【2週間後】夏顔へ2歩前進

こんにちは~!

多肉植物の室内栽培を始めて2週間が経ちました。

現在の様子はというと、こんな感じです。

写真は24年4月・第3週のものです

・・・
・・

う~ん、ぱっと見た印象では…

あまり変わった様子は感じられません。

・・・
・・

◆ 今週の感想

▲ 開始当初

▲ 2週間後

そこまで変化なし

屋外の多肉植物に比べ、全体的に夏顔へと進んでいます。

ですが、ぱっと見では…

あまり変わった雰囲気は感じられないと思います。

 最低気温が下がらない

この季節なら、最低気温は1ケタまで下がる日もありますが、

室内では頑張っても…

15℃ほどにしか下がらない状況でした。

平均気温20℃前後が続く

室内の気温は、だいたい18 ~ 25℃の日が続き…

人にとっては過ごしやすいものの、

多肉にとっては、夏顔を早めてしまう結果となっています。

ただ、夏顔になるのがダメではありませんので、

そこは感違いせず、夏の多肉も楽しみたいところです。

・・・
・・

◆ ピックアップ

この2週間で気になったのは、アガボイデス・ロメオ。

比べると、けっこうロゼットが開いてしまった印象です。

花のように、ロゼットが均等に開いてくれればOKなんですが、

エケベリアの場合は…

下側が大きく開いて、中心が丸まりやすいので、

そこが微妙に見えてしまう要因だと思います。

要因は湿ったままの土

▲ 開始当初

主な要因としては、水やりをしたばかりの状態で…

外から持ってきてしまったことです。

室内へ入れて2週間ほど経ちますが、

土はまったく乾いておらず、湿りっぱなしです。

ロゼットが大きいと、さらに乾きづらい

こんな感じで、蓋をするように多肉が乗っかっていると、

風通しが少なく、さらに乾きづらくなります。

屋外ではこれでも問題はありませんが、

室内栽培では軽めの土に変えたり、スリット鉢に変更するなど…

ちょっと対策する必要があるようです。

LEDライト1灯だけでは厳しそう

他の要因としては、日照不足もありそうです。

陽当たりが十分なら、土が湿っていても…

気温が高くなってきても、急激にフォルムは変わりませんが、

陽当たりが弱いと、水を切っても自身の水分だけで…

葉が伸長したり、徒長してしまいます。

そのまま続行

おそらく、ライト1灯では厳しいかもしれませんが、

1年間は変えずに頑張っていこうかと思います。

【参考】エボニー

同じアガボイデスのエボニーも同じような雰囲気です。

カッチカチの葉っぱですが、

意外とドカッ~と開いてしまいます。

ですが「これはこれでアリかな~」とも感じます。

今回は、そのまま様子を見る

本来なら、すぐに軽い土に植え替えたいところですが、

テストも含めて、今回はそのままにしています。

・・・
・・

…ということで、2週間後の押し入れ多肉の様子でした。

他にもチラホラと動きそうな多肉がありますが、

また次回の記事で報告できればと思います!


「押し入れ」多肉栽培

【1ヶ月後】早くも綺麗なグリーンへ

関連記事

  1. 【1ヶ月後】早くも綺麗なグリーンへ

    多肉植物の「押し入れ栽培」を始めて、1ヶ月が経ちました。現在の様子は…

  2. 【2ヶ月後】徒長がやってきた

    多肉植物の「押し入れ栽培」を始めて、2ヶ月が経ちました。2024-4…

  3. 「押し入れ」多肉栽培

    みなさま、こんにちは! イチクラです。いつも当ブログをご覧いただきあ…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。


人気のコンテンツ


スポンサーサイト

目 次Toggle Table of Content

PAGE TOP