オレンジシャーベット

グラプトベリア属「オレンジシャーベット」の紹介です。

名前にオレンジと付きますが、

ピンク系に紅葉する品種で、ぷっくりとしたロゼットに育ちます。

グループは、グラプトベリア属となり…

夏はエケベリアっぽく、冬はグラプトペタルムっぽい雰囲気を楽しめます。

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
グラプトベリア属
品種名 Orange Sherbet
流通名 オレンジシャーベット
生育期 秋・春
価格帯 600円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

オレンジシャーベットは交配種

▲ アメジスチヌム

オレンジシャーベットの詳細は不明です。

グラプトベリア属という事で、親はフォルムや葉色からして…

グラプトペタルム属のアメジスチヌムで、

もう片親は、エケベリア属の何かだと思います。

育て方はアメジスチヌムと同様

育て方は、アメジスチヌムと同じです。

暑さ・寒さにも強く、ゆっくりと幹立ちして育ちます。

今回は試していませんが、

葉挿しも得意なタイプになるかと思います。

花で区別ができる

オレンジシャーベットは、エケベリア属として…

販売されていることが多いようですが、

花の様子(文様)からしてグラプトベリア属となります。

育て方の参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

・・・
・・

 ネット販売

日本花キ流通 レイテストプランツ
ストア内検索:オレンジシャーベット

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬


▲ 11月下旬

▲ 2月中旬

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 11
ポットサイズ 7.5cm
販売 or 生産者さん 日本花キ流通
購入店 日本花キ流通(ネット)

 約1年後の様子

11月に購入したので「やや冬顔」の状態です。

紅葉はやや遅めに感じ、気温差と陽当りは必須になります。

さらに、ピンク系に近づけるには、

やや肥料を抑えるか、水を切り気味に管理した方がよさそうです。

また、寒さには強いタイプなので、

冬越しは比較的、楽になるかと思います。

1年間の主な作業

・植替え

・・・
・・

◆ 栽培記録(3年間)

 スタート(11月)

※ 7.5cm

2月

6月

8月

9月(植替え

 約1年後(11月)

2月

4月(開花

7月

 約2年後(10月)

2月

4月

6月

8月(害虫被害

※ ハダニの被害っぽい感じ

9月(植替え

 約3年後(12月)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 定期的な追肥がオススメ

▲ 1回目の開花後

▲ 2回目の開花後

追肥を行わないでも、フォルムをキープしてくるケースもありますが、

毎年のように花を咲かせると、

エネルギー切れを起こし、葉の付きが悪くなります。

だんだんと瘦せていく

▲ 1回目の開花(花茎は3つ)

▲ 2回目の開花(花茎は1つ)

今回は、植替えから1年半ほど放置して…

その間に、開花は2回させています。

初回は3つだった花茎も、翌年は1つになり…

ジワジワとエネルギーを消費しているのが伺えます。

 花芽をカットするか、追肥を行う

早ければ12月には花芽を確認できるので、

ちょっと伸びた頃にカットしてしまいます。

また、緩行性肥料で十分ですので、

1年に1回ほど、与えておくのがオススメです。

回復には時間が必要

▲ before

▲ after

肥料切れで、ロゼットを小さくさせてしまっても、

再び肥料を与えれば、元のサイズへと回復します。

ですが、それまで半年~1年ほどかかってしまうので、

栄養不足にさせないことがベストです。

無肥料でも変わらない多肉は、謎

多くの多肉を育てていると、

なかには2年ほど無肥料でも、葉が落ちず…

フォルムをキープしている多肉を見かけます。

生物学的な理由はわかりませんが、

代謝を抑えて、その環境に順応しているからだと思います。

(※ だいたい花芽は付けません)

3 アメジスチヌムと同じ


育て方・性質はアメジスチヌムと同様です。

今回、葉挿しは試していませんが、

おそらく、得意な性質を持っていると思います。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「強い」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、凍害の影響はなし。

これより低下すると、多肉植物によっては…

一部が凍結したり、全体が凍結し枯死する可能性が高まります。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


ルノーディーン

プラグトレイで、月兎耳【つきとじ】を育てる

関連記事

  1. グリムワン / ムーングロウ

    グラプトベリア・「グリムワン」と「ムーングロウ」の紹介です。名前は違…

  2. トプシーデビ―

    グラプトベリア属「トプシーデビ―」の紹介です。品種名と特徴的な見た目…

  3. アボカドクリーム

    グラプトベリア属?「アボガドクリーム」の紹介です。エケベリアに成り切…

  4. バイネシー

    グラプトベリア属「バイネシー」の紹介です。マイナーな多肉だと思います…

  5. 薄氷・姫朧月

    グラプトベリア属「薄氷 / 姫朧月」の紹介です。薄氷は、同グループの…

  6. ピンクルルビー / バッシュフル

    グラプトベリア属「ピンクルルビー」の紹介です。ルビーのような赤い葉色…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP