銘月{アドルフィー}

セダム属「銘月【めいげつ】」の紹介です。

銘月は「月の王子(黄麗)」とよく似ており、

サンライズマムなども含め、

黄色いセダムの原点となる原種かと思います。

ただ発色としては、同じ黄色でも…

やや渋めで、古風な雰囲気を感じます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
セダム属
学名 Sedum adolphi
流通名 銘月
アドルフィ-
生育期 秋・春
価格帯 300 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

銘月は原種

 メキシコ

銘月はメキシコ原産の原種です。

黄色い多肉植物といえば、銘月というほどで…

他のグループを含めても…

ここまで黄色に発色する種類は、他に見当たりません。

月の王子やサンライズマムなどは、銘月と関係のある品種だと思います。

 I.C.N(銘月)

ファイヤーストームというタイプもある

▲ 右がFストーム

通常の銘月と比べ、エッジのオレンジが目立つ…

ファイヤーストームというタイプも流通していますが、

区別されていないケースもあると思います。

ヌスバウメリアナムは、シノニム(無効名)

I.C.Nによるとヌスバウメリアナムは、

銘月のシノニムで同じセダムになりますが、

見た目は「月の王子」と「銘月」を合わせたような雰囲気をしています。

育て方は「月の王子(黄麗)」と同じ

育て方や性質は「月の王子(黄麗)」と同様。

あまり寒さには強くないので、凍害には注意します。

葉挿しも、そこそこの確率で成功するタイプです。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

カクトロコ
ストア内検索:銘月

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2021. 2
ポットサイズ 8cm
販売 or 生産者さん
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

4月に購入したので「冬顔」の状態です。

比較的、紅葉は残りやすく、梅雨ぐらいまでは…

黄色い葉色を楽しめるかと思います。

ただ、肉厚のセダムなので、水を与え過ぎは徒長の要因となります。

葉挿しも、そこそこ成功しやすいので、初めての方にもオススメです。

1年間の主な作業

・なし

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(4月)

※ 7.5cm

7月

8月

9月(植替え

※ 7.5cm

10月(葉挿し

※ 3枚のみ成功

12月

2月

2月(凍害

※ 凍害のダメージにより全滅

 リスタート(4月)

※ 追加購入してリスタート

4月(葉挿し

※ どちらも3/5で成功

6月

8月

10月

2月

 約2年後(4月)

5月(植替え

6月

8月

12月(凍害

※ 裏側だけ凍害

 約2年後(4月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 1度の凍害で、完全に枯死するケース

▲ 2月上旬

▲ 2月下旬

例えば、銘月のように「-3℃」くらいが限界の多肉が、

外気温「-8℃」で一晩を過ごすと、

翌日には芯まで凍りつき枯死してしまいます。

解凍はしないので注意

▲ ダメージが残る場合も多い

凍害で多肉が凍っても、綺麗に戻るケースもよくあります。

ですが、それは「-7℃」くらいが限界の多肉の場合です。

そのような多肉であれば、外気温が「-8℃」でも、

葉の表面が凍るだけ済み、それが解凍しているように見えるだけです。

上の写真のように、深刻な凍害を負うと…

細胞が死んでしまい、傷として残ってしまいます。

多肉の種類と外気温の違いを意識しよう

多肉の耐寒性は、外気温に影響されます。

寒さに強い多肉でもあっても、

外が「-10℃」まで下がっていたら、

ほとんどの多肉で大きな被害が発生します。

多肉植物は寒さに強いとされていますが、

さすがに「-5℃」まで下がってくると、

寒さに弱い種類は、枯死する可能性が高まってくるので、

冬の屋外での栽培は、最低気温の把握が重要となります。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「弱い」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、凍害の影響はなし。

-5℃まで下がると一部で凍結がみられ…

-7℃では全体が凍結し、再起不能かと思います。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


レモンベリー

ブラッドマリア

関連記事

  1. 斑入りタイトゴメ

    セダム属「斑入りタイトゴメ」の紹介です。斑が入っていない普通のタイト…

  2. ペレスデラロサエ

    セダム属「ペレスデラロサエ」の紹介です。同属のロッティや、エケベリア…

  3. シャングリラ

    セダム属「シャングリラ」の紹介です。パッと見の印象は、ピンクや赤色が…

  4. 乙女心{パキフィルム}

    乙女心の詳細は、栽培記録をご覧ください。・・・・・・…

  5. 天使の雫{トレレアシー}

    セダム属「天使の雫{トレレアシー}」の紹介です。小型の丸っこい葉を付…

  6. スアベオレンス

    この記事は、セダム属「スアベオレンス」の栽培記録です。スアベオレンス…

  7. ジョイスタロック

    セダム属「ジョイスタロック」の紹介です。見た目は、虹の玉やマッコスに…

  8. パープレウム{スパツリフォリウム}

    セダム属「パープレウム」の紹介です。このセダムは白雪ミセバヤ(ケープ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP