【梅雨&夏…編】多肉植物の水やり

多肉植物の、夏の水やりは…

春や秋と比べ、難しいとされています。

一般的な植物が、夏に向けて水やりの回数を増していくのに対し、

多くの多肉は、水やりの頻度を抑えるからです。

今回は、そんなギャップを感じる、夏の水やりについて紹介します。

 水やり【基本編】は、こちら

スポンサーサイト




◆ 夏の、水やりについて

▲ 多肉植物の夏は、水やり控えめ

どんな植物でも、水は必要なので、

季節に関わらず、水やりをするのは当然です。

ただ… 多肉植物の夏はOFFシーズンのため、

それほど、水を必要としません。

 夏は、水やり事故に注意する

どうしても、植物には…

「水をたくさん与えたほうが元気に育つ!」というイメージがあるので、

なんとなく、水を与えがちです。

ですが、夏の多肉植物の場合では… 徒長を招き、

最悪… 高温多湿による蒸れで、多肉を枯らせてしまいます。

【警告レベル】梅雨時の徒長

左:通常 / 右:徒長

徒長【とちょう】とは…

日照不足のため、通常より茎が伸長してしまう現象です。

さらに、日照不足の状態から水やりを行うと、

写真(右)のように、とんでもなく茎が伸びてしまいます。

徒長で、多肉植物が枯れることはありませんが、

なるべく奇麗なフォルムを保てれば、秋からの成長期もより楽しめます。

【危険レベル】真夏に起きる、高温多湿

特に問題なのは… こちらのほうです。

土は、水分と肥料分をキープする役割なので、

水やり後では、多くの水分が土の中に残っています。

車内のように高温になる

真夏の直射日光を浴びれば… ポット内の水分は、

車内に放置したペットボトルと同じように、

お湯に変わってしまいます。

これが致命傷となり、根っこや茎が壊死します。

・・・
・・

以上のように、

水を過剰に与えてしまった際の事故を防ぐため、

「梅雨入り ~ 9月中旬頃」までを、

夏の水やり期間として、注意する必要があります。

スポンサーサイト




▼ 注意する事は、2つ

夏の水やりといっても、やることは簡単です。

  1. 与える水の量を減らす
  2. 夕方以降に水やりを行う

この2つだけを意識すれば…

夏に、多肉を枯れすことはありません。

特に❶ の「与える水の量を減らす」は必須となります。

・・・
・・

続いて、もう少し詳しく紹介します。

❶ 与える水の量を減らす

水やりの事故を減らすには、水を与えないのが一番ですが…

さすがに、それでは厳しい多肉もでてくるので、

与える量を調整していきます。

・・・
・・

例えば… 春や秋に、

週1回ほど、たっぷりと水やりをしていた場合なら、

  1. スパンは変えずに、水量を1/3くらいに減らす
  2. 量は通常と同じで、スパンを3倍に伸ばす

以上のどちらかで、対応することになりますが、

オススメは、❶ の水量を減らす方法です。

水量を減らす方法がオススメ

水量の目安は、ポットのサイズに対して… 半分から1/3ほど

たっぷりの水やりに比べると、

だいぶ少なく感じますが… 土が乾くスピードも早いので、

高温多湿によってダメージを負うことはなくります。

 6cm ポットなら、半分くらいでよいと思います

水やりの満足感もある

植物に水は付きものなので、

なんとなく… 与えたくなってしまいます。

多肉は乾燥に強いので、サボっても大丈夫なのですが、

心理的に安心を求め、水を与えてしまいます。

ですので、少ない量を定期的に与えるほうが、楽しく栽培できると思います。

間隔は、様子を観ながら考える

水が少ないぶん… 乾燥するペースが速まるので、

スパンは、多肉の様子を観ながら決めることになります。

このあたりは、慣れの問題もありますが…

  • 梅雨の曇天が続くなら、5日以上で1度
  • 8月の晴天が続くなら、2、3日に1度

これくらいから、様子を伺ってみるのがよいかと思います。

また、葉がシワシワになるほど乾燥していれば…

シワが戻るまで、毎日… 水を与えてもOKです。

 肝心なのは、1発でドカンと与えない事

スパンを伸ばす方法は、中級者向け

こちらの方法は、多肉の性質を理解して、

1度でも夏越しを経験した人に向いています。

また、多肉の状態から水やりのタイミングを判断できる人です。

メリットは、水やりの回数を減らせるので、

そのぶんの空いた時間を作れることになります。

・・・
・・

通常の水やりのセオリーでは、

「土が乾いたら、たっぷりと与える」ですが…

夏の多肉植物は例外です。

乾燥に強いのが多肉なので、その性質を信じて…

慣れるまでは、控えめの水やりを徹底します。

スポンサーサイト




❷ 夕方以降に水やりを行う

夏の水やりには、もう1つポイントがあります。

それは、水やりのタイミングです。

真夏の水やりは… 夕方以降へシフトチェンジ

同じ夏でも、梅雨時の曇天であれば… 気温が上がらないので、

昼夜を問わず、いつでも水やりを行えます。

ですが… 梅雨明け後は一転して、

厳しい暑さと、強烈な陽射しが降り注ぐので、

そこで、蒸れさせてしまう可能性があります。

簡単に、まとめると…
  • くもりの日:いつでもOK
  • 炎天下の日:夕方以降がベスト

炎天下でも、少量の水やりであれば問題ありませんが、

涼しくなる夕方以降に行うのがベストになります。

また、多肉は夜間に気孔を開くので、水の吸い上げもよくなります。

・・・
・・

◆【補足】遮光と、屋外管理は重要

これまで、夏の水やりについて紹介してきましたが、

真夏の管理(夏越し)という点においては、

水やりだけの問題ではなく… 環境を整えることも重要です。

❶ 遮光は、必須

近年は40℃近い酷暑も珍しくなくなりました。

ですので、陽射しを軽減する遮光は必須で、 

人にもよりますが… 50%ほどの遮光率が安心だと思います。

❷ 屋外での、風通しも必要

通常… 多肉植物は、

屋外や窓際で管理するので、問題ないと思いますが、

風通しがあれば、気温や湿度も下がり…

乾燥も早くなるので、水やりのリスクも軽減します。

【失敗例】炎天下の水やりで、ご永眠

危険な組み合わせは…

遮光なし日中の炎天下水やりMAX」です。

これをやってしまうと、茎や根が蒸しあがり、多肉は逝ってしまいます。

・・・
・・

夏を無事に乗り切るには、

水やりだけではなく、遮光と風通しも大切です。

スポンサーサイト




◆ 夏の水やり… こんなときは?

❶ 日中に、どっぷりと水を与えてしまった

日中に「水を与え過ぎた!」と思ったら…

なるべく早く… 日陰に移します。

遮光を行っていれば、そのままでも大丈夫だと思いますが、

太陽が傾くまでは、念のため日陰に移しておきます。

必ず、蒸れてしまう訳ではない

日中の水やりは、必ず蒸れてしまう訳ではありません。

遮光さえしていれば、蒸れない場合もよくあります。

そのあたりは… 当日の気温であったり、風の強さにも影響されます。

❷ 心配なら… 水やりOK

「よく分からないけど… 心配だから水をあげたい!」

という不安があるかもしれません。

そんなときは、与えてしまってOKです。

真夏でも「夕方 & 控えめの水量」なら、蒸れてしまうことは… そうそうありません。

残念ながら… 弱ってしまう多肉もある

▲ 1株だけ弱った、樹氷

3株うち… 1株だけ弱ってしまいました。

きっちりと遮光されていなかった事が、原因かもしれませんが、

なかには… 体長を崩す多肉もあります。

❸ シワシワになるまで、控えるべきか?

