似てる?「花うらら」と「メビナ」を育てる

この記事は、エケベリア属「花うらら(プリドニス)」の栽培記録です。

葉っぱのエッジに入る、赤いラインが特徴で、

価格も比較的に安く… 飽きの来ないフォルムも人気です。

合わせて、赤いエッジが共通のエケベリア「メビナ」も紹介します。

スポンサーサイト




基本情報【花うらら】

グループ ベンケイソウ科エケベリア属
流通名 ❶ 花うらら ❷ プリドニス
学名 Echeveria pulidonis
増やし方 挿し芽
生育期 春・秋
価格帯 250円~500円前後
栽培難易度 ★☆☆
ネット販売 ・ カクトロコ

「花うらら」は、原種

Echeveria pulidonis

「プリドニス」はメキシコで自生している原種で、

日本では「花うらら」のネーミングで流通しています。

エッジの赤いラインが特徴ですが…

似たようなエケベリアも多く、意外と見分けるのが困難かもしれません。

似ているハイブリッドが、多数

ポラローズ

▲ ポラローズ

「花うらら」も、定番の原種なので…

様々なエケベリアとのハイブリッドが作出されています。

  • プレリンゼ【リンゼアナ】
  • 花の相府蓮【相府蓮】
  • ヘラクレス【エレガンス系】
  • 白雪姫  【エレガンス系】
  • ポラローズ【?】

※ 【 】内は、交配相手

などなど… 「花うらら」とのハイブリッドや、

見た目が似ているエケベリアが、多数あります。

単体でも、いくつかの顔が存在する

▲ どれも「花うらら(プリドニス)」のタグ

通常タイプと微妙に異なり、エッジが柔らかったりと…

いくつかの顔違いが流通しています。

うらら」とか「だるまプリドニス」といった派生型もあるようです。

❶ オーソドックスなタイプ

▲ カクトロコ

カクトロコさんの「花うらら」は、オーソドックスなタイプだと思います。

I.C.N に掲載されている「花うらら」は、

もう少し、野性味のある感じがします。

 International Crassulaceae Network (プリドニス)

❷ ダルマ(丸葉)っぽいタイプ

オーソドックスなタイプと比べると、

葉の幅が広く、エッジのラインも緩やかで丸めです。

こちらも、古くから流通している模様。

「花うらら」関係は、紛らわしい

「花うらら」関係のエケベリアは、

原種からハイブリッドまで、多岐にわたります。

区別が付かない

同じ名前のエケベリアでも…

  • 図鑑・書籍の写真
  • 店頭に並んでいる株の顔
  • ネット販売等で掲載されている写真

それぞれが、違うこともよくあり…

生産者さんでも、見分けるのが非常に困難だと思います。

「花うらら」関係の情報は…

 エケベリア ハイブリッド の5ページ目にも記載されています。

スポンサーサイト




 これは、メビナ【女雛】のような…

▲ このポットは、メビナっぽいような…

購入から1年後に、気になり始めましたが…

この「プリドニス」と書かれたポットは「メビナ」っぽい感じがします。

ということで…

 このポットは「メビナ」として栽培したいと思います

基本情報【メビナ】

グループ ベンケイソウ科エケベリア属
流通名 ❶ メビナ ❷ スターライト
品種名 Echeveria ‘Mebina’
増やし方 挿し芽 / 株分け
生育期 春・秋
価格帯 250円~500円前後
※ 錦は2,000円前後
栽培難易度 ★☆☆
ネット販売 ・ 日本花キ流通
・ カクトロコ
・ レイテストプランツ
メビナは、詳細不明な品種

▲ 左:メビナ / 右:アガボイデス

検索してみると… メビナはハイブリッドらしいですが、

両親は不明… または「アガボイデス」のようです。

比べてみると… エッジの赤いラインは「花うらら」も「アガボイデス」も共通しています。

また、葉の質感は「メビナ」と「アガボイデス」が似ています。

メビナ・錦は、こちら

メビナ・錦

▲ 斑入りの「メビナ・錦」

▲ 左:メビナ / 右:メビナ錦

「斑入り」と比べてみても、

細長い葉のフォルムや質感が「メビナ」っぽいです。

子株が増えやすいのが特徴

メビナの特徴として、

子株が付きやすく群生しやすいタイプのようです。

確かに… 購入した株は、子株が増えやすい

購入した「プリドニス」タグの株は、

他の「花うらら」と比べて、子株が付きやすいです。

逆に…「花うらら」は、現状… 子株が付く様子はありません。

スターライトも同じエケベリアらしい…

別の流通名で「スターライト」もあります。

ですが、日本では「メビナ【女雛】」のほうがメジャーで、

人によっては… それぞれを区別している場合もあるそうです。

また、メビナは花が咲かないエケベリアといわれています。

季節の変化
【花うらら】

 4月~10月くらい

▲ 8月の状態

▲ 5月 エッジの色は薄くなることもある

全体的にグリーンっぽくなりますが、

トレードマークの赤いエッジは、消えにくいと感じます。

一時的に、冬でも春でも… 薄くなってしまうこともあります。


 11月~3月くらい

▲ 12月の様子

寒くなると紅葉し、赤いエッジがよく映えます。

状態によって、深い赤色から…

明るめまで、幅広く発色すると思います。

スポンサーサイト




季節の変化
【メビナ】

 4月~10月くらい

▲ 7月の状態

▲ ウォーターマークがキレイ

「春うらら」と同じく、全体的にグリーンっぽくなりますが、

赤いラインは、消えにくいと感じます。

また、「春うらら」には見えにくい、ウォーターマークが、くっきりと見えます。


 11月~3月くらい

▲ 12月の様子

こちらも、紅葉具合は「花うらら」と同様で、

ロゼットも奇麗に整い、シンプルイズベストって感じです。

購入時との比較
【花うらら】

購入日:2020.1 250円 / 7.5cm ポット

園芸店にて購入したカクトロコさんの「花うらら」。

あまり人気がないのか…?

ネットでも、取り扱っているショップが少ない感じです。

ダルマ(丸葉)っぽいタイプ

購入日:2019.12 400円 / 6cm ポット

こちらは、園芸店で購入しましたが… 

生産者さんは不明です。

そっくりな「プレリンゼ」のほうが、流通していそうな感じ

画像は無いのですが… 「リンゼアナ」とのハイブリッドで、

「プレリンゼ」があります。

見た目は「花うらら」と、そっくりなので…

こちらを購入するのもアリだと思います。

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
・ 日本花キ流通
・ カクトロコ
・ レイテストプランツ

各ショップの【ストア内検索】で、
「春うらら」または「プレリンゼ」と入力すると探しやすくなります。

 購入から約1年後の比較

▲ 植替え 無し

カクトロコ産は「植替え・無し」で育てました。

▲ 植替え1回

ダルマっぽいほうは…「植替え1回」で、

「観葉植物の土 + 赤玉」です。

購入時との比較
【メビナ】

購入日:2019.11 380円 / 7.5cm ポット

園芸店で購入した「メビナ」で、

ポットには2株、植えられていました。

11月上旬の状態ですが、紅葉具合は… これからといった感じです。

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
・ 日本花キ流通
・ カクトロコ
・ レイテストプランツ

各ショップの【ストア内検索】で、
「メビナ」と入力すると探しやすくなります。

 購入から約1年後の比較

▲ 植替え1回 / 観葉植物の土 + 赤玉

▲ 子株は付きやすい

▲ ロゼット&紅葉はキレイです。

写真は、翌年の12月上旬になります。

細葉の枚数も多く、放射線状に広がるロゼットなので、

「スターライト」と呼ばれる理由もわかります。

スポンサーサイト




夏と冬の管理目安【共通】

 冬の管理(耐寒性)

 「耐寒性・強」屋外管理OK

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -4℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ おそらく-7℃くらい

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

何回も「-5℃以下」の氷点下に、さらさないほうがよい

1回くらいは「-5℃」~「-8℃ほど」になっても大丈夫だと思いますが、

短期の間で、繰り返してしまうと、

発色が悪くなったり、だんだんと痛んできます。

 凍結の限界に達すると… 色が抜ける

▲ 凍結で小ダメージのメビナ

メビナに限った事ではありませんが…

軽度から中度の凍結で、全体の色が抜けてしまいます。

見た目は、なんとなく奇麗に見えますが…

ポツポツと… 葉の細胞が死んでおり、状態としてはイマイチです。

 だんだんと回復します

 梅雨&夏の管理(耐暑性)

 「耐暑性・強」 通常の夏仕様でOK

  • 遮光50%(※ 梅雨入り~)
  • 風通しのよい場所で
  • 水やりの回数は控えめ(※ 多肉の様子を見て判断)
  • 殺虫・殺菌剤の散布(※ ベニカ、オルトランなど)
水やりでの、徒長に注意

「春うらら」、「メビナ」ともに、

年間を通して、手の掛からないエケベリアだと思います。

水を与え過ぎると… 葉っぱが伸びてロゼットが崩れやすいので、

そこだけが、注意ポイントになります。

栽培メモ【共通】

❶ 育てやすいエケベリア

耐暑&耐寒性が抜群で、乾燥にも強いので、

比較的… 育てやすいエケベリアだと思います。

過剰な水やりさえしなければ、ロゼットも開かずに、形の良い状態を保ってくれます。

❷ 葉挿し…は未確認

おそらく「葉挿し」でも、増えると思いますが、

試していないので、わかりません。

後々… 挑戦してみたいと思います。

 「メビナ」は、子株が付きやすい

メビナだけは… 普通に育てていても、

子株が付きやすく、繁殖させやすいと思います。

葉の間の狭いところから、強引に伸びてくるので、

いずれ… 本体のロゼットが崩れてしまうかもしれません。

栽培記録
2019.11 ~

主な記録

病害虫・生理障害

現在まで、なし

繁殖

現在まで、なし

スポンサーサイト




2019-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2019

11月上旬 メビナを購入

▲ 380円 8cm ポット

園芸店で購入した「プリドニス」改め「メビナ」になります。

うすうす「春うららとは、葉のカタチが違うな~」と、

思っていましたが、1年間ほど育ててから気になり始めました。

葉の質感は、アガボイデスに近い

葉の、繊維というか… 細胞の並びというか… は、

アガボイデスっぽく、ちょっと透き通った感じが似ています。

11月中旬 植替え(7.5cm ポット)

▲ 2株でした

▲ 市販培養土+赤玉(表面だけ赤玉)

ロゼットの形をよくするため、

1株づつ、7.5cm ポットへ植え替えています。

冬 シーズン / 2019

12月上旬 ダルマっぽい「春うらら」を購入

▲ 400円 6cm ポット

この「春うらら」は、葉のエッジが丸っぽい感じです。

メビナと比べてみる

こうして比べてみると…

エッジの赤いラインは共通ですが、葉のカタチは違います。

経験が浅いと、意外と気付かないものです。

1月中旬 「花うらら」を購入

▲ 250円 7.5cm ポット

最後に購入したのがカクトロコさんの「花うらら」になります。

ロゼットの形も整っており、このような株を選ぶと、

引き続き、奇麗なロゼットを保ちやすくなります。

2月上旬 氷点下は「-7℃」くらいまで大丈夫

▲ 単発なら「-7℃」くらいまで大丈夫

「花うらら」も「メビナ」も、耐寒性に優れています。

「-10℃」までは、わかりませんが…

最低気温「-7℃」くらいまでなら、耐えてくれます。

ですが、連日の「-7℃」は厳しいと感じますので… その場合は、避難させたほうが無難です。

2020-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2020

3月中旬 春の様子

春といっても… まだ3月なので、

全体的に様子は変わっていません。

カクトロコ産「花うらら」は、花芽が大きく伸びてきました。

メビナは、子株を確認

パッと見は気付きませんが、

下側の葉っぱを持ち上げると、子株が2ついました。

子株は、かなり付きやすいエケベリアだと感じます。

4月下旬 「花うらら」開花

カクトロコ産「花うらら」が開花。

カラーは黄色です。

5月上旬 赤いエッジは、薄まることもある

まだまだ、赤みが残っていてもよい季節ですが、

トレードマークの赤いラインが薄まってしまうこともあります。

5月下旬 だるま 植替え

▲ 変わらず6cm ポット

▲ 市販培養土+赤玉土(表面のみ赤玉)

ちょっと、下の葉が枯れやすく感じたので植え替えています。

ポットの大きさは、変わらずの6cmです。

スポンサーサイト




夏 シーズン / 2020

7月上旬 エッジは、赤色が戻る

梅雨に入って、日照時間は激減していますが、

薄まっていた赤いエッジは、いつの間にか戻っていました。

メビナの様子

メビナも赤いエッジが戻り、

薄っすらとウォーターマークも確認できます。

また、春に比べるとロゼットは整い… 脇芽も顔を覗かせています。

8月下旬 無難に、夏を越す

梅雨入りから、大きな変化はありませんが、

日照不足や、高温によるダメージもなく、

元気に夏を越しています。

花うらら

乾燥や高温にも強く、日本の夏でも苦にしない様子。

また、カイガラムシやアブラムシといった害虫にも、

好まれない感じがします。

メビナ

メビナも同様に、それほど… 夏の暑さを苦にしない様子です。

2020-
栽培記録

10月下旬 順調に成長

全体を通して、夏のダメージなどは無く、順調に育っています。

涼しい10月下旬ですが… 紅葉は、まだ少し先のようです。

花うらら

メビナ

11月下旬 「花うらら」 紅葉

だいぶ、朝晩も冷え込んできたので、

紅葉具合も、ピークに突入しています。

赤いエッジは、株の状態や肥料の効き具合により…

暗めから明るめまで発色すると思います。

メビナの様子

メビナも、赤いエッジが際立って最高の状態だと思います。

こちらも… 株の状態により、淡い色になるかもしれません。

・・・
・・

次回は、2年目の様子をお伝えできればと思います。

 To Be Continued

スポンサーサイト




【Vol.02】ガゼルの栽培記録

【多肉植物・カット苗.抜き苗】ネットで買える、生産者さん一覧

関連記事

  1. 日本限定ブランド!? 子株がよく増える七福神を育…

    この記事は、エケベリア属「七福神」の栽培記録です。「七福神」という……

  2. 雅やかなエケベリア エレガンス・シリーズの紹介

    この記事は、エケベリア属「エレガンス」シリーズの紹介です。エレガンス…

  3. 「エレガンス系」ハイブリッドの紹介と特徴

    この記事は「エレガンス」系を親に持つ、エレガンスらしいハイブリッド(…

  4. 多肉植物のクリスマス(&ダーク、イブ)を育てる

    この記事は、エケベリア属「クリスマス」の栽培記録です。メジャー原種の…

  5. ふんわりカールのリラシナを育てる

    この記事は、エケベリア属「リラシナ」の栽培記録です。リラシナは、緩い…

  6. 育てやすい普及種「野バラの精」の栽培記録。

    この記事は、エケベリア属「野バラの精」の栽培記録です。育てやすいエケ…

  7. カンテと、そのハイブリッドを紹介

    この記事は、エケベリア属「カンテ」と、そのハイブリッド達の紹介です。…

  8. アガボイデスの紹介。人気のエボニーやロメオを含む…

    この記事は、エケベリア属「アガボイデス」シリーズの紹介です。原種のア…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP