青白いパキフィルム「ブルービーン」を育てる

この記事は、グラプトペタルム属「ブルービーン」の栽培記録です。

紅葉すると…

青白い葉色になり、冬っぽさを感じさせる多肉です。

原種パキフィルムの栽培品種だと思われますが…

そちらより、人気や知名度があるのがブルービーンになります。

スポンサーサイト




◆ 基本情報 |
ブルービーン

ベンケイソウ科
グラプトペタルム属
流通名 ブルービーン
品種名 pachyphyllum ‘Bluebean’
生育期 秋・春
価格帯 600 円前後
栽培難易度 ★★☆
増やし方 カット&挿し芽

ブルービーンは、
パキフィルムのバリエーション

▲ パキフィルム

学名:Graptopetalum pachyphyllum

ブルービーンの出自は不明ですが…

パキフィルムという原種のバリエーションだと思われます。

姿はそっくりで、違うのは葉色くらいです。

 I.C.N(パキフィルム)

パキフィルムでも、バリエーションがある

左:ノーマル / 右:大型

どちらも「優木園」さんのパキフィルムです。

左が普通の細めのタイプで、

右が、ふっくらタイプになります。

ブラックベリーというタイプもある

ブルービーンより、やや大きく…

グレーっぽい葉色をしています。

 ネット販売

日本花キ流通
ストア内検索:パキフィルム

「パキフィルム」で検索すると、下記の3点がヒットします。

・ パキフィルム
・ ブルービーン
・ ブラックベリー

※ 売り切れの場合あり

◆ 季節の変化

 6月~10月くらい

▲ 7月の様子

▲ 8月の様子

夏(梅雨時)は、多肉らしいグリーンの葉色です。

8月下旬には、青っぽくなるかもしれません。


 11月~5月くらい

▲ 12月の様子

▲ 2月の様子

冬になると、白っぽいブルー系の葉色になります。

5月くらいまでは、持続すると思います。

スポンサーサイト




◆ 購入時の写真と
1年後の比較

購入時の写真

購入日:2019/11 6cm ポット

「いとうぐりーん」さんのブルービーン。

群生しやすいタイプで、

このポットには、2株が植えられています。

 約1年後の様子

◆ 1年間で行った、主な作業
  • 植替え 1回

茎は伸びやすく… 徒長もしやすいタイプです。

株元からは、脇芽が出やすいので、

切り戻しても… 増えやすい多肉になります。

◆ 夏と冬の管理目安

 冬の管理(凍結)

安 全     ~ -3℃ 水分が多めでも、凍結なし
注 意 -3℃ ~ -5℃ 一部、凍結の可能性あり
危 険 -5℃ ~     一部 ~ 全体が凍結
 霜除け 必須
※ 凍結の温度は、目安としてお考えください。
耐凍性のレベル
やや強
- - -

多肉植物全体で比べると…「やや強」タイプ。

目安としては「-5℃」までなら、

ほぼ、凍結しないと思います。

もう少し下がっても、大丈夫かと感じますが…

一部、凍結の症状が見られる場合もあります。

 寒波の夜間は、要注意

※ お住いのエリアにより異なります。

 梅雨 & 夏の管理

▼ 遮光率 ▼ 水やり
梅雨入り ~ 20~50% 控えめ
梅雨明け ~
9月中旬ころ
50% 控えめ

※ 遮光率 & 水やりは、目安としてお考えください。

※ 水やりは、多肉の状態を確認しながら調整ください。

注意ポイント

 遮光

 風通し

 病気・害虫

 雨ざらし

 徒長(水やり)

 高温(猛暑日)

高温・乾燥に強いタイプ。

水やりは「量 or 回数」を減らすのが安全。

徒長しやすいので…

遮光を行い、雨ざらしも避けたほうが無難です。

耐暑性があり、病気・乾燥にも強い

暑さ・乾燥に強いタイプで、水やりも控えめで大丈夫です。

また病害虫にも強く…

定期的に、オルトラン等を散布すれば、被害も少ないと感じます。

スポンサーサイト




◆ 栽培メモ

❶ カットと挿し芽で、十分に増やせる

株元から、いくつかの脇芽が伸びてくるので、

個人の栽培くらいなら…

カットだけでも、十分に増やせると感じます。

葉挿しも、いけると思います

実際に、試していないのですが…

「葉挿し」でも大丈夫だと思います。

もしかすると、あまり得意ではないかもしれません。

❷ 徒長には、注意

油断すると、すぐに伸びてしまうので、

徒長させたくない場合は、

葉にシワが寄るまで、水を控えてもOKです。

❸ 肥料は切らさないほうが無難

▲ パキフィルム

肥料が切れると、赤く紅葉はしますが…

ボリューム不足で、ショボい感じになりがちです。

ブルービーンやパキフィルムは、

定期的に追肥をしたほうが、元気に見えると感じます。

◆ 栽培記録
2019.11 ~

主な記録

植替え
  1.  2020-05
カット&挿し芽
  1.  2021-04
病害虫・生理障害

現在まで、大きな病気・害虫・日照不足等の被害はなし

スポンサーサイト



2019-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2019

11月上旬 ブルービーンを購入

▲ 6cm ポット 580円

園芸店で購入した「いとうぐりーん」さんのブルービーン。

11月ということもあり、

しっかりと、ブルー系の葉色をしています。

冬 シーズン / 2019

1月上旬 冬の様子

なんとなく、グリーン寄りの葉色になった気がします。

見る角度や天気によって、

葉色が異なって見えるかもしれません。

2月下旬 寒さに強いタイプ

冬なので… あまり成長はしていません。

耐凍性としては「-7℃」くらいなら、

耐えてくれると思いますが、それ以内で管理したほうが安全です。

 パキフィルムも同様です

 ブラックベリーは、ダメージあり

ブルービーンより、やや大きいブラックベリーでは、

同じ管理でも… 

先端の葉にダメージがありました。

やはり、水分を含んでいるほうが寒さに弱いようです。

スポンサーサイト




2020-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2020

4月上旬 順調に成長

全体的な状態は、冬から余り変わっていませんが、

茎は、少しづつ伸びています。

また、株元には… いくつかの脇芽が増えています。

5月下旬 植替えを行う

6cm ポットも狭くなってきたので、

ここで、植替えを行いました。

ポットには2株、植えられていました。

植替え後の様子

1株づつ、6cm ポットに植え付けています。

土の構成

観葉植物の土 + 赤玉3割(表面のみ赤玉)

夏 シーズン / 2020

7月中旬 夏のブルービーン

梅雨入りし、葉色は夏色になりました。

ブルービーンも、徒長しやすいので…

この季節は、葉が伸びたり、茎が伸びやすくなります。

病気・害虫には、強いと思います

オルトランとベニカを、春頃に散布すれば、

病気・害虫の被害にあうことは、少ないと感じます。

8月下旬 無事に、夏を終える

長い梅雨でしたが…

明け後は日照も回復し、

伸びた葉っぱも、気にならないほどです。

8月下旬には、葉色の変化があり

まだ、9月前ですが…

葉色は、やや青白く変わってきています。

遮光もしていますが…

日照が強いほど、ブルー系に変わりやすいかもしれません。

スポンサーサイト




2020-秋・冬
栽培記録

秋 シーズン / 2020

10月下旬 季節外れの、徒長(弱)

曇天つづきの際に、水を与えすぎたせいか…

軽度な徒長を起こしていました。

8月の写真と比べると、葉と茎が伸びぎみです。

ロゼットが開くくらいなら、挽回できる

どんな多肉でも、日照が減ると… 

日光浴をしたがってロゼットを全開にします。

ですが、日照が回復すれば…

ロゼットも再び閉じるので心配ありません。

水やりも控えれば、ギュウギュウに丸まる

加えて、水を控え気味で管理すると、

今度は… ロゼットがギュウギュウに丸まった状態になります。

特に、晴天が多く… 寒い冬では、つくりやすいと思います。

冬 シーズン / 2020

12月上旬 1年後のブルービーン

購入から、約1年が経過しました。

11月も中旬になれば…

ブルービーンらしい、青白い葉色を楽しめると思います。

また、茎の長さも3倍くらいに伸びます。

2月上旬 2度目の冬も越す

2回目の冬も、数回の寒波がありましたが、

無事に乗り切っています。

陽当たりで、葉色が異なる場合も…

株元のほうが、日陰になりやすいので…

葉色は、グリーンになりやすいと思います。

2021-春・夏
栽培記録

春 シーズン / 2021

4月上旬 春の繁殖

だいぶ… 茎も伸びた状態となり、

収まりが悪くなってきたので、カットして整えます。

また、ロゼットの脇からは… 

花芽が伸びてきそうな感じです。

カット と 挿し芽 で増やす

まず、親株は…

太めの茎をカットして… 挿し芽で育てます。

親株は、そのまま育てる

カットしても… 株元には、

多くの脇芽が残っているので、このまま育てます。

緩効性肥料で、追肥

親株は、前回の植替えから1年が経過したので、

適量の緩効性肥料を与えています。

モノは、何でもよいと思います。

6月中旬 挿し芽の様子

前回でカットした「挿し穂」は、

木箱に新規で植え付けています。

長く飛び出した茎は… 花芽になります。

親株の様子

前回から、2ヵ月ほど経った写真ですが、

比べてみると…

だいぶ、葉のボリュームは増えている感じです。

全体の様子

スポンサーサイト




夏 シーズン / 2021

7月上旬 引き続き、順調に育つ

2回目の梅雨と夏になりますが、

花芽の有無以外は、昨年と変わっていない様子です。

8月下旬 曇りが多い、夏でした

2021年度は、梅雨の期間が平均的で安心しましたが…

明けた夏は、まさかの… 曇天ラッシュでした。

蒸れる心配は減りますが、

徒長しやすい夏だったと感じます。

 8月の水やり回数は、1回のみ

2021年のような、天候不順の場合では、

普段より… 水やりの回数を減らします。

今回のブルービーンでは、

8月上旬に、たっぷりと与え…

それ以降は、曇天・長雨が続いたので、

結局… 8月中の水やりは1回のみでした。

雨 ダメ。ゼッタイ

▲ パキフィルム

同時に育てていたパキフィルムを、

1時間ほど雨に当てて、曇天のなか放置したところ…

あっという間に徒長していました。

線の細い多肉は、雨と日照不足の影響を受けやすいので、

しっかりとガードして管理します。

開花の様子

▲ ブルービーン

▲ ブルービーン

※ この写真はパキフィルム

アップの写真を、撮り忘れてしまいましたが、

花の様子は、パキフィルムと同じだと思います。

スポンサーサイト




◆ まとめ

約1年と9ヵ月に渡り、ブルービーンを育てきましたが、

後の管理は、これまでの繰り返しになりそうです。

「葉挿し」での繁殖は、試していませんが…

そこそこ、上手くいきそうな感じがします。

おさらい

肥料は、切らさないほうがオススメ

ブルービーンのフォルムと、青白い葉色をキープするには、

肥料を切らさないほうが無難かと感じます。

肥料が切れると…

全体的にボリュームダウンして、スカスカ感が目立ってきます。

また、葉が赤くなりすぎて… 葉色も濁って見えます。

水やり・雨対策は念入りに…

毎度の徒長になりますが、

特にブルービーン(パキフィルム)は繊細なので、

梅雨や初秋では、水やりと雨には気を付けて管理します。

・・・
・・

以上… グラプトペタルム属、

パキフィルム「ブルービーン」の栽培記録でした。


育てるとスキルアップに役立つ多肉植物

【図鑑】玉蓮【ぎょくれん】|セダム

関連記事

  1. 群生する小さめ多肉「姫秀麗」を育てる

    この記事は、グラプトペタルム属「姫秀麗」の栽培記録です。似たような名…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP