だるま秋麗

グラプトセダム属「だるま秋麗」の紹介です。

パッと見の印象は「アメジスチヌム」が、少し角ばった葉に変化した雰囲気です。

夏になると、この品種独自の生理現象というか…

謎の症状で、葉に水泡のような膨らみが目に付つき始めますが、

それほど育て難さは感じません。

・・・
・・

スポンサーサイト




Characteristics
成長期 形 状 葉 色


春・秋


中型


グレー系

グラプトセダム属 属間交配種
成長期は「春と秋」

基本は単頭のロゼットで、次第に幹立ちする。

基本の葉色は、夏でも冬でもグレー。

肥料・陽当たりによって、ピンク寄りになったりグリーン寄りに変化。

◆ Photos

・・・
・・

◆ 基本情報

ベンケイソウ科
グラプトセダム属
品種名 Daruma Shuurei
流通名 だるま秋麗
だるま秀麗
生育期 秋・春
価格帯 350 円前後
栽培難易度 ★☆☆
増やし方 剪定&挿し芽
葉挿し

だるま秋麗は、属間交配種


  • 左)アメジスチヌム
     G. amethystinum
  • 右)クラバツム
     S. clavatum

交配はグラプトペタルム属のアメジスチヌムと、

セダム属のクラバツムになります。

交配式からすると、秋麗や姫秋麗とも関係はありませんが、

名前に「秋麗」を含ませてしまうほど、

グラプト系は似ている品種が数多く流通しています。

 I.C.N(だるま秋麗)

 謎の症状

だるま秋麗は、夏頃になると…

水ぶくれのような症状が散見されます。

病気なのか生理現象なのか不明ですが、この品種のみで見かける症状です。

現在の対策は、葉の入れ替え

この症状で、株全体が枯死することはありません。

夏を終えれば発症しないので、

葉の入れ替わりを待ちながら栽培を続けます。

育て方の、参考記事

※ 種類は異なりますが、成長過程や栽培方法は同様です。

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:ダルマシュウレイ

※ 売り切れの場合あり

・・・
・・

◆ 季節の変化

▲ 7月上旬

▲ 8月下旬

葉色(肥料・並) グリーン / グレー / ピンク系
葉色(肥料・ グレー / ピンク系
ロゼット 日照不足&水やりでは開きやすい
備 考

▲ 12月上旬

▲ 2月上旬(※ 凍害・中)

葉色(肥料・並) グリーン / グレー / ピンク系
葉色(肥料・ グレー / ピンク系
ロゼット 丸まりやすい
備 考

・・・
・・

◆ Before / After

 購入時の様子

購入日 2020. 2
ポットサイズ 7.5cm
生産者さん カクトロコ
購入店 ガーデンメッセ八王子

 約1年後の様子

2月に購入したので、冬顔の状態です。

肥料を十分に吸っている場合は、冬でもグリーンの葉色が目立ちます。

反対に肥料が切れてくると…

明るめのピンク色に変わってきます。

 凍害によりダメージ有り

1年間の主な作業

・なし(植替え・追肥もなし)

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培記録(2年間)

 スタート(2月)

※ 7.5cmポット

5月(開花

7月(謎の症状

8月

※ 謎の症状

10月

12月

 約1年後(2月)

※ 凍害・中ダメージ

5月

7月

8月

9月(植替え

12月

 約2年後(2月)

5月

7月(謎の症状

8月

※ 謎の症状

・・・
・・

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

1 凍害に注意

グラプト系の多肉は、冬に強い印象がありますが…

「だるま秋麗」は気を付けたほうがよいと感じます。

「朧月」や「秋麗」と一緒に管理していると、

先に凍ってしまう可能性があります。

「姫秋麗」と同じ雰囲気

▲ 姫秋麗

姫秋麗(姫秀麗)はグラプトペタルム属ですが、

同属のアメジスチヌムや朧月と比べ、凍りやすい種類になります。

だるま秋麗を管理するなら、寒さに強い朧月や秋麗ではなく…

姫秋麗と同じ場所がオススメです。

2 繁殖について

試していませんが「葉挿し」が得意なタイプだと思います。

また、幹立ちすると脇芽も付くので、

剪定するだけでも、増やしやすい品種になります。

・・・
・・

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(屋外)

弱い
-3℃まで
強い
-5℃まで
とても強い
凍害なし
- -

多肉植物全体で比べると「弱い」タイプ。

目安としては「-3℃」までなら、凍害の影響はなし。

-5℃まで下がると一部で凍結がみられ…

-7℃では全体が凍結し、再起不能かと思います。

 霜除け & 風除けは必須

屋外での管理では「霜除け&風除け」は必須です。

どちらかが未設置の場合では、上記の管理気温まで耐えられず…

霜害や凍害によるダメージを負いやすくなります。

 梅雨 & 夏の管理

 遮光(20~50%)

 病気・害虫対策

 徒長(水やり)

 雨ざらし・風通し

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプですが、朝から夕方まで…

丸一日、陽が当たる場合は50%前後の遮光が必要。

水やりは多肉の様子を確認しつつ「量 or 回数」を減らすのが安全です。

雨ざらしはトラブルの原因になりやすい

梅雨~初秋にかけては病気や葉蒸れ、徒長の原因となるため、

雨ざらしの状態を避けるのが無難です。

また、定期的に農薬を散布することで…

病気・害虫の被害も抑えられます。

・・・
・・


多肉植物が患う病気と、その対処法

多肉植物に付く黒い点々を調査

関連記事

  1. リトルビューティー

    グラプトセダム属「リトルビューティー」の紹介。パッと見の印象は脇役で…

  2. ゴースティ(桜牡丹)

    グラプトセダム属「ゴースティ(桜牡丹)」の紹介です。見た目はよくある…

  3. ティテュバンス錦(アプリコット美人)

    詳細は下記の栽培記録をご覧ください。名前は異なりますが「ティ…

  4. ジェットバース

    グラプトセダム属「ジェットバース」の紹介です。セダム属の玉葉{スタヒ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

PAGE TOP