春に子吹きしたセンペルビウムの株分け…いつ行う?

センペルビウムといえば… 子吹きの多さも特徴的な多肉植物です。

そして… 春に子株が出始めると6月下旬くらいには、ポットから垂れ下がったり… ポットが子株で埋め尽くされてしまう場合もあります。

そこで、株分けをしたくなるのですが…「もうすぐ夏本番で暑くなるし… 株分け、どうしようかな~?」と考えてしまいます。

試してみましたが… 個人的には「秋まで待ったほうが無難」だと思います。

スポンサーサイト




結果は… 大差なし

6月に株分けをしようが… 10月に株分けをしようが… 子株の大きさは変わりませんでした。

上海ローズで、試してみた…

この… ポットいっぱいになった「上海ローズ」で、6月に半分だけ… そして10月に残りの半分を株分けしてみました。

その結果… 子株の大きさに違いは見られず、6月に分けた子株が枯れてしまうこともありませんでした。

株分けは、秋まで待つのが得策!

センペルビウムは、夏場に半休眠しますので、ほとんど成長せず… 現状維持になります。なので… 株分けしても手間が増えるだけです。

親株にくっつけておけば、水やりも1回で済みますし、鉢も増えないので場所も取りません。

見た目的に微妙ではありますが… 湿気やカビの心配がなくなる涼しい秋まで待って、のんびりと株分けしたほうが得策だと感じました。

【センペルビウム】株分けの、まとめ

先に、まとめます。

  • 夏前に株分けしても、その後の株の状態・成長には影響なし。ただし、夏の管理には気を付ける。
  • 夏前に株分けしても、しっかりと管理すれば、発根して秋から成長していく。
  • 株分けしてしまうと、管理の手間が増える。
  • 親株の周りに子株が多すぎて、カビや多湿が心配なら「鉢増し」で鉢の直径を広げておくのも有効
  • なんとなく不安に感じたら、秋まで待ってみる

・・・
・・

これよりは「僕が、実際に株分けした記録」ですので、興味がありましたら引き続きご覧ください。

【株分け】夏~秋の状態を観察する


上の写真の「上海ローズ」も、春から子吹き始め6月下旬には… 満室状態となりました。

そして「いつ… 株分けするか?」で悩みました。

今すぐ… 株分けしたい理由 

このまま真夏を迎えると「風通しが悪くて株全体がカビてしまうのでは…?」と思ったから。

秋まで待って… 株分けしたい理由 

これからの季節、暑さで子株に根が生えるか心配だし… 子株に対する水やりの頻度や量もわからないから。

この2択で迷ったあげく… 半分だけ株分けしてみました。

夏前の「株分け」


まんがいちの全滅を回避するために… 半分だけ… 間引いてみました。

子株の数が減ったのと同時に、枯葉の掃除もできたので、かなり風通しもよくなったと思います。

間引く子株は、なるべく根が付いているもの!

選別する子株は、ランナーではなく… なるべく子株自身が根っこを出しているものがベストです。それらを選んでおけば、根付くのも早くなると思います。

カットするときは、茎(ランナー)を1cmほど残しておくと、用土に差し込んだ際… 安定するので楽です。

子株の場合は、プラグトレイのほうが、いいかも

この素焼きの鉢は、株に対して大きすぎました。 また、夏は休眠期なので、まったく株が大きくなりません。

あとで思いましたが… 今回の場合は、子株も小さく根も短いのでプラグトレイで十分でした。

これがプラグトレイで、ホームセンターなどで売っています。

区分けされているので、そこに1株づつ植えたほうが効率的です。 また、区画に対し用土の量も少ないので、水を与え過ぎた場合でも早めに乾燥してくれて、多湿の心配がありません。 

「鉢増し」という対策もある

「鉢増し」とは… 用土を崩さずに苗と用土ごと、そのまま… 別の大きい鉢に移動させる手段です。


大きい鉢に移すと、その分… 用土と鉢にスペースが空いてしまいますが… 今回の上海ローズの場合は、通気性のよい軽石などをスペースに補充すればOKです。

こうすれば、そこそこの蒸れ対策になってくれると思います。また、夏の間だけの処置として考え、秋になったら再度、植え直します。

スポンサーサイト




夏場の管理

株分けしてしまった「上海ローズ」ですが、秋までの管理環境を紹介します。

❶ 遮光率50%(日陰)の場所に置いておく


センペルビウムは、夏に半休眠するので… なるべく温度が低い場所に置きます。親株も子株も遮光して、直射日光に当たらないようにしておきます。

遮光は、寒冷紗【かんれいしゃ】がよく使われています


僕は屋外に置いていたので、白い寒冷紗(遮光率22%)の2枚重ねで約50%の遮光を保ちました。

 風が通る、明るい室内(窓際等)でも大丈夫だと思います。

特に、子株は陽射しが強いと焼けてしまう


株分け前は青々していましたが、少しの間… 遮光をサボっただけで外葉が赤く焼けてしまいました。

火傷させてしまってもスグには枯れませんが、徐々に枯れていってしまいます。 特に、子株は遮光率を高めて葉焼けに注意します。

❷ 水やり(頻度・量)

センペルビウムは乾燥にも強いようなので、夏場は控えめで大丈夫です。

  • 頻度の目安: 10日~2週間に1回
  • 量の目安 : 用土の表面が濡れるくらい(ポットの体積の1/5ほど)

逆に、何度も与えすぎてしまうと… 多肉にとってよくありません。

与え過ぎると、いつまでも乾かずに根腐れの原因になってしまいますし… センペルビウムでもニョキニョキと徒長します。

さらに、水やり後… 直射日光に当たり続けると、高温・多湿状態で即死してしまいます。

水を与えなくても枯れないの?

多肉植物は、用土から引き抜いて放置してもスグには枯れません。 涼しい日陰なら1ヶ月ほど経っても、葉っぱにシワがよるだけの場合もあります。

これは別のセンペルビウムですが、用土から引き抜いて2週間ほど放置しています。

小さい株でも、枯れない株は枯れません。 ダメージを受けた株の場合は、スグに変色して3日程度で枯れてしまいます。

多肉は水分が外に漏れにくい体質なので、意外なほど… 水分補給で心配する必要はありません。

❸ 株は、ほとんど成長しない模様

休眠期なので… 親株も子株も、ほとんど成長しないと思います。「黒法師」で有名なアエオニウム属と同じで、夏場はまったく大きさが変わりません。

親株の状況


親株は、春の子吹きで栄養を持っていかれたのか…? 外の葉から枯れてきましたが… ロゼットの中心は変色などもなく元気です。

子株の状況

2019/8/27(約2ヶ月後)

2019/10/5(約3ヶ月後)

株分けから3ヵ月ほど経過しましたが、子株は大きさに変化はありません。

夏の過ごし方、まとめ

センペルビウムを含め多くの多肉植物は、夏に半休眠するので、水も吸わなくなり現状を維持します。 なので、できるだけ植物にストレスを与えないように夏を過ごさせます。

  • 遮光率50%が目安
  • 子株の葉焼けに気を付ける
  • 水を控える(用土の高温・多湿を避ける)

水やりは本当に難しいと思います。

使う用土やポットの大きさによって水はけ具合も違うので、同じ水量でも結果は違ってきます。 慣れないうちは、思ったより控えめ… くらいが丁度よいかと思います。  

スポンサーサイト




枯れなければ、発根している証拠

株分けから2週間ほど経っても… 葉っぱの色がグリーンのままなら根は生えてきています。

 発根の例【ガゼル編】

同じような環境で、別のセンペルビウム(ガゼル)も発根を確認しました。

6月下旬に株分けしたガゼル

株分け前の、親株のガゼルです。

子株自体は、ほとんど発根しておれず… 株分け後に「はやまったかな!?」と思いました…。 

このガゼルも、夏前の6月下旬に株分けしました。。

10月上旬に、引き抜いてみると…

すべての子株で、発根を確認しました。

※ 一度、引き抜いてしまうと… 根も伸びているので、元の鉢の状態に戻すのは至難の業です! 2株づつくらい、別々のポットに植え直すハメになります。

以上のように「夏前」+「発根していない株」でも、遮光して管理すれば、根は生えてきます。

秋の「株分け」

夏前に、半分だけ株分けした上海ローズに戻ります。


つづいて… 10月にも、残りの半分も株分けしました。

「6月」と「10月」に株分けした子株

どうでしょうか? もう… 全くというほど大きさは変わっていません。

若干… 6月のほうが大きく感じるかもしれませんが、個体差の範囲です。 これなら… 秋まで親株と繋げておいて、一斉に株分けしたほうが手間がかかりません。

秋の株分け後も、陽射しに注意

左:遮光をしなかった子株
右:遮光した子株

秋になって涼しくなっていますが、陽射しの強さは残っています。 なので、夏前と同様に遮光をキープしておかないと葉が焼けてしまいます。

 子株の遮光率は11月いっぱいまで50%でもいいと思います。

【センペルビウム】株分けの、まとめ


もう一度、まとめます。

  • 夏前に株分けしても、その後の株の状態・成長には影響なし。ただし、夏の管理には気を付ける。
  • 夏前に株分けしても、しっかりと管理すれば、発根して秋から成長していく。
  • 株分けしてしまうと、管理の手間が増える。
  • 親株の周りに子株が多すぎて、カビや多湿が心配なら「鉢増し」で鉢の直径を広げておくのも有効
  • なんとなく不安に感じたら、秋まで待ってみる

以上となります。

スポンサーサイト




今回の経験を踏まえ、個人的には… 夏前の株分けは面倒なので秋に回してしまうと思います。

ですが、夏の管理に気を付ければ失敗することもないので、一度くらいチャレンジされてはいかがでしょうか。


多肉植物のネットショッピング(通販)ならカクトロコがオススメ

「オーロラ」を葉挿しで育てたら…「虹の玉」になった件

関連記事

  1. 多肉や鉢が増えたら… 広い庭が有利 !? 多肉植…

    こんにちは! イチクラです。多肉植物は、基本的に屋外で育てる植物です…

  2. 多肉1年生 はじめての冬に突入

    こんにちは! イチクラです。僕が住んでいる山梨県上野原市にも冬がやっ…

  3. 多肉1年生 2018年・秋から栽培スタート

    こんにちは! イチクラです。多肉ライフ…楽しんでいますか?そ…

  4. 「オーロラ」を葉挿しで育てたら…「虹の玉」になっ…

    多肉植物に興味が有る皆さんなら、だいたい知っている「オーロラ」という流通名の…

  5. 多肉1年生 春を迎える(令和元年-2019)

    こんにちは! イチクラです。いつの間にか、春がやってきて令和元年に突…

  6. 多肉植物を育てる前に、知っておけばよかった多肉の…

    こんにちは! イチクラです。この記事では、多肉植物を育てる前に「知っ…

PAGE TOP