▲ 紫麗殿【パキフィツム属】

多肉の葉はシワシワになっても、水やりで元に戻ります。

セダムやパキフィツムなどの、肉厚な葉を持つ多肉ほど、

水切れに強く、夏でも… なかなかシワが寄りません。

シワの発生を、水やりサインにするのもアリ

シワが寄れば、完全に水やりのサインなので、

そこまで待ってみるのもアリだと思います。

ですが… 葉が薄めの多肉植物もあるので、そこは注意します。

 葉が薄い多肉植物は、触って確認

▲ ミセバヤ(ヒダカミセバヤ)

ミセバヤは、葉の薄い多肉植物(宿根草)です。

他の肉厚な多肉とは異なり、

乾燥しすぎると… シワが入る前に、下の葉から枯れてしまいます。

触って、葉の弾力で確かめる

▲ 感触で水やりの有無を判断する

葉をつまんで… 硬ければ、水やり不要です。

柔らかければ… その日に水を与えます。

ただ… 葉の硬さ・柔らかさというのは感覚なので、

日頃から葉にさわり、硬い・柔らかいを区別できることが大切です。

 硬さ・柔らかさの区別は、他の植物でも勉強できます

❺ 夏のために、土やポットを変更する必要は?

▲ ビニールポットでも大丈夫

これは、わざわざ変更する必要は無いと感じます。

土を都度… 交換するのは経済的ではありませんし、

ポットも、ビニールや黒いプラのままでも大丈夫です。

重要なのは… 夏の水やりを徹底することになります。

❻ 水やりは、臨機応変に…

夏の水やりは、セオリーはあるものの…

誰もが同じ環境で、同じ多肉を育てるわけではありません。

それゆえ、1つの情報だけでは、

万人を救えない場合も、少なからず出てくると思います。

その際は、いくつかの情報を手に入れて、

自分に合いやすい方法を、試してみるのがオススメです。

スポンサーサイト




◆【まとめ】夏の水やり

夏の水やり、最後のまとめ。

  • 夏の多肉は、それほど水を必要としない
  • 日照不足の際に、水を与え過ぎると徒長する
  • 与え過ぎは、枯死させる原因をつくる
  • 水の量は、ポットの半分から1/3くらいがオススメ
  • タイミングは、夕方以降がベスト
  • 遮光・風通しも、水やりと同じくらい重要

あとは、現場で慣れるだけ

夏の管理は、確実に遮光をして水を控えれば…

ほぼ大丈夫だと感じます。

一般的に暑い夏では、繁殖や植替えも行わないので、

作業としては楽なシーズンになります。

メンタルは、強く持つ

多肉を大切にするあまり、

どうしても、水やりが増えてしまう場合もあるかと思います。

徒長や、蒸れを起こしたら… まだ、我慢が足りません。

適正に水を控えるのは良い事なので、

自信を持って、水を控えていただければと思います。

また、秋まで無事に管理できたなら… それが正解です。

理想は、多肉の状態から水やりを判断できる事

水やりのサインを、わかりやすく伝えるには、

土の乾き具合で説明するのが最適です。

ですが、多肉植物は… 他の植物とは構造が異なるので、

土の乾き具合は、参考程度になります。

多肉に残った水分を見極める

土がカラカラでも、多肉に水分が残っていれば…

水やりの必要はありません。

残りの水分量を目視できれば、何の苦労もないのですが…

そこを、多肉の状態から見極められるのが、

水やりの上手い人だと思いますし、目指すところでもあります。

・・・
・・

以上、【梅雨&夏】編の、水やり紹介でした。

スポンサーサイト





春っぽい多肉植物 グリーンローズを育てる

増やしやすい小型多肉「ピンクベリー」を育てる

関連記事

  1. 【基本編 / 春・秋】多肉植物の水やり方法

    この記事では、多肉植物の基本的な「水やり方法」を紹介します。水切れに…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP