サラボニー(カラボニー)

エケベリア属「サラボニー(カラボニー)」の紹介です。

名前のようにサラゴーサと…

エボニーを合わせたような雰囲気で、

それぞれの特徴が際立つ交配種となります。

カラボニーとサラボニーの2つがありますが、

個人的には、どちらも同じエケベリアかと思います。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Zarabony
流通名 サラボニー
カラボニー
生育期 秋・春
価格帯 600 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

 サラボニーは交配種

※ 詳細は不明


  • 左)サラゴーサ
     E. cuspidata var. zaragozae
  • 右)エボニー
     E. agavoides ‘Ebony’

詳細は不明ですが、ネーミングと雰囲気からすると…

交配はサラゴーサとエボニーになります。

サラゴーサっぽい細い爪と、エボニーのフォルムが合わさった感じです。

カラボニーが間違い?

ここも詳細は不明ですが、サラボニーが本家で、

流通経路の途中で「サ」を「カ」と認識してしまい…

それが「カラボニー」になってしまったのかもしれません。

おそらく、どちらも同じエケベリアかと思います。

育て方の、参考記事

・・・
・・

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:カラボニー

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 6月上旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

▲ 2月上旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 4
カット苗 4cm
生産者さん
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

4cmほどのカット苗で購入した状態です。

発根もしているので、植え付ければ自然と育ってくれます。

2月購入の場合は、氷点下にならない春頃までは…

室内で育てて頂ければと思います。

大きく育てば、寒さに強い品種なので、冬越しもしやすくなります。

1年間の主な作業

・なし

・・・
・・

◆ 栽培記録(4年間)

 スタート(2月)

※ 4cmほど

2月(植え付け

3月

5月

7月

8月

10月

12月

 約1年後(2月)

4月(開花

6月

8月

4月(鉢増し

12月

 約2年後(2月)

4月

5月(植替え

7月

8月

10月

12月

 約3年後(2月)

6月

8月

9月(胴切り&葉挿し

※ 葉挿しはすべて失敗

10月(発根&植え付け

12月

 約4年後(2月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 紅葉の違い

▲ 通常の紅葉

▲ 肥料切れした紅葉

多肉植物は、紅葉する植物として知られていますが、

その紅葉にも差がつきやすい種類があります。

また、肥料の効き具合によって…

毎年のように、紅葉具合が変わってしまうケースもありますが、

それも一般的な現象ですので心配ありません。

無肥料の培養土+肥料のDIYもオススメ

▲ 無肥料の培養土

▲ 無肥料の培養土も市販している

▲ 好みで肥料を混ぜる

多肉栽培に慣れたら、無肥料の培養土(配合度)と…

肥料を自分で混ぜるのもオススメです。

これなら、一定の肥料が含まれている市販の培養土とは違い、

肥料の量を調整できるので…

多肉の種類やサイズによって、使い分けることができます。

大きく育った株なら、肥料は控えてもOK

例えば、胴切りした「挿し穂」でも、

直径6cmほどあれば、サイズ的には十分ですので、

この後、紅葉を重視して栽培したい場合は、

無肥料にするか、肥料を少なくしても大丈夫です。

肥料は使いながら慣れるしかない

多肉植物の肥料の与え方は正解がなく、

感覚的な部分や、自分の好みに影響されます。

自分のベストを探すには、肥料の量を調整し…

実験を繰り返す必要がありますが、

よほど使い過ぎない限り、大きな影響はありませんので、

まずは気軽に使っていただければと思います。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ブロウメアナ

スパイシーレディ(ホワイト)

関連記事

  1. シャルルローズ

    エケベリア属「シャルルローズ」の紹介です。紅葉時は、ピンク系に色付く…

  2. アイボリー / J.C. Van Keppel

    エケベリア属・アイボリーの紹介です。この多肉は、名前の通り… 紅葉す…

  3. 七福神 / インブリカータ

    七福神 または インブリカータの詳細は、栽培記録をご覧ください。…

  4. シャンペーン

    エケベリア属「シャンペーン」の紹介です。シャンペーンは、名前の前にピ…

  5. ローズヒル

    エケベリア属「ローズヒル」の紹介です。見た目はアガボイデスになります…

  6. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  7. プレトリア

    エケベリア属「プレトリア」の紹介です。モンブラン色の紅葉が楽しめる交…

  8. ルノーディーン

    エケベリア属「ルノーディーン」の紹介です。見た目は「七福神」に斑が入…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP