レティジア

セデベリア属「レティジア」の紹介です。

多肉植物は全体的にパステルカラーが多く、

発色が弱めの植物ですが、

レティジアの赤い紅葉は、明度・彩度の高いビビットカラーが特徴です。

定番の普及種の1つでもあり、

マジック(ジャム)ゴールドという、黄色の斑入りタイプもオススメとなります。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


中型


グリーン・レッド

セデベリア属 属間交配種
成長期は「春と秋」

基本は単頭のロゼットで、次第に幹立ちして脇芽が付くタイプ。

夏はグリーンの葉色。

冬の紅葉は、全体が明るい赤色に発色。

◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
セデベリア属
品種名 Letizia
流通名 レティジア
レディジア
生育期 秋・春
価格帯 400円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

 レティジアは属間交配種

日本では見かけない「クスピダツム」というセダムと、

マイナーなエケベリアの1つ「セトーサ」の交配です。

とてもレアな交配だと思いますが、

そのぶんオンリーワンの外観と、交配の魅力を感じられます。

 I.C.N(レティジア)

マジックゴールドも有名

レティジアには先端が黄色に発色する…

マジック(ジャム)ゴールドも有り、

こちらもノーマルと同様に人気の品種となります。

白斑の「錦」もある

白い斑のレティジアもありますが、

こちらのタイプは、斑入りになったことで…

レティジアらしい魅力が消えてしまった感じがします。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

 ネット販売

ハニーミント
日本花キ流通 Pure-Leaf
ストア内検索:レディジア / レティジア

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ グリーン
エッジの色 葉色と同様
爪の色 葉色と同様
ロゼット 日照不足&水やりで開きやすい
備 考

▲ 12月上旬

▲ 2月

葉色(肥料・並) レッド&グリーン
葉色(肥料・ レッドが多め
エッジの色 葉色と同様
爪の色 葉色と同様
ロゼット 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 11
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん フラワービートル
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

11月に購入したので「やや冬顔」の状態です。

紅葉の本番は、寒暖差が広がる12月以降となり…

日照が足りないと十分に色付きません。

また、肥料を吸っている状態でも発色は弱まります。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(11月)

※ 7.5cm

12月

2月(凍害

※ 一部、枯死

4月(剪定&植替え

7月

8月

9月(葉挿し

※ ほぼ成功

10月

 約1年後(12月)

2月

4月(開花

5月

7月

8月

10月

 約2年後(12月)

2月

4月

7月

8月

10月

 約3年後(12月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 紅葉の発色は、弱いケースもある

上の写真は、どちらも同じ2月の状態ですが、

だいぶ紅葉具合が異なります。

紅葉には「陽当たり」「寒暖差」「水分量」「肥料の残量」で決まり、

前の2つは多いほうがよく、

後の2つは少ないほうが紅葉しやすくなります。

プラグトレイで育てると紅葉しやすい

例えば、葉挿しの葉っぱからプラグトレイで1年ほど育てると、

その多肉は紅葉しやすくなります。

理由は単純で、土の量が少ないため…

水持ちが弱く、肥料も早めに吸い尽くしてしまうからです。

過度に紅葉させたいなら、水を切る

▲ 2月上旬の様子

上の写真から、さらに紅葉させたい場合は、

陽に当てつつ、1ヵ月ほど水やりを控えます。

そうすれば、真っ赤なレティジアの完成です。

2 葉挿しは得意なタイプ

レディジアは葉挿しが成功しやすい性質だと感じます。

マジックゴールドも含め…

栄養状態が悪くても50%くらいはイケそうです。

剪定でも脇芽が付きやすい

また、背が伸びる多肉ですので、

途中で剪定してあげれば、脇芽が伸びてきます。

3 害虫・病気に注意

レティジアに限ったことではありませんが、

夏の病害虫対策は、ベニカXファインスプレーだけでも…

散布しておくのが無難です。

なるべく被害を抑えたいなら専用薬剤

ベニカは殺虫&殺菌の万能薬剤ですが、

もし、あまり効かず被害が拡大するようなら、

「ダニ太郎」や「ダコニール」など、

それぞれの専用薬剤を散布するのがオススメです。

また、害虫と病気の区別がつかない場合は、

面倒ですが両方の薬剤を、定期的に散布しておきます。

4 凍害には警戒

おそらく「-5℃」でも耐えてくれると思いますが、

プラスして風が当たり続けると傷みやすくなります。

-3℃より下がる時間帯はは、防霜&防風もセットで対応するのが鉄則です。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ヒアリナ

アリエル

関連記事

  1. ローラ(こころ)

    エケベリア属「ローラ」の紹介です。ローラは比較的メジャーな交配種で……

  2. ファイヤーピラー

    エケベリア属「ファイヤーピラー」の紹介です。名前の通り、炎のように明…

  3. ミニベル

    エケベリア属「ミニベル」の紹介です。小型のロゼットで冬は赤く紅葉する…

  4. ブルーヘロン

    エケベリア属「ブルーヘロン」の紹介です。パッと見の印象は、青くなった…

  5. ラウレンシス

    エケベリア属「ラウレンシス」の紹介です。原種セクンダのバリエーション…

  6. レイマース

    エケベリア属「レイマース」の紹介です。エケベリアでは珍しく、オレンジ…

  7. サブセシリス

    エケベリア属「サブセシリス」の紹介です。淡いブルーの葉色をした、薄葉…

  8. ヒアリナ

    エケベリア属「ヒアリナ」の紹介です。2023年の上期くらいまでは、…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP