エケベリア「夏顔」の特徴と対処法

冬に、コロコロのエケベリアを買ったものの、

梅雨入りすると…

「夏顔」といわれる姿に変わってしまいます。

今回は、その「夏顔」の特徴と対処法について紹介します。

スポンサーサイト




◆ 夏顔の対処法は、冬まで待つこと

左:夏顔 / 右:冬顔

さっそくですが…「夏顔」なったら、直ぐに対処できることはありません。

エケベリアをはじめ、多肉植物は、

季節に合わせて…「夏顔」と「冬顔」を、交互に繰り返します。

動物の「夏毛」と「冬毛」みたいな感じです。

「夏顔」と「冬顔」の特徴

エケベリアの夏顔は…

外の葉が伸びやすく、ロゼットのバランスが悪くなります。

そして、葉色は基本的にグリーン系になります。

反対の冬顔は…

ロゼットが奇麗なドーム型になりやすく、

葉色は、紅葉して見応えたっぷりとなります。

 夏顔のあとは… 冬顔

夏顔になったからといって、

それがダメというわけではなく、もちろん… 枯れる原因にもなりません。

夏顔のあとは… 自然と冬顔がやってきます。

ですので、夏顔を対処しようとするなら、寒くなるまで待つしかありません

シャルルローズの例

▲ シャルルローズ

ここで、1つ例を紹介します。

  • 購入時 : 4月
  • 苗の直径: 3cm 程度
  • 購入形態: カット苗

エケベリアなどの多肉植物は、上の写真のように…

「カット苗」と呼ばれる状態でも、販売されています。

基本… 土やポットは付属されません。

【変化】 冬顔 ⇒ 夏顔 ⇒ 冬顔

下記の写真は、1年かけて…

冬顔 ⇒ 夏顔 ⇒ 冬顔へと変わる様子です。

▲ 5月上旬

▲ 7月下旬

▲ 10月下旬

▲ 12月上旬

▲ 2月上旬

▲ 4月上旬(1年後)

いかがでしょうか。

梅雨入りして、判別不能な状態の夏顔になっても、

寒くなれば… 自然と冬顔に戻ってきます。

そして、また… 夏顔へと移っていきます。

スポンサーサイト




ストロベリーアイスの例

▲ ストロベリーアイス

もう1つ、別のエケベリアも紹介します。

こちらも、シャルルローズと同じスタイルで、

1年間の様子を観察しました。

冬顔 ⇒ 夏顔 ⇒ 冬顔

こちらも、夏顔を挟みますが…

1年ほど経てば、ちょうど冬顔に戻り、

いい感じにサイズアップしています。

・・・
・・

以上のように多肉植物は、

夏は、夏顔に… 冬は、冬顔になります。

葉色やフォルムの変化は、季節の流れに任せるしかありません。

◆ 夏顔は、失敗ではない

「夏顔」になると、

なんとなく、ガッカリした気分にもなりますが…

異常な状態ではなく… 普通の状態です。

夏顔は、なかなか防げない

夏顔になってしまう理由は、下記の通りです。

  • 日照不足
  • 肥料の効果
  • 水分
  • 気温・湿度
これは、仕方がないこと

日本では梅雨があり…

肥料を適度に与えたほうが、育ちはよいですし、

水やりが過剰になってしまう場合もあります。

そんなこんなで… どうしても、

梅雨入りくらいから、ロゼットが開いたり… 葉が伸びてしまいます。

 夏顔は、ただの通過点

多肉植物は、枯らすまで終わりがないので、

どこに、重点を置くかは… 人それぞれです。

夏顔を防止するのがゴールではなく、

ただの通過点なので… その続きを楽しむことは、いくらでも可能です。

スポンサーサイト




◆ 性質的に、伸びやすい多肉もある

▲ 夏のカンテ

夏顔といっても… ハンパなく伸長するエケベリアもあります。

恐らくですが…

元々の性質のため、仕方がないと思います。

  • カンテ
  • セクンダ(七福神)
  • シャビアナ
  • エレガンス

メジャーな原種で絞ると、こんな感じで…

そのハイブリッドも、伸びやすい特徴を引き継ぎます。

ピンキーの例

▲ ピンキー(購入時:1月上旬)

ピンキーはハイブリッドで、

両親は…「カンテ」と「シャビアナ」の伸び伸び夫婦なので、

子供のピンキーもよく伸びます。

冬顔 ⇒ 夏顔 ⇒ 冬顔

▲ 5月中旬

▲ 7月中旬

▲ 8月下旬

▲ 12月上旬

▲ 2月上旬(約1年後)

ロゼットの直径だけなら… 劇的に大きくなります。

同じエケベリアには見えませんが、

顔の変わり具合は、とにかく楽しめます。

誰が育てても伸びる… と思う

恐らくですが… カンテやカンテ系ハイブリッドを、

冬顔のまま、育て続けるのは困難だと感じます。

肥料の有無や、水やりレベルではなく、

どうやっても、伸びるタイプだと感じます。

ブルーバードも有名

▲ 購入時の状態(1月)

▲ 購入から半年後の状態(7月)

交配は「コロラータ」と「デスメチアナ」で、

どちらとも、それほど葉が伸びないタイプだと感じますが、

このブルーバードは、葉が垂れてブサイクになります。

夏顔とは、ちょっと違うかも…

ブルーバードは、幹立ちしやすく…

垂れた葉は、冬になっても元に戻りません。

このようなイレギュラーも、中にはあります。

・・・
・・

エケベリアだけでも、ハイブリッドを合わせれば…

膨大な数があるので…

生まれつきの性質を見抜くには、時間がかかります。

「どう見ても… 失敗でしょ!」と感じても、

その品種にとっては、普通の夏顔であることもあります。

スポンサーサイト




◆ 夏顔と、葉の伸長の違い?

▲ カトルス

夏は、葉の伸長とともに、夏顔になっていきますが、

「伸長の許容範囲」となると、

普通の夏顔なのか… それとも、管理ミスによる葉の伸長なのか…

なかなか、判断が付きません。

エケベリアは、茎ではなく… 葉が伸びやすい

セダムの徒長は… 茎が伸びますが、

エケベリアは、外側の葉がよく伸びます。

葉の伸長を、徒長といってよいのかは… よくわかりませんが、

とにかく、エケベリアは外葉が伸びます。

カトルスの例は、微妙…

カトルスは、セクンダ(七福神)に近い感じの原種で、

夏顔でも、葉が伸長しやすいタイプだと思います。

ですが… 上の写真(右)では、水を与えすぎた感じにも映ります。

 I.C.N(カトルス)

 迷ったら、画像検索が手っ取り早い

「普通の夏顔」と「管理ミスによる葉の伸長」で迷ったら、

ネットの画像検索で、調べるのが早いです。

先駆者さんの画像から、大量に比較できるので…

そのエケベリアの「平均の顔」を確認できます。

シルエットの例

▲ シルエット(1月)

こちらも、カット苗で購入して1年間ほど育てましたが、

梅雨時は「水を与え過ぎたかな~」と感じます。

その様子が、下記です。

1年間の様子

▲ 3月上旬

▲ 5月上旬

早くも紅葉は収まり、5月上旬に夏顔となりました。

ただ、ここまでは… 

ロゼットの崩れもなく、普通の夏顔だと感じます。

5月下旬に植替え

まだ、梅雨入りもしていないので、植替えを行いました。

ロゼットは、そこそこをキープ中です。

 ここからは、余計な伸長だと感じる

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

ここで、大きく外側の葉が伸びました。

葉が伸びた要因は…

  • 植替えの時の肥料
  • 梅雨入り後の日照不足
  • 水の与えすぎ
  • 実は、伸長しやすいタイプ

などが考えられますが、

どれが、どれだけの影響を与えているか… は、

ハッキリとわかりません。

ですが、個人的な感想としては… 水を与え過ぎたと感じます。

冬顔でも、リカバリーしきれず…?

▲ 10月下旬

▲ 12月上旬

▲ 2月上旬(約1年後)

決して… 悪くはないと思うのですが、

葉が伸び過ぎたぶん…

外葉の引き締まりが、足りないようにも感じます。

「胴切り」や「葉挿し」に回すのも、あり

イマイチなロゼットに感じたら、

春にでも「胴切り」で再調整も可能ですし、

開いた外葉は「葉挿し」にも回せるので、まったく心配はいりません。

 水の管理は必要

どうせ… 夏顔になるなら、

雨ざらしにして、水やりも適当で大丈夫そうな気もします。

ですが… できる限り、

水やりを控えめに調整し、外葉の伸長を抑え込んだほうが、

冬になった際に… ロゼットが整いやすく感じます。

関連記事は、こちら
半年… 1年で結果を求めるのは、時期尚早

普通の夏顔なのか…?

伸びさせてしまったのか…? は、

その多肉の「性質」や「状態」、また「栽培環境」にも左右されます。

ですので… 同じ多肉でも、

3年くらいは、観察を続けてみるのがベストだと感じます。

スポンサーサイト




◆ 夏顔に、なりにくいケース

色々なエケベリアを育てていると、

それほど、夏顔が目立たないケースも見かけます。

その要因は、下記の通りだと感じます。

(※ 元々、伸長しやすいエケベリアは除外)

  • 日照が足りている
  • 肥料が切れる または 使わない
  • 水やりが適正
水やりの加減が、コントロールしやすいと感じる

水を控えてやれば、

肥料の栄養分も吸えないので…

水やりの調整が、葉の伸長を抑えやすいかと感じます。

桃太郎のケース

▲ 購入時の状態(3月)

2年ほどの管理を通して、

水やりの調整と…

肥料が切れていく感じ… を紹介します。

「元肥入り」の土で、植替え

▲ 5月上旬

使用した土: 多肉植物の土(元肥入り)

植え替えのときだけ、

「元肥入りの土」を使い、

それ以降は、追肥を行っていません。

夏顔の様子

▲ 8月上旬

植替え後は、水を与え過ぎたようで、

ロゼットは開いてしまいましたが、

これくらいになら、

夏顔としては… 許容範囲だと感じます。

その後の様子

▲ 12月上旬(半年後)

▲ 5月下旬(1年後)

▲ 8月下旬(1年3ヶ月後)

▲ 12月上旬(1年半後)

その後は、水やりを意識したせいか…

夏になっても、大きく開くことはありませんでした。

また、紅葉具合も…

肥料が切れてきて、明るめの発色に変わっています。

植替えから、2年後の状態

▲ 5月下旬

植替えから、2年が経ちましたが、

これまでの画像から、5月の状態を比べてみると…

毎年のように、葉色やフォルムが違います。

また、肥料の効果も… 徐々に切れてきた感じがします。

植替えから2年後の感想
  • 葉色は奇麗
  • ロゼットは締まってフォルム良し
  • 花芽がショボい
  • 外葉がキープできず、枯れやすい

肥料が切れるメリットを感じることもあれば、

「やっぱり栄養不足かな…?」と、

感じることもありました。

肥料の使い方は、人それぞれ

肥料は、素人でも気軽に使えて… サイズアップさせやすいと思います。

ただ… 大きくなるのは確かですが、

そのぶん、葉の伸長の要因になるかもしれません。

また、明らかに… 紅葉具合は冴えないと感じます。

スポンサーサイト




 イレギュラーも、多い

上の桃太郎のように、必ずしも…

肥料と水やりを控えれば、フォルムをキープできる訳ではなく、

そのときの状況や、多肉の性質によっても違いはでてきます。

シャルルローズ 2年目

▲ 5月下旬

冒頭で登場したシャルルローズの2年目です。

植替えから1年間…「追肥なし」なので、

夏顔にも変化があると思いましたが…

前年より、葉が伸びた感じがします。

ピンキー 2年目

▲ 5月下旬

ピンキーも追肥なしで、2年目に突入しましたが、

前年の5月と同じ感じです。

7月には、さらに開くと思います。

・・・
・・

ここでも、経験あるのみ

夏顔への変化は、読めないことも多く、

理想の夏顔になったり… 

思った以上に、葉が伸長したり… と、

ちょっとした、水やり具合や環境の変化でも、大きく変わってきます。

◆ 夏顔のまとめ

  • 夏顔の対処法は、冬まで待つこと
  • 夏顔 ⇔ 冬顔 は普通のこと
  • 夏顔の状態だけで、一喜一憂しない
  • 種類によっては、だいぶ葉が伸びる
  • 多肉の状態や環境によっても、だいぶ葉が伸びる
  • 水の管理で、余計な葉の伸長は防ぎやすい

色々な、ケースがある

多肉植物の経験が浅いほど、

どうしても… 目の前の1つ1つが大切に感じます。

ですが、慣れてくれば、

夏顔になっても… 冬顔に戻ることを経験しているので、

「こんなもんかな~」くらいに思えてきます。

四季に合わせた、変化も楽しみに…

紅葉のように… 特定のイベントのほうが、

季節感を楽しめますし、変化の差も楽しめます。

これも… 多肉植物の魅力の1つだと思います。

・・・
・・

以上…

エケベリア「夏顔」の特徴と対処法 でした。

スポンサーサイト




カンテと、そのハイブリッドを紹介

白牡丹の栽培記録と、グラプトベリアの特徴

関連記事

  1. 【多肉植物】梅雨&夏の管理 4つのポイント

    この記事は、多肉植物の… 梅雨も含めた、夏の管理(夏越し)について紹…

  2. LED植物育成ライト… 多肉植物の葉っぱポロポロ…

    この記事は、落葉をはじめた多肉植物に…「LED植物育成ライト」を使用…

  3. 長雨・日照不足で気を付けたい、多肉の徒長や病気

    乾燥地帯に生息している多肉植物にとって、イヤな季節が、日本の梅雨にな…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP