケベリア属「雪雛」の紹介です。群生系のエケベリアで「雪影」という品…

  5. キュービックフロスト

    エケベリア属「キュービックフロスト」の紹介です。反り返った葉を持つユ…

  6. フィオナ / ピオリス

    エケベリア属「フィオナ」/「ピオリス」の紹介です。夏に紅葉するタイプ…

  7. あずき{ペインテッドフリル}

    エケベリア属「あずき{ペインテッドフリル}」の紹介です。独特の雰囲気…

  8. ムーンストーン

    エケベリア属「ムーンストーン」の紹介です。交配種となりますが、印象と…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP