多肉植物のクリスマス(&ダーク、イブ)を育てる

この記事は、エケベリア属「クリスマス」の栽培記録です。

メジャー原種の「アガボイデス」と「プリドニス」のハイブリッドで、

年間を通して、鮮やかなクリスマスカラーを楽しめます。

スポンサーサイト




基本情報

クリスマス
グループ ベンケイソウ科エケベリア属 生育期 春・秋
流通名 クリスマス 価格帯 700円前後
品種名 Echeveria ‘Christmas’ 栽培難易度 ★☆☆
増やし方 挿し芽 ネット販売 ・ ヨシハラガーデン
・ 多肉永遠
・ ピュアリーフ
ダーククリスマス
品種名 ‘Dark Chiristmas’ ネット販売 ・フラワーネット(Yahoo)
・フラワーネット(楽天)

※ 「売り切れ」の場合は、ラインナップに表示されません。
※ 「ダークアイス」と見間違えたかもしれません。

クリスマスイブ
品種名 ‘Christmas Eve’ ネット販売 ・ ピュアリーフ
・ ヨシハラガーデン
・ 多肉永遠

 クリスマスは交配種

E.agavoides × E.pulidonis

両親は、どちらもメジャーな原種「アガボイデス」と「プリドニス」で… もともとが似ています。

その交配で誕生したクリスマスは、マイルドなアガボイデスといった感じで、

親子そろって、育てやすいエケベリアになります。

ダーク & イブ も流通

▲ ダーククリスマスは、深い赤色が特徴

▲ クリスマスイブは、細葉が特徴

交配式が不明な、韓国苗?

クリスマスが親なのかは不明ですが…

「ダーククリスマス」と「クリスマスイブ」という品種も、

流通量は少ないですが、出回っています。

 季節の変化

夏 6月~10月頃

▲ クリスマス

そこそこ大きく育てば、夏でもクリスマスカラーです。

▲ ダーククリスマス

▲ クリスマスイブ

冬 11月~5月頃

▲ クリスマス

▲ ダーククリスマス

▲ クリスマスイブ

この中ではダーククリスマスが、全体的に赤く紅葉します。

長期で育てれば、他のクリスマスも変わってくるかもしれません。

 クリスマスの花

▲ クリスマス

▲ ダーククリスマス

▲ クリスマスイブ

どのクリスマスも、イエローの花を咲かせます。

違いは、全くわかりません。

 クリスマスの耐寒性(個人調べ)

 「耐寒性・強」屋外管理OK

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -5℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ おそらく-7℃以上も耐える

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

スポンサーサイト




購入時のクリスマス

購入日:2019.9 / 580 円(6cm ポット)

園芸店で購入した「優木園」さんのクリスマス。

この頃は… 親のプリドニスに似ていましたが、

だんだんとアガボイデス顔になっていきます。

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
・ ピュアリーフ
・ ヨシハラガーデン
・ 多肉永遠

ダーククリスマス

購入日:2019.7 / 1280 円(6cm ポット)

園芸店で購入した「いとうぐりーん」さんのダーククリスマス。

購入時から、奇麗な葉色をしていおり、

クリスマスより、ズングリとしたフォルムが特徴です。

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
・フラワーネット(Yahoo)
・フラワーネット(楽天)

※ 「売り切れ」の場合は、ラインナップに表示されません。
※ 「ダークアイス」と見間違えたかもしれません。

クリスマスイブ

購入日:2019.12 / 500 円(7cm ポット)

クリスマスイブは「ピュアリーフ」さんでネット購入です。

購入時は、微妙なロゼットに感じましたが… 1年ほど育てるといい感じになります。

 ネットで購入
※ 売り切れの場合あり
・ ピュアリーフ
・ ヨシハラガーデン
・ 多肉永遠

 購入から約1年後の比較

▲ クリスマス

▲ ダーククリスマス

▲ クリスマスイブ

一番、変化が大きかったのは… クリスマスで、

アガボイデスのようなツンツン顔になっています。

栽培メモ

❶ 茎が伸びないエケベリア

両親とも、茎が伸びないエケベリアなので、

クリスマスもそれを受け継ぎ、型崩れしにくいのが特徴です。

耐寒性、耐暑性も高く、管理しやすい多肉植物だと感じます。

❷ 葉が、所々… 変色している場合があるかも…

エケベリアは、葉が所々… 黒く変色してしまう場合があります。

ダニや病気、自然のモノなど、いくつかの説がありますが…

ハッキリとした要因は不明です。

殺虫・殺菌剤で、OK

一度、黒くなった部分は元には戻りませんが、

定期的にベニカ等の殺虫・殺菌剤を散布しておけば、

被害が急拡大することはありません。

❸ 葉挿しは、未確認

来年、確認したいと思います。

スポンサーサイト




栽培記録

2019-夏・秋・冬/栽培記録

  • 夏 / ダーククリスマスを購入
  • 秋 / クリスマスを購入
  • 冬 / クリスマスイブを購入
  • 冬 / 耐寒性チェック

夏 シーズン / 2019

7月上旬 ダーククリスマスを購入

購入日:2019.7 / 1280 円(6cm ポット)

最初に購入したのがダーククリスマスになります。

夏でも、引き締まったロゼットと赤い爪が特徴です。

クリスマスより葉が短くズングリとして、紅葉時は全体がより赤く発色します。

夏を、無難に乗り切る

夏でも、管理しやすいエケベリアになります。

秋 シーズン / 2019

9月上旬 クリスマスを購入

購入日:2019.9 / 580 円(6cm ポット)

続いて購入したのが、クリスマスになります。

店頭に並んでいる状態では、プリドニスって感じで、

アガボイデスやプリドニスといわれても分からないくらいです。

黒い点々は、仕方がない

エケベリアの中でも、アガボイデス系に多いような気がする、

黒い点々ですが… これを完全に避けるのは難しそうです。

点々の被害が拡大していく場合は、病害虫だと思いますので、

ベニカ等の殺虫・殺菌剤を散布して様子を観察します。

今回は、ダコニールを散布

当時… よくわからずに殺虫・殺菌剤を散布しており、

そのときに試していたダコニールを、なんとなく撒いておきました。

効果のほどは… 不明

その後、黒い点々があらわれることはありませんでしたが、

薬剤との因果関係は不明です。

ですが、散布しておいて損はないので、殺菌剤を撒いておくのがオススメです。

 ダコニールは、白い薬剤の痕が残りやすい

10月上旬 クリスマス & ダーク 植替え

▲ クリスマス

▲ ダーククリスマス

サイズ的に、来年の春まで待っても十分だと思いますが、

他の多肉のついでに、植替えしました。

共に7.5cm ポットへ

▲ クリスマス

▲ ダーククリスマス

植替え完了です。

11月中旬 じわじわと紅葉

クリスマスは、だんだんと葉の厚みが増して、

エッジの赤色も目立ってきました。

冬 シーズン / 2019

12月上旬 クリスマスイブを購入

購入日:2019.12 / 500 円(7cm ポット)

最後に購入したのがクリスマスイブです。

細葉で、外側が伸びやすいタイプなのか… 

好みが分かれるフォルムではないでしょうか。

1月中旬 クリスマス…1年目の紅葉

1年目の紅葉になります。

これでも十分キレイですが… まだ、伸びしろがあるかもしれません。

花芽も伸びてくる

クリスマスをはじめ… ダーク&イブも揃って、

花芽が伸び始めました。

 耐寒性チェック

山梨県の冬の寒さで、クリスマスの耐寒性をチェックします。

  • 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
  • なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
  • 年間を通して屋外管理の多肉です。

2月中旬 「耐寒性・強」-7℃ でも凍らず

▲ 耐寒性は強い

1月から氷点下が続きはじめ、2月中旬に-7℃を記録。

葉っぱから花芽に至るまで、凍結した様子はありませんでした。

ダーク&イブも同様に… 耐寒性・強

ダーク&イブも、同様に凍結はありませんでした。

 クリスマスの耐寒性(個人調べ)

 「耐寒性・強」屋外管理OK

セーフティ -3℃まで 水分が多めでも、凍結しない目安
リスキー -5℃まで 水分が少なければ、凍結しない目安
フリーズ おそらく-7℃以上も耐える

※ 記載した情報は、目安としてお考えください。
※1 なるべく水を控えて、水分が少ない状態で管理しています。
※2 多肉はボックスで囲み霜除けをしています。
※3 年間を通して屋外管理の多肉です。 

スポンサーサイト




2020-春・夏/栽培記録

  • 春 / 開花

春 シーズン / 2020

3月下旬 順調に成長

紅葉は冷めつつありますが、

順調に成長しています。

 クリスマス 開花

▲ クリスマス

▲ ダーククリスマス

▲ クリスマスイブ

花芽は、どれもエケベリアらしく… かなり伸びます。

花の色はイエロー

4月から5月にかけて開花し、

花の色は、どのクリスマスもイエロー系です。

夏 シーズン / 2020

7月上旬 爽やかな葉色に…

梅雨に入り、曇天が続いていますが…

クリスマスは、グリーン1色になることはなく、

夏でも、クリスマスカラーを維持しています。

ダーククリスマスが、一番… 差が大きい

紅葉と、夏顔の変化が大きいのは… ダーククリスマスでした。

8月下旬 特に異常もなく、夏を終える

約1年を迎えるクリスマス&ダークですが、

特に、クリスマスがサイズアップしています。

葉っぱに黒い点は… 無し

▲ クリスマス

▲ ダーククリスマス

▲ クリスマスイブ

黒い点々は増えず

エケベリアに多い… 葉っぱの黒い点々は、夏場に発生しやすいのですが、

今年は、クリスマスをはじめ…

他のエケベリアも、ほとんど発生を確認していません。

ベニカXスプレーのみで対応

春の終わりごろから、8月中旬まで…

約2週間の間隔で、ベニカXスプレーを撒いておきました。

 梅雨 & 夏 の管理はセオリー通り

  • 遮光50%(※ 梅雨入り~)
  • 風通しのよい場所で
  • 水やりの回数は控えめ(※ 多肉の様子を見て判断)
  • 殺虫・殺菌剤の散布(※ ベニカ、オルトランなど)

クリスマスシリーズは、夏でも簡単なエケベリアです。

水を与え過ぎても、茎は伸びませんが…

外側の葉っぱが大きく伸びてくるかもしれないので、与え過ぎには注意です。

スポンサーサイト




2020-秋/栽培記録

10月下旬 2年目…秋の様子

紅葉シーズンに突入して、

エッジからキールにかけての赤色が目立ってきています。

クリスマスは、アガボイデスっぽく変化

購入時は、プリドニス寄りの顔をしていましたが…

現在では、アガボイデス寄りの姿になり力強い印象を受けます。

昨年の10月と比較

▲ 昨年のクリスマス

ダーク & イブ の様子

ダーククリスマスは、それほど変化は無い感じです。

イブは、色艶がよく… 健康的な葉っぱに育ってきました。

・・・
・・

引き続き、クリスマスの成長を確認していきます。

 To Be Continued

ラウリンゼ&モンローを育てる

季節を楽しむ、多肉質な宿根草「ミセバヤ」を育てる

関連記事

  1. 日本限定ブランド!? 子株がよく増える七福神を育…

    この記事は、エケベリア属「七福神」の栽培記録です。「七福神」という……

  2. 雅やかなエケベリア エレガンス・シリーズの紹介

    この記事は、エケベリア属「エレガンス」シリーズの紹介です。エレガンス…

  3. 「エレガンス系」ハイブリッドの紹介と特徴

    この記事は「エレガンス」系を親に持つ、エレガンスらしいハイブリッド(…

  4. アガボイデスの紹介。人気のエボニーやロメオを含む…

    この記事は、エケベリア属「アガボイデス」シリーズの紹介です。原種のア…

  5. ふんわりカールのリラシナを育てる

    この記事は、エケベリア属「リラシナ」の栽培記録です。リラシナは、緩い…

  6. 育てやすい普及種「野バラの精」の栽培記録。

    この記事は、エケベリア属「野バラの精」の栽培記録です。育てやすいエケ…

  7. カンテと、そのハイブリッドを紹介

    この記事は、エケベリア属「カンテ」と、そのハイブリッド達の紹介です。…

  8. 似てる?「花うらら」と「メビナ」を育てる

    この記事は、エケベリア属「花うらら(プリドニス)」の栽培記録です。葉…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP