メキシコミニマ

エケベリア属「メキシコミニマ」の紹介です。

メキシコ生まれのミニマに、メキシコと付いている…

謎のネーミングエケベリアですが、

韓国で作出された交配種のようです。

基本はミニマなので、次々と子株が生まれ、群生株へと育ちます。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


中型・群生


パープル系

エケベリア属 交配種
成長期は「春と秋」

基本は単頭のロゼットですが、脇芽が付きやすく群生もしやすい。

夏はグリーンの葉色で、爪は赤い。

冬の紅葉では綺麗なパープル系に発色する。

◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Mexico Minima
流通名 メキシコミニマ
生育期 秋・春
価格帯 600円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

 メキシコミニマは交配種

※ これは予想です


  • 左)ミニマ
     E. minima
  • 右)ヒアリナ
     E. hyalina

交配式などは不明ですが、全体的にはミニマの雰囲気です。

さらにロゼットをよく覗いてみると…

ヒアリナやシムランスのような、葉先の「返り」が観て取れます。

また、紅葉時の葉色も上記のエケベリアと似ています。

単独ではいられない性質

購入時は、単頭のロゼットかもしれませんが、

早めに脇芽が付いて群生化します。

似たようなエケベリアには「メビナ」や「アモエナ」があります。

やや寒さには注意する

基本的に強健なエケベリアですが、

親のミニマは寒さに弱いほうなので、

ミニマ同様に、厳冬期は注意する必要があります。

育て方の、参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:メキシコミニマ

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ 淡いグリーン
エッジの色 ほぼ葉色と同様
爪の色
ロゼット 日照不足&水やりで開きやすい
備 考

▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

葉色(肥料・並) 淡いブルーパープル系
葉色(肥料・ 淡いパープル系
エッジの色 ほぼ葉色と同様
爪の色
ロゼット 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 5
ポットサイズ 6cm
生産者さん 不明
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

5月に購入したのでやや夏顔の状態です。

ミニマらしさ全開で、あっという間に群生します。

群生を解体して、単頭に戻しても…

やはり、あっという間に群生します。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(5月)

※ 6cmポット

6月(開花

7月

8月

10月

12月

2月(やや凍害

※ 葉のドット模様は危険な前兆

 約1年後(5月)

※ 植替えを行う

6月

8月

10月

12月

2月

 約2年後(4月)

6月(株分け

※ 6cmポット&木箱

7月

10月

12月

2月

4月

 約3年後(5月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1. 蒸れにくいタイプ

夏のエケベリアといえば、蒸れが心配になります。

ですが、ミニマ交配種を含め、群生系エケベリアは、

ギュウギュウに詰まっているのにも関わらず、蒸れる気配がありません。

蒸れに強いのは性質?

▲ アモエナ(ラウ065)

▲ ビンセントカトー

▲ ブルーミニマ

似たようなアモエナやミニマ交配種なども、

風通しが悪そうな群生になっていますが、

管理人の環境下では、夏でも蒸れた症状を確認していません。

心配なら解体したほうが安全

蒸れる症状は、意外と原因がつかみにくく、

風通しだけではなく、陽当たりや、水やりの加減、

多肉の性質・状態など、複数の要因が影響しあっています。

もし、風通しが心配という場合は、

解体してあげれば、蒸れる要因を1つ減らすことができます。

2. 肥料の加減で差別化

▲ 株分け後の状態

寄せ植えで使う場合は、群生より単頭のほうが…

バランスは取りやすいと思います。

そのため、株分けした子株は、

やや肥料を抑えてもよいかと思います。

肥料を薄くすると、単頭を保ちやすい

▲ 子株の様子(肥料・通常)

▲ 親株の様子(肥料・多め)

上の写真は、株分けから1年後の様子になります。

どちらも初期肥料は通常で、親株はプラスして追肥しています。

やはり肥料は少量のほうが、群生化を遅らせやすいと感じます。

3. 性質はミニマ

▲ ドット模様は、凍害の前兆

基本的な性質や育て方はミニマと同様です。

暑さや病害虫には強いと感じますが、寒さはやや苦手です。

上の写真のように、葉の一部が凍るとドット模様が浮かびます。

-5℃くらいまで下がると、葉色が抜けやすい

-5℃まで下がった場合は、凍害による株のダメージは…

少ないかもしれませんが、葉色が抜ける可能性があります。

そのため、本来のパープル系の紅葉が消えてしまいます。

綺麗に紅葉させるには「十分な日照」と、

その品種に適した、厳し過ぎない「適度な低温」が必要です。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「弱い」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、凍害の影響はなし。

-5℃まで下がると一部で凍結がみられ…

-7℃では全体が凍結し、再起不能かと思います。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・

スポンサーサイト




プロリフィカ(プロリフェラ)

サブセシリス

関連記事

  1. ローラ(こころ)

    エケベリア属「ローラ」の紹介です。ローラは比較的メジャーな交配種で……

  2. ファイヤーピラー

    エケベリア属「ファイヤーピラー」の紹介です。名前の通り、炎のように明…

  3. ミニベル

    エケベリア属「ミニベル」の紹介です。小型のロゼットで冬は赤く紅葉する…

  4. 雪雛【ゆきびな】

    エケベリア属「雪雛」の紹介です。群生系のエケベリアで「雪影」という品…

  5. チェリークイーン

    エケベリア属「チェリークイーン」の紹介です。人気の原種となるコロラー…

  6. レディースチョイス

    エケベリア属「レディースチョイス」の紹介です。見た目はアガボイデスと…

  7. レイマース

    エケベリア属「レイマース」の紹介です。エケベリアでは珍しく、オレンジ…

  8. レティジア

    セデベリア属「レティジア」の紹介です。多肉植物は全体的にパステルカラ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP