ブルーボーイ

センペルビウム属「ブルーボーイ」の紹介です。

オーソドックスなフォルムですが、

葉色は、ブルーが混じったグレーっぽい感じで、

渋くもあり… オシャレな雰囲気のセンペルビウムとなります。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


ランナーで増える


ブルーグレー

 この多肉植物は、栽培品種

成長期は… 春と秋

特徴や管理方法は、
一般的なセンペルビウムと同様です。
ランナーで子株を伸ばします。

◆ Photos

ブルーボーイ

 ブルーボーイの特徴

冬の紅葉は、パープル色が目立ち過ぎるため、

春先からが、ブルーグレーの葉色を楽しめます。

また、夏の葉色も奇麗で…

ターコイズのようなグリーンが映えるセンペルになります。

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
センペルビウム属
品種名 Sempervivum ‘Blue Boy’
流通名 ブルーボーイ
生育期 秋・春
価格帯 500 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 株分け

育て方の、参考記事

※ 成長過程や栽培方法は同様です。

 ネット販売

 にじはなPlants
ストア内検索:ブルーボーイ

※ 売り切れの場合あり
※ 冬季にラインナップ

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 季節の変化

4月下旬

6月上旬

8月下旬

5月くらいまでは、ブルーグレーの葉です。
以降は、徐々に夏色へと変化していきますが、
夏のマットなグリーンも鮮やかです。


11月上旬

12月中旬

2月中旬

紅葉は、少し遅めらしく…
11月頃から、やや色付きはじめ、
12月くらいが見頃かと思います。
1月や2月は、紅葉が強すぎるかもしれません。

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

・ 購入日:2020/02
・ ポットサイズ:9cm
・ 生産者さん:にじはなプランツ

 約1年後の様子

1年間の、主な作業
・ 植替え:1回

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

適量の肥料で、子株が付きやすい

どのセンペルビウムでも同じですが、

適量の肥料が効いていれば…

成長期の春と秋に、子株が付きやすくなります。

冬は、スカスカ気味に…

冬の間は、ロゼットがギュウギュウに丸まりやすく、

スカスカっぽく感じるかもしませんが、

春になれば… 再び葉を広げやすくなります。

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし

ほとんどの地域で凍害の心配が無く…

夜間の屋外でも冬越しが可能。

 霜除け不要 & 野ざらしもOK

冬の間は野ざらし状態でOKです。

霜避けも不要で、霜に当ててもダメージはありません。

水やりも雨や雪解け水で十分となります。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

梅雨時は、水やりを控えて管理します。

梅雨を明けたら、水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

高温・乾燥に強いタイプですが、

遮光を行い、極端な水切れを避けて管理します。

また、高温時の雨ざらしも避けたほうが無難です。

・・・
・・

スポンサーサイト





パシフィック・デビルズフード

ガイジェスター

関連記事

  1. パシフィックナイト

    センペルビウム属「パシフィックナイト」の紹介です。ボルドーの葉色が特…

  2. ラインハルト

    センペルビウム属「ラインハルト」の紹介です。葉の先端が黒っぽいタイプ…

  3. ゴールドナゲット

    センペルビウム属「ゴールドナゲット」の紹介です。多肉植物では珍しい登…

  4. パシフィック・デビルズフード

    センペルビウム属「パシフィック・デビルズフード」の紹介です。数あるパ…

  5. ガイジェスター

    センペルビウム属「ガイジェスター」の紹介です。そこそこ、大きくなる中…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP