「コモチレンゲ」の栽培。四季を感じられる多肉植物。

この記事は、オロスタキス属「コモチレンゲ(子持ち蓮華)」の栽培記録です。

この多肉植物は、春~夏にかけて育ち…

秋には枯れはじめ、冬は休眠するサイクルとなります。

一般的な「春秋型」の多肉とは異なり、

オロスタキス属は、四季の移り変わりを楽しめるグループです。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 基本情報 |
コモチレンゲ

ベンケイソウ科
オロスタキス属
学名 Orostachys malacophylla
流通名 子持ち蓮華
生育期 春~夏
価格帯 300円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 挿し芽

 子持ち蓮華について

蓮華シリーズは、いくつかの種類があり…

その中でコモチレンゲは、北海道などで自生する固有種になります。

名前の通り、ランナーで子株と繋がり…

ロゼットは蓮華(蓮の花)っぽいフォルムをしています。

 I.C.N(コモチレンゲ)

他の、蓮華シリーズ

オロスタキス属には、他にも「岩蓮華」や…

「爪蓮華」などのシリーズがあります。

 ネット販売

にじはなPlants カクトロコ
ストア内検索:コモチレンゲ / 子持ち蓮華

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

◆ 季節の変化

※ 写真は「斑入り種」になります

▲ 5月上旬

▲ 7月中旬

葉色(肥料・並) 淡いグレー
葉色(肥料・ 淡いグレー
性質 ランナーで増える
備 考 春頃はグリーンが目立つ

▲ 10月上旬

▲ 2月下旬

葉色(肥料・並) 淡いグレー
葉色(肥料・ 淡いグレー
性質 冬は休眠
備 考 秋から枯れ始める

 子持ち蓮華の花

撮影日:10月下旬

茎の先端から、仏塔のような花芽が伸びていきます。

その後、気付くと白い花が咲いています。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 購入時の写真と
1年後の比較

購入時の写真

購入日:2020.4 / 8cmポット

「にじはなプランツ」さんで購入した、斑入りコモチレンゲ。

ノーマル種も販売していますが、

斑入りはコントラストが目立つので、より綺麗に見えます。

 約1年後の比較

コモチレンゲは、秋から枯れ始め…

冬に休眠するので、毎年リセットされます。

性質は強健なため、適当に栽培してもそれなり増やせます。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(凍結)

耐寒性のレベル
やや強
- - -

「-15℃」の耐寒性があり、

多くのエリアで、凍結の心配がない多肉植物です。

霜に当てても痛まず、常に屋外で栽培できます。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 通常
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 通常

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプ。

雨ざらしもOKで、1年を通して水やりの制限は気にしないで大丈夫。

高温多湿(蒸れ)には注意なので、夏の直射日光は遮光などでケアする。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1. 春夏型の多肉植物

コモチレンゲは、セダム等の多肉とは異なり…

成長期は春~夏で、秋から枯れ始めます。

ですが、多年草なので…

翌年の春には、葉を広げ元気に生育します。

陽当りと、適度な肥料で栽培

肥料は春・夏に適量を与え、適度な陽当りで育てます。

雨ざらしでも、徒長しづらいと思いますが、

夏の高温多湿(蒸れ)には注意して管理します。

2. 毎年、仕立て直しが必要

秋頃から枯れ始めてくるので、

来シーズンに向けてメンテナンスを行います。

その際、枯れ葉や子株、ランナーでゴチャつくため、

整理するのが面倒に感じられるかもしれません。

冬越しして、春でもOK

秋にメンテナンスを忘れても、

そのまま冬越しさせ、春夏の成長期で仕立て直すのもOKです。

こちらの場合は、株がフレッシュなので、

剪定・植え付けの作業が楽かと思います。

 「挿し芽」で増やせる

整理した部分は「挿し芽」で増やせます。

丁寧に植え付ければ、より多くの苗を残せます。

面倒な場合は、小さな子株は諦めて…

メインのロゼットだけ、しっかりと植えれば大丈夫です。

3. 冬は野ざらしでもOK

12月頃には、ロゼットの枯れ葉も増え…

小さくカチカチに変わります。

ですが、一定以上は小さくならず、枯れることもありません。

寒さに強く、まず凍らない

北海道で自生しているだけあって…

寒さに強く、凍害の危険はありません。

霜除けは不要で、水やりも雨水や雪解け水でよいと思います。

初見では心配になりますが、宿根草の感覚で大丈夫です。

・・・
・・

◆ 栽培記録
2020.4 ~

主な記録

 植替え ’20-10 ’21-04
 葉挿し
 剪定・挿し芽 ’20-10 ’22-05
● 殺菌・殺虫剤(目安
オルトランDX粒剤 毎年、春に1回
ダコニール1000 毎年、春~夏に3回ほど
● 病害虫・生理障害

現在まで、大きな病気・害虫・日照不足等の被害はなし

● 植替えの土

多肉植物の土【プロトリーフ】
(※ 元肥を含む)

● 追肥(目安

春~夏にかけて、ハイポネックスなどを適量

・・・
・・

スポンサーサイト




2020-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2020

3月上旬 子持蓮華を購入

▲ 斑入りバージョン

▲ 400 円(8cm ポット)

購入したのは「にじはなプランツ」さんの斑入りコモチレンゲ。

斑入りの場合は、やや暑さ・蒸れに弱くなりますが、

育て方・管理方法は、ノーマル種と変わりません。

販売期間は、春~夏

秋頃から枯れてくる植物なので、

販売期間は、春~夏の間になると思います。

5月上旬 新緑の季節

グレーっぽい葉色のイメージですが、

5月頃はグリーンの葉が目立ちます。

夏 シーズン / 2020

7月中旬 1番の見頃

コモチレンゲは、他のベンケイソウ科の多肉とは異なり、

6~7月頃が一番の見頃となります。

特に斑入り種の場合は、寄せ植えた感じにも見えます。

8月上旬 斑の部分は弱い

多肉の斑入り種(錦)は、葉が薄いタイプほど…

夏の暑さに弱くなります。

コモチレンゲの場合では、斑のロゼットは…

割り切って枯らせてしまってもよいかと思います。

肉厚の多肉植物なら大丈夫

斑入り(錦)で弱いのは、葉の薄いタイプだけで、

「ティツバンス錦」や「姫秀麗・錦」など…

肉厚の斑入り種であれば、ほとんど影響はありません。

8月下旬 夏の終わり

8月が終わる頃には、少しづつですが…

枯葉や茎のダメージが目立ってきます。

花芽も伸び始める

大きく育ったロゼットでは、花芽が付きやすくなります。

その後は開花して、枯れていきます。

来シーズンに向けて、剪定して挿し芽

ボロボロになって水を吸えない状態であれば、

剪定して「挿し芽」で育てます。

枯葉が少ないほど、作業は手間がなく簡単です。

梅雨・夏の管理方法

雨ざらしでも、目立った徒長はしないと思います。

陽当たりを重視しつつも、高温多湿になる環境は避け…

強すぎる場合は遮光してケアします。

また、成長期は夏までなので…

春~夏にかけて、適量の肥料を与えれば十分だと思います。

病気・害虫にも強い

無農薬でも病害虫の被害は少ないと感じます。

対策はオルトランとベニカでOKです。

・・・
・・

2020-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2020

10月上旬 秋の様子・開花

秋になると、独特の小さな花を咲かせます。

咲いたロゼットが多いと…

ポット全体のボリュームも減ってきます。

開花後の株は枯れる

開花した株は枯れてしまいます。

再び、脇芽が伸びることもありません。

仕立て直し

この時期のメンテは、多肉の中では面倒です。

枯れた葉やランナーも多く…

掃除をしながら選別することになります。

 株がフレッシュな春夏のほうが簡単

プラグトレイに植える

今回はプラグトレイに植えています。

これから先は休眠期間なので、底の浅い容器で十分です。

適当に撒いても大丈夫ですが、

なるべく土に挿した状態の方が、その後の具合は良いと思います。

11月中旬 冬モード突入

11月頃になれば、コモチレンゲの冬支度が目立ってきます。

不要な葉を落として、蒸散をより防ごうとします。

このようにセルフで…

季節の支度をしてくれる多肉は他にもあり、

黒法師などのアエオニウム属は、夏に葉を落として夏越しします。

ここからは、野ざらし管理でも大丈夫

休眠気に入ったため、翌年の3月頃までは動きがありません。

冬の管理面では、最低気温「-15℃」まで大丈夫そうなので、

ほとんどのエリアで、凍害の心配もなさそうです。

そのため、野ざらしで放置しても枯れません。

心配であれば、適度に水やりを行い、半日陰や日向で管理して頂ければと思います。

冬 シーズン / 2020

12月上旬 消えたように見える

寒さが強まってくると…

いっそう外葉が枯れて、ロゼットは玉のようになります。

すべて枯れることは少ない

地上部がすべて枯れることはありません。

ある程度の小さなロゼットになったら、そこで止まります。

・・・
・・

スポンサーサイト




2021-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2021

3月上旬 春の訪れ

3月に入ると、カチカチだったロゼットに動きが出始めます。

ロゼットが開く

気温の上昇と共に、少しづつロゼットが開きます。

親株は、反応なしで終了

親株は、株元から新芽が伸びることはなく終了となりました。

4月上旬 成長期

さらに暖かくなると、ランナーもたくさん伸びてきます。

5月上旬

木箱へまとめる

ここで、プラグトレイから…

高さのある木箱へまとめています。

6月上旬

夏 シーズン / 2021

7月上旬

8月下旬

今年も、この時期あたりから…

成育の勢いが弱まり始めています。

・・・
・・

2021-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2021

10月下旬

11月中旬

しっかりとメンテしたかったのですが、

今年度は、ほとんど放置気味で冬を迎えます。

冬 シーズン / 2021

2月下旬

色々とボロボロですが、コモチレンゲでは平常運行です。

手を掛けてあげれば…

少しは綺麗に見えるかもしれません。

・・・
・・

スポンサーサイト




2022-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2022

5月上旬 活動再開

いつものように、春になれば元気に育ちます。

今回は、植え替えをしなかったので…

肥料不足のせいか、グリーンの葉は目立たず、成育にも勢いがありません。

仕立て直し

少し遅めの仕立て直しです。

ばら撒いても、だいたい育つ

▲ 造形を意識して植え付け

▲ 繁殖用にばら撒き

小さな苗や子株は、挿していくと時間がかかるので、

ざっと撒いておいても大丈夫です。

念のため、茎が隠れるほどの土をふりかけておきます。

7月上旬

ノーマル種のような葉色

今年の葉色は、斑入りの感じは確認できず…

クリーム色のロゼットも消えていました。

理由は不明ですが…

斑入りらしさを感じられない夏となりました。

8月下旬

昨年、咲かなかった花も今年は咲きそうです。

まだまだ暑い日が続きますが、

夏の終わりを感じさせる1コマです。

・・・
・・

最終更新 2022 / 9

9月中旬

開花すると、徐々に株の数は減っていきますが、

定期的にメンテナンスを行えば、

1ポットだけでも十分に増やせます。

 この後の栽培は、繰り返し

子持ち蓮華のまとめとしまして…

今後も同じようなサイクルで育ちます。

初夏が見頃で、秋から枯れ始めるので、

エケベリアなどの多肉とは、生育期・管理方法が異なります。

繁殖の方法は…

春~秋にかけて剪定し、「挿し芽」で育てます。

冬は休眠期のため、小さなロゼットに変わりますが、

春になれば活動を再開します。


アロマティカス

パキフィルム

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト

サイト内 記事検索



PAGE TOP