白雪ミセバヤ{スパツリフォリウム}

セダム属「白雪ミセバヤ」の紹介です。

パウダーをまとった「ほふく性」のセダムで…

いくつかの種類があります。

よく販売されているのが、このタイプとなり、

ケープブランコという名前でも流通しています。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


小型


グリーン

セダム属 原種の栽培品種
成長期は「春と秋」

ほふく性で広がりやすく、小型のロゼットを持つ。

パウダーが目立ち、先端ほど白く見える。

年間を通して基本的にはグリーンの葉色。

◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
セダム属
学名 Sedum spathulifolium ssp. pruinosum ‘Cape Blanco’
流通名 白雪ミセバヤ
ケープブランコ
生育期 秋・春
価格帯 400円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽

白雪ミセバヤは原種の栽培品種

 カナダ、アメリカの一部

このセダムは「スパツリフォリウム」という原種が元で、

その中でもいくつかの亜種があり、

さらに、その亜種の栽培品種となっています。

白雪ミセバヤと呼ばれているタイプは、

ケープブランコという名前でも流通しています。

 I.C.N(スパツリフォリウム)

▼ ミセバヤはこちら

白雪ミセバヤという流通名ですが、

本家のミセバヤは別のグループになります。

フォルムがよく似ているので、そう呼ばれているのだと思います。

子持ちレンゲにも似ている

ランナーで増えるため、どちらかというと…

子持ちレンゲに似ています。

凍らないセダム

白雪ミセバヤを含め、スパツリフォリウムの耐寒性は強く、

-20℃まで耐えるそうです。

そのため、葉が少し傷むことはあっても、

寒さで完全に枯れることはありません。

夏の管理だけ注意

基本的には強健で管理しやすいセダムです。

ほふく性なので、株元が込み合いやすく…

カイガラムシの住処になったり、蒸れる場合があります。

冬は心配いりませんが、夏は注意したほうが無難です。

育て方の、参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

 ネット販売

カクトロコ 日本花キ流通
にじはなPlants
ストア内検索:白雪ミセバヤ or ケープブランコ

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 6月下旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ グリーン
エッジの色 グリーン
備 考 天候・肥料により紫色に変わる

▲ 12月上旬

▲ 2月下旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ グリーン
エッジの色 グリーン
備 考 天候・肥料により紫色に変わる

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2019. 8
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん カクトロコ
購入店 カクトロコ(ネット)

 約1年後の様子

8月に購入したので「夏顔」の状態ですが、

年間を通して大きな変化はありません。

基本はグリーンの葉ですが、季節や環境により…

葉色はパープル系に変わり、パウダーの量も変化します。

また、ほふく性のためポットでは手狭に感じられるかもしれません。

1年間の主な作業

・なし

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(8月)

10月

12月

2月

4月

6月

 約1年後(8月)

10月(剪定&挿し芽

※ 個別のポットに植え付け

12月

※ いつの間にかカイガラムシが発生

3月

※ ほとんど枯れてしまう

 リスタート(3月)

※ 追加購入してリスタート

6月

8月

10月

12月

 約2年後(2月)

4月

5月(剪定&挿し芽

8月(根付かず

※ ほとんど根付いていない

10月

※ 根付き始める

12月

 約3年後(2月)

6月

8月

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1. ほふく性セダム

育て方はマンネングサ系のセダムや、子持ち蓮華と同様です。

購入時はポットに収まっていても、

次第に伸び始め、外へ広がり伸びていきます。

粉っぽさ・葉色は季節によって異なる

白雪ミセバヤの特徴的なパウダーですが、

季節によって、葉の先端を強く覆う場合や…

全体をまんべんなく覆うこともあります。

また、葉色は紫色に変わることもあり、日照や肥料に影響されると感じます。

2. 乱れてきたら剪定

株元がスカスカになってきたり、

微妙な見た目になったら剪定します。

剪定後の親株からは増えづらいので、

カットした「挿し穂」を植えたほうが効率的かと思います。

【参考】3ヵ月ほど根付かず

▲ 5月の様子

▲ 8月末の様子

今回、5月に剪定して挿し芽にしましたが、

秋になるまで根付きませんでした。

それでも、夏の3ヵ月間を乗り切っています。

「挿し穂」の状態では、蒸れにくく枯れにくい

乾燥に強い多肉の場合は「挿し穂」の状態だと、

1シーズンくらいは軽く持ち応えてくれます。

水を吸えないため成長はしませんが、

逆に蒸れて枯れることは、ほとんどありません。

夏の場合は、直射日光を避けて管理することで、

秋までには発根して根付いてくれます。

3. 寒さには超強い

多肉植物の中でも、とても寒さに強いセダムで…

センペルビウムと同様に凍らないタイプです。

そのため、地植えやグランドカバーにも向いています。

冬でも葉は枯れにくい

見た目はミセバヤや子持ち蓮華と似ていますが、

この2つは宿根草タイプなので、

秋から冬にかけて、地上部は枯れていきます。

いっぽう白雪ミセバヤは、冬でもグリーンの葉を保ちつつ越冬します。

ですが、野ざらしで放置するより、

ある程度は養生して管理すると、より綺麗に育ちます。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし

ほとんどの地域で凍害の心配が無く…

夜間の屋外でも冬越しが可能。

 霜除け不要 & 野ざらしもOK

冬の間は野ざらし状態でOKです。

霜避けも不要で、霜に当ててもダメージはありません。

水やりも雨や雪解け水で十分となります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・

スポンサーサイト




キュービックフロスト

カメレオン錦

関連記事

  1. ロッティ

    ロッティの詳細は、栽培記録をご覧ください。・・・・・・…

  2. 天使の雫{トレレアシー}

    セダム属「天使の雫{トレレアシー}」の紹介です。小型の丸っこい葉を付…

  3. カメレオン錦

    セダム属「カメレオン錦」の紹介です。ぷっくり系のセダムとは異なり、…

  4. 玉蓮【ぎょくれん】

    セダム属・玉蓮の紹介です。多肉植物の中では、かなり渋いタイプで、…

  5. ジョイスタロック

    セダム属「ジョイスタロック」の紹介です。見た目は、虹の玉やマッコスに…

  6. 銘月{アドルフィー}

    セダム属「銘月【めいげつ】」の紹介です。銘月は「月の王子(黄麗)」と…

  7. オレンジドリーム

    セダム属「オレンジドリーム」の紹介です。オレンジっぽく紅葉する珍しい…

  8. 八千代{コリネフィルム}

    セダム属「八千代【やちよ】」の紹介です。やや乙女心にも似ているジェリ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP