多肉植物の夏仕様、「夏顔」の特徴を紹介

丸まるとした鮮やかな多肉植物(特にエケベリア)を買ったものの、

梅雨入り頃から、色・形が変わり…

ちょっと残念な気分になってしまうこともあるかと思います。

それは「夏顔」といわれる、夏の姿に変わった状態になりますが、

今回は、その「夏顔」の特徴について紹介します。

 記事の概要

  • 夏顔は正常な状態
  • 「夏顔」と「葉の伸長」の違い
  • 夏顔を抑える方法
 ポイント

例えば、エケベリアのロゼットは、

上の写真のように、夏はグリーンの葉に変わり、

梅雨頃から徐々にロゼットが広がるのも正常な変化です。

そして、冬になれば自然と丸まったロゼットに変わります。

それが、多肉植物の自然なローテーションとなるので、

夏は夏らしい「夏顔」を楽しむのがオススメとなります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 夏顔は正常な状態

左:夏顔 / 右:冬顔

エケベリアをはじめ、常緑草の多肉植物は、

季節に合わせて、ロゼットの状態を変えながら成長します。

それが、いわゆる「夏顔」「冬顔」と呼ばれています。

「夏顔」と「冬顔」の違い

両者の違いは、ご承知の通り…

夏顔はグリーンの葉色がメインになり、

ロゼットも開き気味になります。

いっぽうの冬顔は、多肉を宣材写真でも使われる…

カラフルに紅葉してロゼットも引き締まった状態です。

変化の流れ

▲ シャルルローズ(3cm)

ここで「カット苗」を使って1つ例を紹介します。

エケベリアなどでは上の写真のように、

ポットや土が付属しない、カット苗と呼ばれる状態でも販売されています。

参考】丸まる理由

例)親株から先端をカットした状態

カット苗が、簡単に丸まりやすい理由は、

元々、丸まりやすい先端部分をカットして…

「挿し穂」の状態で販売しているからです。

ロゼットが丸まる条件
  • 冬のような寒さに当てる
  • 水やりを控える

この2つの条件が揃うと、元の状態にも左右されますが、

ポットに植えてあるエケベリアでも丸まってきます。

最悪、水切れだけでも、

カットした「挿し穂」なら、よく丸まってくれます。

植え付け後の変化

▲ 5月上旬

▲ 7月下旬

▲ 10月下旬

▲ 12月上旬

▲ 2月上旬

▲ 4月上旬(1年後)

このように、どんな多肉植物でも、

また、カット苗を使ったとしても、

夏には夏顔になり、冬になれば冬顔になります。

これが普通のサイクル

多肉の特徴としては、冬は寒さでロゼットが閉じやすく、

夏は暑さでロゼットが開きやすくなります。

これは普通の成長サイクルで、見た目でも何の異常もありません。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 夏顔と伸長の違い

夏顔と紛らわしいのが、梅雨時に起こりやすい「葉の伸長」です。

セダムなどは、茎が伸びる「徒長」が目立ちますが、

エケベリアの場合は、茎はあまり伸びない代わりに、

葉っぱがどんどんと伸びてしまいます。

 葉の伸長との違いは?

観た感じでは、夏顔の状態と…

葉が伸長した状態は、あまり変わらないと感じると思います。

そうなると、管理ミスによる葉の伸長なのか、

普通の夏顔なのか、なかなか、判断が付きません。

変化の例

▲ 5月上旬

ここで再びエケベリアを使って確認してみます。

上の写真は5月の状態で、

紅葉は冷めていますが、フォルムとしては整った状態です。

ちょっと伸長ぎみ

▲ 7月上旬

▲ 2月上旬

7月上旬の写真では「ちょっと伸びちゃったかな~」くらいの感じです。

そのまま育てた2月の写真では、

それなりの冬顔になりましたが、

夏に葉が伸び過ぎたぶん…

外葉の引き締まりが、足りないようにも感じます。

育て方で変わる

▲ 8月

▲ 12月

こちらは同じシルエットというエケベリアです。

同じ時期に撮影した写真ですが、

今回のほうが全体的に引き締まっている状態です。

 栽培経験と慣れが必要

葉を伸長させないためには、知識にプラスして、

やはり栽培経験と慣れが必要です。

はじめは誰でも、思った以上に葉を伸長させてしまいます。

▼ 徒長の対処法と同じ

対策としては、主に水やりの仕方が重要になりますが、

この辺りも失敗して覚えられることも多いので、

多肉栽培は年々、上手くなっていくと思います。

伸びやすいタイプ

▲ 夏のカンテ

エケベリアの中には、特に葉が伸びやすいタイプがあり、

代表的なのが「カンテ」や「その交配種」、

また、葉の厚さが薄いエケベリアになります。

誰が育てても伸びると思う

カンテやその交配種を、冬顔のまま…

育て続けるのは困難です。

肥料の有無や、水やりレベルではなく、

どうやっても伸びるタイプだと感じます。

葉が垂れやすいタイプ

▲ サブセシリス

▲ ブルーバード

葉が垂れやすいタイプは、幹立ちしやすく…

葉が薄めのエケベリアです。

薄めの葉は、水切れさせると垂れ下がりやすく、

幹が伸びるぶんのスペースで、より目立ってしまいます。

剪定して整える

▲ before

▲ after

垂れた葉は、冬になっても元に戻りませんので、

他の植物と同様に剪定して整えます。

幹をカットすれば、親株からは脇芽が伸びるので、

多肉植物も基本的には、剪定すると増やすことができます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 夏顔を抑える方法

▲ カラボニー(11月)

夏でも「冬顔っぽくしたい」という希望もあるかと思いますが、

実際には、冬季のような冬顔にはなりません。

どうしても紅葉は冷めてしまいますし、

「夏顔っぽいな~」という印象は拭えません。

フォルムなら調整しやすい

▲ カラボニー(8月)

夏では、紅葉期のような葉色へ変えるのは困難ですが、

引き締まったフォルムだけなら、

品種によっては調整しやすいと感じます。

上の写真は、どちらもカラボニーという品種ですが、

11月の様子より8月の写真のほうが、冬顔に近く見えます。

肥料を与えず、水やりを控える

夏顔になりにくい栽培方法としては、

冬顔の多肉を、肥料が入っていない土に植え、

水を切り気味に管理することで調整できます。

すでに肥料を含んだ土の場合なら、

肥料が抜けるまで1年ほど待ってみてください。

制限するデメリット

▲ 21年4月(花×1)

▲ 22年4月(花×6)

肥料&水やりを控えると、夏顔への変化を制限しやすくなりますが、

もちろんデメリットも有ります。

それは、栄養不足のため…

「株が大きくならない、繁殖させずらい、

花が咲きにくい」といった内容が挙げられます。

肥料を与えれば大きく育つ

▲ 23年4月

上の写真は、引き続きカラボニーです。

肥料を与えて育てたことで、前年とは違い…

葉色はグリーン寄りですがパワフルに育っています。

また、開花前に切ってしまいましたが、

2つの花芽が上がっています。

育て方は、人それぞれ

夏でも冬顔っぽくしたいなら、そのように調整できますし…

普通に育てたい場合でも、そのように調整できます。

これも経験と慣れさえあれば、

誰でも覚えることができるので、

様々なケースで栽培した人ほど、育て方の引き出しは多く身に付きます。

・・・
・・

【まとめ】夏顔は普通のこと

多肉植物は四季に合わせて表情を変える植物です。

葉の伸長や徒長との区別が…

分かりづらいこともありますが、

ロゼットが広がっても、大した問題ではありません。

それは冬になれば元に戻るからです。

極端な葉の伸長(徒長)には気を付ける

注意点としては、あまりにも伸長させ過ぎると、

誰が見てもブサイクな多肉見えてしまいます。

個人の感覚にもよりますが、

「ちょっと伸びたかな~」くらいなら大丈夫ですので、

その辺りは、梅雨・夏の水やりをマスターすることで解決できます。

▼ 梅雨・夏の水やり

・・・
・・


【多肉植物】梅雨&夏の管理 3つのポイント

カンテ

関連記事

  1. 【多肉植物】梅雨&夏の管理 3つのポイント

    この記事は、多肉植物における…梅雨~夏にかけての管理方法(夏越し)に…

  2. 夏でも多肉が育つ「雨よけ&日よけ」の重要性

    この記事は、多肉植物が元気に夏越しするための…「梅雨&夏」の環境づく…

  3. 【夏は特に注意】蒸れやすいエケベリア

    よく蒸れる多肉といえばエケベリアが代表的です。そんなエケベリアの中で…

  4. LED植物育成ライト… 多肉植物の葉っぱポロポロ…

    この記事は、落葉をはじめた多肉植物に…「LED植物育成ライト」を使用…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP