センセーション

エケベリア属「センセーション」の紹介です。

ぷっくりした肉厚な葉を持つエケベリアとなり、

小さく育てても、大きく育てても楽しめる品種です。

見た目・雰囲気はチワワエンシス(旧タイプ)に近いので、

チワワらしさを感じながら栽培を楽しめます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Sensation
流通名 センセーション
生育期 秋・春
価格帯 700 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽

センセーションは交配種

▲ チワワエンシス(旧タイプ)

詳細は不明ですが、おそらくチワワエンシス(旧タイプ)との交配種かと思います。

特徴としては、ふっくらとしたスペード型の葉と、

旧タイプを象徴する…

ブルーグリーン&ピンクの葉色も引継いでいます。

ロゼットは安定している

チワワエンシスの旧タイプは、ロゼットが崩れやすいエケベリアですが、

センセーションは大丈夫そうです。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

Pure-Leaf 日本花キ流通
ストア内検索:センセーション

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬


▲ 12月上旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 4
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん ピュアリーフ
購入店 ピュアリーフ(ネット)

 約1年後の様子

4月に購入したので「冬顔」の状態です。

無肥料や肥料切れの状態では、

どれだけ長く育てても、大きなサイズアップは見込めません。

逆にサイズをキープしたい場合は無肥料が適しています。

ただ、最初の一株目は肥料を使って育てたほうが…

成長と共に、その品種の特徴があらわれるので、

エケベリア栽培を学びたい方にはオススメとなります。

1年間の主な作業

・なし

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(4月)

※ 7.5cm

5月

8月

10月

12月

2月

 約1年後(4月)

4月(植替え

※ 6cmポット

6月

8月

10月

12月

2月

 約2年後(4月)

7月

8月

10月

12月

2月

 約3年後(4月)

4月(花芽の葉挿し

※ すべて失敗

5月

6月

8月

9月(胴切り

10月(発根&植え付け

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 葉先が黒くなる症状

稀にエケベリアで見かける、葉先が黒くなってしまう症状です。

夏に発生するため、疑わしいのはハダニ関係か、

何かの病気、または葉焼けなどの生理障害かと思いますが、

原因はよく解りません。

現在は放置して管理

一度でも黒くなると、葉の入れ替わりまで待つしかありません。

何かの殺虫・殺菌剤で防げる感じもしますが、

現状は放置して管理しています。

2 胴切りのタイミング

▲ 親株は破棄

秋になったら胴切りを行って、繁殖させる試みでしたが、

夏にハダニ被害などに遭い、葉の枚数を減らしてしまいました。

そのため、根元から剪定することになり、

親株の繁殖は諦めて、挿し穂を育てるだけに留まっています。

ある程度、葉の枚数は欲しい

できれば、上の写真くらいに葉が残っていると…

胴切りを行っても「親株」と「挿し穂」に十分な葉が残ってくれます。

葉が少ないエケベリアほど胴切りは難しく、

ギリギリを攻めると、葉がバラけたり…

深い傷が入り、葉挿しでも使えなくなってしまうので、

無理はしないほうが無難です。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


パンジー

ホーリーゲート

関連記事

  1. シャルルローズ

    エケベリア属「シャルルローズ」の紹介です。紅葉時は、ピンク系に色付く…

  2. アイボリー / J.C. Van Keppel

    エケベリア属・アイボリーの紹介です。この多肉は、名前の通り… 紅葉す…

  3. 七福神 / インブリカータ

    七福神 または インブリカータの詳細は、栽培記録をご覧ください。…

  4. シャンペーン

    エケベリア属「シャンペーン」の紹介です。シャンペーンは、名前の前にピ…

  5. ローズヒル

    エケベリア属「ローズヒル」の紹介です。見た目はアガボイデスになります…

  6. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  7. プレトリア

    エケベリア属「プレトリア」の紹介です。モンブラン色の紅葉が楽しめる交…

  8. 紅稚児【べにちご】{マクドガリー}

    エケベリア属「紅稚児」の紹介です。セダムっぽくも見えますが、原種のエ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP