赤爪ザラゴーサ

エケベリア属「赤爪ザラゴーサ」の紹介です。

パッと見ではグリーンが強く、やや平凡的ですが、

ザラゴーサのような繊細で鋭い爪を持ちながら…

ミニマのように群生株としても育ちます。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


中型・群生


グリーン系

エケベリア属 交配種
成長期は… 春と秋

単頭のロゼットから、次第に群生する。

夏の葉色は、ほぼグリーン1色。

冬になると、やや白っぽい葉色になり、赤い爪が目立つ。

◆ Photos

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
エケベリア属
品種名 Akatsume Zaragozae
流通名 赤爪ザラゴーサ
生育期 秋・春
価格帯 500 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 株分け
葉挿しは未確認

 赤爪ザラゴーサは交配種

※ 予想です

  • 左)E. minima
  • 右)E. cuspidata var. zaragozae

詳細は不明ですが、名前と見た目・特徴から…

クスピダータ(サラゴーサ)と、ミニマっぽい感じがします。

近くで観ると、映える赤爪

他のエケベリアに混じると、普通っぽい雰囲気ですが、

単独で飾ると、シンプルながらも味わい深い品種になります。

・・・
・・

スポンサーサイト




育て方の、参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

ピュアリーフ
ストア内検索:赤爪ザラゴーサ

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グリーン
葉色(肥料・ グリーン
エッジの色 ほぼ葉色と同様
爪の色 レッド
ロゼット 日照不足&水やりでは開きやすい
備 考

▲ 12月上旬

▲ 2月上旬

葉色(肥料・並) 淡いグリーン
葉色(肥料・ 白っぽいグリーン
エッジの色 ほぼ葉色と同様
爪の色 レッド
ロゼット 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020/1
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん ピュアリーフ
購入店 ピュアリーフ(ネット)

 約1年後の様子

1月に購入したので冬顔の状態です。

年間を通して大きな葉色の変化はありません。

購入時は「野バラの精」にも似ていますが、次第に群生してきます。

1年間の主な作業

・なし(植替え・追肥も無し)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(2年間)

 スタート(1月)

※ 7.5cmポット

3月

5月

7月

8月

10月

12月

 約1年後(2月)

5月(植替え

※ 7.5cm ポット

8月

12月

 約2年後(2月)

4月

6月(開花

6月(植替え

※ 7.5cmポット

7月

・・・
・・

◆ 栽培メモ

1. 購入後の植替えは、任意でOK

植物をポットで購入したら、すぐに植え替えるイメージがありますが、

多肉植物の場合は…

植え替えずに、1年以上そのままでも大丈夫です。

栽培の「引き出し」が増える

生産者さんによって、土のブレンドが異なるため、

そのまま育てることで…

新たな発見や、苦手意識・思い込みを無くす、きっかけになります。

肥料の効果も、購入タイミングで異なる

また、お店によって肥料の含有量は異なり、

購入時点によっても、肥料の残り具合が違います。

そのため、思った以上に株が大きくなったり…

逆に小さくなるケースもあります。

その中で、肥料の効果というものを認識しやすくなります。

2. 寒さには強い

ミニマのように群生するタイプは、

それほど寒さに強いイメージはありませんが…

赤爪ザラゴーサは、かなり強いと感じます。

親のクスピダータ(サラゴーサ)も…

寒さには強いタイプなので、その影響かと思います。

また、年間を通して育てやすいエケベリアになります。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・

スポンサーサイト




多肉植物の「徒長」と「シンプルな対策」

アモエナ ラウ065(165)

関連記事

  1. プリンセスパール

    エケベリア属「プリンセスパール」の紹介です。数あるフリル系交配種の1…

  2. シャビアナ(ピンクフリル)

    シャビアナ(ピンクフリル)の詳細は、栽培記録をご覧ください。…

  3. ケッセルリンギアナ(エレガンス)

    エケベリア属「ケッセルリンギアナ」の紹介です。いくつか流通しているエ…

  4. ダスティーローズ

    エケベリア属「ダスティーローズ」の紹介です。パープル色の葉色と、丸く…

  5. 雪雛【ゆきびな】

    エケベリア属「雪雛」の紹介です。群生系のエケベリアで「雪影」という品…

  6. 星影(エレガンス)

    エケベリア属「(エレガンス)星影」の紹介です。外観は「月影」とそっく…

  7. コロラータ・タパルパ

    エケベリア属「コロラータ・タパルパ」の紹介です。コロラータの中では、…

  8. プロリフィカ(プロリフェラ)

    エケベリア属「プロリフィカ」の紹介です。増えやすい多肉植物の代表格で…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP