子株で溢れる多肉「上海ローズ」を育てる

この記事は、センペルビウム属「上海(シャンハイ)ローズ」の栽培記録です。

オーソドックスなセンペルビウムになりますが、

たいへん綺麗な葉色を持っています。

また、子株が次々と増える、センペルビウム栽培の楽しさも味わえます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 基本情報 |
上海ローズ

ベンケイソウ科
センペルビウム属
品種名 Shanghai Rose
流通名 上海ローズ
生育期 秋・春
価格帯 300 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 株分け

 ネット販売

多肉植物専門店 ビスタ
ストア内検索:上海ローズ

※ 売り切れの場合あり

出自は不明のセンペルビウム

詳細不明な品種です。

フォルムやカラーは、オーソドックスなタイプで、

他のセンペルと、間違えてしまうかもしれません。

・・・
・・

◆ 季節の変化

 6月~12月くらい

▲ 7月上旬

▲ 11月上旬

暑くなるほど、グリーンが目立ちます。

本格的な紅葉は、少し遅く…

ぐっと冷え込む、1月以降になる感じです。


 1月~5月くらい

▲ 1月上旬

▲ 3月上旬

▲ 5月上旬

2月、3月くらいが… 紅葉のメインになり、

暖かくなるにつれて、

だんだんとグリーンが戻ってきます。

・・・
・・

◆ 購入時の写真と
1年後の比較

 購入時の写真

購入日:2018年10月

優木園さんの上海ローズです。

小さいながら子株を2つ付けています。

センペルビウムは、子株を持ちやすいので、

どれを買っても、1年後にはたくさん増えています。

 購入から約1年後の比較

▲ 30株以上に爆増

多肉植物は、増やしやすい植物ですが…

その中でも、勝手に増えてしまうのがセンペルビウムになります。

・・・
・・

スポンサーサイト




・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

梅雨時は、水やりを控えて管理します。

梅雨を明けたら、水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

高温・乾燥に強いタイプですが、

遮光を行い、極端な水切れを避けて管理します。

また、高温時の雨ざらしも避けたほうが無難です。

 冬の管理(凍結)

耐寒性のレベル
やや強
- - -

「-30℃」ほどの耐寒性があり、

凍結の心配がない多肉植物です。

霜に当てても痛まず、常に屋外で栽培できます。

・・・
・・

◆ 栽培記録
2018.10 ~

主な記録

 植替え ’19-03 ’19-09
 葉挿し
 株分け ’19-04 ’20-06 ’20-09
● 殺菌・殺虫剤(目安
オルトランDX粒剤 毎年、春に1回
ダコニール1000 毎年、春~夏に3回ほど
● 病害虫・生理障害

黒点系の病気:1回

● 植替えの土

多肉植物の土【プロトリーフ】
(※ 元肥を含む)

● 追肥(目安

植替えから1年後に適量

・・・
・・

・・・
・・

2018-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2018

10月上旬 上海ローズを購入

▲ 6cm ポット

初のセンペルビウムだったので…

しっかりと、子株が付いているポットを選びました。

ですが、それを気にしなくても大丈夫なほど増えます。

11月上旬 全体的に成長する

パッと見でも、子株が大きく成長しています。

冬 シーズン / 2018

※ 写真を撮り忘れました

センペルビウムは、強力な耐寒性を持つため…

屋外で冬越しが可能です。

今回は初めての冬越しでしたので、夜間は室内に取り込んでいます。

・・・
・・

2019-春
栽培記録

3月上旬 大きく育つ

冬の間にも、親株も子株も少しづつ成長しました。

紅葉もコントラストが効いて絶妙です。

厳しい寒さに当てると、さらに紅葉します。

子株を「株分け」

▲ ランナーで繋がる子株

土をほぐすと、親株からランナー(茎)で繋がっている子株が、

ぶら~んと垂れ下がります。

それぞれのポットへ植替え

親株は「9cmポット」へ植替え、

2つの子株は「6cmポット」へ、それぞれ植え付けました。

4月上旬 早くも、子株誕生

親株をひっくり返してみると…

1ヶ月足らずで、早くも子株が育っていました。

だんだんと増える

さらに、2週間ほどが経った状態です。

5月下旬 猛烈に増える

約1ヵ月後には、ポット埋め尽くすかのように爆増しています。

・・・
・・

スポンサーサイト




2019-夏
栽培記録

6月下旬 株分け2回目

前回から3ヶ月たらずで、2回目の株分けです。

この写真では写っていませんが、

まだ下に埋もれている兄妹がいます。

秋まで待つか迷ったあげく、
半分だけ決行

7月間近ということで…

「この時期は、どうなんだろう?」と迷いましたが、

ひとまず、先行して8株を株分けしてみました。

 残りの子株は、9月下旬に株分け

未発根の子株もある

カットすると未発根の子株もあり、

これからの季節… どうなることかと思いましたが、

その後、無事に発根していたようです。

素焼き鉢へ植える

▲ 「多肉植物の土」+「赤玉:3割」

カットした子株は、すぐに培養土に差し込んで完了です。

適当なポットを所持していなかったので、

とりあえず素焼き鉢にしましたが、

底の浅いプラグトレイのほうがオススメです。

7月下旬 葉に黒点が現れる

親株の様子になりますが、

「黒点系の病気」は、葉の表面にポツポツと小さな黒い点々が発症します。

幸い… このタイプの黒点では致命傷になりません。

発症してしまったら、
葉が生え変わるのを待つしかない

この黒点は、爆発的に増えたりはしないのですが、

気づくと… ちょこちょこ増えています。

症状は8月末くらいには治まっていました。

また、1度でも発症してしまうと、

除去できないので、葉の入れ替えを気長に待ちます。

8月中旬 外側の葉が、枯れ始める

主な要因は「遮光不足」と「水不足」だと感じます。

水切れに強い多肉植物でも、

限界を超えると、下葉から枯れやすくなるため、

定期的な水やりは必要です。

また、陽当たりが良すぎる場合も、遮光をするのが無難です。

・・・
・・

スポンサーサイト




2019-秋
栽培記録

9月下旬 株分け(残りの子株)

やや涼しくなってきたので、残りの子株もカットです。

これで、すべての子株を切り離しました。

 子株の成長具合は変わらない

夏の半休眠期を挟んだので、結果的には…

親株に付けっぱなしの子株と、さほど変わっていません。 

小さなくなった親株は、植替え

▲ 9cm ⇒ 7.5cm へ

春に比べると、外葉が枯れて小さくなったので、

ポットはサイズダウンです。

まだ、外葉の調子が悪そうですが…

黒い点々も道連れなので、結果オーライになります。

現時点で、黒点が増える様子はなし

9月末になりましたが、もう黒点が増える様子はありません。

話は、夏に戻りますが…

黒点は、葉の裏にもギッシリと発症していことがあります。

11月上旬 水&遮光不足

パッと見た感じは、問題なさそうですが…

外葉の枯れ具合が目立ちます。

すでに11月ですが、管理人の環境では水&遮光不足だったようです。

日陰のポットと比べてみる

左:日向 / 右:日陰

右の日陰(明るい場所)に置いていたポットは、

葉っぱにダメージがなくフレッシュな状態です。

小さくて若い株は、養生するのがオススメ

栽培環境にもよりますが…

子株は、まだ小さく葉も薄いので…

強い太陽光では、思っていたより早く焼けてしまいます。

小さい苗のうちは、遮光をしたり…

直射光が当たらない明るい場所で、管理するのが無難です。

11月下旬 植替えてリスタート

根は十分に伸びているので…

このまま育てても大丈夫かと思いますが、

すべての子株をメンテしてから植え替えています。

プラグトレイに植替え

▲ 1マス 4cm ほど

今回は、プラグトレイに植えています。

前回の素焼き鉢より、使用する土の量も少なく便利です。

 12月まで、遮光20%(寒冷紗・白)で管理

・・・
・・

スポンサーサイト




2019-冬
栽培記録

1月上旬 黒点の葉は消える

親株に発症した黒点の葉は、約半年をかけて枯れきってくれました。

結局、黒点系の病気になったのは、この年だけです。

 子株の調子は上昇

気温も下がり、栽培しやすい環境になったので、

外葉の枯れもなく、元気に育っています。

また、冬なので遮光は無しです。

2月中旬 がっつり霜に当てる

氷点下の屋外管理なので、朝はカッチカチです。

ですが、センペルビウムなら…

凍ってしまうことはありません。

 屋根や霜除けも不要

冬が好きという訳ではない

楽に冬越しができるセンペルビウムですが、

特別、冬が好きという訳ではないと感じます。

極端に野ざらしで管理するよりは、

定期的に水を与えたり、霜除けをしてあげるほうが、

株の状態はよいと思います。

3月上旬 紅葉MAX

2月の下旬頃から、親株・子株ともに…

紅葉が最高潮になりました。

深く紅葉させるには寒さが必要

▲ 左:6℃ / 右:-5℃

夜間の気温が「0℃」以下になったほうが、

深く紅葉させやすいと思います。

 紅葉具合は好み

センペルビウムは、紅葉すると…

どれもパープル系に染まり、個性を失いやすくなります。

そのため、紅葉が収まり始める春頃のほうが、

葉色とエッジのコントラストが目立ち、

品種ごとの個性も、区別しやすいかと思います。

・・・
・・

 上海ローズ【Vol.02】へ続く


コロラータ

【Vol.02】「上海ローズ」を育てる

関連記事

  1. 植物なのに糸?これは欲しくなる…センペルビウム「…

    この記事は、センペルビウム属「ガゼル」の栽培記録です。植物にクモの巣…

  2. 【Vol.02】「上海ローズ」を育てる

    この記事は、センペルビウム属「上海ローズ」の栽培記録【Vol.02】です。…

  3. 【Vol.02】ガゼルの栽培記録

    この記事は、センペルビウム属「ガゼル」の栽培記録【Vol.02】です。…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト

サイト内 記事検索



PAGE TOP